まホイップ 育成論。 マホイップ育成論 : ドリュすらも見られる両受けマホイップ〜すてゼリフガオガエンの嫁を目指して〜|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】マホイップの育成論と対策・弱点【両受け積み流し型】

まホイップ 育成論

はじめに 育成論初投稿のため記載不備や解説不足など至らぬ点があるかと思いますがよろしくお願い致します• この育成論では、HABCDSの略称を使用します。 個体値はA抜け5vを想定しています。 不備、質問等ありましたらコメントにお願い致します。 はじめに マホイップはサザンドラなどの特殊アタッカーに強く、メインウェポンのマジカルシャインに加え、苦手な鋼タイプに役割を持てることやCダウンによる耐久性の向上のためマジカルフレイムを採用していることが多いかと思いますが、この型はマジカルフレイムの枠にギガドレインを採用しています。 役割対象 カバルドン、トリトドン、ヌオーなどのあくび持ち サザンドラ、ウォッシュロトムなどの特殊アタッカー• 対あくび持ち 役割対象となるカバルドンやトリトドンに対してスイートベールを採用することによりあくびで起点にされることを避け、且つギガドレインで相手を処理することが可能となっています。 あくび持ちはあまりいないとは思いますがヌオーに関しても上からのギガドレインで確定2発を取れているので役割を持てます。 対ウォッシュロトム ウォッシュロトムに限らずロトム系の攻撃は受けきることが可能ですが、トリックでこだわり系アイテムを押し付けられると受けることが難しくなってしまいます。 しかしギガドレインを採用している場合ウォッシュロトム限定ではありますが、ギガドレインでこだわれば相手の確定数が変わってマホイップを落とすことができなくなりこちらは相手を落とすことが可能という状況を作ることができます。 トリック持ちでなければギガドレインやじこさいせいで有利状況を維持できます。 特性 ねむり無効のスイートベール この型はねむり無効という点で他の型と差別化しているためアロマベールは選択肢に入らない。 努力値 H252 B4 D252 特殊受けという性質上基本的にはこの配分になる。 Bに振っている分は雀の涙程度の効果しか期待できないためCに振っても問題ない。 持ち物 オススメはHPが多少削られていてもサザンドラなどの鋼技を耐えてから反撃できるようにするためにリリバのみかたべのこしやオボンのみなどの回復アイテム。 その他アッキのみやタラプのみといった耐久向上きのみ、どくどくやでんじはを受けることを想定しラムのみなど。 ビアーのみに関しては現在毒技を搭載しているポケモンが少ないためあまりオススメできない。 技構成• 確定技 じこさいせい HPの半分を回復する安定の回復技。 選択技 攻撃技 マジカルシャイン 威力80命中100。 特殊技メインウェポン。 Cに振らない関係上火力があまりでないため基本採用。 ドレインキッス 威力50命中100。 上記の通り火力不足なことを考えるとマジカルシャインより優先度は低い。 ギガドレインよりは回復できるため回復を重視したいなら検討はできる技。 ギガドレイン 威力75命中100。 相手に与えたダメージの半分を回復するこの型の基盤となる特殊技。 カバルドンやトリトドン以外にもウォッシュロトムに対して明確に役割を持てるようになるため基本採用。 エナジーボール 威力90命中100。 ギガドレインより威力が高くなるが、トリック搭載ウォッシュロトムにあまり強気に出れなくなる。 マジカルフレイム 威力75命中100。 確定で相手のCを1段階下げることができる特殊技。 この型のコンセプト上優先度は低いが、採用するとバタフリーや鋼タイプに対しても多少強気に出れるようになる。 採用する場合はギガドレインとセットにすることを推奨。 選択技 変化技 とける 自分のBを2段階上昇させる変化技。 あまり積むタイミングがないかもしれないが積めれば役割を持てる範囲が広がる。 ひかりのかべ 5ターンの間相手の特殊技のダメージを半減する変化技。 耐久力向上に加え、マホイップ交代しても後続のサポートをできる。 めいそう 自分のCとDを1段階ずつ上昇させる変化技。 特殊耐久に加え火力の向上を狙える。 しんぴのまもり 5ターンの間味方が状態異常にならなくなる。 耐久力に直接影響はないがドヒドイデやどくどく持ちヌオーに対して有利に立ち回れるようになる。 最後に 最後までご覧いただきありがとうございます。 この型はマホイップを活躍させられないかと少ない知識を絞り出して考えだしたものとなっています。 やはり多くの方が使っているマジカルフレイム搭載の型に比べると役割対象が絞られてしまっていると自身でも感じていますが、それでもしっかりとした差別化ができているのではないかと思います。 初投稿のため見苦しい点や拙い文章が多かったかと思いますが、この型が他の方々の役に立てれば幸いと思い投稿させていただきました。 長文になりましたが改めまして最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

