ポケモンgo じめんタイプ 5種類。 【ポケモンGO】ヒードラン対策ポケモン!「じめん」タイプを揃えて色違いゲット!【伝説レイドバトル】|ポケらく

【ポケモンGO】じめんタイプ相性の覚え方! 電気を吸い取れるが、鳥には手も足も出ない!!

ポケモンgo じめんタイプ 5種類

ポケモンには現在18種類のタイプが存在し、それぞれのポケモンが1〜2種類のタイプを持っています。 タイプの間には有利不利といった 相性が存在し、バトルではとても役立つ大切な知識。 そんな相性の覚え方を紹介する連載企画第16回です。 今回紹介するのは、現在レイドバトルで登場しているに役立つ【じめん】タイプ! 攻撃性が非常に高く、なんと攻撃したときに「ばつぐん」を取れるタイプが5種類もあります。 【じめん】タイプではないポケモンでも、【じめん】わざを使ってくることが多いので、相性をぜひこの記事で覚えてみてください! じめんタイプ相性の覚え方 【じめん】タイプは 大地、地震です。 水 みず で削られ、植物 くさ の根や冬場の霜 こおり を張られてしまいます。 しかし土に埋めることで、鎮火 ほのお や無毒化 どく 、鉱物 いわ・はがね を朽ちさせることができます。 ご注意ください。 【じめん】タイプとは 初代『ポケットモンスター赤緑』から多くのポケモンが存在し、種類に富んだタイプです。 強力なわざ「じしん」により、当初から攻撃的なイメージが完成していました。 現在では「グラードン」「ガブリアス」「ドサイドン」など強力なポケモンも出揃ったことで、その凶悪さを遺憾なく発揮。 攻撃性の高さは現在でも通用するので、下手な耐久では一発で倒されることもあります。 振動を起こせる巨体ならば【じめん】わざを使えるポケモンも多いので、意外とたくさんのポケモンが【じめん】わざを使ってきます。 アース、つまり地球、つまり地面です。 大地は電流を脅威でないものにするわけです。 そこから 地面は電気を吸いとって無効化すると考えましょう。 なお【でんき】タイプから攻撃を受けたときの【じめん】タイプ耐性は通常よりも強く、となっています。 これは原作で「効果なし」になっていたものの名残です。 ・対【いわ・はがね】タイプ 地震が起きると、山から岩が落ちてきます。 これは山の上で、岩が崩れている証拠。 振動に負けて岩が壊れているわけです。 金属でできたものも、地殻変動の影響を受ければ粉々ですね。 【じめん】タイプの攻撃は、大地を揺らす攻撃が含まれます。 そのため、振動で壊れる岩石や鉄骨は【じめん】を苦手とするのです。 【はがね】については、 土に埋もれた金属が朽ちるイメージでも良いでしょう。 ・対【どく】タイプ 毒物を土の中に埋めることで、 解毒される例があります。 【じめん】が【どく】を無効化するので、攻撃すると「こうかばつぐん」となるのです。 なお厳密には土が無毒化しているわけではないのですが、あくまでも「覚え方」なのであまり気にしないで! ・対【ほのお】タイプ 土砂を炎にかけると、酸素を遮断するため すぐに火が消えます。 キャンプファイヤーにその辺の土を被せて消した記憶がある方もいるかもしれません。 砂は熱こそ持ちますが、火を消すには十分な力があると考えましょう。 地面に根を張った植物は、そこから栄養を吸い上げていきます。 つまり【じめん】は【くさ】から積極的に栄養を吸収されてしまうというわけなので、【くさ】から大きなダメージを受けるのです。 ・対【みず】タイプ 台風などで川が氾濫したとき、土砂が水に飲まれて流されていきます。 土は水の流れに勝てないのです。 流れが激しくならなくても、川は少しずつ大地を削って地形を変えています。 そのため激しい水流でなくても【みず】というだけで【じめん】には「ばつぐん」となります。 ・対【こおり】タイプ 【こおり】タイプは寒さのイメージです。 冬場の朝、地面に霜が張っているのを見たことがありませんか? 土がしっかりと大地を形作っていても、 寒さで地面が凍りモロくなるわけですね。 ・対【ひこう】タイプ 地面を揺らしても、飛んでいる生き物には痛くも痒くもありません。 何せ飛んでいて、地面に触れていないのだから。 そのため【じめん】わざは【ひこう】にほとんど効果がないと覚えましょう。 なお【じめん】タイプから攻撃を受けたときの【ひこう】タイプ耐性は通常よりも強く、となっています。 これは原作で「効果なし」になっていたものの名残です。 ・対【むし】タイプ 【むし】から【じめん】への攻撃は等倍ですが、【じめん】から【むし】への攻撃は「いまひとつ」になります。 虫は地面に穴を掘って暮らしているものが多く存在します。 それに多少の揺れで生き埋めになっても、体が平たいものや柔らかいものが多いので、比較的簡単にすり抜けて出てくることができるのです。 虫は 地面に埋もれても割と平気と覚えましょう。 裏を返せば、相手に使われると大変な被害を受けるタイプでもあります。

