テセウス の 船 漫画。 『テセウスの船』最終回に猛ツッコミ! 許し難い最大の矛盾点とは...(2020年3月23日)|BIGLOBEニュース

元本屋が選ぶ、大人こそ読むべき完結済みおすすめ漫画!「テセウスの船」|GoogleFacebook等アプリインストール広告

テセウス の 船 漫画

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2020年2月)() (元年)に・音臼村の音臼小学校で児童16人、職員5人の犠牲者を出した無差別毒殺事件。 自宅から凶器のが発見されたため容疑者として逮捕された駐在所警察官・ 佐野文吾は一貫して否認したものの、最高裁でも死刑判決が下り収監中である。 事件から28年後の2017年、文吾の息子であり母の旧姓を名乗る 田村心は1989年7月10日に生まれたため父との面識はないが、目立たないように生き「殺人犯の家族」と周囲に知られる度に引っ越しを繰り返す日陰の道を物心ついた時から歩んでいた。 心の妻である 由紀は、「事件には不自然な点があり冤罪の可能性がある」と励ますものの、心は妻とこれから生まれる子供の幸せを守ることだけを考えたいと答える。 だが、そんな願いも虚しく由紀は娘の 未来を出産した際に死亡し、娘は義父に引き取られることになる。 心は「文吾が冤罪であれば娘は犯罪者の孫ではなくなる」との思いから、音臼小無差別殺人事件に初めて正面から向き合う決心をする。 由紀が遺した事件の資料を手に、事件が起きた旧音臼村を訪れた心は、奇妙な霧に包まれる。 そして心がたどり着いたのは、1989年1月7日 、事件が起こる約半年前の音臼村だった。 雪に埋もれていた少女を助けた心は、村の三島医院に少女を運んだが、現在が28年前であり、少女が自分の姉の 佐野鈴であることに気づく。 本来の歴史では、姉の顔は凍傷のため酷い痣ができていたが、発見が早かったため軽い霜焼けで済んでいた。 由紀の資料から、村では同じ1月7日に除草剤を誤飲して医者の次女である5歳の 三島千夏が死亡することを知り、心は病院倉庫からパラコートを持ち去り歴史を変えようとする。 しかし千夏は、歴史通りにパラコート中毒を起こして死亡してしまう。 千夏が死ぬ前に文吾と共にいたのを見た心は、父が犯人という疑いを持つが、文吾もまた、村の人間ではなく「病院から何かを盗んでいた」との目撃証言がある心に疑いを抱く。 そんな両者の思いをよそに、文吾の妻であり心を妊娠中である 佐野和子は、行く当てがない心を「娘の恩人」として駐在所に住まわせるのだった。 そして、心の荷物を調べた文吾は、「平成27年」交付のありえない運転免許証を発見する(ここまで第1巻)。 登場人物 [ ] 田村心(たむら しん) 28年前に北海道の小学校で発生した無差別毒殺事件において逮捕された警察官である佐野文吾の息子。 死刑判決を受けながらも、なお無罪を主張する父親の冤罪を信じて、事件についての調査を行う。 田村由紀(たむら ゆき) 心の妻。 佐野文吾(さの ぶんご) 28年前に北海道の小学校で発生した無差別毒殺事件の容疑者として逮捕された元警察官。 死刑判決を受けて収監中の身であるが、一貫して無罪を主張している。 田村和子(たむら かずこ) 心の母。 佐野文吾の妻。 田村慎吾(たむら しんご) 心の兄。 書誌情報 [ ]• 『テセウスの船』講談社〈〉、全10巻• 2017年 09月22日発売 、• 2017年12月20日発売 、• 2018年 03月23日発売 、• 2018年 06月22日発売 、• 2018年 09月21日発売 、• 2018年12月21日発売 、• 2019年 03月22日発売 、• 2019年 06月21日発売 、• 2019年11月22日発売 、• 2019年12月23日発売 、 テレビドラマ [ ] テセウスの船 ジャンル 原作 『テセウスの船』 脚本 高橋麻紀 演出 松木彩 出演者 () (特別出演) 音楽 エンディング 「」 国・地域 言語 時代設定 1989(平成元年)年1月7日 - 3月 2020(令和2年)年1月 - 3月 製作 プロデューサー 渡辺良介 八木亜未 製作 放送 放送チャンネル TBS系 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 日曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 全10回 特記事項: 初回・最終話は25分拡大(21:00 - 22:19)。 第2話は15分拡大(21:00 - 22:09)。 から同年まで「」で放送された。 主演は同枠初主演の。 共同制作で、同社が制作に携わったドラマで往時の「大映ドラマ」に匹敵する注目作となった。 最終回放送後、動画配信サービスにおいて特典映像「テセウスの船 完全ネタバレ! 犯人の日記大公開」が配信された(前編は最終回放送直後、後編は3月29日21:00)。 本放送中に真犯人がTwitterアカウント「おじいさんの古い斧( gfsoldaxe)」で心情をつぶやいていた。 2020年5月11日から5月23日(22日深夜)まで、TBSテレビ、、、、、、、各局で「テセウスの船ネタバレSP」が放送された。 キャスト [ ] 主人公 [ ] 田村心(たむら しん)〈30〉 演 - (幼少期:高木波瑠 ) 佐野文吾の息子。 1989年4月26日生まれ。 5-5-6-306在住。 を取るが、殺人犯の息子ということで教師になることは諦めている。 妻の由紀が死んだ後、音臼小学校の跡地を訪れるが、突然濃い霧に包まれ1989年1月7日にする。 たどり着いた1989年で文吾が本当に殺人犯なのかを調べるため、由紀の作成したノートを元に文吾に張りついて音臼小無差別殺人事件を止める決意をする。 そして文吾が命の危険を冒してまで三島明音を助けようとしているのを見て、文吾は殺人犯ではないと確信する。 1989年の文吾や和子からは「心さん」と呼ばれている。 文吾が身元保証人になり音臼小学校の臨時教員になる。 崖から捨てたノートを犯人に拾われたため、文吾にこれから起こる音臼小無差別殺人事件のこと、文吾が殺人犯として逮捕されること、心が文吾の息子だということを打ち明けるが、取り乱した文吾に駐在所を追い出される。 音臼神社で文吾と和解するが、濃い霧に包まれ現代に戻ってしまう。 2020年(現代) [ ] 主人公の親族 [ ] 田村和子(たむら かずこ) 演 - 心の母。 夫の佐野文吾が逮捕されてからは笑顔はなく、子供たちに、他人の前で笑ったり泣いたりしちゃいけないと話している。 心がタイムスリップから戻った現代では、心が過去を変えた影響で和子は心を出産後に一家心中を図り死亡している。 小学5年生のとき、音臼神社の階段から転落し長時間雪に埋もれたせいで頬に凍傷の痕が残っていたが 、タイムスリップした心が過去を変えた影響で痕がなくなっている。 現在は顔を整形していて、上記の偽名を使用している。 内縁の夫は音臼小学校の同級生だった加藤みきお(現・木村みきお)。 夫と義母は自身が佐野鈴だということは知らないと本人は思っていた。 田村慎吾(たむら しんご) 演 - (中学生:田澤泰粋 ) 心の兄。 