エレスト リョフ。 ニコライ・ビリリョフ

【エレスト】リョフの評価!グランバトルやってるー?

エレスト リョフ

究極融合ゼウス考察 新たなアビリティとしてバインドガードを習得。 副属性は木。 何よりもスキルに遅延が付いたのが嬉しい。 スキル倍率は変わっていないようですが遅延が結構な頻度で発動するとかしないとか。 おススメ編成 運営さん的にはクリシュナを使ってジリジリ削れといった方針のようです。 何度かクリシュナを使って試しましたが半分以下になってからが削りきれません。 ヘラのソウルを上げる前に攻略出来ないかと思いクリシュナを外しメリー投入。 すると驚くほど難易度が下がりました。 高火力はゴッドキラーの究極ハデスかフレーズベルグで悩みましたがとりあえず火力が低いフレーズベルグで試してみました。 ちなみにヘラを入れるとギミックが変わるのでゴッドとデビルの編成です。 ヘラがいないパターンを試す前に終わってしまったのでヘラがいないパターンは泣く泣く割愛。 しかしメリーは活用できると思うので参考にして試してみてください。 攻略パターン いろいろ試す前に終わってしまったので攻略法だけ載せておきます。 まずは通常ゼウスが登場します。 通常ゼウスは弱いのでブーストからの高火力攻撃ですぐ倒せるはずです。 しかし体力を減らすと究極融合ゼウスに昇華し本番スタート。 究極融合ゼウスに昇華してからの行動パターンは以下の通りです。 ケラウノスが光を放つ(攻撃力アップ)• 天空神の裁き・28400ダメージ クリシュナを入れている場合は2の後にスキル3を使い全面を闇ピースに変換して総攻撃。 火力が低いとHPを削りきれずに天空神の裁きで全滅します。 運良く落ちコンで突破しても次の難問が待ち構えているので苦労している方は多いはず。 しかしメリーがいると一変します。 2までは変わらないのですが、光ピースが供給された後にメリーのスキル3「ひつじの歌」を発動し2ターン延長。 延長している間にバリアコアが残っていれば破壊し闇ピースを貯めます。 遅延した後もピースを貯めながらメリーのスキルを撃ち続けるとたまに遅延が再び入りますので余力があれば是非狙っていきましょう! そして延長が切れると3に移行しケラウノスが光を放ちます。 しかしここで驚きの変化が。 クリシュナパターン メリーパターン わかりましたでしょうか? メリーの遅延のお陰で究極融合ゼウスのシールドの効果が切れています。 この状態なら攻撃が通常通り通るので1ターンで10万以上のダメージを与えれば究極融合ゼウスは倒せてしまいます。 シールドがないお陰で普通に攻略するよりずっと楽に倒せてしまうんです。 確認のために2回目をやったらフレーズベルグのまま倒せてしまいました。 火力が低くても落ちコンで何とかなります。 ちなみに倒しきれないと最終段階に移行してしまうのでやり直しになると思います。 そして無事終了。

次の

フルスタリョフ、車を!

エレスト リョフ

本日2記事目なのでセールスランキング・ゲットクリスタルは1記事目をご覧ください。 私は天上界の周回をやりつつ(9割)、新しいイベントも攻略している(1割)という感じで進めている。 アリーナよりのキャラだね。 アビリティがアリーナ用で、スキルは試練やグランバトルでも使えるといった感じだ。 HPを50%も上げれるのでかなり耐久が上がると思われるが… 今のダメージがインフレしまくってる環境じゃ、昔ほどはその恩恵を受けづらい。 エレストは試練やグランバトルで手に入るキャラを、少し時代遅れの設定にして出してくることがあるのだが… まさしく『固定ダメージ無効』がそれだ。 以前のノブナガ環境の時は『ぶっ壊れだ!』と言われていたであろうアビリティも、環境が変わると『ふ〜〜〜ん』程度になってしまう。 ただ『色々なキャラがいてる』『色々なキャラを持っている』というのは、大切なことなので、今回もサボらずにソウル99にはしておきたい。 アスモデウスにしても、今は実装されたばかりなのでみんな意識しているが、忘れ去られた時に使うと意外と刺さることもあるだろう。 ) たまーにだけど蒼炎のテラも見かけるから、固定ダメージPTが0というわけでもない。 スキルにしてもスキル2が単体攻撃に特化できてるし(相手が一人なら威力3倍)、スキル3は全体攻撃に特化できてるとも言える(相手が多ければ威力アップ)。

次の

【エレスト】リョフの評価!グランバトルやってるー?