次の

【ポケモンGO】どくタイプ相性の覚え方! 超能力治療や土に埋められると解毒されちゃう!!

ポケモンgo じめんタイプ 5種類

アルロが1匹目に出してくる「クヌギダマ」は、むしタイプなので ほのお、いわ、ひこうタイプによる対策がおすすめです。 クヌギダマにシールドを使わせると、アルロの2匹目と3匹目の攻略がしやすいため、SP技の回転率が高いポケモンを採用しましょう。 さらに、 クヌギダマの通常技を全て半減にできる耐性も魅力と言えます。 育成している方は是非採用しましょう。 弱点がほのお技しかないため、連戦でハッサムを出しても通用します。 リザードンは火力が高いため、いわ技で弱点を突き、HPを削られる前に倒しきりましょう。 ほのお技とひこう技に耐性があるいわタイプのポケモンを中心に編成すると、リザードンからの被ダメージを極端に減らせるのでおすすめです。 攻撃性能が高いので、 強化済のバンギラスであれば問題なく倒しきれます。 耐久が高く、アメの入手難易度も低いため、 バンギラスの育成が済んでいない方の選択肢として有能と言えます。 ひこう技が等倍になる点に注意しましょう。 カメックス タイプ 通常わざ スペシャルわざ アルロが2匹目に出してくる「カメックス」は、みずタイプなので でんき、くさ技で弱点を突くことができます。 カメックスの通常技に「かみつく」があるため、あく技に耐性があるポケモンの編成も考慮すると盤石です。 アメの入手難易度も低く、育成しやすいのも魅力と言えます。 カメックスのスペシャル技がれいとうビームの場合は倒されてしまうので、注意しましょう。 被ダメージを気にせずゴリ押せるため、フシギバナとダーテングを強化していない方におすすめできます。 通常技とスペシャル技に各3種類のタイプがあるため、 2匹目に出してくるポケモンの中で最も厄介です。 攻撃と耐久がともに高水準のポケモンなので、こおり技で2重弱点を突き、一気に倒しきりましょう。 PvEでも活躍できるため、複数育成することをおすすめします。 アメの入手難易度も低い点も魅力的です。 ハッサムは耐久が低いため、ほのお技を中心にゴリ押せば安定して倒せるため、編成する時はほのおタイプのポケモンを採用しましょう。 ほのお技で2重弱点を突けるので、問題なく倒しきれます。 伝説ポケモンなので育成コストはかかりますが、育成する価値はあるので、最低でも1匹は育成しておきましょう。 技の回転率が高いですが、耐久が心許ないため、シールドを駆使してカバーすると欠点を補えます。 カイリューと同様にこおり技を持つポケモンを中心に編成することをおすすめします。 ボーマンダは通常技とスペシャル技にほのお技を持っているため、育成が不十分なこおりポケモンを編成すると逆に倒される危険があることに注意が必要です。 PvEでも活躍できるため、複数育成することをおすすめします。 「れいとうビーム」を覚えることができるため、わざ解放することで汎用性がより際立ちます。 育成コストはかかりますが、強化して損はしないポケモンです。 関連記事 ロケット団の関連記事 アルロ対策.

