じゃあ なん すか 元 ネタ。 [B! ミーム] TwitterにおけるWANIMA「オタクくんさぁ…」ネタの流行を時系列で追ってみた

予選ネタ集

じゃあ なん すか 元 ネタ

オタクくんさぁ... とは、ののが である。 概要 初出とその背景 にへの出場を果たし、今やを代表するとも呼ばれるようになった。 その底抜けに明るい性やの強めのから、いつしか上では彼らを「」や「」ののように扱う潮が生まれ、広まっていった。 いわゆるである。 の、特に等のでを形成していた層の中には、時代にの下位に甘んじ、上位の者から虐げられた経験を持つ者が存在している。 そんな彼らから見ては、まさに上位の存在のや文化を顕現させたような存在に映ったのだろう。 実際の要なが、まさに現役の上位層で占められていた(ように見えた)ことも、これらのの醸成に繋がった可性がある。 「オタクくんさぁ…」という表現自体は最初のが起こる以前から存在していたが、上での画像を使って何かを言わせるの初出はパソ・コン氏の「 さー」とされており、この2つが結びついてが「オタクくんさぁ」と言わされるようになったと推測される。 これらは的に広がり、特にが閲覧者を「くん」と呼んでいるがとして固定化した。 ここで1回のを迎えることになる。 第二次ブーム 第一次ののちもしばらくこのは使われ続けた。 下半期になると再び加速的にが広がり、が量産されるようになっていった。 末から初頭にかけて、特には盛り上がりをみせた。 この頃になると更に状況の固定化が進み、に用いられる画像の種類が絞られていき、遂にはほとんどが に掲載された、がについてを受けているときの(あるいは)を題材として用いられるようになった。 こののにはの楽曲「ともに」が起用されていた。 のはが出身であり、このでらがな表情をしているのも故郷を襲ったやその復について、楽曲に込めた思いをっているためである。 以前のでは理不尽ないいがかりが多かったのだが、この場合は取り上げられる内容もより内省的なものになったり、言われている相手が薄々気付いていそうなことにズバッと言及する系のが持て囃されるようになり、様々な・からのが作られるに至った。 が広まる過程で、上記の画像自体を加工したり、画像をして別のに仕立てたり、またと対のである『』をとしたがされてなど、界が大きな盛り上がりをみせた。 同時に出だしを「じゃあなんすか」としてが何かに言い返すもされはじめた。 あくまでも 念の為付記しておくが、これらのはあくまでもとして用いられているものであって、決して に特別な恨みやを持って接しているが大半を占めているわけではない。 者の中にはにぶら下げで謝意や懺悔を書く人もおり、またな文脈からのもなされている。 筆者はを通じての曲にを持ったりになったりしたも一確認できた。 少し乱暴な論評かもしれないが、民が抱えがちな思期のを、という分かりやすいを通して乗り越えようとしている形が、一連の群なのかもしれない。 ただし、本人や復の関連団体がに画像を使っていいと言ったわけではなく、「元はから生まれている」「勝手に他人に言わせているである」という性質上、このを嫌う人もいるということには注意を要する。 関連動画 上記の、復『ともにすすむ 村』のに起用されたの楽曲「ともに」の。 ののからの。 関連静画 関連コミュニティ・チャンネル 関連リンク• 関連項目•