心がタイムスリップから戻った現代では、心が過去を変えた影響で和子と共に死亡している。 田村由紀(たむら ゆき) 演 - (特別出演) 心の妻。 旧姓:岸田。 心の過去をすべて承知の上で両親の反対を押し切り結婚する。 が好物。 心に自身が作成したノートを見せ、音臼小無差別殺人事件の話をしている最中に産気づき、病院で娘の「未来」を産むが、で死亡する。 心がタイムスリップから戻った現代では、心が過去を変えた影響で生存している。 但し独身のため姓は「岸田」で心とは面識もなく娘の「未来」も存在しない。 週刊実像の記者をしていて、音臼小無差別殺人事件の記事を書いている。 由紀に会いに来た心に対し記者として接する。 後日、心から「音臼小事件被害者の集い」のことを聞かれ、文吾の冤罪を証明しようとする心の姿を見て日時と場所を教える。 由紀も当日「音臼小事件被害者の集い」に行くが、会場に入れず被害者遺族に冤罪の証拠がほしいと言えないでいる心の代わりに壇上に立ち訴える。 岸田聡(きしだ さとし) 演 - (第1話) 由紀の父。 由紀が死んだのは心と結婚したせいだと責め立てる。 佐野文吾(さの ぶんご) 演 - 宮城拘置支所の死刑囚。 1989年3月12日に起きたで犯人として逮捕され、死刑判決が確定した今もを訴え続けている。 現代に戻った心が文吾の面会に来た際は、タイムスリップした心のことを覚えていることを語り、心がいなくなってからの出来事、再審請求をするつもりがないこと、鈴が初めて面会に来たことを話す。 音臼村の元住人 [ ] 木村みきお(きむら みきお) 演 - 子供 : 鈴の内縁の夫。 旧姓は「加藤」。 音臼小無差別殺人事件の被害者で、後遺症で下半身不随になり車椅子生活をしている。 事件後、身寄りがないみきおはさつきの養子になる。 さつきの死後、さつきが彼の部屋にある大量の絵や青酸カリを発見し、紀子を口封じのために殺したことから音臼町事件の真犯人の可能性が否定できないと心に語る。 木村さつき(きむら さつき) 演 - 音臼小学校の元教員。 腹黒い性格をしており、目的のためなら手段を選ばない。 新薬町3-2-9-203在住。 音臼小無差別殺人事件後、身寄りがない加藤みきおを引き取る。 藍とみきおの住んでいるマンションを盗撮しており、喫茶店での心と藍の会話から藍の本名が「佐野鈴」だと確信し、脅迫を仕掛ける。 さらに、藍に死なない程度の毒を(紀子が金丸を殺した犯人についての情報を心に話す前に)飲むように命じて、藍が救急車で運ばれる隙を突き、青酸カリ入りの芋羊羹を食べさせることで紀子を毒殺。 その後自らも死なない程度に食べて被害者を装い、藍に罪を擦りつけようとしたが、自身も入院中に何者かに毒殺される。 松尾紀子(まつお のりこ) 演 - 木村メッキ工場の元パート職員。 旧姓は「佐々木」。 が亡くなってから別の男性と結婚して娘がいる。 夫は亡くなり今は八王子で一人暮らしをしている。 音臼小無差別殺人事件の証言者として名乗り出るが娘に反対され断る。 その後、文吾に接見し証言できないと詫びるが、一生後悔したくない思いから心に当時見たことを話す決意をする。 自宅で心に真相を話す直前に同席していた鈴が倒れ、鈴が付き添いの心と救急車で運ばれたあと、さつきに口封じのごとく毒殺されてしまう。 田中正志(たなか まさし)〈59〉 演 - () 田中義男の息子で、現在は千葉のアパートで一人暮らしをしている。 みきおの証言によりさつきの病室から逃げ去った人物と人物像が一致しており、心が会いに行こうとしたが、既に何者かに殺害された後であった。 神崎(かんざき) 演 - (第6話) 心に「小柄で小太りのメガネをかけている男性」に思い当たる人はいないかと聞かれ、「田中の息子」と答えた元住人。 森君江(もり きみえ) 演 - ただのあっ子(第6話) 仙南警察署の刑事だった亡き森清彦の妻。 内海拓郎(うつみ たくろう) 演 - (第6話) その他(現代) [ ] 鍋島 演 - (第4話・第5話) 週刊実像の編集長。 30年前の事件を追いかける由紀を快く思っておらず、その由紀からも「パワハラ上司」と呼ばれ嫌われている。 藤原(ふじわら) 演 - (第6話) 千葉県警川手警察署の刑事。 心を田中正志殺害容疑で任意の勾留をするが、由紀が正志のアパートに入って行った不審人物が写った映像を持って来た上に心の不当な勾留を記事にすると主張したため釈放する。 1989年(過去) [ ] 佐野家 [ ] 佐野文吾 演 - 宮城県警仙南警察署音臼村駐在所の警察官。 家族思い・村人思いの心優しく正義感溢れる熱血漢で、家族や村民から慕われ頼りにされている。 鈴が運ばれた三島医院でタイムスリップした心と対面する。 三島明音が森で迷子になり保護するが、熊が出て逃げているうちに崖から落ち足を負傷する。 明音を探しにきた心に明音を崖から引っ張り上げてもらい、明音を井沢に預け再び戻ってきた心に文吾も引っ張り上げてもらう。 その後、文吾と打ち解けた心から2020年の未来から来たと打ち明けられる。 心が現代に戻ったあと「6年生を送るお楽しみ会」を中止させようとしたが、結局中止にはならず、学校にあった飲み物は全て捨てたが「」で事件が起こる。 佐野和子 演 - 心の母。 朗らかで優しく笑顔が絶えない。 現在妊娠している。 鈴を助けた心に感謝し、自宅に泊まるよう勧める。 佐野鈴 演 - 心の姉。 音臼小学校の5年生。 陽気で気が強く、真っ直ぐな性格。 カニが好物。 1989年1月7日に音臼神社の階段から転落し雪に埋もれる。 本来はこの件で頬に凍傷の痕が残るが、タイムスリップした心に三島医院に運ばれ、医師の処置が早かったため、頬に凍傷の痕が残らず軽い脳震盪だけですむ。 佐野慎吾 演 - 番家天嵩 心の兄。 気弱な面もあるが、天真爛漫でノリのいい性格。 本来は1989年3月12日に音臼小無差別殺人事件で死亡するが、タイムスリップした心が過去を変えた影響で死なずに済む。 婚約者の翼から日常的にを振るわれている。 本来は1989年2月18日にで自殺しているが、タイムスリップした心が過去を変えた影響で死なずに済む。 翼から青酸カリを持ってくるように言われ断るが、やはり暴力を振るわれ工場から青酸カリを盗み翼に渡す。 翼が死んだあと罪悪感と恐怖で生きる気力を失い音臼岳で自殺しようとしたが、金丸が犯人に崖から突き落とされるのを目撃し、自殺する気力もなくなり音臼村から逃げ出す。 写真が趣味。 表面上は優しく子供たちの人気者だが、子供たちを盗撮したり、婚約者の紀子に暴力を振るったりしていた。 心が三島医院の倉庫からパラコートを捨てるところを目撃したため、心を泥棒扱いしている。 三島明音を監禁し殺すつもりだったが殺せず 、その後音臼神社で遺体で発見される。 死因は青酸カリによる自殺。 明音の妹。 本来は1989年1月7日に自宅倉庫にあった除草剤パラコートを誤って飲み死亡するが、タイムスリップした心が事前に倉庫のパラコートを捨て回避させる。 しかし別のパラコートを飲み死亡する。 村に突如現れた心が、三島千夏の殺害及び三島明音を誘拐した犯人だと疑い逮捕するが、なぜか急に釈放する。 その後、駐在所を追い出された心から、未来から来たこと、文吾の息子だということを告げられ協力を求められる。 