厚生 年金 基金 いくら もらえる。 厚生年金基金に加入した人の年金や受給額は? [年金入門] All About

国民年金・厚生年金の満額っていくら?支給要件は?【動画でわかりやすく解説】 [年金] All About

厚生 年金 基金 いくら もらえる

年金手帳ではわからない宙に浮いた年金が… 厚生年金基金に加入したことがあったら 「厚生年金と厚生年金基金ってどう違うの?」「昔勤めていた会社が厚生年金基金に入っていたのですが、その時の年金はどこから支給されるの?」「自分の入っていた基金が解散してしまったんですが、年金はどうなるの?」など、会社員で厚生年金基金に加入していた人から、よく質問を受けます。 今回は、複雑な厚生年金基金のしくみをできるだけわかりやすく解説します。 <INDEX> ・ ・ ・ 「厚生年金基金」とは? 厚生年金基金は昭和41年にスタートした企業年金制度です。 厚生年金基金は、1つの企業、あるいはグループ企業や同種の企業ごとに設立される特別法人で、平成23年7月1日現在、588の厚生年金基金があります。 基金に加入しているのは、厚生年金基金が設立されている企業で働く厚生年金保険の被保険者の人です。 基金ごとに独自の規約を作って運営されています。 下図のように、厚生年金基金以外にもいくつかの企業年金制度がありますが、厚生年金基金がほかの企業年金と異なるのは、「代行部分」と呼ばれる年金を持つところです。 【年金制度の体系】 この「代行部分」は、厚生年金保険の保険料の一部を国に代わって運用し、将来の給付を国に代わって行う制度です。 厚生年金基金に加入している人は、本来国に収める厚生年金保険の保険料の一部を基金に納め、基金はその保険料と厚生年金基金の掛金をもとに運用し、将来の給付を行います。 厚生年金基金が国にかわって給付を行う「代行部分」は、厚生年金の中で老齢厚生年金の報酬比例部分の一部についてです。 また、基金ごとにプラスアルファ部分と呼ばれる上乗せ給付を行うことになっています。 さらに、プラスアルファ部分については、代行部分に加算して支給する部分(「基本上乗せ部分」)と、基金独自の上乗せ部分(「加算部分」)で構成されています。 厚生年金のみに加入している人と厚生年金基金のある会社に勤務する人の老齢厚生年金を比較すると、以下の図のようになります。 【基金に加入していた場合としてない場合の比較】 厚生年金基金加入の4つのパターンは? 厚生年金基金に加入していたことがある人については、公的年金(厚生年金)から老齢厚生年金がもらえるようになると、厚生年金基金からも老齢年金をもらえることになります。 ただし、請求手続きは公的年金とは異なります。 ここでは、以下の4つのパターンごとにみていきましょう。 60歳の定年まで同じ会社に勤務し、厚生年金基金に加入していた 厚生年金基金から支給される年金は、加入していた厚生年金基金に請求します。 ただし、厚生年金基金は規約によって、受給資格が定められています。 また、規約によって給付の一部を一時金として受け取ることができる場合もあります。 現在、厚生年金基金のある会社に勤務している人は、自分の加入する厚生年金基金の規約で確認してみましょう。

次の

企業年金基金はいつから何年間もらえるの?

