シート移動 ショートカット。 Excel 2013 ショートカットキー一覧

便利なショートカットキー早見表

シート移動 ショートカット

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「シート」についてです。 エクセルには様々な「ショートカットキー」がありますが、ショートカットキーはもちろんシートに関する操作にも適用されます。 ここでは、エクセルのシートを操作する際に使えるショートカットキーを、エクセル2016を使って紹介します。 2016 プレゼンの場面でよりテンポよく!ショートカットキーでエクセルのシート操作が楽になる! エクセルでは、1つのブックにたくさんのシートを追加して作業することができるので、別のファイルを開き直さなくても作業が可能な点はメリットの1つです。 しかし、シートの数があまりに増えてくると、わざわざ作業シートを変更するマウス操作も面倒になってきます。 たとえば、外出先でクライアントと商談をする際、持ち込んだノートパソコンを操作してプロジェクターにつなげて、エクセルを使ってプレゼンをするとします。 使用したエクセルファイルには作業シートがたくさんあった場合、いちいちマウスで作業シートを切り替えていたら、なんとなくテンポが悪いプレゼンとなるでしょう。 そんな時ショートカットキーだけで作業シートを移動できれば、よりスムーズなプレゼンが実現できます。 今回ご紹介する操作法を覚え、エクセルのシートにおける操作を楽にしていきましょう。 キーボード操作だけで作業シートを移動する まずは、資料作成時から商談中にプレゼンする場面でも使える、キーボード操作による作業シートの移動をご説明します。 作業しているシートから別のシートに移動したい時は、マウスを使ってシートを単純に左エラー! ハイパーリンクの参照に誤りがあります。 クリックするというのが基本です。 しかし、シート間の移動を頻繁に行うケースや、プレゼンテーションをする場面ではマウスを使っていちいち移動するとテンポがよくありません。 そんな時は、ショートカットキーを使用し、キーボードの操作だけで作業シートを移動します。 キーボード操作による作業シートの移動は非常に簡単です。 ちなみに、シート全体を表示させたい場合は、画像のようにシート欄の左部分を右クリックすればOKです。 ShiftキーとF11キーを同時に押せば、それで新規シート追加が完了しました。 ちなみに、作成したシートの名前も実はキーボード操作で変更が可能です。 シートのタイトル変更に関しては、追加した時のように同時押しのショートカットキー操作ではなく、アクセスキーで操作していきます。 まず、キーボードのAltキーを1回押します。 すると、画面上部に表示された各種タブに英数字が割り当てられました。 これは対応するキーボードの英数字を押せば、そのタブをクリックしたことと、同じことになります。 すると、作業シートだったSheet3の名前変更が可能となりました。 これはこれで便利ですが、同様の処理はシートを右クリックして「名前の変更」からも可能です。 ショートカットキーやアクセスキーには、時にはマウス操作した方が早いものもあるため、マウス操作が面倒なものだけを覚えていくようにしたほうが効率的ですね。

次の

保存版【エクセルショートカットキー一覧】覚えている人は仕事が早い!|エクセルドクター

シート移動 ショートカット

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「シート」についてです。 エクセルには様々な「ショートカットキー」がありますが、ショートカットキーはもちろんシートに関する操作にも適用されます。 ここでは、エクセルのシートを操作する際に使えるショートカットキーを、エクセル2016を使って紹介します。 2016 プレゼンの場面でよりテンポよく!ショートカットキーでエクセルのシート操作が楽になる! エクセルでは、1つのブックにたくさんのシートを追加して作業することができるので、別のファイルを開き直さなくても作業が可能な点はメリットの1つです。 しかし、シートの数があまりに増えてくると、わざわざ作業シートを変更するマウス操作も面倒になってきます。 たとえば、外出先でクライアントと商談をする際、持ち込んだノートパソコンを操作してプロジェクターにつなげて、エクセルを使ってプレゼンをするとします。 使用したエクセルファイルには作業シートがたくさんあった場合、いちいちマウスで作業シートを切り替えていたら、なんとなくテンポが悪いプレゼンとなるでしょう。 そんな時ショートカットキーだけで作業シートを移動できれば、よりスムーズなプレゼンが実現できます。 今回ご紹介する操作法を覚え、エクセルのシートにおける操作を楽にしていきましょう。 キーボード操作だけで作業シートを移動する まずは、資料作成時から商談中にプレゼンする場面でも使える、キーボード操作による作業シートの移動をご説明します。 作業しているシートから別のシートに移動したい時は、マウスを使ってシートを単純に左エラー! ハイパーリンクの参照に誤りがあります。 クリックするというのが基本です。 しかし、シート間の移動を頻繁に行うケースや、プレゼンテーションをする場面ではマウスを使っていちいち移動するとテンポがよくありません。 そんな時は、ショートカットキーを使用し、キーボードの操作だけで作業シートを移動します。 キーボード操作による作業シートの移動は非常に簡単です。 ちなみに、シート全体を表示させたい場合は、画像のようにシート欄の左部分を右クリックすればOKです。 ShiftキーとF11キーを同時に押せば、それで新規シート追加が完了しました。 ちなみに、作成したシートの名前も実はキーボード操作で変更が可能です。 シートのタイトル変更に関しては、追加した時のように同時押しのショートカットキー操作ではなく、アクセスキーで操作していきます。 まず、キーボードのAltキーを1回押します。 すると、画面上部に表示された各種タブに英数字が割り当てられました。 これは対応するキーボードの英数字を押せば、そのタブをクリックしたことと、同じことになります。 すると、作業シートだったSheet3の名前変更が可能となりました。 これはこれで便利ですが、同様の処理はシートを右クリックして「名前の変更」からも可能です。 ショートカットキーやアクセスキーには、時にはマウス操作した方が早いものもあるため、マウス操作が面倒なものだけを覚えていくようにしたほうが効率的ですね。

次の

【エクセル(基本操作編)】シート移動が簡単にできるショートカット

シート移動 ショートカット

エクセルの操作で知っておくと便利なショートカットのうち「シートの移動」「シートの選択」「ワークシートの挿入」をご紹介します。 WindowsとMacでは少し操作が異なりますので、チェックしてみてください。 あらかじめご了承ください。 シートの移動 ブック(シートを1つにまとめたファイル)内で、今作業しているシートから別のシートに移動するときに使う操作です。 Windowsの場合• 前のシートに移動:〔Ctrl〕キーを押しながら〔PageUp〕キーを押す• その場合は、〔Fn〕キーも一緒に押しましょう。 Macの場合• Windowsの場合• 現在のシートと前のシートを選択:〔Shift〕キーを押しながら〔Ctrl〕キーと〔PageUp〕キーを押す• その場合は、〔Fn〕キーも一緒に押しましょう。 Macの場合• 新しいワークシートを追加:〔Shift〕キーを押しながら〔F11〕キーを押す これはWindowsもMacも共通の操作です。 ショートカットを上手に使いこなそう! よく使う操作だけでもショートカットを覚えておくと、仕事の効率がアップします。 ぜひ今日から活用してみてください。 Officeを使うなら月額払いのOffice 365がオススメ Office 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。 今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。 また、サポート終了の心配もありません。 BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。 利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

次の