金丸は文吾を殺人犯にしないための重要な証拠を捜しに行くが、音臼岳の崖から犯人に突き落され遺体で発見される。 さつきの父。 本来は1989年1月9日午前7時頃、音臼岳の荒川橋付近でが起こり巻き込まれて死亡するが、タイムスリップした心の行動で雪崩に巻き込まれるのを回避させ死なずにすむ。 1989年3月10日時点でぎっくり腰で入院中。 目の具合が悪い。 本来は1989年1月15日に自宅の火事により死亡するが、タイムスリップした心が1月15日に文吾と正志の3人で義男の自宅に詰め、火事が起こるのを防ぐ。 その後心が過去を変えた影響で、1989年3月12日に音臼小無差別殺人事件で死亡する。 その他(過去) [ ] 田中正志 演 - (霜降り明星) 義男の息子。 目の具合が悪い父の面倒を見るため、休みの日だけ仙台から来ている。 1977年の音臼村祭事件で母親が誤ってキノコ汁に毒キノコを入れてしまったのが原因で、家族がバラバラになってしまっている。 徳本卓也(とくもと たくや) 演 - 農家。 何を考えているのか分からないと言われているが、子どもには優しく接する。 10年前に起きた音臼村祭事件で母親を亡くしている。 森清彦(もり きよひこ) 演 - 宮城県警仙南警察署強行犯捜査係の刑事。 2020年においては既に故人であり、独自に音臼町事件については調べていた。 三島保(みしま たもつ) 演 - 黒岩司 三島医院の院長。 明音と千夏の父。 音臼神社の階段から転落し負傷した鈴の処置をする。 三島聡子(みしま さとこ) 演 - (第2話) 明音と千夏の母。 加藤みきお 演 - 音臼小学校の5年生。 身寄りがない少年。 1歳で母と死別、その後医師だった父とも死別し、音臼村に住む祖母に引き取られるが、祖母とも死別し隣町の施設に引き取られる。 三島明音(みしま あかね) 演 - あんな 音臼小学校の5年生。 保と聡子の長女。 千夏の姉。 千夏が亡くなったあと、森に入り千夏との「森でリスに餌をあげる」という約束を守ろうとするが、迷子になり文吾と心に助けられる。 その後、本来は1989年1月16日に行方不明になるはずだったが、心が過去を変えた影響で前日の1月15日に行方不明になる。 風速計のある小屋に監禁されているのを文吾と心に救出される。 意識が戻った明音は監禁したのは長谷川翼だと証言する。 しかし、金丸や森が調べたところ、絞められた際の痣が不自然であることが判明する。 馬淵(まぶち) 演 - (第9話・最終話) の。。 「組織」を守るためならば手段を選ばない。 文吾との間には過去の因縁がある模様。 意識不明の加藤みきおが文吾のパトカーに残されていたため、殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。 井沢健次(いざわ けんじ) 演 - 井沢商店の店主。 村のまとめ役。 文吾を「文ちゃん」と呼んでいる。 加納(かのう) 演 - 東龍之介(第2話) 文吾に手配され田中義男を診た医師。 石坂秀夫(いしざか ひでお) 演 - 音臼小学校の校長。 気さくで穏やかな人柄。 絵が趣味のようで、校長室では鉛筆を削っている。 心と同い年(昭和33年生まれ)の息子が東京にいるらしい。 のファンを自称。 面接を行い、心を臨時教員に採用する。 かつて、徳本の母親が亡くなった音臼村祭の実行委員を務めていた。 木村さつき 演 - 音臼小学校の教員。 生徒からの信頼が厚く、愛称は「さつき先生」。 独身で父との2人暮らし。 スタッフ [ ]• 脚本 - 高橋麻紀• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• CMナレーション -• プロデューサー - 渡辺良介 、八木亜未• 演出 - 、松木彩、• 製作 - 、 原作との相違点 [ ] 全般• 本作の真犯人は原作とは別人。 原作では音臼村の所在地は北海道だが、本作では。 原作の「現在」は2017年だが、本作は2020年。 原作で無差別毒殺事件が起こるのは1989年6月24日の「お泊まり会」だが本作では同年3月12日の「6年生を送るお楽しみ会」に発生する。 心が生まれたのも早められ、生年月日が1989年4月26日に。 真犯人の犯行日記は原作ではカセットテープへの音声録音だったが、本作では専用機の画面が表示。 原作ではタイムスリップを起こす霧の中と1989年ではの電源が入らなくなり現代に戻ると作動する描写があるが、本作では過去で心がスマートフォンを使おうとする描写がない(スマートフォン自体は所持していて現代で使用している)。 第一章• 無差別毒殺事件の犠牲者21名のうち教職員は原作では5名で木村さつきが死亡するが、本作では3名で木村さつきは含まれない。 田中義男の元の歴史での死因は原作では心臓発作(自然死として処理)だったが、本作では火事による焼死。 三島明音行方不明事件について、原作では長谷川翼と明音の二人の死体が発見されたが、本作では死んだのは翼だけで明音は衰弱した状態で生きていた。 明音が翼から性的暴行を受けた設定は本作では言及無し。 心が金丸に逮捕される直前に捨てた運転免許証と事件の資料ノートを真犯人が拾ったと知ったのは、原作では現代に戻って以降だが、本作では釈放直後の心に対して何者かがそれらを拾ったことを仄めかす行動を起こしている。 心が文吾に無差別毒殺事件の発生と逮捕される未来を告げた後、原作では怒った文吾に駐在所を追い出された直後に現代へのタイムスリップが起こったが、本作では現代に戻る前に2日ほど期間があり、金丸刑事に未来から来たことを告げ協力を頼み、文吾とも和解している。 第二章(現代編)• 心のタイムスリップ後に変わった無差別毒殺事件は、原作では牛乳に毒物が入れられていたが、本作でははっと汁。 本来の犠牲者であった大貫公平の代わりに田中義男が犠牲者となり内訳が児童18名、教職員2名、村人1名となった。 佐野家心中事件で生き残った心と鈴が、児童養護施設で育った過去の説明はなし。 原作で車椅子の男(木村みきお)が初登場したのは現代に戻ってからだが、本作では第一話冒頭で心が車椅子の男とそれを介助する鈴と出会い、互いに気づかずすれ違うシーンがある。 このシーンで登場する鈴の顔には痣があった。 新たな現代で岸田由紀が週刊誌記者なのは原作と同様。 原作では収監中の佐野文吾に比較的同情的に接して取材していたが、本作では当初は通説通り文吾が犯人と思っていた。 だが、父の冤罪説を証明しようとする心の姿を見て、協力するようになる。 原作の岸田由紀は離婚して3歳の男子を持つシングルマザーであり、心はタイムスリップ前の田村由紀とは別の人生を歩む彼女の幸せを願って必要以上に関係を深めようとしなかったが、本作では共に行動するうちに由紀も心に惹かれ、二人の仲が急速に深まっていく。 心は自分の境遇をタイムスリップを含めて全て由紀に告白する。 原作にない設定として本作では2月に仙台市内の会場で関係者以外非公開の「音臼小事件被害者の集い」が行われている。 心が会場に乗り込んで父の冤罪の証拠となる証言を聞き出そうとする展開も本作オリジナル。 佐々木紀子の現代の苗字は原作では上野だったが本作では松尾。 文吾の再審のために証言する気になったのは原作では病で余命一年と宣告されたため。 