新 世界 より 考察。 新世界アフィリエイトの評判と難しい理由を考察【ネタバレ注意なレビュー】

新世界アフィリエイトの評判と難しい理由を考察【ネタバレ注意なレビュー】

新 世界 より 考察

スポンサーリンク 新世界よりの登場人物紹介 ・ 早希・・・この物語の主人公で、容姿端麗な女性です。 幼馴染の瞬と恋仲になりましたが、瞬が業魔化してしまい、失ってしまいます。 もう一人の幼馴染、覚とともに仲間たちの仇を取るべく動きますが・・・? ・ 覚・・・早希に想いを寄せる、早希の幼馴染の男性です。 早希が瞬と恋仲であることに気づいており、瞬のことも好きだった彼は、想いを告げられずにいました。 しかしそれは植えつけられた偽りの記憶でしかありませんでした。 すべての鍵を握るミノシロモドキの元を訪れた早希たちは、ついに町の真実の一端にたどりつきます。 恐ろしい「真実」を前に、早希、真理亜、守たちの間に亀裂が入り始めてしまうのでした。 場面は変わって10年後。 愛する友を失い、血塗られた真実を知ったあの夏から十余年が過ぎ美しく成長した早季。 彼女は、孤独な闘いを続けていました。 しかし、そんな早季を嘲笑うかのように日常は脆くも崩れ去ってしまいます。 それは夏祭りの夜、闇を切り裂く銃声から始まりました。 終わりなき殺戮と恐怖に、早希は絶望します。 そうして、神栖66町の「平和」は終わりを告げた。 楽しいはずだった夏祭り。 その日、無防備な人々を襲った銃弾の雨。 それがバケネズミの反逆であったことを人々は知ります。 その後、人類は、恐慌から立ち直り、呪力による残酷な報復戦を企むのでした。 なんと、その正体は、真理亜と守の子供だった!のです。 愧死機構に阻まれ抵抗できない人類は、一方的に殺戮され絶望の淵に沈んでしまいます。 しかし、そこでサイコ・バスターという対抗手段の存在を知った早季達。 一縷の希望にすがり魔境・東京への探索行に発つのでした。 しかし、その背後にはスクィーラの魔手が迫っています。 早希とその幼馴染である覚は、話をしています。 悪鬼が悪鬼ではない可能性がある、と。 「本で調べた悪鬼とは何か違うの。 あの子はそうじゃないかもしれない。 」という早希。 「もうやめてくれ。 奴が何であれ、もう殺すしかないんだ。 このサイコバスターで」という覚でした。 サイコバスターを手にした覚は、この力を持って悪鬼を滅ぼすことを考えます。 このサイコバスターというものは、要するに毒であり、対象者の足元に投げつける必要がありました。 そうして、二人は作戦を考えます。 悪鬼をギリギリまでおびき寄せて、サイコバスターを投げつけるという作戦です。 そんな時、早希は悪鬼を殺さずに済む方法を考えたと覚に言います。 「いい考えだ!それなら悪鬼を人間に戻せるかもしれない!」という覚。 覚は早希を先に行かせようとします。 「いやよ、私も残る!」という早希。 バカなことは考えないでよ、という早希の言葉に優しく微笑む覚でした。 産まれてすぐ、悪鬼は悪鬼として育てられたのだと早希は考えました。 そこで、鏡を見せる作戦に出たのです。 しかし、その作戦は失敗に終わります。 早希を逃した覚は、悪鬼と対峙します。 サイコバスターで自分と悪鬼で心中しようと考える覚。 