次の

【ポケモン ソード&シールド】マホイップの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

まホイップ 育成論

マホイップ育成論 マホイップの基本情報 タイプ・特性 タイプ フェアリー 特性 スイートベール 自分と味方は「ねむり」状態にならなくなる。 夢特性 アロマベール 行動を制限する効果を持つ技を無効化する。 防御育成で両受けが可能• アロマベールで挑発を無効• 特殊アタッカーで活躍 マホイップの弱い点• HPが低い• 特攻に28だけ努力値を振ることで耐久無振りのドラパルトをドレインキッスで確2で倒せるようになります。 耐久しながら「めいそう」を積み、「ドレインキッス」でHPを回復して耐久していくのが基本の立ち回りとなります。 ドラゴンやあくタイプに有効 めいそう 確定技 アンコールが決まったときに積む技。 防御を補強したい場合に使っていきましょう。 マジカルフレイム 選択技 ナットレイやドリュウズに有効 つぶらなひとみ 選択技 先制で相手のこうげきランクをダウン サイコキネシス 選択技 ドヒドイデやストリンダー対策となるエスパー技 じこさいせい 選択技 HPの半分を回復できる マホイップの対策・弱点 どく・はがねが有効 マホイップはフェアリーの単タイプなので、どくとはがねで弱点を突くことができます。 しかし、マジカルフレイムを採用している場合、逆にダメージを受けてしまうこともあるので、ドラゴンとはがねの複合タイプにより、ほのお技を等倍にできるジュラルドンがおすすめです。