本作では被害者の集いで文吾の冤罪可能性を訴える岸田由紀に心を動かされたため。 名乗り出た後に証言を辞めようとするのは本作オリジナル。 原作では紀子宅に心より先に着いた木村さつきと村田藍(田村鈴)が紀子の証言を聞く。 本作では心と鈴が紀子の証言を聞くも、肝心の真犯人の名を聞く直前に木村さつきの指示で薬を飲んで苦しみだした鈴によって妨害されてしまう。 木村さつきによる紀子殺害は、原作では包丁による刺殺だったが、本作では手土産の芋ようかんによる毒殺。 現代で殺されたのは原作では佐々木紀子と木村さつきの2人だが、本作では田中正志も加えた3人が殺害される。 心が音臼小学校跡地に向かった理由について、原作では鈴から真犯人の正体、及び翌日開催の慰霊祭で再び事件を起こすと聞かされたためだが、本作では木村さつきの死亡後に3月8日に慰霊碑前で何かが起きると予告する絵が送られてきたため。 真犯人が誰であるかは現地で本人が告白するまで気づかなかった。 心が真犯人の自白を録音するのは本作のオリジナル。 第三章(解決編)• 原作では2度目のタイムスリップ後の「お泊まり会」で事件は一応解決してその28年後のエピローグへと続くが、本作では事件の起こるはずだった「6年生を送るお楽しみ会」(第8話)で結果的に事件は起こらず、原作と大幅に異なるオリジナル展開へと続く。 原作では心の2回目のタイムスリップ時に真犯人も巻き込まれて、過去の自分と共犯関係になるが、本作ではタイムスリップせずに退散する。 本作も原作同様、2回目のタイムスリップで心は文吾を殺そうとした真犯人にナイフで刺されるが真犯人が異なるため、刺した人物も異なる。 本作では文吾が一連の事件の犯人として、元の歴史同様逮捕される。 用語 [ ] 音臼小無差別殺人事件 1989年3月12日、音臼小学校で毎年恒例の「6年生を送るお楽しみ会」が行われ、昼食に出された青酸カリ入りのオレンジジュースを飲んだ児童18人、職員3人のあわせて21人が死亡する。 佐野文吾の自宅から事件と同じ成分の青酸カリが押収され、それが決め手となり事件の犯人として文吾が逮捕される。 心がタイムスリップして過去を変えたあとは、青酸カリが入った飲み物は「オレンジジュース」から原作では「牛乳」に、本作では「はっと汁」に変わる。 音臼村立音臼小学校 所在地は宮城県仙南郡音臼村1627。 現在は廃校になり慰霊碑が立っている。 音臼村 かつて宮城県仙南郡にあった村。 音臼小無差別殺人事件のあと廃村になる。 ノート 田村由紀が、佐野文吾は本当に殺人犯なのかを調べるため、当時の新聞や記事に書かれた音臼小無差別殺人事件や、音臼村で起こった不可解な出来事などをスクラップしたノート。 1989年にタイムスリップした心は、ノートを金丸に見られそうになったため崖から投げ捨てるが、犯人に拾われ利用される。 音臼村祭事件 1977年に3月21日、毎年恒例で行われていた祭りであるが、祭りで用意されたキノコ汁に誤って毒キノコが入り、徳本の母が食べてしまい死亡する。 この事件以降、音臼村祭が開催されることはなくなった。 文吾は事故として処理しようとしたが田中正志の父、田中義雄の依頼で事件として捜査されることとなり、後の警察の調べで田中正志の母が毒キノコを誤って入れてしまったことが判明する。 放送日程 [ ] 章 話数 放送日 サブタイトル ラテ欄 演出 視聴率 第一章 第1話 1月19日 父は本当に殺人犯なのか? 平成元年に殺人犯になった父! タイムスリップした息子が真実に迫る! 父子の奇跡! 石井康晴 11. 引き裂かれる親子の絆 11. 涙の別れ… 松木彩 11. 無罪の証言者現る! 最後の希望…まさかの裏切りに涙 山室大輔 11. 犯人はお前か…!? 真犯人が姿を消した!? 決戦のとき 松木彩 14. 黒幕出現!? ついに黒幕が登場!! 全て俺のせいだった!? 絶望の父子 15. 姿を消した父 黒幕の最終計画…! 父は殺人犯!? 試される家族の絆! 石井康晴 14. 黒幕との最後の対決 黒幕の正体は誰だ!? 父が連続殺人犯に…!? 家族を待ち受ける未来 衝撃のラスト16分!! 第1話と最終話は25分拡大(21:00 - 22:19)。 第2話は15分拡大(21:00 - 22:09)。 系 前番組 番組名 次番組• MANTAN. 2019年6月20日. 2019年6月20日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年10月28日. 2019年10月28日閲覧。 2020年3月15日. 2020年3月31日閲覧。 まんたんウェブ 2020年3月22日. 2020年3月31日閲覧。 2020年4月30日. 2020年4月30日閲覧。 2020年3月22日. 2020年3月31日閲覧。 - スペースクラフト• 映画ナタリー ナターシャ. 2019年11月6日. 2020年1月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年12月8日. 2019年12月8日閲覧。 - 芸能事務所アイリンク• 2020年3月27日. 2020年3月31日閲覧。 - テアトルアカデミープロダクション• - ケイエムシネマ企画• - スマイルモンキー• - ウォーターブルー• - T-TRIBE ENTERTAINMENT• - ウォーターブルー• - Space Craft Junior(アーカイブ)• - Twitter 2020年1月20日• - ジョビィキッズ• - テアトルアカデミープロダクション• - ジョビィキッズ• - girlswalker 2020年1月28日• - 黒岩司ブログ 2020年1月17日• - レディバード• ORICON NEWS oricon ME. 2020年3月6日. 2020年3月15日閲覧。 ナターシャ. 2020年1月10日. 2020年1月14日閲覧。 - Twitter 2019年12月17日• TBS 2020年1月30日. 2020年1月30日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 講談社コミックスプラス [ ] 以下の出典は『』内のページ。 書籍情報の発売日の出典としている。 講談社コミックスプラス. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月21日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年11月22日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年12月23日閲覧。 第9話 関連項目 [ ]• - 哲学用語。 本作の冒頭でも言及がある。 外部リンク [ ]• - 講談社• - 講談社コミックスプラス• - TBSテレビ• - Paravi• - Paravi• gfsoldaxe - (真犯人のTwitterアカウント) この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

テセウスの船の絵は、原作漫画の東元俊哉氏が描いた絵!?