それを見た早希は炎でサイコバスターを消してしまいます。 「どうして!!みんな私を置いていこうとするの!!!」と発狂する早希でした。 覚は助かりましたが、悪鬼もまた、生きています。 覚は早希に謝りますが、早希もまた謝るのでした。 「ごめんなさい、私なんてことを…」という早希に「いや、俺が早希の気持ちを考えていれば…」という覚でした。 今はとにかく逃げよう、と二人は走り出します。 早希はそこで瞬の声を聞きます。 あの子が悪鬼でないのならば、もうわかるだろう? そう話す瞬。 その声で、早希は気づくのでした。 同行していた奇狼丸が切り札になり得ると気づいた早希。 そうして、覚、早希、奇狼丸は最後の作戦に出ます。 悪鬼は悪鬼ではないということは、同族だと思っているバケネズミは殺せないということでした。 そこで、奇狼丸に悪鬼を対処させようと、早希は考えたのです。 そして・・・? 果たして、新世界よりの最終回の衝撃の展開とは・・・? この後衝撃の展開へと続きます。 そんな時に是非利用して欲しいのが や の無料登録を賢く使う裏ワザです。 なので、その961ポイント(961円相当)を使えば、 読みたい新作コミックを今すぐ結末まで読めてしまうんですね。 例えば、1巻が480円までのものなら2巻分読めてしまいます! また、今なら新作映画も見れる 動画ポイントが1500ポイントもらえるので、話題の新作映画などが5本分見れますよ! なので、新作コミックだけでなく新作映画まで見れる 超絶お得なキャンペーン中を見逃さないようにしましょう。 ただし、無料で登録したまま30日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。 >< 次に、 の方は10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね! そして、現在 31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、新規登録をすると 600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら1巻全部読めてしまうんです。 ただし、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。 >< なので、 music. jpやU-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、今すぐ読みたいコミックを1~3巻分全部読んでみてくださいね! スポンサーリンク 感想 この作品は、とにかくSFものらしい展開で、最初から最後まで楽しめましたね。 それにしても、たくさんの登場人物が出るにも関わらずどんどん減っていくので哀しいものはありましたが、その分緊迫感があってよかったです。 果たして、最後にはどうなってしまうのか、覚と早希は生き抜くことができるのか、気になる方は結末だけでも読んでみることをおすすめします。 そんな新世界よりという作品は、原作が好きな人はもちろんのこと、SF漫画が好きな人にもおすすめの作品となっております。