エレスト リョフ

生涯 [ ] 生い立ち [ ] 1829年に ()カリャージン郡で没落貴族の家庭に生まれる。 弟にはになった ()がいる。 に入隊し、1845年から1855年にかけてで勤務した。 この間の1847年に海軍士官学校を卒業している。 クリミア戦争 [ ] 1853年のに従軍し、に加わっている。 1854年9月21日の戦闘では夜襲を仕掛け、将校2人と数人の兵士を捕虜とした。 では頭部を被弾して重傷を負うが、回復後にに昇進し、第三防御陣の指揮官に任命された。 1855年3月11日の戦闘では敵兵750人を殺害し大砲10門を奪う活躍を見せ、この功績により ()、 ()、 ()を授与された。 ポサドニック号事件 [ ] ビリリョフ夫妻と妻の母エルネスチナ(1868年) 1859年に軍艦(ポサドニック)艦長に任命され、太平洋方面に派遣された。 1860年5月21日、上官である中国海域艦隊司令官イワン・リハチョーフは不凍港確保のため、海軍大臣にへの海軍基地建設の許可を求めた。 コンスタンチンは外交問題を起こさないことを条件にの藩主と協定を結ぶことを認め、リハチョーフは現場指揮を のビリリョフに一任した。 1861年2月3日、ビリリョフはポサドニックを率いて対馬に来航した。 ビリリョフは対馬藩に対して「船体の修理」を名目に尾崎浦に居座り、3月4日には芋崎に上陸して無断で兵舎の建設を始めた。 ビリリョフの部隊は対馬藩からの退去要求を無視し続け、現地の木材や食料を略奪したため、住民との小競り合いが頻発した。 こうした状況下の3月18日にリハチョーフが対馬を訪れ、「ビリリョフの仕事はひどい状況だ。 一ヵ月もここにいるのに何も成し遂げていない」とビリリョフの対応を叱責している。 3月23日にビリリョフは対馬藩に対して藩主との面会と芋崎の租借権を要求したが、その最中の4月12日に小競り合いから対馬藩郷士を射殺・拉致する事件を起こし緊張を高めた。 ビリリョフはと数度に渡る交渉を行い、5月26日に宗義和との面会を実現させた。 しかし、函館領事がこの一件に関して非協力的であり、また、リハチョーフも本国外務省からの協力が期待出来ないことから事件の責任転嫁を図るようになった。 7月23日、幕府の要請を受けた司令官率いる軍艦2隻が対馬に来航し退去を要求した。 また、ゴシケーヴィチからも退去を説得され、ビリリョフは8月15日に対馬から退去した。 晩年 [ ] 1865年2月5日に・の教会で、の娘マリア・フョードロヴナと結婚し、娘マリア・ニコラエヴナをもうけた。 しかし、1866年1月30日に娘マリアが死去したことで精神を病んでしまい、さらにセヴァストポリの戦いで受けた傷の後遺症が重なり重度の認知症を患ってしまう。 1872年には妻マリアとも死別している。 1882年6月5日にで死去した。 遺体は遺言により、にある妻マリアと義父チュッチェフの墓の隣に埋葬された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2012年2月4日時点のよりアーカイブ。 2011年10月18日閲覧。 : 全86巻(本編82巻と追加4巻). 1890-1907• 東京大学史料編纂所. 2016年10月23日閲覧。 名古屋大学大学院. 2016年10月23日閲覧。 参考文献 [ ]• , 1908. 74-75.

次の