おーい お茶 カフェ イン。 コーヒーに含まれるカフェインの効果とは?良い飲み方と摂取量の目安も

飲料・商品別のカフェイン含有量一覧

おーい お茶 カフェ イン

皆さん、こんにちは。 こっつん()です。 和テイストなカフェと言えば『都路里』あたりが有名どころですが、『都路里』もそうですけど 「京都を本拠地」とするお茶や和菓子の老舗が経営する和カフェが、やっぱり美味しいし目立っていますよね。 けど、そんな京都勢に味でもネームバリューでも対抗できそうな和カフェを発見しました。 それが、今回ご紹介する 『茶寮 伊藤園』。 伊藤園と言えば、誰もが知っている『お〜いお茶』や『健康ミネラル麦茶』を始めとした、お茶飲料の日本最大手メーカーです。 そんな伊藤園が展開している和カフェ『茶房 伊藤園』。 意外と店舗数が少ないので、気になるけどまだ行ったことがないという人が多いのではないでしょうか? 『都路里』などの京都系和カフェと比べると、全体的にメニューもお店の雰囲気もカジュアルではありますが、結構良いですよ、ここ。 目次(リンク付き)• 抹茶ソフトクリーム 和カフェの定番『抹茶ソフトクリーム』を注文してみました。 価格は380円(税抜)でしたが、調べてみたところどうやら『茶寮 伊藤園』は店舗によってお値段が違うようです。 こちらに掲載した価格は、私が訪れたセブンパークアリオ柏店のものになりますこと、予めご承知置きください。 コーンではなく、プラスチックカップでの提供です。 ソフトクリームと言えば「コーンカップ」という人には残念ですが、どうやらコーンは選べないようです。 ソフトクリームの相場は、だいたい300円〜350円(税込)が中心になるかと思いますので、このお値段はやや高めかも知れませんが、ご覧の通り 量に関しては文句なしのボリュームです。 また、さすがは大手お茶飲料メーカーの和カフェだけあって、 抹茶味の濃さや風味もしっかりとしています。 できれば『都路里』などと同時に食べ比べをしてみて、詳細な味の違いを見てみたいところですが、少なくともこれ単体で食べた限りでは「十分美味しい」と言えるレベルだと思います。 さすが伊藤園!と思わされる抹茶ソフトですので、ぜひお試しを。 綺麗な抹茶の色が出ています(抹茶以外で着色されていたらゴメンなさい。 私にもそこまでは分かりません)。 スポンサーリンク ほうじ茶ソフトあんみつ ほうじ茶味のアイスも美味しいですよね! ハーゲンダッツからも、少なくともここ2年くらいはほうじ茶味が出ていますので、すっかり定着した感があります。 和カフェでも、ほうじ茶味は必須メニューになりつつあるかと。 こちらはほうじ茶ソフトだけだと面白さに欠けるかと思い、あんみつを注文してみました。 正式には 『ほうじ茶ソフトあんみつ』です。 価格は、650円(税別)となります。 ほうじ茶ソフトクリームの他に、つぶあん、求肥(2色)、白玉だんごが乗っていて、写真では見えていませんが下にサイコロ状の寒天が入っています。 あんみつとしてみても美味しいですが、 やはり特筆すべきはほうじ茶ソフトクリームの美味しさ。 抹茶にせよほうじ茶にせよ、特にソフトクリームだと味が薄めになっているのではないかと懸念したものの、そんな事は全くなく、バランスの取れたほうじ茶味(濃さ)でした。 抹茶の上品かつズシッとくる味わいもいいのですが、 ほうじ茶の「ホッ」とリラックスさせてくれるような香ばしさも堪らないんですよねー。 どちらを選ぶか悩みどころですが、メニューによっては抹茶とほうじ茶の「MIX」も選べるのでご安心を。 スポンサーリンク 他にも抹茶系ドリンクなどのメニューあり 店舗によって若干メニューにも違いがあるようですが、今回食べてみた甘いもの系の他、抹茶系ドリンクや面白いところでいうと「お茶漬け」なんてメニューもありました。 さすがはお茶屋さん、お茶漬けは確かにアリですよね。 結構、 周囲の人たちがお茶漬けを食べていて気になったので、次回はお茶漬けを食べてみようかな、なんて思っています。 ここに出ているドリンク系だけでも、いろんなアレンジのものがありました。 抹茶ティラミスラテ :450円• 抹茶ホワイトチョコレートラテ:450円• 抹茶エスプレッソラテ :450円• 抹茶コーヒーゼリーラテ :480円• 抹茶パッションマンゴーソーダ:350円• ほうじ茶白玉あずきソフトクリーム:480円• ミックス白玉あずきソフトクリーム:480円• 抹茶白玉ぜんざい :640円• 抹茶パフェ :650円• 焼きおにぎり茶漬け :580円 上に書いたものが全てではなく他にもメニューがまだまだありましたし、また 各店舗ごとの「店舗限定メニュー」なんてものもあるようです。 尚、この記事を書くにあたり、『茶寮 伊藤園』の公式ウェブサイトがないかと探したのですが、どういう訳か店舗一覧くらいしか掲載がなくてメニュー紹介などを見つけることが出来ませんでした。 また、ネットで探した情報から判断しますと、 店舗によってメニューや価格が若干異なるようです。 上記のメニュー・価格は、セブンパークアリオ柏店のもの(2018年1月時点)になりますので、ご注意願います。 スポンサーリンク 店舗・座席は小さめでした これもセブンパークアリオ柏店のことになりますが、店舗の大きさや座席数・スペースは小さめです。 店舗URLに「イートイン」と書かれていましたが、まさにそんな感じ。 店舗が小さい割に、お客さんが多かったのでなかなか店内写真を撮れず、こんな写真しかなくてスミマセン。 テーブル上に勉強道具を広げて居座るような雰囲気ではないので、皆さん飲食が終わるとサッサと席を立っているように見えました。 あまり長居するような場所ではないかと思います。 こちらのセブンパークアリオ柏店はショッピングモールにテナントで入っているお店ではありますが、暖簾が掛かっていたりして和カフェな雰囲気が出ていますね。 今回は、私が訪れたセブンパークアリオ柏店をご紹介していますが、冒頭で「意外と店舗数が少ない」と書いた通り、 『茶寮 伊藤園』は全国でも10店舗しかありません(2018年1月時点)。 伊藤園が手がけている和カフェですからね。 あの伊藤園ですからね。 もっと店舗数があるかと思いきや、10店舗だけというのはちょっと寂しい感じがします。 ちなみに、そんな希少な10店舗は、都内5店舗、神奈川1店舗、埼玉1店舗、愛知1店舗、福岡1店舗、千葉1店舗(今回ご紹介)になります。 詳しくは、以下の公式ウェブサイトをご覧ください。 スポンサーリンク 総括 『茶寮 伊藤園』は、あの伊藤園が手掛ける和カフェだけあって、少なくとも 今回食べてみた抹茶・ほうじ茶ソフトクリームはいずれも味も確かで美味しいと感じました。 ただ、1,000円を超えるようなお値段のものはありません。 その代わり、京都系の和カフェにあるような大きなパフェとかはメニューにないので、ガッツリ食べたい人には物足りないかも。 店内もこじんまりとしていて、広々しているとは言い難いです。 喫茶室感覚でゆっくりくつろぎたい、という用途には不向きですね。 スタバ感覚でカジュアルに利用するのが宜しいかと思います(但し、スタバみたいに長居する場所ではありません)。