次の

【感想】ワイ、アニメ「新世界より」を見終わる:MAG速

新 世界 より 考察

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年10月) 音楽・音声外部リンク 全曲を試聴する - 指揮による演奏。 ニューヨーク・フィルハーモニック公式YouTube。 - 指揮による演奏。 hr交響楽団公式YouTube。 - Hee-Chuhn Choi(최희준)指揮コリア・シンフォニー・オーケストラによる演奏。 コリア・シンフォニー・オーケストラ公式YouTube。 , , , - 指揮モラヴィア・フィルハーモニー管弦楽団() による演奏。 古くは出版順により 第5番と呼ばれていたが、その後作曲順に番号が整理され、現在では第9番で定着している。 ドヴォルザークによる自筆スコアの表紙 ドヴォルザークは1892年、にあるナショナル・コンサーヴァトリー・オブ・ミュージック・オブ・アメリカ(ナショナル音楽院)の院長に招かれ、4月までその職にあった。 この3年間の在米中に、彼の後期の重要な作品が少なからず書かれている。 作品95から106までがそれである。 この作品は、と並んで、ドヴォルザークのアメリカ時代を代表する作品である。 ドヴォルザークのほかの作品と比べても際立って親しみやすさにあふれるこの作品は、旋律が歌に編曲されたり、BGMとしてよく用いられたりと、クラシック音楽有数の人気曲となっている。 オーケストラの演奏会で最も頻繁に演奏されるレパートリーの一つでもあり、日本においてはの、のと並んで「3大交響曲」と呼ばれることもある。 『新世界より』という副題は、新世界から故郷へ向けてのメッセージ、といった意味がある。 全般的にはボヘミアの音楽の語法により、これをの作品の研究や・交響曲の作曲によって培われた式の古典的交響曲のスタイルに昇華させている。 作曲の経緯と初演 [ ] 上述のようにこの曲は、ドヴォルザークの滞在中( - )に作曲された。 アメリカのの音楽が故郷の音楽に似ていることに刺激を受け、「新世界から」故郷ボヘミアへ向けて作られた作品だと言われている。 「アメリカの黒人やの民族音楽の旋律を多く主題に借りている」という風にいわれることがあったが、これは誤解である。 それはドヴォルザーク自身が友人の指揮者への手紙に書いていることでも明らかである。 その中で彼はこう言っている。 嘘です。 に楽譜が出版された。 初演は、のにて、指揮、による。 初演は大成功だったと伝えられている。 日本初演は、東京のにおいて、指揮、によって行われた。 演奏時間 [ ] 第1楽章の繰り返し付きで約45分。 ただし、第2楽章のテンポ設定によっては、繰り返しが付かない演奏でも45分を超えるものが存在する。 楽器編成 [ ] 持ち替えは一部で存在するものの、全体としては伝統的な2管編成に近い。 この曲の中で、シンバルは全曲を通して第4楽章の一打ちだけであることがよく話題となるが、奏者についてはトライアングル(第3楽章のみ)の奏者が兼ねることが可能である。 この一打ちが弱音であるためか、「寝過ごした」「楽器を落として舞台上を転がした」などのエピソードが存在する(はかつて主演で、この一打を受け持つ奏者の心理を描いた短編TVドラマを書いている)。 実際クラシック初心者にとってシンバルの音はなくても気付かない、あるいはどこでなったのかわからない等と言われることもある。 イングリッシュホルンについては上述の通り、ドヴォルザークは第2オーボエ奏者の持ち替えとして作曲していると判断できるが、最近では単独のパートとして扱われることが多い。 カーマス社の楽譜は、イングリッシュホルンを単独のパート譜として出版している。 チューバが使われているが、第2楽章の部分のみ、合計10小節にも満たない。 しかも(第3トロンボーン)と全く同じ音()である。 これについては、初演時のオーケストラで第3トロンボーン奏者がバス・トロンボーンを用いていなかった(代わりにを用いた)ための代替措置に起因するという説がある。 第1楽章の再現部ではフルートの第2奏者によるソロが指定されている(理由は不明)。 2(持ち替え 1)、2(持ち替え 1)、2、2、4、2、3、1、、、、(第1、第2ヴァイオリン、、、) 曲の構成 [ ] アメリカの音楽を取り入れながらも、構成はあくまでも古典的な交響曲の形式に則っている。 第1楽章で提示される第1主題が他の全楽章でも使用され、全体の統一を図っていることが特筆される。 第1楽章 Adagio - Allegro molto [ ] より この音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 、序奏付き(提示部の反復指定あり)。 