生 コンドーム。 コンドーム、ピル、性感染症…中学生に伝えたいセックスのこと〈前編〉都教委モデル授業から

生感覚コンドーム ZONE ゾーン 10個入 + 6個入 2箱セット / 避妊具 スキン 生 こんどーむ バレない梱包 送料無料 メール便発送 コンドーむ :2000000032146:アメージング・サプライ

生 コンドーム

私たちにも、中絶は無関係ではない。 「身近な友人が中絶を経験しました。 そのことから、中絶は、大学生に無関係のものではなく、実際にひとりひとりの若者がもっと考えなければいけないことだと思いました」 2016年当時、学部4年生だったK-dom Projectのメンバーによると、企画のきっかけは、身近な友人の中絶体験だったという。 大学1年生の夏休みにサークルの友達が妊娠。 相手の男性も、同じサークルの友達だったという。 そして友人は中絶した。 先に述べたように、大学生の恋愛でセックスをすることは珍しくない。 ただ、赤ちゃんができたらどうするかパートナーと話すことは少ない。 また、避妊を男性に任せきっている女性も多い。 「性」について考えて、「生」を見つめること。 これが彼らの企画である「K-dom Project」のテーマだ。 初体験時に9割以上の人が、避妊手段としてコンドームを使っていた。 一方で、コンドームを買ったことがある女性は2割にとどまった。 このことから、コンドームは、男性が買うものという固定観念があり、使用に関してはほとんど男性側に委ねられていることがわかった。 そこでアンケートの結果を受け、当事者意識を持ってもらえるようなオリジナルデザインのコンドームをつくり、学祭で、学生に配布することにした。 「性行為は2人でやるものなので、男性に任せ、女性が持たなくて良い理由はありません。 女性も自分の体は自分で守るということを大切にしていきたい」 企画の名前「K-dom Project」のK-domとは、ドイツ語である「KONDOM(コンドーム)」と「KOMMUNIKATION(コミュニケーション)」に慶應義塾大学の「KEIO」をかけた造語だという。

次の

大学生の3人に1人が避妊しないことがある? コンドームを配布する大学生たちの思いとは。

生 コンドーム

私たちにも、中絶は無関係ではない。 「身近な友人が中絶を経験しました。 そのことから、中絶は、大学生に無関係のものではなく、実際にひとりひとりの若者がもっと考えなければいけないことだと思いました」 2016年当時、学部4年生だったK-dom Projectのメンバーによると、企画のきっかけは、身近な友人の中絶体験だったという。 大学1年生の夏休みにサークルの友達が妊娠。 相手の男性も、同じサークルの友達だったという。 そして友人は中絶した。 先に述べたように、大学生の恋愛でセックスをすることは珍しくない。 ただ、赤ちゃんができたらどうするかパートナーと話すことは少ない。 また、避妊を男性に任せきっている女性も多い。 「性」について考えて、「生」を見つめること。 これが彼らの企画である「K-dom Project」のテーマだ。 初体験時に9割以上の人が、避妊手段としてコンドームを使っていた。 一方で、コンドームを買ったことがある女性は2割にとどまった。 このことから、コンドームは、男性が買うものという固定観念があり、使用に関してはほとんど男性側に委ねられていることがわかった。 そこでアンケートの結果を受け、当事者意識を持ってもらえるようなオリジナルデザインのコンドームをつくり、学祭で、学生に配布することにした。 「性行為は2人でやるものなので、男性に任せ、女性が持たなくて良い理由はありません。 女性も自分の体は自分で守るということを大切にしていきたい」 企画の名前「K-dom Project」のK-domとは、ドイツ語である「KONDOM(コンドーム)」と「KOMMUNIKATION(コミュニケーション)」に慶應義塾大学の「KEIO」をかけた造語だという。

次の

1日19本装着でわかった!生に近いコンドームランキング

生 コンドーム

私たちにも、中絶は無関係ではない。 「身近な友人が中絶を経験しました。 そのことから、中絶は、大学生に無関係のものではなく、実際にひとりひとりの若者がもっと考えなければいけないことだと思いました」 2016年当時、学部4年生だったK-dom Projectのメンバーによると、企画のきっかけは、身近な友人の中絶体験だったという。 大学1年生の夏休みにサークルの友達が妊娠。 相手の男性も、同じサークルの友達だったという。 そして友人は中絶した。 先に述べたように、大学生の恋愛でセックスをすることは珍しくない。 ただ、赤ちゃんができたらどうするかパートナーと話すことは少ない。 また、避妊を男性に任せきっている女性も多い。 「性」について考えて、「生」を見つめること。 これが彼らの企画である「K-dom Project」のテーマだ。 初体験時に9割以上の人が、避妊手段としてコンドームを使っていた。 一方で、コンドームを買ったことがある女性は2割にとどまった。 このことから、コンドームは、男性が買うものという固定観念があり、使用に関してはほとんど男性側に委ねられていることがわかった。 そこでアンケートの結果を受け、当事者意識を持ってもらえるようなオリジナルデザインのコンドームをつくり、学祭で、学生に配布することにした。 「性行為は2人でやるものなので、男性に任せ、女性が持たなくて良い理由はありません。 女性も自分の体は自分で守るということを大切にしていきたい」 企画の名前「K-dom Project」のK-domとは、ドイツ語である「KONDOM(コンドーム)」と「KOMMUNIKATION(コミュニケーション)」に慶應義塾大学の「KEIO」をかけた造語だという。

次の