次の

【マホイップ育成論】最カワ最強の特殊受け

まホイップ 育成論

はじめに 初めまして、ヒロと申します。 こうして育成論を投稿させていただくのは初の事ですが、よろしくお願いいたします。 せめて皆さんに『消せやこんなもん』とは言われないよう、自分にできる最大限の物を書かせていただくつもりです。 よろしくお願いいたします。 注意点• 今回の育成論はカプ・サイシン様のすてゼリフガオガエン とのセット採用を前提にしています。 こちらの育成論を先にご覧いただくことをお勧めします。 HP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさは、以下 H A B C D Sと表記させて頂きます。 タイプ表記はひらがなorカタカナです。 努力値、個体値、種族値等の非公式用語を使用しています。 分からない方はさらっとでいいので調べた方が良いと思います 特段難しい物ではありません。 ダメージ計算などは全て理想個体、努力値252振り、上昇性格 つまり特化 で行っており、ポケマス様のダメージ計算機を使用しています。 初投稿なので至らない点が多々あると思います、コメントにてご指摘いただけると嬉しいです。 マホイップについて マホイップは今作 第8世代 から登場したクリームポケモンです。 かわいい。 積み系受けポケモンとしてそこそこ採用されているポケモンではないでしょうか。 種族値は H65 A60 B75 C110 D121 S64となっています。 フェアリー単タイプな為、4倍弱点は無し、2倍弱点も2つ どく、はがね しかなく、3タイプ かくとう、あく、むし 半減、ドラゴン無効と優秀な耐性も備えています。 コンセプト とくぼうの値がかなり高い部類にいるため、完全特殊受け育成がメジャーです このサイトにも評価の高い育成論がありますね。 が、逆に言えば、 高いD種族値のおかげで努力値、性格補正を割かずとも高い値を得ることが出来ます。 今回はそれを活かし、さらにガオガエンの力を借りて、 両受けできるマホイップを目指そう!という育成論です 型自体は動画投稿者の方が結構普通に使っている物ではあるのですがね…。 両受けである意義 1. 自身がまだバトルに慣れておらず、考えるプレイングが苦手な為。 この相手にはこのポケモンを…こっちが来たらこのポケモンで…というのがまだまだままなりません。 が、とを入れておけば大抵の相手には対処できます。 後にダメージ計算を記載しますが、タイプ一致で弱点を突かれてしまうドリュウズものおかげでかなり楽に受けきることができます。 勝てるかはともかく…。 あまり考えず、相手に対応できる技を使っていけばいいので、同じ初心者の方でも扱いやすいと思います。 選出の枠を開けられる。 物理特殊両方のポケモンを一体で受けられるのであれば、そこに別のポケモンを割くことが出来ます。 『必須なら二枠使うじゃないか』との声が聞こえそうですが、すてゼリフガオガエンの育成論を読んで頂いた方ならわかる通り、彼 彼女? は積みエースを出すための起点作りも出来るため、どうしてもマホイップが受けきれなさそうな相手であればそちらに切り替え攻勢に転じることが出来ます。 そもそもマホイップを選出しない選択肢もありますしね。 差別化点? 他に両受けができるといえば…ドヒドイデでしょうか。 ただあっちもあっちでほぼほぼ物理受けみたいなものですし、特殊で攻められれば受けきることは出来ないように感じます めいそうがないので、特殊受けはままなりません。 単フェアリーでマホイップよりDが高いとなるとニンフィアがいますが…補助技の範囲から役割から全く違うので正直関係ないですね…一応明記しておきます。 性格、努力値 ずぶとい H244 B252 C4 D4 S4 Hは最大奇数に、Bは物理に最大限立てるようぶっぱ。 CDSは余りです。 4をDやCに振っても実数値が変わらないのでSに入れております。 CDSに入っている分はどこかに全て 12 入れてしまっても特に問題はないかと思います。 この調整? であれば、ガオガエンのいかく、すてゼリフ込みでA特化のアイアンヘッドを確3で耐えます 詳しくは後記。 何度も言いますがガオガエンの嫁として動きます。 ガオガエンと同時採用が前提です。 たべのこしで汎用性を取るか、はがねへの安定性を持たせるためにリリバのみのどちらかがいいと思います。 後は混乱実とかですね。 急所で急激なダメージを引いたときのケアになります。 アカヒゲ様のコメントより追記しました 元々たべのこしで確定とまで言っていたのですが、リリバのみの場合は、はがね相手に限れば疑似的にとける1orめいそう2積みの状態で受けることが出来ます。 え、そっちの方が良くね? 追記時点で5、6回しか回せてないのですが、一旦リリバで受けつつ積んでいけば、急所を引かない限りじこさいせいで事足ります。 ドリュをマホイップで倒すというロマンをより追求したい方はリリバをお勧めします。 ゴツゴツメットも候補入り。 名無し様のコメントより追記しました。 物理に圧を掛けていけるので、積む隙が生まれやすくなります。 フリーに潜ってみると、こっちは微ダメージでゴリゴリ削ってくれるのでリターンがかなりデカかったです。 特性 ちょうはつを無効化できるので アロマベール一択かなと思います。 確定枠 とける Bを2段階上げる。 両受けがコンセプトなため確定。 めいそう C、Dを1段階ずつ上げる。 両受けのコンセプト、また火力確保の観点から確定。 