序奏は弦の旋律によって始まる。 やの信号的な動機に続き、木管楽器に冒頭の旋律が戻ってくると、突如として荒々しく低弦と、クラリネットが咆哮する。 盛り上がった後一旦静まり、アレグロ・モルトの主部に入る。 第1主題は10度にわたるホ短調の分散和音を駆け上がる動機と、これに木管楽器が応える動機からなっている。 第1主題前半の動機はその後の楽章にも度々現れ、全曲の統一感を出す役割を果たしている。 弦が一気に盛り上げ、のと共にこの主題が確保される。 次いでとによるの第2主題が提示される。 これは半音の導音を伴わない全音でのであり、を思わせる旋律となっている。 続いてフルートにで歌謡的な小結尾主題 が出る(こちらを展開部や後の楽章での再現、調性等の観点から、第2主題と捉える解釈もある )。 これは黒人霊歌『静かに揺れよ、幌馬車(Swing low Sweet Chariot)』に似ている、という指摘もあるが、これに対しては、アメリカ民謡借用説の例にひかれ、全体もそのように書かれているような印象が広まってしまったものであり、そのように解釈するのは不適切であるという見解もある。 また、この主題は提示部と再現部で一か所だけ付点音符の有無によるリズムの違いがあり、指揮者の解釈によって処理が異なる場合がある。 この主題が弦に受け継がれて高潮し、提示部が終わる。 提示部は反復指定があるが、ドヴォルザークの他の交響曲同様、あまり繰り返されない。 展開部では第1主題と小結尾主題の2つの主題が巧みに処理される。 再現部では第1主題が途中で遮られ、その後の主題は半音上がった調で再現される。 調の変化で主題をより劇的にする巧みな主題操作が見て取れる。 小結尾の主題に第1主題が戦闘的に加わるとに入る。 幾分不協和なクライマックスを迎えた後、トランペットのファンファーレに続き、短調のまま強烈なで楽章を閉じる。 演奏時間は10 - 13分程度、提示部の繰り返しを省くと8 - 10分程度。 第2楽章 Largo [ ] Musopenより この音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 変ニ長調は作品全体の主調であるホ短調からはに相当する。 このため、この楽章は前後の楽章との対比から独特の浮遊感がある。 イングリッシュホルンによる主部の主題は非常に有名であり、ドヴォルザークの死後にさまざまな歌詞をつけての愛唱歌に編曲された。 中間部は同主調(で)のに転じる。 クライマックスでは第1楽章の第1主題の動機が加わる。 冒頭の主題が再現された後、静かなコーダが続いて終わる。 よくインディアン民謡からの借用と誤解されもしたが、これは紛れも無いドヴォルザークのオリジナルである。 演奏時間は10 - 13分程度であるが、指揮の演奏のように18分を超えるものもある。 第3楽章 Scherzo. Molto vivace [ ] Musopenより この音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 アレグロ・。 ホ短調、序奏付きソナタ形式。 大きく2つの主題を持つが、それまでの楽章で扱われてきた主題も姿を見せる、統括的なフィナーレ。 緊迫した半音階の序奏が一気に盛り上がり、ホルンとトランペットによる第1主題を導く。 第2主題が現れる前に激烈な経過部が有る。 この経過部の後半(演奏開始から1分55秒後ほど)に、全曲を通じてただ1度だけのが打たれる(弱音なので目立たない)が、これについてはまだ謎が多い。 第2主題は、(A管)と、およびを主体にした柔和な旋律である。 そして、などが加わると盛り上がって小結尾になる。 第1主題の動機も加えたあと静まり、展開部に入る。 小結尾で現れたフルートのトリルが多い動機に続き、第1主題の断片と経過部主題が続く。 第2楽章の主題が印象的に回想され、第1楽章第1主題の回想に続いて、この楽章の第1主題が激烈に再現する。 静まった後第2主題が再現し、気分が落ち着いたものとなる。 それまでの主題の回想はなおも続き、今度は第1楽章小結尾主題と第1主題に続いて、フィナーレに向かってゆく。 第1主題と経過部主題が同時に再現し、しばらく展開の後に第2楽章の序奏が壮大に回想され、静まった後第2楽章の主題と第3楽章の主題が同時に再現する。 そしてコーダに入り、弦が壮大に第1主題を奏でると、管楽器は第1楽章第1主題と第2楽章の主題を不協和に奏して妨げるが、に転じてこれを振り切り、テンポを上げて感動的に終結する。 最後の1音はのをしながら出すというもので、指揮者はこの部分を「新大陸に血のように赤い夕日が沈む」と評した。 この言葉は彼がピアノを弾きながら曲のをするレコードに肉声が遺されている。 演奏時間は10 - 12分程度。 脚注 [ ].

