夢見ることなら 歌詞。 アンナチュラル主題歌 米津玄師の歌詞【Lemonの意味が泣ける】

関ゆみ子 ゆめいっぱい 歌詞

夢見ることなら 歌詞

YOASOBIというユニットをご存知でしょうか? 2019年に11月に「夜に駆ける」という曲でデビューした今大注目の2人組ユニットです。 その人気はすさまじく、デビュー曲は1月のSpotifyバイラルチャートで堂々の第1位、YouTubeでのアニメMV再生回数は現在1600万回を突破しています。 彼らの最大の特徴は、制作する楽曲に原作小説がある、ということ。 情景描写やメッセージなどがもとになっている楽曲はいろいろありますが、小説を具現化する楽曲というのは珍しいのではないでしょうか。 歌詞には原作のストーリーを追っていくような言葉がちりばめられており、アニメMVも一緒に見るとさらにその世界観に引き込まれます。 ボカロPとして活躍するAyaseさんが作詞・作曲・編曲を担当し、ボーカルikuraさんの透明感のある伸びやかな声がとてもきれいで、ずっと聴いていたくなりますよ。 「あの夢をなぞって」はYOASOBIの楽曲第2弾として1月に配信されました。 現在YouTube再生回数280万回以上!その人気がうかがえますね。 この記事では、「あの夢をなぞって」の原作小説と、歌詞の意味を考察していきます。 小説・イラスト投稿サイトmonogatary. comに投稿された小説で、YOASOBIはこれまでもこのサイトに投稿された作品をもとに楽曲を制作しています。 『夢の雫と星の花』はmonogatary. comで開催されたコンテスト「ソニーミュージック賞」で大賞作品の一つに輝いた作品で、幼馴染みの高校生二人の甘酸っぱい青春ラブストーリーです。 私も原作小説を見たのですが、冒頭を少し読んだだけで物語の世界に引き込まれてしまい、結局最後まで一気に読んでしまいました。 普通の小説に比べると短めなので、「小説は苦手…」という人も無理なく読めますよ。 物語を読んだ後に改めて楽曲を聞き、また物語を読んで…としばらくハマってしまいましたね。 楽曲に原作小説があるって、新しい発想ですよね。 今後の作品も楽しみ! あらすじ 主人公は予知夢を見ることができる16歳の女子高校生、双見楓。 双見家は昔、巫女の家系だったこともあり、双見家に生まれる女性は未来予知の能力を持っているといいます。 楓もそれを受け継ぎ、小さい頃から予知夢を見ることができました。 しかし、一度未来を予知したら、その予知したとおりにならなければ能力が失われてしまうのだそうです。 「予知を変えられるのは1回きり、だからその1回は大切な人のために使いなさい」と祖母から教えられます。 ある日、楓はずっと好きだった幼馴染みの一宮に告白される予知夢を見ます。 予知夢のとおりになって欲しいのですが、楓は一宮を意識するあまりそっけない態度をとってしまいます。 一方、実は一宮も予知能力を持っており、以前から花火大会の日に楓から告白される未来を予知していました。 しかし最近になって一宮が楓に告白する予知をします。 一宮の能力も予知したとおりの未来にならないと失われてしまうため、二つの未来があることに戸惑います。 幼馴染み二人の心情が伝わってくるような目の動き、物語の鍵をにぎる四尺玉花火の美しさ…引き込まれます。 青春ストーリーらしく疾走感のあるメロディーに合わせて情景が移り変わり、小説の世界観を表現していて素敵ですよ。 歌詞も、物語のストーリーがそのまま文章になっているのではなく、わかりそうでわからない、絶妙な言葉選びが秀逸です。 聞けば聞くほど「そういうことかー!」