テセウス の 船 漫画

スポンサーリンク 「テセウスの船」漫画最終話89話結末をネタバレ!犯人もおさらい! 全巻重版だそうです。 これまでの復習としては、• 心は文吾をかばい、加藤みきおに刺され、死亡。 前回の88話では、最後に「田村心」と書かれたお墓に墓参りに訪れた家族の様子が描かれていましたね。 心が加藤みきおに刺されてしまい、文吾の目の前で命を落としてしまったのは非常に衝撃的でした…。 しかし、最後に文吾に息子だと信じて受け入れられて、安堵の表情でこの世を去る心の表情もまた印象深かったですね。 では、以下は最終話89話のネタバレとなります! まだ読んでいない方は、閲覧にご注意くださいね! 数十年後 心が文吾を庇い、加藤みきおに刺され亡くなったあの日から数十年が経ったある日。 音臼村の閉村が決まり、文吾たち佐野一家は、タイムカプセルを掘り返すために以前音臼村に居た時に住んでいた自宅を訪れていました。 「懐かしい、ほとんど昔のままじゃん」 鈴はスマホで写真を撮影しながら懐かしさに感動をしつつ、慎吾もまた懐かしさから笑みを浮かべています。 その表情は若き日の文吾にそっくりで、側に立つ文吾や和子は年老いていました。 タイムカプセルに入れられた家系図 早速タイムカプセルを掘り起こした一同は、それぞれ入れた自分の私物を懐かしんでいます。 文吾の目に留まったのは、心がタイムカプセルに入れた封筒。 中身を確認すると、封筒の中には心の結婚指輪共に文吾・和子・鈴・慎吾・心、そして心の妻であった岸田由紀と子供・未来の名前が手書きされた家系図が入っていました。 それを見た文吾はハッとした表情を見せ、意味を理解した様子。 雨が強まり、佐野一家は文吾の運転で古き懐かしい家を後にしました。 心の写った写真 自宅に戻った佐野一家。 鈴は加藤みきおが音臼村事件の連続殺人犯の少年Aとして特集されている一冊の週刊誌を見つけました。 そこには、幼き加藤みきおの写真も掲載されており、「以前のように加藤の居場所を捜すようなことはもうしていないよね」と文吾に対して恐怖や不安の表情を浮かべます。 その表情を見た文吾は申し訳なさそうに、すでに自分は退職した身であり、加藤が施設を出て20年以上も経っていることから居場所の特定は難しく、捜索はしていないと告げました。 「それより…他に捜したい人がいる…岸田由紀という女性で…」 文吾が由紀の名前を出した所に、タイムカプセルに入っていたカメラを現像し終えた慎吾が自宅に戻ってきます。 「これ見て!心さんが写ってる!」 現像した写真を眺めていると、その中から佐野家と共に花火をしている心の写真を見つけました。 そこに写っている心が、末っ子の弟・心とそっくりである事に、鈴たちは懐かしさと同時に驚きの表情をします。 「あの子の名前…「正義」にするはずだったじゃない?でもお父さんが命の恩人だからって「心」にしたんだよね」 鈴の言葉を受け、文吾は写真の中の心を見つめながら、穏やかな笑みを浮かべました。 慎吾にタイムカプセルに何を入れたのかと聞かれた文吾は一枚の紙を渡します。 その紙を受取った慎吾は、スマホで撮影して心に送る事に。 「明日帰ってきた際に直接見せれば良い」という鈴の言葉を受け、慎吾は 「明日じゃなく、「今」を生きている心に送るんだよ」と答えるのでした。 現在の心 慎吾から写真が添付されたメールを受け取った心。 その写真には、「どんな過去があろうとも過去に逃げず今を生きろ by文吾」と書かれた紙が写っていました。 「…は? 」 意味が分からず困惑した表情を浮かべる心のもとに、同僚である岸田由紀という教師が現れます。 由紀は、手作りのお弁当を作ってきたからと心を昼食に誘い、心は照れた表情を浮かべます。 「あ…ありがとうございます」 その様子を見ていた生徒から「お似合いカップル」とからかわれ、頬を赤らめ照れながら生徒を注意する由紀を見て、心はとても幸せそうな表情を浮かべました。 その後、心は由紀を婚約者として家族に紹介。 文吾は心が連れてきた女性が由紀だった事に心から感激するのでした。 「テセウスの船」最終話89話の感想は? 全てがキレイにまとまって、スッキリと締めくくられた「テセウスの船」に感動してしまいますね! 心が文吾を助けるために、身代わりとなって命を落としてしまった時には衝撃でしたが、この時代を生きる文吾は夢であった教師という職に就き、由紀とめでたく結ばれていました。 全てを知っている文吾も、これで心の底から救われたでしょうね。 読む人によってとらえ方は違うのかもしれませんが、個人的にはとてもハッピーエンドの最後だったかなと感じます。 最後のコマで、街の片隅をフードを深く被りながら歩く加藤みきおが描かれていて、少しゾッとする感覚もありましたが、それがまたリアルで素晴らしい。 最後まで面白い漫画でしたね! 「テセウスの船」漫画最終話のその後を考察!続編はある? 東元俊哉『テセウスの船』8巻。 ついに犯人が判明。 しかしまたアレが起きて状況が変わる… それはそうと、連載は次号で最終回。 この作品のお陰で毎週モーニングが楽しみでした。 テレビドラマ化もされちゃいますね。 何よりも、何度も冤罪やこんな無差別事件が起こってもらっては困ります。 またそれに何度も巻き込まれる家族なんてそうそういないでしょう。 続編が制作される可能性は非常に低いと思いますが、東元俊哉先生の描く漫画がとても面白い事は「テセウスの船」で周知の事実となりましたので、次回作にも期待したいですね! 加藤みきおのその後を描いた番外編? 心や文吾を中心とした、続編を制作する事は難しいと思いますが、加藤みきおの人生を描いた、単行本1冊適度の番外編なら読んでみたい気もします。 施設を出て、それっきり行方は分からないという事ですが、一目を避けるようにどこかを歩く加藤みきおに最後に描かれていますよね。 しかも歩いていた場所が札幌と見られており、ひょっとしたら鈴たちのすぐそばにいる可能性もあります。 今の加藤みきおがどんな思考を持っているのか、この先どうなっていくのか?に興味がある方も多いのではないでしょうか。 また事件を起こすようであれば、暗い展開だけが描かれてしまう可能性もあるでしょう。 しかし鈴と離れた場所で関わりを持たない時間を過ごす中で、小さな幸せや夢を持っていたのだとしたら、加藤みきおにとっても心の行いに意味があったと言えますよね! 加藤みきおは再び現れる!? もしも最終話でチラッと登場した加藤みきおが、何も反省していなかったら…と考えると背筋がゾッとしますよね。 何も思考が変わっていない、鈴の事が大切で…なんてことを今でも思っていたとしたら佐野一家に平穏は訪れません。 読者の中には、後日談として佐野一家、加藤みきおのその後などが描かれてほしいという意見も多いですので、この辺りも注目していきましょう! 「テセウスの船」テレビドラマ化でどんな影響がある? 「テセウスの船」が完結したとほぼ同時期に、テレビドラマ化が決定した事がわかりましたよね! そしてその詳細情報が少しずつ明らかになってきており、原作ファンの方の間でも話題となっています。 