次の

貴志祐介の最高到達点『新世界より』を読むしかない

新 世界 より 考察

・今日語りたいアニメ。 (ネタバレあり 『新世界より』 16話 真理亜からの手紙…「愛する早季へ」…か。 覚の名前も書いてあげてよ、と思わないでもないですけど(笑)、けどまあ、関係性的には早季ですよね。 そして、歌に乗せて、真理亜の語りと過去回想。 そうか、この歌が のカップリングに入る花澤さんの歌なのですね。 切なげな歌ですけど、好きですよ。 というかですね、子供の頃の二人があまりにも可愛すぎるでしょうに! あまりにも!あまりにもですよ! ここだけで何枚画像を貼る気だ、という感じですが、止まらないから仕方ないです(笑 ・・・にしても、なんとなくですけど、真理亜の方が凄く早季を好きでくっ付いてくる印象でしたけど、この回想を見る限りは、早季が最初に一目惚れしてるっぽいですね…。 なんかこう、あまり目立たない少女が、凄く綺麗で皆が憧れるような子を好きになって結ばれるっていうのは、とても百合漫画的というか、少女漫画的な王道でキュンとしますね! ただまあ、あまりに可愛くて、ナレーションは結構シリアスなのに全然そういう気持ちになれないな、とは思いましたけども(笑 ・・・・しかし、それも途中まで。 真理亜の手紙が、街のシステムに疑問を投げかける辺りから、しっかり空気を作り始めます。 この辺りはさすがと言うかなんというか。 「こんなの、人間じゃなくて、不良品を選別するのと同じやり方だと思わない?」 「街の安定と秩序を維持するために、子供たちを殺し続ける街が、人間の社会としてまともでしょうか?」 「今の街は、過去のどんな暗黒時代と比べても、自慢できるような代物じゃないと思います」 まあそうだわなぁ……。 今この、現代の人間社会というのは、救済の社会で。 落ちこぼれた人間をなるべく救いあげる、そもそも落ちこぼれないようにする。 間違いを犯した人間を、教育と罰によって修正して、社会復帰できるようにする。 全ての人間に可能性と、やり直す機会を与えようという理念の許で組み上げられている社会構造な訳で。 もちろん、それが全部理想通りに出来ているかどうかはまた別ですけど、根本には、そういう想いがあるかと。 特に日本は。 それと比べたら、「なんとなく嫌な予感がする」というだけで子供を殺すこの世界の仕組みは、確かに歪ですよね。 もちろん、その嫌な予感が現実になった瞬間にはもう手遅れだという事実が有るのも確かですけど、少しでも道を外れた子供は、修正する余地すらほぼ与えられずに問答無用に殺して「はい、安全は確保されました」ってのは乱暴だし、傲慢で怠惰だと……そう思われても仕方のない構造ではあるなぁ・・・・。 まあ、大半の子供……いや、大人も、そんな疑問すら抱かないような「教育」や「洗脳」を受けて育っているのでしょうけども。 このシステムがある程度 合理的であることは確かですけど、人が生きて育って死んでいくのは、不合理の積み重ねだったりもするのだぜ、とか思ったり思わなかったりしてみたり。 それはそれとして。 「もし、私が街から処分されると決まったら、両親は散々泣いて、そして…最後には忘れる事でしょう。 ……あなたのご両親が、最終的にあなたのお姉さんを諦めたように」 これは、この街の仕組みを受け入れてしまっている全ての街の大人に対する不信感みたいなものが言葉になったのだろうなぁ・・・と。 「私たちの絆は、きっとそうじゃないと信じています」 それは、歪な街の中に残された、唯一の希望で。 「もし、私が処分される事になったら、あなたなら、絶対私を見捨てないでしょ?」 嘘で塗り固められた街のなかで、自分たちは、自分たちだけは、本物だった。 本当の、友達だった。 仲間だった。 恋人だった。 その絆だけは、絶対に嘘じゃなかった。 そう、信じたい想い。 「あなたに危機が迫った時には、私や覚は、どんな事をしたって救おうとするハズです」 うん……守は、しない(笑 とか言いつつも! 「私たちにはもう一人、友達が居ました。 」 瞬・・・・・!この辺りから、完全にウルウル来ましたよ・・・! 「彼Xも、そんな時はきっと私たちを助けてくれたんじゃないでしょうか」 そうですね、本当に、そう想います。 「もし街から私たちの消息を聞かれたなら、私たちは死んだと……報告して欲しいのです」 「街が私たちの事を忘れてくれたら、今より安心して眠れるような気がするのです」 ああもう、切ないなぁ……なんだかこれって、「街に」って言うよりも、早季達にもそう思ってください、って言ってるような気がするんですよね……。 それでも、そうは言っても捨てきれない希望と踏ん切りのつかない未練が、最後に 「いつかまた、早季達に会える日が来る事を心の底から願っています」という言葉を書かせた・・・・・のかなぁ…。 