次の

コーヒーに含まれるカフェインの効果とは?良い飲み方と摂取量の目安も

おーい お茶 カフェ イン

夏の緑茶といえば、渋みが少なく甘みが楽しめる「 水出し茶」や「 氷水出し茶」。 ペット茶にも水出し緑茶の商品があるので飲み比べをしてみました。 伊藤園の「 氷水出し抹茶入りおーいお茶」は、水出しよりさらに低温の氷水出しで抽出された緑茶。 春夏の期間限定で販売されています。 2017年3月にリニューアルされた伊右衛門。 その「 伊右衛門の夏味」。 伊右衛門は季節ごとに味を変えていて、夏の味は水出しした抹茶を使用している緑茶です。 ボトルに「夏の味」との記載はありませんが、「水出し抹茶入り」が目印。 伊右衛門シリーズの「 贅沢冷茶」は、伊右衛門(夏味)と同じ水出しの抹茶を使用しています。 伊右衛門(夏味)と伊右衛門の贅沢冷茶。 原材料、商品説明からは違いはわからない2商品です。 水色の比較 3商品の水色を比較してみると、かなり違いがあります。 伊藤園は明るい若草色、 伊右衛門(夏)は伊藤園より少し黄色がかった緑。 贅沢冷茶は茶色がかった黄色。 3商品とも「にごり」があります。 香りの比較 香りは、 伊藤園と伊右衛門は爽やかな新芽香。 贅沢冷茶は2つとはまったくちがう焼き海苔のような香ばしさ(火香)があります。 香りを一番しっかり感じるのは伊右衛門(夏)ですが、少し独特の青香がします。 味の比較 飲んでみると伊藤園と伊右衛門(夏味)は、かなり味が似ていて驚き。 ともに爽やかで上品な甘みがあります。 伊右衛門の青香が強い分、伊藤園の方が若干甘みを感じる気がしますが、飲み比べないとわからない程度です。 贅沢冷茶は、後味に甘みもありますが、渋みもあって、香りだけでなく、飲んでみても伊藤園、伊右衛門(夏)とはっきり違いを感じます。 とくに同じ伊右衛門の2商品は、商品説明は同じなのに香りも味も違っていて、ある意味おもしろい。 グラスに入れた見た目も涼しげで和菓子にもあいそうな伊藤園「氷水出しおーいお茶」、伊右衛門(夏味)。 伊右衛門の贅沢冷茶は食事にあいそうです。 水出し系の3つのペット緑茶、伊藤園「氷水出し抹茶入りおーいお茶」、サントリー「伊右衛門 水出し抹茶入り(夏味)」、「伊右衛門 水出し抹茶入り贅沢冷茶」。 飲み比べてみてはいかがでしょうか。 今日もお茶で素敵な一日を。