放送時期:2020年1月~• 放送局:TBS• 放送曜日:日曜劇場枠• 主演:竹内涼真(心 役) これにより、続編やその後の展開に何か影響があるのか!?について考えていきましょう! テレビドラマの内容は原作に忠実? 原作漫画があり、すでに完結している場合、その内容をなぞるような形でドラマのストーリーが構成されていくパターンが多いですよね。 多少年齢の設定や、登場人物の名前などに違いが生まれる場合もありますが、最終回が全く違う展開になる可能性は低いでしょう。 特に、「テセウスの船」は原作の評価が非常に高い人気作品ですので、あまりにも不自然な演出が加えられていると、読者の反感を買ってしまうかもしれませんしね。 そのため、テレビドラマの展開は、原作に沿って、大まかな流れは変わらず、結末も同じ内容で完結するのではないかと予想します! テレビドラマ終了後映画化の可能性も!? テレビドラマで原作の途中までを描いて、結末を映画にする…というケースは何度か見た事がありますね。 しかし、「テセウスの船」は原作漫画もそれほど長く引き伸ばされた作品ではありませんので、テレビドラマで完結まで描く事は可能だと思います。 視聴者としても、犯人が分からないまま映画館へ!と言われたらちょっと面白くありませんよね。 そのため、結末はテレビドラマで描かれる、というのが濃厚です。 ただ、原作漫画の読者の中には、「テレビドラマで本編を描いた後、続編・新章・番外編を映画化してほしい!」という声が多数挙がっています。 パソコンやテレビだけでなく、通勤時間や通学時間にスマホからも楽しめるマルチアプリ! そんなU-NEXTですが、、、 現在 31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーン実施中なんです! 私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました! そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 詳細についてはまだ言えませんが、情報解禁になり次第随時お知らせしていきます。 そして来週発売の週刊モーニングで最終回を迎えます。

次の

テセウスの船 (漫画)

テセウス の 船 漫画

タップできるもくじ• テセウスの船のドラマと原作漫画の違いを話数ごとに解説 テセウスの船のドラマと原作漫画の違いについて、ドラマの放送回ごとに解説していきます。 なお、ドラマの話数と漫画の巻数の比較表は下記になります。 1話~11話 1巻~2巻 2話|真犯人、あらわる 12話~25話 2巻~3巻 3話|決死の告白! 殺人犯になる父へー 26話~30話 4巻 4話|第2章・変わり果てた最悪の未来 31話~50話 4巻~6巻 5話|もみ消される最後の希望。 理不尽な運命 51話~61話 6巻~7巻 6話|共犯者の影 最後の犯行予告 62話~64話(8巻) 7話|すべてを知った真犯人、次の狙いは… 65話~77話前後(9巻) 8話|ついに事件当日 惨劇を止められるか!? 箇条書きでテセウスの船の違い(漫画VSドラマ)を書いていきますので、ご覧ください。 テセウスの船原作漫画だと舞台は「北海道音臼村」だが、ドラマでは「宮城県音臼村」となっている。 原作漫画だと音臼小事件が起きたのは1989年6月24日だが、ドラマでは1989年3月• 主人公・田村心の年齢が原作漫画では27歳だが、ドラマでは31歳となっている。 また、各登場人物もそれぞれ年齢が調整されている• 主人公・心のハモニカは原作漫画では「ハンス・ジマーのパクリ」だが、ドラマでは父・佐野慎吾の「上を向いて歩こう」の記憶だった(ハンス・ジマーはドイツ出身の作曲家)• 犯人の事件の記録媒体が原作漫画だとカセットテープだが、ドラマではワープロに変わっている。 原作漫画にある金丸刑事が慎吾と鈴にお年玉として「1万円と10円、どっちが欲しい?」と問うシーンが、ドラマでは省略されている。 主人公・心が金丸刑事に署へ連れていかれて事情聴取を受けるシーンはドラマオリジナル。 原作漫画では佐野家に訪れるのみ。 佐野文吾と明音ちゃんが崖に落ちて主人公・心が救出するシーン、クマを銃で追い払うシーンはドラマオリジナル。 田村心と佐野文吾が温泉で会話をするシーンでの話題が漫画では「北の国から」「ノストラダムスの大予言」「自動運転」だが、ドラマでは「AI 人工知能 」。 アントニオ猪木のモノマネはドラマオリジナルで、テセウスの船原作漫画では描かれていない。 ドラマでは臨時教員免許の面接で「東京タワー」「森昌子」「山口百恵」「ピンクレディー ピンクレデー 」の話題が振られるが、漫画では「おみくじクッキー」が振舞われる。 小学校で飼っているうさぎの死因がドラマでは薬による毒殺だが、漫画では残酷にも首をスコップで切断されており、過去にも「ビニール袋に入れて窒息死」「紐で首を縛って絞殺」など起きている。 明音ちゃんと喧嘩をした鈴が「死ねばいい」と言った際に、漫画では主人公・心が説教をしたが、ドラマでは母・和子がビンタをした• 体育の授業でスキーを行ったが未経験の主人公・心がこけて腰を痛める描写は漫画のみ。 主人公・心が母・和子と「明音ちゃんが早く見つかりますように」と神社でお祈りをし、その後、父・佐野文吾に補修した家族写真を見せて和解するシーンはドラマオリジナル。 ドラマでは音臼岳の小屋に明音ちゃんが監禁されており、衰弱した状態で発見。 一命を取り留めるが、原作漫画では長谷川翼とともに遺体で発見される。 テセウスの船原作漫画では、金丸刑事が主人公・心を事情聴取する際に「正義」と書かれた紙を破るシーンがあるが、ドラマでは省略されている。 佐野文吾が「1・2・3ダー!」と「腹踊り」を踊って心を勇気づけるシーンはドラマオリジナル。 真犯人が心のノートを拾い、「黒く塗りつぶした免許証」を送り付ける描写はドラマオリジナル。 加藤みきおが職員室に駆けつけ、心と木村さつき先生に「校門に変な絵がある」と報告したのはドラマオリジナル。 防犯ブザーを鈴に渡すシーンはドラマオリジナル。 学校の教室に届けられた「21と書かれた箱」と「オレンジジュース」が届けられたシーンはドラマオリジナル。 漫画では父・佐野文吾に真実を告白し、家から追い出されたあとすぐに霧に包まれ現代に戻るが、ドラマではその前に幾つかイベントがある• 主人公・心の生年月日が原作漫画では「平成元年7月10日」だが、ドラマでは「平成元年4月26日」に早まっている。 テセウスの船原作漫画では、一家心中の後に心と鈴が児童養護施設「しらぎくの杜」で育った過去がドラマでは省略されている。 原作漫画では音臼村無差別毒殺事件の殺害方法が「青酸カリを牛乳に混ぜる」となっているが、ドラマでは「はっと汁」に変わっている(「はっと汁」は宮城県の郷土料理)。 姉・鈴の旦那である木村みきお 加藤みきお との再会シーンが原作漫画では「姉・鈴と佐野文吾の面会へ行った帰り」だが、ドラマでは「姉・鈴と再会した際にばったり遭遇」する。 