次の

ポケモンのタイプ一覧とは (ポケモンノタイプイチランとは) [単語記事]

ポケモンgo じめんタイプ 5種類

ポケモンには現在18種類のタイプが存在し、それぞれのポケモンが1〜2種類のタイプを持っています。 それぞれのタイプには 相性が存在し、この有利不利を覚えることはバトルでとても重要。 そんな相性の覚え方を紹介する連載企画第7回です。 今回は、現在レイドバトルに登場しているの【どく】タイプについて。 ロケット団の影響で野生ポケモンにも増えているので、この機会にぜひチェック! どくタイプ相性の覚え方 【どく】タイプは名前の通り毒。 殺虫剤や除草剤から、 虫や植物 むし・くさ は毒が苦手です。 逆に 生き物以外 いわ・じめん・はがね・ゴースト には毒の効果はイマイチ。 ご注意ください。 【どく】タイプとは 初代『ポケットモンスター赤・緑』においては、メジャーな【じめん】と強力な【エスパー】に弱かったためか、あまり活躍したタイプではありませんでした。 ほとんどのポケモンがわざ「どくどく」を使えたことも、【どく】ポケモンが不遇だった要因のひとつ。 しかしながら実は耐性が5種類とトップクラス。 特に対【フェアリー】では攻撃したときに「ばつぐん」を取れることから、現在ではアタッカーとしても注目されるタイプになりました。 どちらも毒物でこれらを死なせるものですよね。 植物や虫は、哺乳類などの動物に比べて毒の致死量が少なめです。 少量の毒であっという間にやられてしまう、と覚えましょう。 ただし気をつけてほしいのは、【むし】は【どく】に攻撃するとき「いまひとつ」になるだけである点。 紛らわしいので覚えておきましょう。 ・対【フェアリー】タイプ 【フェアリー】タイプは妖精です。 つまり昔はありふれていたけれど、現代では見なくなった神秘的な存在ということ。 現代になるにつれて神秘的なものは薄れていきましたが、それに伴って増えたものはなんでしょうか。 そう、 文明です。 【フェアリー】は文明が生み出した人工的なものに弱いので、近現代の 「汚染」にはめっぽう弱いのです。 産業ガスの「ドガース」をイメージするとよいかもしれません。 ・対【かくとう】タイプ 攻撃を受けるときのみ「いまひとつ」となります。 これは、【どく】に 不定形のポケモンが多いためと考えましょう。 ヘドロの「ベトベター」に対して、パワーで殴ってもダメージが少なそうですよね。 化学薬品や産業廃棄物を生物化したものが【どく】タイプと覚えてください。 こじつけですが、そうやって覚えるしかありません。 ちなみに超能力者も毒におかされます。 治せるの耐性は別の話ですから、当然ですよね。 そのため【どく】から【エスパー】への攻撃は等倍です。 ・対【いわ・じめん・はがね】タイプ 無機物に毒が通用するでしょうか? 毒というのは、相手が生き物であって初めて機能するものです。 鉱物であるこれらのタイプには毒は通用しにくいですね。 中でも【じめん】は、毒を含むものを 埋めることで無毒化される例があるくらい。 つまり毒は消されてしまうので、【どく】が攻撃を受けると「ばつぐん」になるのです。 厳密には土が無毒化しているわけではないのですが、あくまでも「覚え方」なのであまり気にしないで! なお【どく】タイプから攻撃を受けたときの【はがね】タイプ耐性は通常よりも強く、となっています。 これは原作で「効果なし」になっていたものの名残です。 ・対【ゴースト】タイプ そもそも幽霊は生き物ではありません。 生き物でないものに毒が通用するとでも? しかしお化けが毒物に有効な攻撃を持っているわけではないので、【ゴースト】から【どく】への攻撃は等倍になります。 最近のロケット団はちゃんと相性を考えているのね。

次の