と発見があります。 ぜひ原作と一緒に楽しんでほしいな! 楓の予知夢のシーン 夜の空を飾る綺麗な花 街の声をぎゅっと光が包み込む 音の無い二人だけの世界で聞こえた言葉は 「好きだよ」 夢の中で見えた未来のこと 夏の夜、君と、並ぶ影が二つ 最後の花火が空に昇って消えたら それを合図に 冒頭では、楓が見た予知夢が描かれます。 花火大会の夜、ずっと好きだった幼馴染みに告白される未来を見た楓。 戸惑いながらも自分の見た夢を思い返しています。 最後の花火が打ちあがって消えたタイミングで、一宮から告白されるんですね。 学校のシーン いつも通りの朝に いつも通りの君の姿 思わず目を逸らしてしまったのは どうやったって忘れられない君の言葉 今もずっと響いてるから 予知夢を見た楓は何事もなかったかのようにふるまおうとしますが、一宮を意識するあまり挨拶もできずに目を逸らしてしまいます。 そりゃ、好きな人から告白される未来を見たら、意識してしまいますよね。 好きだからこそ素直になれない楓の心情が伝わります。 「どうやったって忘れられない君の言葉 今もずっと響いてるから」では、今朝の予知夢が頭からはなれない楓の様子も思い浮かびますね。 花火大会を待つシーン 夜を抜けて夢の先へ 辿り着きたい未来へ 本当に?あの夢に、本当に?って今も 不安になってしまうけどきっと 今を抜けて明日の先へ 二人だけの場所へ もうちょっと どうか変わらないで もうちょっと 君からの言葉 あの未来で待っているよ 花火大会まではあと2週間。 まだ花火大会に一緒に行く約束もしていないし、一宮が自分のことを好きになるのかもわからない状態です。 自分の見た未来が本当のことになるのか、不安と期待が頭の中でグルグルしているかんじですね。 予知した未来が変わらないでほしいという思いも伝わってきます。 それは「予知能力を失いたくないから」という理由ではないのもわかりますね。 花火大会のシーン 誰も知らない 二人だけの夜 待ち焦がれていた景色と重なる 夏の空に未来と今繋がる様に開く花火 君とここでほらあの夢をなぞる 見上げた空を飾る光が今照らした横顔 そうずっとこの景色のために そうきっとほら二つの未来が 今重なり合う いよいよ花火大会当日を迎えたシーンです。 詳しくは原作小説を読んで欲しいのですが、めでたく二人は一緒に花火大会に行く約束をします。 「待ち焦がれていた景色と重なる」は、ついに花火を二人で見る場面になったことを表していますね。 まさに「あの夢をなぞって」いく様子が描かれます。 結末はどうなるの!? のシーン 夜の中で君と二人 辿り着いた未来で 大丈夫想いはきっと大丈夫伝わる あの日見た夢の先へ 今を抜けて明日の先で また出会えた君へ もうちょっと どうか終わらないで もうちょっと ほら最後の花火が今 二人を包む 音の無い世界に響いた 「好きだよ」 いよいよ、合図である「最後の花火」が打ちあがります。 二人が予知した二つの未来、どちらが現実になるのでしょうか? また、二人の予知能力はどうなってしまうのでしょうか? 気になる結末はぜひ原作小説を読んでください! きっと納得できると思いますよ。 原作小説をもとに楽曲を制作するなんて斬新だな~と思いましたが、曲の歌詞とメロディー、アニメMVが相まってとても素敵な世界観を作り出しています。 原作小説を読んでからアニメMVを見ると、歌詞の内容も深く知ることができますし、新しい楽しみ方ができました。 「夜に駆ける」「あの夢をなぞって」に続いて、第3弾「ハルジオン」も配信中です。 今後のYOASOBIの楽曲も楽しみですね!.