じこさいせい HPを半分回復。 受けポケモンの代名詞的技。 選択技 マジカルシャイン タイプ一致の最大火力技の為ほぼ確定枠。 キョダイダンエンになる点が優位点 ダイマ権が余っていればだが。 環境に多いなどドラゴンやあくに刺さる点もGOOD はじゃくほが多いので注意。 ただしドリュには半減される。 マジカルフレイム 上記の問題点を解決するためのほのお技。 Cダウン効果もあるので特殊受けがさらに捗る。 タイプ一致ではないという1点だけで自分は採用していないので好みでいいと思います。 アシストパワー 上昇した能力を活かせる技。 あくタイプに無効な為、他に攻撃技のないこの育成論では正直使わない…。 積んだ後はなるべく突っ張りたいですからね。 リリバのみを持たせているのであればマジフレの採用の方がいいかもしれません。 はがねを起点にしてしまうフェアリー…かっこかわいいですよね? え?そんなことない?そうですか 攻撃技が一つなのはやはり短所ですね…本来の相手のドラゴンやにマジフレだと弱くなります コメント欄にもありますが、ガオガエンが苦手なアーマーガアを見れるのは良い点ですね。 相手的にもはがねを当てたいと思うので奇襲性能も上がります。 マジカルシャイン 抜群:ドラゴン、あく、かくとう 半減:はがね、どく、ほのお マジカルフレイム 抜群:はがね、くさ、こおり、むし 半減:いわ、ドラゴン、ほのお、みず 刺さるタイプ分半減されるので一長一短ですね。 環境に刺さるのは、やはりフェアリーですが…。 マジフレはそもそもほぼCに振ってない上にタイプ一致じゃないので、めいそうしてないと等倍ですら微妙なダメージになります。 お気をつけて。 立ち回り 先発でガオガエンを出し、起点作成。 いかくすてゼリフでA2段階ダウンorC1段階ダウンの相手ポケモンが出ている状態からが戦場。 相手ポケモンが物理型の場合 物理ポケモンがAを2段階下げられるというのはすなわち機能停止です。 一旦引き、別のポケモンに切り替えるのが普通の行動となります。 マホイップ相手 物理は受けられないのがメジャー なので突っ張る可能性もありますが、Bに多く振っている為大したダメージは入りません。 交代する場合、出されているのはマホイップ、 普通なら Bは高くない…となれば相手は別の物理攻撃ポケモンを出してくる可能性が高いです。 どちらにしても『とける』を使用すれば、相手は攻撃し辛くなります。 そうなれば、相手的にはそのまま突っ張るか、ダイマックスで強引に突破するか、さらに別のポケモン おそらくは特殊ポケモン に交代の3つの選択肢があります。 既にBが上がっている為、突っ張られてもダイマックス技でもダメージは抑えられます さらにとけることで次ターンから物理はほぼ入らない。 特殊に引いてくれば得意な相手なのでそれはそれで受けやすくなりますし、1ターンノーダメージでやり過ごせた上に相手の手札をすべて確認できます。 相手ポケモンが特殊型の場合 もともと特殊を受けるのが得意なマホイップなので、Cが1段階下がっている相手ならほぼダメージは入りません。 めいそうでCDを安全に上げられます。 裏に物理が見えるのならぶっちゃけとけるを積んでもいいかもしれません。 相手目線でも、特殊技がほとんど効かない相手にCが下がった状態で臨んでいる訳ですから、別のポケモンに引くのが安定です しかもマホイップに効きやすい物理に。 まとめると、• ガオガエンで起点を作る。 相手のポケモンに合わせた技を積む 相手は交代するor突っ張る。 攻撃されていればじこさいせい、交代されていればそのポケモンに合わせた技を積む• 相手の動きを見ながらバンバン積む、積みまくる もちろん無理は厳禁ですが、上手く行けば相手には急所以外の勝ち筋が無くなります。 のように動けば良い訳です。 もちろん実戦ではここまで簡単ではないので慣れが必要ですが… ちなみに火力が不足気味なので、とけるをある程度積めたらめいそうしておきましょう。 苦手な相手• 一応とけるを2回積めている状態に後出しされれば受けられますが…物理が上がってるときに投げないでしょうね…。 リリバのみを持っていればギリ受けられる…かな…?• きょううんピントトゲキッス 特殊が高いマホイップですが、Bに振っている分積みでカバーします。 急所を狙われ始めると脆くなりますね…。 積んでも無視されるのでキッスに対応できそうなポケモンを用意しておきましょう。 かちきミロカロス ガオガエンのいかくを利用してCを上げる上に、せっかく積んだとける、めいそうも『くろいきり』でリセットされます。 相手が持っていたらガオガエンやマホイップの選出は控えましょう。 ドヒドイデ 積み系ポケモンの天敵でしたね…。 積んだとける、めいそうをこちらも『くろいきり』でリセットされる上にどくどく入れてきます。 環境に多く見るので対策は必須ですかね。 夫が挑発してくれれば… jimaさん、名無しさん、カプ・サイシンさん、コメントありがとうございました! とりあえずはアントさんだけです。 自身で気付いたりコメントで指摘いただいたら随時追加していきます。 投稿即日で、、が増えました。 コメントありがとうございました!まだまだ考察が出来てないですね… 初心者 ダメ計• 注意でも書きましたが、すべて252振り、性格補正1. 1で計算しています。 物理 アイアンヘッド 78. アイアンヘッド 一応砂ダメ込みですが、食べ残しで相殺できるので若干被ダメは下がります、要望が多ければ書き換えます 58. 