厚生 年金 基金 いくら もらえる

(写真=PIXTA) 企業年金は「私的年金」の一種 年金には大きく分けて2種類、みんなが加入する「公的年金」と、一部の方が加入する「私的年金」があります。 もともと会社員は、公的年金である「国民年金」「厚生年金」の2つには自動的に加入しています。 私的年金は、この公的年金に上乗せしてもらえる年金のことです。 「企業年金」も私的年金に含まれます。 企業独自の制度となり、導入している会社とそうでない会社があります。 退職一時金+企業年金が退職時にもらえるお金 退職金と企業年金の違いが曖昧になっている人もいるでしょう。 退職金は、企業が社内や中退共などの特定の制度に積み立てておくものです。 一方、企業年金を導入している企業は、上乗せ給付のための法人や金融機関と作る基金を用意し、そちらで給付のための資金を用意します。 企業年金と退職金制度が両方ある企業にお勤めの場合、どちらも受け取ることができます。 com) 厚生年金基金 厚生年金基金は受け取れる額が確定している企業年金制度で、厚生年金の一部を代行する特徴がありました。 しかし、法改正のため新規設立ができなくなり、現在ではほとんど実施している企業はありません。 確定給付企業年金 厚生年金基金と同じく受け取れる額が確定している企業年金制度で、導入企業が最も多い企業年金が確定給付企業年金です。 企業は退職金のためのお金を企業年金に積み立てておき、その運用方法も企業が選択します。 会社員にとっては給付額が決定しているので安心感がある制度ですね。 確定拠出年金(企業型) 受け取れる額が変動する企業年金制度です。 積立金への拠出は原則企業が行いますが、その後の運用は加入者(社員)が行います。 加入者は預貯金や保険商品などの「元本確保型商品」とリスクのある「投資信託」から選択し、運用の結果に応じ受け取れる額が決定されます。 確定給付企業年金の場合、規約によっては途中退職でも一時金としてもらえる場合があります。 しかし、途中退職した場合、その時点で確定拠出型年金を受け取ることはできません。 確定拠出型年金は原則60才まで受け取れないため、転職先の確定拠出年金に移行するか、個人型の確定拠出年金(iDeCo)へ移行することになります。 com) 企業年金制度は26. 7%の企業で導入 退職給付の制度として、企業年金のみ導入している企業は全体の約8. 6%、退職金との併用が約18. 1%で、全体の約3割の企業が企業年金制度を導入しています。 企業年金の普及率はそう高くはないといえそうです。 大企業ほど導入率が高い 企業の従業員数 企業年金の導入割合 1,000人以上 72. 4% 300~999人 55. 6% 100~299人 36. 6% 30~99人 17. 9% 企業年金の導入率は、従業員が1,000人を超える企業では高くなっていますが、企業規模が小さくなるほど下がります。 退職金は導入率高い 企業年金の導入率は全体で3割ありませんが、退職一時金を含めると全体の約8割が導入しています。 退職金制度は、30~99人の従業員規模の企業でも約77%が導入しており、比較的多くの企業が導入している制度といえるでしょう。 いくらもらえる?企業年金の平均給付額 (写真=PIXTA) 平均受給額(大卒) うち勤続35年以上 退職金のみ 1,678万円 1,897万円 企業年金のみ 1,828万円 1,947万円 退職金+企業年金 2,357万円 2,493万円 厚労省の統計によると、退職給付の平均受給額は退職金と企業年金の両制度がある場合が最も大きく、2,000万円を超える金額でした。 次いで企業年金のみの場合が高く、退職金のみの場合が最も少ない金額となりました。 企業年金を多く導入しているのは大企業ですから、その影響もあるかもしれません。 なお企業年金は一括で受け取るわけではありませんので、現在の価値に直された金額です。 また、いずれの場合でも勤続期間が長いほど受け取り額が大きくなりました。 長く勤めると企業年金や退職金を多くもらうことができそうですね。 自分の会社の退職金制度を調べるには? (写真=PIXTA) 人事部・総務部に直接聞いてみる 企業年金や退職金の業務を行っている部署があればそちらに聞くと確実でしょう。 企業年金制度や退職金制度の有無はもちろん、どのような評価で金額が決定されるか確認しましょう。 イントラネットなどで情報を探す 企業によってはイントラネット(社内ネットワーク)で退職金や企業年金の情報を公開しています。 イントラネットなら簡単にアクセスできるでしょうから気軽に確認することができます。 定期的に配信される企業年金情報をチェック 企業年金は社外の組織ですが、一部の企業年金は「年金だより」などの定期便を発行しています。 年金の情報が記載されている可能性がありますので、お手元にある場合はそちらで確認することもできるでしょう。 もらえる退職金は個人の業績によって変わる? 退職金や企業年金の受け取り額は全員一律というわけではありません。 支給の条件を確認することが大切です。 退職給付は社員の貢献に報いるという面がありますから個人の業績も大切でしょう。 退職給付の制度を調べ、日々の業務のモチベーションアップに役立ててはいかがでしょうか? 実際にiDeCoを始めてみる 圧倒的な商品数と無料ロボアドバイザーの利用で自分に合った商品が選べる 運用コストを抑えた商品ラインナップと無料のウェブセミナーが充実 三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、iDeCo専用アプリが使いやすい 創業100年の歴史と実績がある老舗、厳選ラインナップで商品が選びやすい 簡単な質問に答えるだけでポートフォリオを提案してくれるファンドナビが便利 お客様満足度94.