次の

飲料・商品別のカフェイン含有量一覧

おーい お茶 カフェ イン

緑茶の成分「カフェイン」とは? カフェインとは緑茶やコーヒーに含まれている興奮作用を持った精神刺激成分のひとつです。 カフェインはコーヒーから分離されてたため「 カフェイン」と名付けられました。 カフェインが含まれている飲料としては、緑茶・コーヒー・紅茶・ウーロン茶・ココア・コーラ・栄養ドリンクが一般的です。 カフェインには 「覚醒作用」「強心作用」「利尿作用」があります。 そのため医薬品にも使用されており、総合感冒薬や鎮痛薬によく用いられています。 カフェインの覚醒作用に目が生きがちですが、近年では 脂肪燃焼効果が確認されており、ダイエット目的でもカフェインの効果が注目されています。 茶葉に含まれているカフェインの量は、一番茶・二番茶といった茶期によってはあまり左右されませんが、カテキンやテアニンと同様に、 若い芽程多く含まれるという特徴があります。 一般的な飲み物や緑茶の種類ごとのカフェイン量を以下に記載しますので、参考にしてみて下さい。 カフェイン量は銘柄や入れる環境にによっても異なりますので、あくまで目安量です。 100gあたりのカフェイン量は以下の通りです。 玉露:160mg• 煎茶:20mg• 番茶:10mg• ほうじ茶:20mg• 玄米茶:10mg• 紅茶:30mg• ウーロン茶:20mg• コーヒー:40mg 緑茶の苦み成分=カフェイン? 緑茶の種類ごとのカフェイン量の目安は前述した通りです。 カフェインはお茶の「 苦み成分」と考えられており、チャノキから作られる「お茶」には必ずカフェインが含まれています。 チャノキが使用されていない「麦茶」などはカフェインが含まれていません。 緑茶のカフェインは抽出方法で変化する! カフェインは茶葉の種類によっても大きく異なりますが、入れ方によっても大きく左右します。 緑茶のカフェインは「お湯の温度」と「蒸らし時間」に比例して多くなります。 先ほども述べた通り、カフェインはお茶の苦み成分です。 苦くて来いお茶程、カフェイン量が多いと言えます。 「玉露はカフェイン量多いけど、苦くない」のは、 玉露は50度から60度の低温で苦み成分であるカフェインの溶出を抑え、旨み成分であるアミノ酸を溶出させているからです。 緑茶の苦み成分であるカフェインは、 80度以上の熱湯で入れると溶出量が増えます。 しかし、カフェインは過剰に摂取してしまうと、 副作用や注意点もあります。 大量に摂取すると中毒になることもあるので注意が必要です。 しかし、緑茶のカフェイン量は一見すると多く見えますが、緑茶に含まれている「 テアニン」というアミノ酸がカフェインの作用を抑制する効果がある為、常識の範囲内の量であれば、飲み過ぎを気にする必要はありません。 寝つきが悪くなるという方は、寝る4時間前以内の摂取を控えた方が良いでしょう。 妊娠中は緑茶のカフェインに要注意! 緑茶のカフェイン量に注意が必要なのは、「 妊婦さん」です。 カフェインは胎児への影響が心配されており、胎児はカフェインを蓄積しやすいという特徴がありますので、注意が必要です。 妊婦さんのカフェイン摂取量の目安が 1日に200mg以内と言われていますので、毎食後に番茶を飲むくらいであれば問題ありません。 くれぐれも飲み過ぎにはご注意ください。

次の