次の

ゆめいっぱい 歌詞「関ゆみ子」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

夢見ることなら 歌詞

そこでは、様々な種類の動物たちがまるで人間のように暮らしています。 警官になるという夢を叶えたウサギのジュディ・ホップスは、ウサギとして初めての警官という肩書を背負い警察署に派遣されます。 しかし、負けず嫌いで正義感に燃える彼女を待っていたのは、交通違反の取り締まり係でした。 そんな中、ズートピアで肉食動物の誘拐事件が勃発。 もっと警官らしい仕事をしたいと息巻くジュディは、行方不明の夫を探しにきたカワウソの依頼を勝手に引き受けてしまいます。 そのことを知った警察署長のボゴは、彼女に「48時間以内に誘拐事件の被害者を見つけないとクビ」と宣告します。 事件の手がかりを知るのは、キツネの詐欺師ニック・ワイルド。 ジュディは脱税をしている彼の弱みを握り、共に行方不明者の捜索を始めることに。 しかし誘拐事件の裏には、思いもよらない企みが隠されていました。 2匹の凸凹コンビが奮闘する、ディズニー屈指のミステリー作品です。 巧みな演技でキャラクターを演じるキャスト陣 ウサギのジュディ役には、女優でありアニメーションの声優としても活躍するジニファー・グッドウィンが起用されました。 体は小さくても度胸のあるジュディの雰囲気にあった表現で、映画を引っ張っています。 キツネのニック役は、SFからコメディまで幅広く演じ分ける俳優ジェイソン・ベイトマンが抜擢されました。 狡猾な詐欺師という役を男らしい声でユーモラスに演じ、この魅力に高い評価を受けています。 日本度吹き替え版ではジュディ役を女優の上戸彩が、ニック役を声優の森川智之が担当。 心優しくポジティブなジュディと飄々としながらも知的さを感じるニックのコンビを演じ、英語版とは異なる表現で観客を楽しませてくれます。 他にも、英語版・日本語版共に演技派のキャストが集結。 多くのキャラクターが登場しながらも、個々に印象に残る映画に仕上げています。 動物たちが二足歩行で、服を着て生活しているというファンタジーな世界観ですが、それぞれの動物が本来持つ毛並みの質感や習性、性格までが見事に反映されています。 その緻密な表現ができたのは、サファリパークや自然史博物館などで行われた度重なる取材の賜物でしょう。 また、それほどまでにリアルな動物たちを描いているにも関わらず、どこか人間らしさを感じるところもストーリーに引き込まれる要因となっています。 努力家のジュディに皮肉屋のニック、のんびり屋のナマケモノのフラッシュや頑固な水牛のボゴなど、自分や周囲の人と重なるキャラクターがひとつは必ずいるでしょう。 現実と重なって思わず笑ってしまうシーンが沢山あります。 そんな楽しい世界観があるからこそ、ディズニー初のミステリー要素を含んだストーリーに観客を自然と導いてくれます。 物語がどう展開していくのか、犯人は一体誰なのか。 ジュディとニックのコンビと共に、ハラハラしながら真相を追っていくことができます。 さらに、人種差別や薬物といった重い問題もやわらかく扱われ、子供たちに観やすい内容に落とし込みながらも問題への注意喚起が伝わります。 ここまでバランスの良い内容で完成度を高められるのは、アニメならではです。 加えて、『ズートピア』は過去の映画のパロディやオマージュが散りばめられていることでも話題となりました。 近年のディズニー映画ではよく取り入れられている手法ですが、本作は特に多く攻めの姿勢を見せています。 たとえば『アナと雪の女王』や『ゴッドファーザー』などの作品がオマージュされていて、元の作品を知らなくてもギャグとして楽しめます。 映像内にも見過ごしてしまうような細かさで、登場している場合もあり、観る度に新しい発見があるでしょう。 キャラクターやストーリーだけでなく、パロディやオマージュにも注目してみてください。 ポジティブに夢を追う主題歌「Try everything」 映画『ズートピア』の主題歌は、明るくポップな楽曲『Try everything』です。 オーストラリアの歌手シーアと、ノルウェーの音楽プロダクションチームのスターゲイトにより作詞作曲されました。 スタンダードな拍子をバックに変調のメロディが重なるバラード調から始まり、サビに向けてワクワクするような盛り上がりを見せる演奏が楽しい曲です。 歌詞には、失敗してもチャレンジすることをあきらめない強い志が描かれています。 歌唱を担当したのは、コロンビア出身の人気歌手シャキーラ。 彼女はズートピア界のポップスター役であるガゼル役も演じています。 意志の強さを感じるパワフルな歌声で、曲に見られる逞しさを表現しています。 『Try everything』は、エンディングだけでなく劇中でジュディがズートピアに向かう際に聴く音楽としても登場。 ジュディの不安や寂しい気持ちを支えるように、観る人の心まで前向きにしてくれるでしょう。 Dream Amiが歌う日本語版も感動的! 日本語吹き替え版の『ズートピア』の主題歌『トライ・エヴリシング』は、DreamやE-girlsの元メンバーで現在はソロで活動している『Dream Ami』が歌っています。 彼女もガゼル役の声を兼任し、透明感のあるのびやかな歌声は映画を飾る主題歌にぴったりと高評価を得ました。 日本語版の歌詞では、夢に向かいひたむきに奮闘するジュディの想いを反映しています。 繰り返す失敗にめげそうになりながらも、自分を励ましながら前へ進む元気な様子が現れた楽曲です。 テーマのポジティブさは引き継ぎながらも、歌詞も歌唱も英語版と日本語版では違いがあるので、それぞれを聞き分けて楽しむこともおすすめです。 映画「ズートピア」は人として大切なことを教えてくれる傑作! ディズニーが誇るバディ映画『ズートピア』は、夢を追って頑張る人に力と勇気をくれるストーリーです。 夢を叶えることは決して簡単なことではありません。 失敗や周囲からの評価に落ち込み、あきらめそうになることもあるでしょう。 『ズートピア』はそんな甘くない現実を示しながらも、成功への近道は自分の弱さを認めて乗り越えることであると教えてくれます。 幾つになっても捨てたくない、夢へと向かう気持ちを奮い立たせてくれる映画『ズートピア』で、明日への活力を得てください。 TEXT MarSali.

