新潟 市 古着 屋。 燈里屋(あかりや) 新潟市古町割烹

古着屋 | mushroom(マッシュルーム) ヴィンテージクロージングストア

新潟 市 古着 屋

スポンサーリンク この記事のライター 古町にある古着屋さん「Cranberry Candy:クランベリーキャンディ」のショップレポです。 ジェシカ・ジャクリーヌに行く時の注意点/魅力や雰囲気/ココを見て!というポイントをまとめました。 これを心得ずにお邪魔すると、オーナー&スタッフから厳しいおしかりを受けるかもしれません。 古着屋さんじゃない• ワイワイ・ガヤガヤし過ぎないこと• 商品の扱いには細心の注意を 古着屋さんじゃない 「え?古着屋さんに行った〜っていうレポなのにどういうこと?」と思うかもしれませんが、ジェシカ・ジャクリーヌは古着屋じゃありません。 【アンティーク・骨董】という視点を持って行ってください。 そもそも論として、置いてあるモノのクオリティが違います。 1940年代〜1950年代のモノは当たり前、100年以上前のモノなんかも置いてありますからね。 その辺の古着屋さんだと、70年代〜80年代(古くても60年代くらい?)のモノがメインだと思います。 最近では90年代〜のモノが当たり前のように置かれていますが・・・。 あと「 古着って安いんでしょ?」っていうイメージを持って行くと瞬殺されます。 マジで。 これに関しては、ある程度古着を知っていればわかるかと思います。 ワイワイ・ガヤガヤし過ぎないこと ジェシカ・ジャクリーヌは世界観がめちゃくちゃ素敵です。 ワイワイ・ガヤガヤすると、その世界観が壊れてしまいます。 【断じてNG】ではありませんが、その辺は空気を読みましょう。 他のお客様がいらっしゃる時は特に。 「ジェシカの服を見てるのは、あなただけじゃありませんよ」ってことをお忘れなく。 ワイワイ・ガヤガヤしながら買い物を楽しみたいなら、そういうお店に行きましょう。 ちなみに・・・ オーナーやスタッフさんは気さくで素敵な方です。 服に関する時代背景なんかを質問すれば、快く・分かりやすく・丁寧に説明してくれます。 で、話しているうちにテンションが上がってしまった〜というのは全然OK。 【会話の内容次第】ということですね。 商品の扱いには細心の注意を 上述したように、ジェシカ・ジャクリーヌで扱っているモノは【 アンティーク・骨董】です。 「それは100年前に作られたモノです」 こう言われたら・・・雑に扱えるワケがありませんよね。 見る時は1枚1枚丁寧に見ること、試着したいな〜と思ったら勝手に着ないでスタッフに聞くこと。 見方・扱い方さえ丁寧にしていれば問題ありません。 まるで美術館のような世界観• スタッフが個性的• オーナーが命がけで仕入れ まるで美術館のような世界観 ジェシカのディスプレイや雰囲気は、まるで美術館のようです。 ただ並べるだけ・置くだけなら誰でもできます。 が、ジェシカのディスプレイはオーナーの「 カバさん」の情熱がたっぷり注がれています。 光の当たり方と影の位置、服のたるみ具合。 普通の人が見ないような細か〜〜〜〜〜〜い場所をめちゃくちゃ意識しています。 この辺を意識しながらジェシカの中を見ると・・・マジで楽しい。 何時間でもいれる。 スタッフが個性的 ジェシカには日替わりでスタッフが入っています。 カバさんに負けないくらい個性的なスタッフたちです。 最初は緊張でなかなか話せないかもしれませんが、スタッフみなさんもれなく気さくです。 質問すれば優しく答えてくれます。 服に関係ない話もできます。 ちなみに、僕は服を買うよりもスタッフとの会話を楽しみにして行く〜ということも多々あります。 MAXで4日連続・それぞれ2〜3時間滞在しました。 (ちゃんと仕事しろっていうツッコミはなしでお願いします) オーナーが命がけで仕入れ ジェシカ・ジャクリーヌに置いてあるモノは、カバさんが自らの足でフランスに行き、直接仕入れているモノです。 指定日になれば送られてくる〜というモノではありません。 フランスまで飛んで、向こうでも移動しまくって、1つ1つのモノと対話をして、仕入れて。 ようやく店頭に並べられます。 その服を着ていた人の心・その道具を利用していた人の心・そしてカバさんの心。 3つの心が込められたモノがジェシカ・ジャクリーヌには並べられています。 ただ・・・写真じゃ雰囲気が伝わらないのが悔しい。 雰囲気を味わいたいなら直接足を運びましょう! Maison de Jacquelineの雰囲気 撮り方が下手くそですんません・・・ Maison de Jacquelineに置いてあった服 過去形です。 こういう服は今「ジャクリーヌ」の方に置いてあります。 前はつなぎとか置いてあったんだな〜・・・懐かしい。 ブロカントエリア。 僕はここが一番好きな場所。 ここに座って飲み明かしたい。 ワークシャツとサロペット、めちゃくちゃ可愛い。 サロペットを試着した時は笑われたな〜・・・。 カバさんの私物で参考商品的に飾られてるワークジャケット。 普通に見ればただのボロだけど、この具合がたまんないんだよね・・・。 好きな人はマジでこういうの好きだから。 並んでいるモノは【アンティーク・骨董】だから、その辺の古着屋と混同しないこと• オーナーやスタッフを会話を楽しむのはOK/空気を読まずうるさくするのはNG• 見方・扱い方は丁寧に。 試着する時はスタッフに一言 ジャクリーヌ・ジェシカは【美術館】という意識を持って行くといいのかな?と個人的には思っています。 並んでいる服・ブロカントはもちろん、ディスプレイ一つ一つにも情熱が注がれていますからね。 ちなみに・・・ 僕の大好物は【ワーク】です。 ワークジャケット/ワークパンツ大好き。 リペア最高。 ボロ最高。 住所:新潟市中央区古町通2番町665-8• TEL:025-226-3830• この記事のライター.

