エピック セブン ツイッター。 【エピックセブン】浜辺のヴェローナ(SSB)を引く!そして、装備を考えてみるも、何でもできる子で逆に悩む。

【エピックセブン】迷宮アズマカリスとは

エピック セブン ツイッター

オススメ装備キャラ• 闇ケン など ある程度の耐久力と火力を両立したいキャラに、持たせるのがベストです。 特に 闇ケンには必須といっても過言ではなく、 アリーナで苦しめられた人も多いハズ… 対策 体力の半分を切らなければ発動しないため、 うまくダメージを調整しましょう。 また、スタンや眠りなどCCで動きを封じるのも良いです。 ラヴィ• 光ファジス• 闇カルトゥハ• 闇コルヴス など 耐久力はあるが、速度が遅いキャラにつけることで、 ダメージを受けつつ反撃をしやすくなります。 特に ラヴィのパッシブスキルの悪魔の血とは相性が良く、 下手に殴ると手をつけられなくなります。 また、 光クロエとも相性が良く、このアーティファクトのおかげで、 多少速度を犠牲にしてでも耐久力に振ることができます。 対策 防御デバフやバフを使い、一回で倒すようにしましょう。 一撃で倒せないと厄介な相手が多いのでワンパンが基本です。 速度を抑えることで簡単に攻撃力とクリティカル率を盛れる優秀な遺物です。 オススメ装備キャラ• ロリーナ• クラリッサ など 鈍足アタッカーにもたせて、一撃の火力を上げるのに貢献します。 敵ターン終了時にも効果が発動するので、 思っているより火力増強になります。 オススメ装備キャラ• 闇ケン 免疫セットが来るまで、闇ケンをCCから守る際に使います。 クラウ• アルミン など タンクキャラ全般 基本的には味方を守る為に、犠牲になってもよいキャラに装備させます。 クラウは受動的に体力を減らせるので、スキル3の火力向上にも繋がります。 アウリウスのレベルを上げるかどうかについてですが、用途によって変わります。 対策 対策はありません。 タンクを先に倒すと効果がなくなりますが、 それでは本末転倒なので、火力を集中して頑張って火力役を倒しましょう。 チャールズ 必須• 光マヤ など スキル1に挑発やスタンなどCCがついているキャラにオススメです。 闇カリンや光キセなど追加ターンへの割り込みもできるので、スキルを中断させることもできます。 また チャールズを闘技場で運用する際にはほぼ必須となります。 反撃セットにこの遺物を装備していると、 全体攻撃を受けた際にかなりの確率で反撃してくれるようになります。 対策 反撃されないように 祈る 神聖なる贄 遺物効果 倒されても一度だけ復活できます。 オススメ装備キャラ 現状はほぼ GvGでのクラウ専用装備だと思っています。 復活してすぐにスキル3を打てればGvGで相手の手札を減らせます。 これがあるためにクラウを攻撃したくなくなるので、牽制の意味も強いです。 対策 グロ鯖では倒すと復活できなくなるスキルがありますが、 日本鯖にはまだありませんので、結局 祈りです。 最後に 今回はウォーリアーとナイトのオススメ遺物を紹介しました。 次回はアーチャー・アサシンを紹介しようと思います。 それでは。