原作漫画では由紀が「週刊記者として」佐野文吾と文通をしている。 「音臼小事件被害者の集い」に心と由紀が乗り込み、由紀が会場で熱弁するイベントはドラマオリジナル。 ドラマでは由紀の好きな飲み物として「ミルクティー」を当てるが、漫画では由紀の身に付けている指輪が「おばあちゃんの形見の指輪」だと言い当てる。 木村さつきの髪の色がドラマでは白髪だが、漫画では黒髪のまま。 木村さつきが姉・鈴 村田藍 を隠しカメラで撮影・監視している描写はドラマオリジナル。 ドラマでは心と由紀が佐野文吾に面会へ行くが、漫画では行かない• 心が松尾紀子に会うため雨に打たれ、由紀に諭されて自宅で鍋を囲むシーンはドラマオリジナル。 松尾紀子が佐野文吾に面会へ行くシーンはドラマオリジナル。 松尾紀子が真犯人の「声」を告白する前に鈴が妨害のため薬 睡眠薬? を飲んで昏睡状態になるのはドラマオリジナル• 松尾紀子の殺害方法がドラマでは芋ようかんに混ぜた薬物による毒殺だが、漫画では木村さつきが鈴と一緒に松尾宅へ訪問しており、包丁でメッタ刺しにして殺害した。 (なお、ドラマでは 木村さつき自身も容疑者から逃れるため毒を服用したと思われるが、 漫画では自分の腹を包丁で刺して自演を行った)• 漫画では佐々木紀子 松尾紀子 の自宅で木村さつきが鈴に「真犯人が誰か」をカミングアウトするが、ドラマではこの描写はなし。 心が木村さつきの入院先に行き、オレンジジュースで毒殺されている現場に遭遇するのはドラマのみ。 漫画では加藤みきおがオレンジジュースを持って木村さつきの病室に訪れたのち、 両目の目玉をくりぬいて殺害している。 「小柄で小太りの眼鏡をかけた男」が木村さつきの病室から逃げて行ったという木村みきお 加藤みきお のガセ証言はドラマのみ• 森刑事の自宅で「明音ちゃんの首の痣の形」を確認するイベントはドラマのみ• 原作漫画では田中正志は過去にしか登場しない• 心が由紀に話した超特ダネのニュース「タイムスリップした男の話」はドラマのみ。 原作では心は由紀に自分たちの関係を最後まで明かさずエンディングを迎えた…。 その場合、みきおの「ねぇ次どうする?」が別の人間に向けられていることになり、原作と大きく異なる展開になるやも…?• ドラマでは加藤みきおが同級生に電話を掛け「お楽しみ会に行く」と伝えているが、原作漫画では木村さつきと電話している• ドラマでは「心先生へ」と書かれたフロッピーディスクが登場するが、原作漫画では登場しない• ドラマでは木村さつきの家を捜索した際何も出てこないが、原作漫画では「シアン化カリウム」と書かれた酒瓶が発見される なお、酒瓶は木村さつきの父親のもので、「これを貼っていると禁酒できるんだ」という説明がされる• ドラマでは木村さつきの家でお茶を普通に飲んでいるが、原作漫画では毒が入っている事を恐れた心が文吾のお茶を手で振り払って火傷する• ドラマでは木村さつきが加藤みきおを養子にする理由を「結婚できそうにないし、張り合いができるかな…」と語っているが、原作漫画では語られていない• ドラマでは母・佐野和子が身ごもっている子供の名前を「心」と名付ける事で全一致したが、原作漫画では最終話にて「父・佐野文吾」が「命の恩人だから」という理由で名前を「心」と命名したことが語られている• ドラマでは「お爺さん 田中義男 の様子がおかしい」と加藤みきおが駐在所に電話を掛け、家に駆けつけた佐野と心が田中義男の遺体を発見するが、原作漫画では放火による殺害。 (なお、原作では「スープによる毒殺」を試みているが、原作漫画では「折り畳み式ナイフによる刺殺」をしようとしていた)• ドラマでは村の外へ避難する前に「佐野家だけのお楽しみ会」にてプロレス大会が行われ、蟹鍋が振舞われるが、原作漫画では心が「家族の時間を作りましょう」と提案し、ジンギスカンを食べて花火をする。 また、このとき佐野文吾がハモニカを吹き「作曲・俺 笑 」と言うシーンがあり、大人になった心がなぜかハモニカを吹けるルーツが分かる• ドラマではタイムカプセルを入れるシーンで慎吾が「猪木のチャンピオンベルト」鈴が「作文と髪留め」を封印しているが、原作では何を入れたか語られていない なお、佐野文吾と和子と心がタイムカプセルに詰めたものは原作漫画と同じ• ドラマでは和子・慎吾・鈴が来るまで非難するシーンでは晴れているが、原作漫画では雨が降っている• ドラマで加藤みきおがウソ泣きをして「僕を逮捕する、お楽しみ会に出るなと言われた」と言い教師を味方につけたのはドラマオリジナル• ドラマで母・和子の運転する車を通行止めしていたのは「野菜のはいったかご」だが、漫画では「カラーコーン」• ドラマで佐野文吾が「はっと汁」を捨てるが、漫画では「はっと汁」は登場しない(漫画では牛乳に青酸カリを入れる)• ドラマで心と加藤みきおが対峙し、みきおが「僕の作戦は完璧だ」と心に勝利宣言をするシーンは漫画にないドラマオリジナル• 漫画ではお楽しみ会の直前に木村さつきが「未来からタイムスリップしてきた大人の加藤みきお」に絞殺されるが、ドラマでは生存している• ドラマで心が「はっと汁」に「毒は入っていない」と宣言して飲むシーンは漫画にないドラマオリジナル• ドラマでは母・和子の車が発見されたきっかけは「音臼村1321番道路にドアの空いた車あり」という無線連絡だったが、漫画では佐々木紀子が重体の兄・慎吾をたまたま救助してお楽しみ会の現場に連れてくる(漫画ではお楽しみ会中止となる)• ドラマで車にあった「警察官を殺害するかのような絵」が置かれていたが、原作漫画では和子、鈴、慎吾と思われる3人を黒塗りにした残酷な絵が描かれている• ドラマでは誘拐時に「スタンガンと目隠し」をされた描写があるが、原作漫画では「頭から流血し、手足を縛られ猿ぐつわ」されている• ドラマでは和子・鈴・慎吾が誘拐後「加藤みきお」に救出され、鈴が「みきお君ありがとう」と感謝しているが、漫画では流血し衰弱した状態で発見されるため会話するシーンはない• ドラマでは母・和子に「お楽しみ会で起こる殺人事件のこと(未来の話)」を告白し、もう一度村から出てくれと懇願するが「 村は出ない」と断られ、「和子は佐野文吾と結婚するときに猛反対された」というエピソードを語るが、原作漫画ではこのシーンはなくドラマオリジナルの展開。 田中のお爺さんの息子・正志(せいや)と農業を営む男性・徳本(今野)が桜の木の下で会話し「母もこの桜が好きでした。 あんなことがなければ…」と語る意味深なシーンはドラマオリジナル• ドラマで加藤みきおが駐在所にいる佐野に電話を掛け、「もう疲れたから逮捕しにきてよ、一人で来てね」というシーンはドラマオリジナル• 佐野文吾が「心さんすまん 俺が決着をつける」と手紙を残し、心を置いて加藤みきおのもとへ向かい、そのあと心が書置きから「仙南キャンプ場」を特定するシーンがあるが、漫画では心が単独犯人のいる場所(キャンプ場ではなく風速計の小屋)へ向かう。 