次の

奈良でおすすめの古着屋7選マップ付きで紹介|安いショップ・定番・ビンテージ

新潟 市 古着 屋

mushroom 定番VINTAGEを中心にセンスの良いREGULERアイテムにも力を入れています• 【住所】新潟県新潟市中央区八千代2-3-8和田八千代ビル• 【TEL】025-249-2282• 【OPEN】11:00~19:00• 【ショップサイト】 BANANAS 店名はスラング隠語の一つ。 大好物のバナナを目の前にしたチンパンジーの行動を想像してみて下さい。 自己コントロールが効かなくなったかのように大はしゃぎしている姿が目に浮かびますよね?それがbananas状態というワケです。 そんな店になればと思っています。 【住所】新潟県新潟市西区小針南台1-6• 【電話】025-230-5343• 【ショップサイト】 ROCK-A-HULA 新潟県 長岡市でヴィンテージ古着をメインに展開しております古着屋ROCK-A-HULAです。 【住所】 新潟県長岡市東坂之上町2-6-11• 【電話番号】0258-37-1940• 【ショップサイト】 TIME メンズ、レディース共扱われ、アメカジ古着がメイン。 一部ヨーロッパ古着もあります。 【住所】新潟県新潟市中央区古町通4番町647-1• 【電話番号】025-223-2525• 【ショップサイト】 NORTHERN ISLAND 当店には流行の商品はありません。 デザイナーの名前がついた商品もありません。 たまたま時流に合う時もありますが、そのブームの前も後も私達のスタンスは変わっていません。 ここに行けば必ずこういう物はある。 そういう店でありたいと思っています。 【住所】新潟県新潟市中央区古町通4-634• 【TEL】025-223-7223• 【ショップサイト】 Skilful 東京は下北沢での古着屋勤務を経て、地元巻で開業して早や7年目。 デニムの修理、洋服のリメイクもやってます。 【住所】新潟県新潟市西蒲区竹野町688-12• 【TEL】0256-73-1057• 【営業時間】PM1時~7時• 【定休日】月曜日と金曜日• 【ショップサイト】 以上、新潟のオススメ古着屋6選でした。

次の

新潟県の古着店

新潟 市 古着 屋

mushroom 定番VINTAGEを中心にセンスの良いREGULERアイテムにも力を入れています• 【住所】新潟県新潟市中央区八千代2-3-8和田八千代ビル• 【TEL】025-249-2282• 【OPEN】11:00~19:00• 【ショップサイト】 BANANAS 店名はスラング隠語の一つ。 大好物のバナナを目の前にしたチンパンジーの行動を想像してみて下さい。 自己コントロールが効かなくなったかのように大はしゃぎしている姿が目に浮かびますよね?それがbananas状態というワケです。 そんな店になればと思っています。 【住所】新潟県新潟市西区小針南台1-6• 【電話】025-230-5343• 【ショップサイト】 ROCK-A-HULA 新潟県 長岡市でヴィンテージ古着をメインに展開しております古着屋ROCK-A-HULAです。 【住所】 新潟県長岡市東坂之上町2-6-11• 【電話番号】0258-37-1940• 【ショップサイト】 TIME メンズ、レディース共扱われ、アメカジ古着がメイン。 一部ヨーロッパ古着もあります。 【住所】新潟県新潟市中央区古町通4番町647-1• 【電話番号】025-223-2525• 【ショップサイト】 NORTHERN ISLAND 当店には流行の商品はありません。 デザイナーの名前がついた商品もありません。 たまたま時流に合う時もありますが、そのブームの前も後も私達のスタンスは変わっていません。 ここに行けば必ずこういう物はある。 そういう店でありたいと思っています。 【住所】新潟県新潟市中央区古町通4-634• 【TEL】025-223-7223• 【ショップサイト】 Skilful 東京は下北沢での古着屋勤務を経て、地元巻で開業して早や7年目。 デニムの修理、洋服のリメイクもやってます。 【住所】新潟県新潟市西蒲区竹野町688-12• 【TEL】0256-73-1057• 【営業時間】PM1時~7時• 【定休日】月曜日と金曜日• 【ショップサイト】 以上、新潟のオススメ古着屋6選でした。

次の