次の

【エピックセブン】迷宮アズマカリスとは

エピック セブン ツイッター

迷宮「アズマカリス」とは プレイヤーランク60から参加できるエンドコンテンツの一つです。 通常、迷宮への入場はコンパスを一つ使用しますが、 アズマカリスダンジョンでは コンパスが2つ必要になります。 ダンジョンの目的 ダンジョンの目的は、4体の門番ボスモンスターを倒し、 奥で待つ 女王「アズマカリス」を倒すことです。 4体の門番ボスうち2体倒すことで女王へ挑戦出来るようになります。 士気について このダンジョンは初期士気が70の状態から始まります。 また、 キャンプでの士気回復が34以上あれば、 3回の入場で5体のボスを全て討伐できます。 前回の探索状況を引き継げるため、ボスを倒して途中まで進むことで、迷宮コンパスの消費を抑える事ができます。 詳しいルートについては後日記事にします。 キャンプで士気を多く獲得できるパーティを探すためには、下記ツールを使用します。 報酬 エンドコンテンツということもあり、その報酬も良いものばかりです。 門番ボスモンスター討伐報酬• 67レベルエピック装備(ボス毎にメインステータスと部位は固定)• 銀河の栞 低確率• アズマカリス限定ショップで利用できる交換アイテム• 古代のコイン 女王討伐 迷宮クリア 討伐報酬 女王を討伐すると、上記報酬に加え追加でレアな報酬が貰えます。 高難易度アズマカリス迷宮へ入場するためのアイテム 海外版ではこのアイテムを入場券にして 更に高難易度のダンジョンへ挑むことができます。 レイド限定ショップの交換ラインナップ• 下級素材 4種• 上級素材 2種• 免疫セット-武器• スピードセット-胴• ネックレス・リングの強化石 装備に関しては最初からサブステータスが決まっており、優秀なので最初に取得することをオススメします。 アイテムレベルは多少低いですが、つなぎの装備としては十分です。 ボスモンスターについて 簡単にボスモンスターの紹介をします。 詳しいギミックなどについては実装後記事書きます。 アラカハン お供を召喚しながら、自己強化で攻撃してくるスタンダードなボスキャラです。 特殊なギミックもなく、個人的には一番倒しやすい相手だと思います。 まゆ状態のときにDPSチェックがあり、さらに時間経過で攻撃と防御をスタックするスキルがあるため、単体火力が重要になります。 ボスの周囲のザコ敵は体力が非常に多く、ステルス状態を解くことが出来るAOEアタッカーが必要になります。 カウンシル 体力が減ると1体から3体に分裂し、また1体に戻るというギミックを繰り返すボスになります。 1体のときにデバフを与えるとボスが強化されてしまうので、なるべくデバフを付与しないように立ち回ります。 3体のときには、デバフのギミックが消えますが、3体とも毒デバフを付与してくるので、 免疫かデバフクレンザーを連れて行くようにします。 アズマカリス 上記ボスモンスターを2体以上倒すと挑戦出来るようになります。 最奥にいるだけあり、一番の強敵です。 無敵状態の4つの卵を引き連れて登場します。 敵の手数も多くデバフの数も多くなっているため、免疫とクレンザーが必須です。 アンジェリカ-ディエネなど2名のヒーラーが必要です。 まとめ 迷宮「アズマカリス」について簡単にまとめて見ました。 難易度は高めですが、銀河の栞を獲得できるチャンスですので、毎週欠かさず挑戦したいところです。 攻略記事については実装された後にじっくり書こうと思っていますので、楽しみに待っていてください。

次の

【エピックセブン】最強装備を作るための必要知識

エピック セブン ツイッター

オススメ装備キャラ• 闇ケン など ある程度の耐久力と火力を両立したいキャラに、持たせるのがベストです。 特に 闇ケンには必須といっても過言ではなく、 アリーナで苦しめられた人も多いハズ… 対策 体力の半分を切らなければ発動しないため、 うまくダメージを調整しましょう。 また、スタンや眠りなどCCで動きを封じるのも良いです。 ラヴィ• 光ファジス• 闇カルトゥハ• 闇コルヴス など 耐久力はあるが、速度が遅いキャラにつけることで、 ダメージを受けつつ反撃をしやすくなります。 特に ラヴィのパッシブスキルの悪魔の血とは相性が良く、 下手に殴ると手をつけられなくなります。 また、 光クロエとも相性が良く、このアーティファクトのおかげで、 多少速度を犠牲にしてでも耐久力に振ることができます。 対策 防御デバフやバフを使い、一回で倒すようにしましょう。 一撃で倒せないと厄介な相手が多いのでワンパンが基本です。 速度を抑えることで簡単に攻撃力とクリティカル率を盛れる優秀な遺物です。 オススメ装備キャラ• ロリーナ• クラリッサ など 鈍足アタッカーにもたせて、一撃の火力を上げるのに貢献します。 敵ターン終了時にも効果が発動するので、 思っているより火力増強になります。 オススメ装備キャラ• 闇ケン 免疫セットが来るまで、闇ケンをCCから守る際に使います。 クラウ• アルミン など タンクキャラ全般 基本的には味方を守る為に、犠牲になってもよいキャラに装備させます。 クラウは受動的に体力を減らせるので、スキル3の火力向上にも繋がります。 アウリウスのレベルを上げるかどうかについてですが、用途によって変わります。 対策 対策はありません。 タンクを先に倒すと効果がなくなりますが、 それでは本末転倒なので、火力を集中して頑張って火力役を倒しましょう。 チャールズ 必須• 光マヤ など スキル1に挑発やスタンなどCCがついているキャラにオススメです。 闇カリンや光キセなど追加ターンへの割り込みもできるので、スキルを中断させることもできます。 また チャールズを闘技場で運用する際にはほぼ必須となります。 反撃セットにこの遺物を装備していると、 全体攻撃を受けた際にかなりの確率で反撃してくれるようになります。 対策 反撃されないように 祈る 神聖なる贄 遺物効果 倒されても一度だけ復活できます。 オススメ装備キャラ 現状はほぼ GvGでのクラウ専用装備だと思っています。 復活してすぐにスキル3を打てればGvGで相手の手札を減らせます。 これがあるためにクラウを攻撃したくなくなるので、牽制の意味も強いです。 対策 グロ鯖では倒すと復活できなくなるスキルがありますが、 日本鯖にはまだありませんので、結局 祈りです。 最後に 今回はウォーリアーとナイトのオススメ遺物を紹介しました。 次回はアーチャー・アサシンを紹介しようと思います。 それでは。

次の