仙南キャンプ場に置かれたワープロで印刷されていた紙を佐野文吾が見つけ、加藤みきおと対峙し会話している最中に後ろからスタンガンで気絶、その後加藤みきおもスタンガンで失神させられているシーンはドラマのみ。 9話の予告「音臼村祭 1977」というチラシ、佐野文吾が過去でも冤罪を被せられる、駐在所で妻・由紀のノートが見つかる、新たな警官(小藪一豊)の登場はすべてドラマオリジナル。 ついに、ドラマ8話で漫画と決定的に違う展開になってきました。 田中正志(せいや)と徳本(今野)の意味深な会話シーンの伏線は漫画で存在しない• 気絶させられたのが漫画では心だが、ドラマでは 佐野文吾+加藤みきお• 9話予告で「 黒幕の裏切り!! 」と出ているため、「真犯人が大人の加藤みきおではない」ことが確定(こども加藤みきおを殺すと当然大人加藤みきおも存在しなくなるはず) ここからは、原作の情報が役立ちそうにありません 笑 ちなみに、 テセウスの船第8話は漫画原作者が「ドラマオリジナル展開です」と明言しています。 警察官の馬淵 小藪一豊 が佐野家に押し入って家宅捜索をしたのはドラマオリジナル。 佐野文吾が拉致され、目隠し・監禁をされているのはドラマオリジナル。 記者たちが佐野家に押し掛けるシーンはドラマオリジナル。 心が佐野の居場所を聞くために入院中の加藤みきおの所へ見舞に行くのはドラマオリジナル。 由紀のノートが佐野駐在所へ匿名で届けられているのを心が発見するのはドラマオリジナル。 1977年、12年前の村祭である音臼村祭で「 炊き出しのキノコ汁に毒キノコが混入し、徳本の母が亡くなった」という事件はドラマオリジナル(音臼村祭の存在自体がドラマオリジナル)。 徳本 今野浩喜 と井沢 六平直政 が木下に人型の穴を掘って「図体デカいからなあいつは…」と言うシーンはドラマオリジナル。 監禁された佐野が何故か開放され、その後警察署で聴取を受けに行った後留置場に拘束されるのはドラマオリジナル。 音臼村1034番地先の路上で不審なものとして「オイルが切れたライター」と「三島明音ちゃんの隠し撮り写真」と「真っ二つに折られたワープロのフロッピーディスク 駐在日誌と書かれている 」が見つかるのはドラマオリジナル。 馬淵が佐野駐在所に押し入り、ワープロの中にある「駐在日誌」を読み、庭の裏庭に埋めてある青酸カリを掘り出し犯人を佐野文吾と断定するのはドラマオリジナルの展開。 ドラマでは真犯人の目的が「 今まで起きた罪を佐野文吾になすりつけ確実に死刑にすること」となっているが、漫画では加藤みきおが「鈴の好きなタイプである正義の味方=佐野文吾という存在を消すため」となっている テセウスの船、9話は完全にドラマオリジナルの展開でした。 原作漫画に登場しない人物、イベントなど盛り沢山。 ますます結末が気になる展開です…!! 加藤みきおが真犯人に裏切られ、記憶喪失になったのはドラマオリジナルの展開。 佐野文吾が牢屋の中で「サラダ記念日」という本を読み、犯人からのメッセージが仕込まれている事に気付くのはドラマオリジナルの展開。 (犯人のメッセージは「罪を認めろ さもなくば家族を狙う」)• 佐野文吾が心と和子との面会で「犯人は俺だ」と自白したのはドラマオリジナルの展開。 鈴と慎吾が小学校で佐野の事で言い合いになり、喧嘩をして早退してきたのはドラマオリジナルの展開。 タイムカプセルを過去の佐野家で掘り返すのはドラマオリジナルの展開であり、原作漫画では未来で佐野文吾・和子・鈴・慎吾の4人で掘り返す。 加藤みきおが「作戦変更・ジエンド~!!」と言い、佐野文吾を無罪にするためにボイスレコーダーを置いて自白を録音し、青酸カリを飲んで自殺を図ったのはドラマオリジナルの展開。 校長の息子で18歳の徹君が音臼村祭に参加し、喧嘩に巻き込まれた設定はドラマオリジナル。 さつき先生が高1のころに妊娠し、妊娠4か月で中絶したという過去の設定はドラマオリジナル。 さつきはこの過去があるため、加藤みきお(幼い子供)を守ることに異常に執着している• 佐野文吾宛てに殺害予告の手紙が届き、心が単身犯人の元へ向かっていくのはドラマオリジナル。 校長が佐野駐在所を訪れ、和子に身の上話をするシーンはドラマオリジナル• ドラマ版の真犯人は田中正志 霜降り明星・せいや で、犯行動機は「母と妹が死んだ原因が佐野文吾だったから(母は過労、妹はいじめによる自殺)」だが、原作漫画の真犯人は未来からタイムスリップしてきた大人の加藤みきお。 ドラマ版では心の胸にナイフが刺さり死亡する原因が「正志の自殺 佐野を殺人犯にするため を止める為に争ったせい」だが、原作漫画では「大人加藤みきおが佐野文吾を殺そうとしてナイフで襲い掛かってきたところを身代わりになり胸にナイフが刺さり死亡」した。 ドラマのラストシーンは「心 過去、和子のおなかの中にいた子 と由紀が妊娠 女の子 の報告をしに家族が集まり、佐野文吾が生まれてくる子供の名前を「未来 みく 」と提案」するが、漫画のラストシーンはお腹に子がいる描写は無く、佐野家に心と由紀 にそっくりな女性。 名前は語られない があいさつに来るシーンとなっている さらに漫画では大人加藤みきおが釈放され、街中で黒いフードをかぶり怪しげに歩くシーンで幕を閉じる 原作漫画の結末についてサクッと解説 テセウスの船の原作漫画の結末をサクッと解説します。 真犯人は「加藤みきお」と「未来からタイムスリップした大人加藤みきお」• 最終回にて、心は佐野文吾をかばい大人加藤みきおにナイフで刺され死亡する。 その後、大人加藤みきおは逮捕され、佐野文吾の冤罪が確定する。 音臼村は閉村しており、文吾・和子・鈴・慎吾の4人が佐野家が久し振りに旧・自宅へ訪れタイムカプセルを開ける• 文吾は未来の心が遺した指輪と家系図のメモを見つけ、岸田由紀という女性を探したいと言う。 過去の心と由紀 にそっくりな女性 は教師になっており、後日佐野家にあいさつに来る。 ラストシーンは大人になった過去の加藤みきおが街中で黒いフードを被り、鋭い目つきでこちらを見ているシーンで幕を閉じる。 由紀の遺した事件ノートの内容・ドラマと漫画の相違点について テセウスの船では主人公・田村心の妻である由紀が音臼村事件までに起きた出来事をノートにまとめて心に託しています。 ノートの内容を原作漫画・ドラマそれぞれまとめてみました。 2月1日 今西工業(株)の敷地内で飼い犬が不審死、発見者は今西幸子(56) 2月11日 除草作業を行っていた竹下好夫(73)が誤って自宅の屋根から転落し死亡 2月16日 塚本印刷(株)の敷地内で不審火。 南側倉庫付近に駐めてあったバイクが燃える。 2月18日 佐々木紀子(36)が自殺。 死因はシアン中毒。 2月23日 井沢商店の倉庫から商品が入った段ボール1箱が盗まれる。 発見したのは近所に住む少年 2月12日 佐々木家の飼い犬が死亡、死因は不明 3月11日 木村さつきが全治3週間の骨折 3月12日 三島明音(12)が行方不明になる。 4月6日 佐々木紀子が自殺。 死因は青酸カリ(シアン中毒)。 6月24日 音臼小無差別殺人事件が起きる.

次の