それを感じ取ったからこその、 「二度と真理亜には会えないと言う予感…それは確信へと変わっていた」 という言葉に繋がるのかも。 辛いなぁ……この展開は心が痛いですよ…! ともかく、提案を受け入れて二人は死んだと言う報告をするために、野狐丸・・・・・いや、スクィーラって呼ぶ!(笑)、スクィーラに口裏合わせを頼む二人。 意外にも、それをあっさり受け入れるスクィーラ…。 なんだお前こんにゃろ、何企んでやがる!さては恩を売ろうってか!? こちとら、お前の事は一切信用してないからな!(笑 つーか骨とか…それ今考えたんじゃなくて、こうなる事を予想してあらかじめ考えてたんだろう……バケネズミの骨でも・・・とは言うけれど、どうにも怪しいわ。 仮にバケネズミの骨だとしても、それを手に入れるために同族殺しくらい平気でやりそうで怖いよ。 それを感じ取ったからこそ、早季と覚も拒否反応を示したのだろうけど。 ・・・・・・それでもスクィーラに全てを任せたのは、真理亜と守が少しでも安全になる方が大事だからな訳で……。 子供ながらに苦しい決断を迫られますねぇ……。 「結果的にまんまと利用されたのは私たちの方だった」 ってのは、この時点でもうその認識が有ったのか、それとも後から振り返ってそう思ったのか…どっちでしょう? まあでも、それが事実なのでしょうね…。 ・・・んで、翌日・・・一応 真理亜たちを探しに出る二人。 ここの作画がもう、背景も一緒にグリグリ動かしてて素晴らしいです。 手間かかってますねぇ・・・・・良い仕事。 からの、早季の謎の夢。 なんか、ポップな気持ち悪さを持ったデザインですね(笑 この前の「私たちは世界で二人っきり」というようなセリフから考えるに、自分の周囲の存在が全て、姿形すらもハッキリしない恐怖の対象として描かれている心象風景なのだろうな、とは思うのですが。 しかし見つからず、かまくら を作って一晩を過ごす事に……。 うん、まあそうなりますよね。 むしろ、ならない方がおかしいですもの。 大好きな友人、恋人と二度と会えなくなるという重すぎるストレスを解消するためのボノボ的な行為。 この世界でなら、当然しますともさ。 そもそも、心を許し合った二人で有る事は確実なのですし、ボノボ関係無くても、単純に寂しさを埋めるためでもこうなっていても不思議はないですよ。 まあ、5話が唐突だったのは確かですよね(笑 ただ、10話が本当に素晴らしかったのも同意なので、5話あっての10話ですよね、と。 個人的には、アニメーターさんの個性を出していく方針はとても歓迎なので、是非そのまま最後まで頑張って欲しいです! とまあ、ちっぽけなブログから、届かない声援を送るのでした。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・一言感想。 『ジョジョの奇妙な冒険』 14話 第一部の孫同士が協力ってのは熱い展開ですね! すんなりとはいかないのもまた良いです! しかしまあ、凄く綺麗な死亡フラグでした(笑 『ちはやふる2』 2話 なんか今回作画に凄い違和感が……マッドハウスにしては珍しいくらいの微妙なクオリティだなぁ……と思ったら、GONZOのグロス回でしたか…? うん、納得です(笑 いや、GONZOも嫌いじゃないですけど、たまに出るGONZOの悪い時の感じにそう言えば似てるかもなぁ・・と。 ストーリー的には、菫ちゃんをぶん殴りたいですよね、とりあえず(笑 まあ、ここから改心していく話なのは解るので、見守りますけども! 面白いのは確実ですからね。 『ビビッドレッドオペレーション』 2話 相変わらず変身バンクの素晴らしさですよ! さらには、ドッキング!いやもう素敵です。 エロ可愛いです。 エロ美しいです。 エロカッコイイです。 総じてエロいです(笑 でもそれだけじゃない魅力がちゃんとあるから素晴らしい。 とりあえず、飛行機持っちゃったのと、ビームを打ち返したのは笑いました! あと、ドッキングを拒否した理由が可愛すぎますよ(笑 良いですね、この作品好きです! 『絶園のテンペスト』 14話 ヤバイ!葉風さん可愛すぎます!! なんと言う恋する乙女なんですか!デレデレじゃないですか! 可愛いなもう!!惚れてしまいますよ! いやぁ、突然今までとは違うテイストの面白さが混じってきて大歓迎です。 面白い! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・あとは・・・・・んー・・・まあ特にないです! というか、毎度のことながら、「新世界より」の感想を書いたあとは疲れているので頭が働きません(笑 ではでは、本日はこれにて。

次の