次の

年金っていくらもらえる? 「ねんきん定期便」の見方と、賢くもらうポイントを解説

厚生 年金 基金 いくら もらえる

日本の公的年金制度。 3階建てといわれる年金制度だが、1階部分の国民年金からは老齢基礎年金が、2階部分の厚生年金から老齢厚生年金が支給される まずは、公的年金の仕組みについておさらいをしておきましょう。 日本に居住している20歳以上60歳未満の人は、国民年金の被保険者となります。 その中でも3つに分類されており、サラリーマンや公務員など職場から加入している人を「第2号被保険者」、その第2号被保険者の被扶養配偶者で年収130万円未満の人は「第3号被保険者」、それ以外の自営業者等は「第1号被保険者」になります。 また年金制度は「3階建て」といわれています。 全員が加入している国民年金(基礎年金)=1階部分• 会社員や公務員などの第2号被保険者が加入している厚生年金=2階部分• や、=3階部分 この記事では、基本的な1階、2階部分の年金支給額をご紹介します。 標準的なモデル世帯の年金受給額:国民年金は月々6万5141円、厚生年金は夫婦で22万724円 令和2年度の新規裁定者(67歳以下の方)の年金額の例。 厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43. 国民年金から支給される老齢基礎年金は、20歳から60歳まで40年間保険料を支払った人で、1人1カ月6万5141円。 また、厚生年金から夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額として22万724円とのこと。 令和元年度より0. これは、「2019年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)のアップを受けての改定となっています。 また厚生年金額の標準的なモデル夫婦は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43. 9万円)で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が令和2年度に年金を受け取り始める場合の給付水準です。 平成30年度で国民年金が5万5708円、厚生年金が14万3761円となっています。 ここでいう厚生年金は公務員や私学共済等以外の民間企業からの加入者になります。 厚生年金が国民年金の約2. 6倍となっており、厚生年金として9万円弱が上乗せされているのがわかります。 国民年金は平成26年度から上昇しています。 納付月数が多い受給者が増えてきたためと思われます。 また国民年金のカッコ内は、厚生年金の受給権を持たない人の平均です。 一般的にずっと自営業だった人などが当てはまります。 平均が5万1901円と、さらに低い水準となっています。 国民年金の月々の平均支給額、最多層は6万円台 国民年金受給権者の男女別の平均受給月額(平成30年度末時点、単位:円) 平均金額は男子の5万8775円なのに対して、女子は5万3342円。 女子は3万円台からばらついているのが目立つ (出典:厚生労働省年金局「平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」) 表は、国民年金受給権者の受給金額(月額)を男女別にまとめたものです。 全体では、月額6万円台を受給している層が一番多く、平均は5万5708円。 全体の半分以上が5万円以上の支給となっています。 ところが、女性だけを見ると様子が変わってきます。 女性の最多層は月額6万円台で31. 2%となっていますが、5万円台も24. 1%あり、3万円台から7万円台まで散らばっているのがわかります。 月額3万円台はもちろん、6万円台でも生活費としては厳しいところでしょう。 は、年金を納めた期間(もしくは、免除などの期間)に比例して年金受給額が決まるという単純なものです。 女性の場合は、年金の加入期間が少ない人が多いということですね。 専業主婦が任意加入だった時代に加入していたかどうかで年金額の差が出ているのでしょう。 厚生年金の1カ月あたり平均支給額を男女別に見ると…… 厚生年金保険(第1号)受給権者の男女別の平均受給月額(平成30年度末時点、単位:円) 平均年金額は月額14万3761円と、国民年金の受給額よりは高い。 男子は16万3840円、女子は10万2558円と、男女間での受給額の差が大きくなっている (出典:厚生労働省年金局「平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」) 表は厚生年金保険(第1号:公務員以外の民間企業から加入)受給権者の受給金額(月額)を男女別にまとめたものです。 厚生年金は、国民年金の基礎年金に加えて厚生年金部分が支給されているので、国民年金より支給額が多くなっています。 厚生年金の平均受給額は月14万3761円と国民年金のみの約2. もちろん、現役時代に支払った保険料も厚生年金のほうは高額になってはいるのですが、この差は大きく感じられます。 この金額があれば、生活の基本的な部分はまかなえるといったところでしょうか? また、男女差も見ておきましょう。 男子の平均が16万3840円に対して女子は10万2558円。 男子は女子の1. 6倍の受給となっています。 また女子の分布にも注目です。 女子の44. 3%が5~10万円の分布になっています。 これは国民年金の受給にほんの少し上乗せがある程度。 自分自身で会社員として厚生年金に加入していた期間がとても少ないことがわかります。 公的年金だけでなく自分年金づくりも大切 以上、現時点で年金の受給権を持つ人たちの平均額を紹介しました。 多くの人にとって、これらの支給額だけでは老後の生活はまかなえそうにないという結果です。 これらの公的年金は一生涯受給できる大切な収入源。 受給できる年金額を増やしながら、独自で老後の資金計画を立てるという2本立ての対策が必要ですね。 【関連記事】•

次の