次の

(´・ω・`)元日雇い土方で今はナマポの者ですが

じゃあ なん すか 元 ネタ

1月後半からVTuberの間で、ロックバンド「WANIMA」の画像を元にしたセリフネタ「じゃあなんすか」構文のパロディ画像が流行しています。 「じゃあなんすか」という構文は、2018年にロックバンド「WANIMA」の画像を使って「オタクくんさぁ…」と話しかけるというネタが発端です。 この「オタクくんさぁ…」構文は2018年以前から存在したものの「WANIMA」の画像とオタクくんネタが組み合わさったことで、SNSを中心に人気を集めました。 そんな「オタクくん」シリーズの派生として、今年の1月上旬に誕生したのが「じゃあなんすか、オタクくんは無駄死にだったってことすか」のツイートです。 オタクくんの死に怒り復讐心に目覚めたキャラクターのような台詞の面白さから、パロディネタが数多く投稿されました。 なお「WANIMA」は「オタクくんさぁ…」を含め、ネタに引用されるような発言は一切していません。 特に注目を浴びたのがバーチャルライバーグループ「 」所属の 様のツイート。 ドーラ様、 さん、 さんとのトリオユニット「cresc. (クレッシェンド)」の3D写真を使い、「じゃあなんすか この筋トレは無駄だったってことすか」と、パロディ画像を投稿しました。 「Live2Dじゃ完全に横向けないってことすか」「配信が面白過ぎて寝不足になるってことすか」といった、VTuber自身やリスナーのあるあるネタを投稿しています。 Vaporwaveくんは死んだって言うんですか。 (参考)、、、、、公式Twitter.

次の

#1 目指すは王子様系スパダリの先輩

じゃあ なん すか 元 ネタ

オタクくんさぁ... とは、ののが である。 概要 初出とその背景 にへの出場を果たし、今やを代表するとも呼ばれるようになった。 その底抜けに明るい性やの強めのから、いつしか上では彼らを「」や「」ののように扱う潮が生まれ、広まっていった。 いわゆるである。 の、特に等のでを形成していた層の中には、時代にの下位に甘んじ、上位の者から虐げられた経験を持つ者が存在している。 そんな彼らから見ては、まさに上位の存在のや文化を顕現させたような存在に映ったのだろう。 実際の要なが、まさに現役の上位層で占められていた(ように見えた)ことも、これらのの醸成に繋がった可性がある。 「オタクくんさぁ…」という表現自体は最初のが起こる以前から存在していたが、上での画像を使って何かを言わせるの初出はパソ・コン氏の「 さー」とされており、この2つが結びついてが「オタクくんさぁ」と言わされるようになったと推測される。 これらは的に広がり、特にが閲覧者を「くん」と呼んでいるがとして固定化した。 ここで1回のを迎えることになる。 第二次ブーム 第一次ののちもしばらくこのは使われ続けた。 下半期になると再び加速的にが広がり、が量産されるようになっていった。 末から初頭にかけて、特には盛り上がりをみせた。 この頃になると更に状況の固定化が進み、に用いられる画像の種類が絞られていき、遂にはほとんどが に掲載された、がについてを受けているときの(あるいは)を題材として用いられるようになった。 こののにはの楽曲「ともに」が起用されていた。 のはが出身であり、このでらがな表情をしているのも故郷を襲ったやその復について、楽曲に込めた思いをっているためである。 以前のでは理不尽ないいがかりが多かったのだが、この場合は取り上げられる内容もより内省的なものになったり、言われている相手が薄々気付いていそうなことにズバッと言及する系のが持て囃されるようになり、様々な・からのが作られるに至った。 が広まる過程で、上記の画像自体を加工したり、画像をして別のに仕立てたり、またと対のである『』をとしたがされてなど、界が大きな盛り上がりをみせた。 同時に出だしを「じゃあなんすか」としてが何かに言い返すもされはじめた。 あくまでも 念の為付記しておくが、これらのはあくまでもとして用いられているものであって、決して に特別な恨みやを持って接しているが大半を占めているわけではない。 者の中にはにぶら下げで謝意や懺悔を書く人もおり、またな文脈からのもなされている。 筆者はを通じての曲にを持ったりになったりしたも一確認できた。 少し乱暴な論評かもしれないが、民が抱えがちな思期のを、という分かりやすいを通して乗り越えようとしている形が、一連の群なのかもしれない。 ただし、本人や復の関連団体がに画像を使っていいと言ったわけではなく、「元はから生まれている」「勝手に他人に言わせているである」という性質上、このを嫌う人もいるということには注意を要する。 関連動画 上記の、復『ともにすすむ 村』のに起用されたの楽曲「ともに」の。 ののからの。 関連静画 関連コミュニティ・チャンネル 関連リンク• 関連項目•

次の