次の

YOASOBIあの夢をなぞっての原作小説とは?歌詞とアニメMVも紹介

夢見ることなら 歌詞

引用:アンナチュラル主題歌 米津玄師「Lemon」の歌詞より 四つ目の「Lemon」の歌詞。 個人的には、一番気になっている歌詞です。 「暗い過去」というのは、自身のトラウマか何かですよね。 「永遠に暗いまま」という表現も印象的。 ドラマ「アンナチュラル」の主人公・三澄ミコト(石原さとみ)も、過去のトラウマに捕らわれています。 ドラマの内容にマッチした歌詞といえそうですね。 ここも切ない歌詞ですね。 主題歌「Lemon」は、全体的に切ない歌詞が多いです。 そんな中でも、 ここは特に切ない・・・。 「私と同じような涙に暮れ 寂しさの中にいるなら」という歌詞に続いて「私のことなどどうか忘れてください」。 印象的なのは「忘れます」ではなく、「忘れてください」という言葉を使っていること。 「忘れたくない」という気持ちが表現されているようです。 【関連】 スポンサーリンク 主題歌「Lemon」への口コミ ドラマ「アンナチュラル」の主題歌「Lemon」。 大人気アーティスト・米津玄師さんの楽曲ということで、ツイッターでも多くの感想が投稿されています。 というワケで、ツイッターに投稿された口コミを紹介していきます。 口コミの中でも特に印象的な 3つの口コミを紹介しますね。 わしも毎回泣かされとるわい。 主題歌がかかるタイミングがバッチリなんじゃよな~。 サビめっちゃ良い!歌詞が泣ける…?? — ちる flCd32Zoant76yC 「泣ける」という声が一番多かったかもしれません。 歌詞の内容もそうなのですが、ドラマ「アンナチュラル」の内容と相まって泣けるという声も多く投稿されています。 「アンナチュラル」も切ないし、「Lemon」の歌詞も切ないので、相乗効果ですごく泣けてくるんですよね。 主題歌としてピタリとはまっているということですよね。 歌詞の内容もそうですが、主題歌が挿入されるタイミングもピッタリなんですよね。 毎回すごく良いシーンでカットインしてくるのが、印象的ですね。 歌詞も声も良い、早くlemonフル出て欲しい。 やっぱ天才米津玄師?? — 晋太朗 PoTHO1tcZmgmjNQ この記事を書いている時点では、米津玄師さんの「Lemon」はまだ発売されていません。 私もまだフルで聴けていません。 早くフルで聴きたい気持ちに同感です。 【関連】 スポンサーリンク 米津玄師 切ないMV動画集 ドラマ「アンナチュラル」の主題歌「Lemon」を歌う米津玄師さん。 「Lemon」の歌詞も切ないですが、その他の楽曲にも切なさが漂うものは多くあります。 個人的に「Lemon」の切ない歌詞に関連している曲を3つ選んでみました。 MV動画と、印象的な歌詞をセットで紹介していこうと思います。

次の