珠 たきのぼり 48. ラスターカノン 38. 6〜45. 7〜30. 5〜21. 9〜88. 3〜59. 与ダメ 1段目めいそうなし、2段目めいそう1積み。 参考程度に環境に多い抜群取れる相手とドリュのみ。 マジカルシャイン H4 128. HD無振り 77. D4 18. 仮に6段階上げても確2です。 あくまで受けられるだけですね…。 ちなみにマジカルフレイムだと、 47. あとがきとお礼 最後までお読みいただきありがとうございました。 ダメージ計算については被ダメ与ダメどちらも足りていないポケモンがあるかもしれません。 ポケモンを挙げていただければ計算します。 このとを使って30戦ほどしたところ、21勝という多大な戦果 9敗中4敗の敗因はでした… を挙げてくれたため、紹介させて頂こうと今回の育成論を上げさせていただきました。 結局カプ・サイシン様の 頼りなところがあるのですが、相方としては良い性能だと思っています。 初の投稿で至らない点があると思いますので、是非皆さんのコメントでご指摘いただければと思います。 Hiro20030611 ゆき様コメントありがとうございます! 弱点保険の採用も普通にアリだと思います。 大抵一発では落ちないので、返しの攻撃力を上げられるのはやはり強いですね。 ただ、弱点保険は他のポケモンに使った方が活きる場面の方が多い気もします…。 ドリュを倒す為に持たせるのであれば、マジカルフレイムで事足ります H4なら素のダイバーンで確2、。 もちろん、あくやドラゴンへの打点を保ったままとの対面で勝ちやすくなるのは強いので、パーティと相談して…と言った感じでしょうか。 私も似た型で使っていたのですが、今はめいそうの代わりにマジカルフレイムのcダウンで特殊受けをしています。 はがねをだされることが多かったのと、積んでる途中の急所でやられることが多かったので、倒されても後続の助けになる技として採用しました。 交代ででてくる特殊や弱保バンギラスには弱くなりますが、ドリュウズ、ナットレイあたりはかなり相手しやすくなります。 また、持ち物は回復きのみもありだと思います。 ダメージを負いやすい1ターン目や急所のケアになります。 私は単体で使っていたのでなかなか選出できなかったのですが、ガオガエンとの組み合わせはおもしろそうです。 Hiro20030611 赤ひげ様コメントありがとうございます! 技スぺがぎっちぎちなので、選択技には迷いますよね 技7個くらい選ばせて めいそうを切ってしまうと火力が足りなさそうな気もしますが…努力値の振り方が違うんですかね。 Hiro20030611 コメントありがとうございます。 返信遅くなり申し訳ありません。 今使っているのは、 タスキ 珠 じゃくてんほけん ピントレンズきょううん ですね。 まあ雑に強いポケモンが多いです…。 どのポケモンも『タスキドリュウズ』とかそのまま調べてみれば出てくるようなメジャーばっかりです。 少しでもPT編成考察の足しになれば幸いです。 自分はニャヒートを使っているので相方として参考にさせていただきます。 苦手なポケモンとしては、精神力ルカリオが挙げられると思います 上からインファイトとコメットパンチを打たれるのは痛いですね。 Hiro20030611 名無し様。 コメントありがとうございます!返信が遅れて申し訳ありません。 どうしてもの時は マジカルシャインを入れていれば キョダイダンエンでの回復が狙えるので、巨大でいいのではと思います。 Hiro20030611 例として挙げているパーティですが、どういうパーティに入れればいいか、という点で「直接関係ない」とは言い切れないと考えるため削除はしない方向で行こうと思います。 名無しさんご指摘ありがとうございました。 そういう方向でいくので有れば、自分のコメントは要らぬものであったため、消しておこうと思います。 育成論に関しては、よく考察されたものであったと思います。 壁貼りやおきみやげなどと組ませても活躍しそうですが、やはりガオガエンと組ませるのが1番よさそうですね。 評価入れておきます。 どちらにしろ元のコメントが消えた現在、今の自分のコメントは不要だったので、消しておきます。 Hiro20030611 名無しさんコメントありがとうございます! ゴツメは盲点でしたね…。 自分はキョダイマックスではない個体で使っていたのですが、鎧の孤島が出て後からでもキョダイマックス個体にできるようになり、キョダイマックスについて考えてました。 使っておりダイマックスする機会もあったので、ダイマックス中のHP回復ができるキョダイマックスの方が型的に有用かなと考えています。 育成論ではキョダイマックス個体について言及がなかったので、通常個体の方の利点などあったら教えていただきたいです。 Hiro20030611 コメントありがとうございます!回答が遅れ申し訳ありません。 通常個体の利点は「状態異常の回避」が出来る点ですね。 耐久型の苦手とするどくどく、行動不能のあるまひ、欠伸による眠り これに関しては特性で補うことも出来ますが… をダイフェアリー、ミストフィールドによって対策を行えます。 ただ、個人的には回復があれば割と何とかなるという印象なので、キョダイマックスでの運用が安定だと思います。 5倍となっていますが1. 1倍だと思います。 Hiro20030611 ご指摘ありがとうございます!! そうでしたね、1. 1倍だ…。 修正させていただきました!.

次の