テック オファー。 OfferBox とは

吉田 一昭さんTech Sign(テックサイン)フロンティア2019年最新オファー 詐欺? 検証 口コミ 評判 評価|OL時代の副業が今は本業 ⋆︎*KaNa⋆︎*の本気ネットビジネスBlog

テック オファー

Tech総研ブログの「わくたま 「13Hz! 」のジャンクな人とモノ」のブロガーとして活躍中のわくたまさん。 自らも「13Hz!」というサイトを運営するなど、ネット上の知る人ぞ知る「有名人」で、Webシステム構築会社で働くエンジニア。 実は、2005年9月に以前から転職したいと思っていたWebコンサルティング会社に転職したのですが、その転職手段として「」を活用したのだそう。 では、2003年に企業がレジュメを検索した回数で順位が決まるランキングで、最高5位(当時登録者数25万人)まで登りつめたプロセスを紹介しました。 は今年もう一度転職活動をスタートさせたとき、どのようにレジュメを更新して、希望の会社からのオファーを得たのかをレポート。 そして最終回の今回は、希望の会社からのオファーの内容と、その後内定に至るまでの転職活動を紹介します。 ついに転職したいと思える会社からオファーがきた! 大手の関連会社ではあるが、設立間もないWebコンサルティング会社だ。 ちょうどリクナビNEXTの求人ページで、「設立2年以内の会社」と検索をかけたときに 引っかかって「いいなあ」と思っていた会社だけに、とてもうれしかった。 「顧客に無駄なものを買わせない」という企業哲学に惹かれたのだ。 オファーを読むことで、求人ページにあった企業哲学だけではなく、 その仕事の中身や進め方にも魅力を感じた。 この会社なら、顧客の近くで顧客のニーズに応える仕事ができそうだと思ったし、 技術力はもちろん、 これまで培ったマネジメントスキルや営業の経験も生かせると直感。 ようやく本気で応募したいと思える会社に出合えた。 まずはオファーをいただきましてありがとうございます。 広告代理店関係企業でキャンペーンサイトなどの設計構築・運用を担当しております。 さて、先週、リクナビNEXTのカテゴリ検索欄から、 そして御社の募集に応募させていただこうと考えている折に 御社からオファーをいただき、大変驚いております。 私にとって、御社が特に印象的だったのは、冒頭のご紹介文にありました 「以前はあるベンチャーで、開発から営業まで何でもこなしていました。 それが当社に転職した理由です」 という一文でした。 そんなときに、御社のように、元ベンチャー企業勤務の方が 活躍されている企業があることを知り、 つきましてはぜひ、御社の募集に応募するチャンスをいただきたく存じます。 私の経歴につきましてはリクナビNEXTのシステム上から ご覧いただけるものと存じますが、ぜひ一度お目に掛かり、 お会いする時間をいただければ幸いでございます。 以上、何卒よろしくお願い申し上げます。 面接日時設定のメールがきて、1次面接を受けた。 応募者は僕1人で、相手は3人。 どうやら現場の人らしい。 久々の面接だったので緊張していたが、 相手がフレンドリーで「ホッ」。 よくよく話を聞いてみたら、面接担当者の1人は、 ベンチャー出身とのこと。 ベンチャーで経営から開発、営業までなんでもやっていた僕も 活躍できる場があるかもしれない。 「仕事はすごく忙しいが大丈夫か」と質問される。 「仕事が楽しければ、忙しくなるのも当然。 実は、 事務所に住んでいたっていうくらいの時期があるんですよ」 というと、同じような生活をしているのか、 場が和み、「共感」の空気が漂った。 「質問はあるか」といわれたので、 「社外に出て打ち合わせすることは多いですか?」と聞いた。 会社にこもって、コンピュータにずっと向かっているのはいやだったから。 相手は「事務所にいることのほうが少ないですよ」とニッコリ。 この会社は、面白そうだ。 ここを第一志望にしよう。 内定のメール! やった!! 給与や待遇の提示もあった。 ほかに外資系メーカーやゲーム会社などの選考も進んでおり、 そちらのほうが給与は高そうだけど、***社に決めよう。 今の時点で給与にこだわっても仕方がない。 これからアップする可能性は十分あるし、 何よりやりたいことができ、 働きたいと思える環境に身を置くことのほうが重要だ。 会社に退職を申し出ると、引き留めはあったけど、 思いを伝えたら、 「いいところに決まったね。 頑張れ」といってもらえた。 これからもっといいエンジニアになって、 恩返しすることができればと強く思った。 自分では自分がどれくらいの実力を持っているのか判断できない。 に登録してよかったことは、 企業から客観的な評価をしてもらえたこと。 1通でもオファーが届くと、 「頑張ろう」って気持ちになれる。 転職活動、そして仕事に頑張る自分にエールをもらっているような気分だった。

次の

レバテックルーキーの評判を文系新卒でIT企業に内定した僕が解説する

テック オファー

詐欺案件を1つでも無くしたい! という想いで様々な 情報報商材ブログも 日々更新中です。 いつも欠かさず 私のブログを 読んでご連絡を頂ける方は 本当にありがとうございます。 吉田 一昭さん Tech Sign(テックサイン) セールスレターとは!? 本当の話だからできる! フロンティアの自社システムが 利益確定のチャンスを自動でお知らせ! 毎日!24時間!チャンスをお知らせ! 経験知識不問、オール在宅でもOK、 1日30分でもOK!即日着金も可能 月収200万円以上を目指すことも 可能な単純明快な方法を はっきりと目に見える形でお伝えします 上記のセールスレターとなっていました。 毎日!24時間!チャンスをお知らせ! 経験知識不問、オール在宅でもOK 1日30分でもOK!即日着金も可能 月収200万円以上を目指すことも 本当に稼げるのでしょうか? これは検証が必要です。。。 吉田 一昭さん Tech Sign(テックサイン)まとめ これまでに書いてきましたように 結論から言うと 手を絶対に出さない オファー案件ですね! 私が思うに このオファー案件は ビジネス初心者や 情報弱者が引っかかって しまいそうな LPです…。 ビジネスを始める前には必ず そのプロジェクトについて まずは検索してみて下さい! もちろん検索して 書いてある事が100% 正しいとは限りませんが それなりの判断材料にはなるかと思います。 更には他にもっと確実に 実績のあるビジネスがそこに あるかもしれません。 今回のオファーに関しては 少なくとも 私は絶対に 手を出さない案件です 皆さまもお気をつけ下さい!!! このブログを 見て下さってる皆さまが どのようなビジネスをするのかは 自由ですが1つ言えるのが 確実に既に結果が 出ているものをやってみる! のが1番だと断言します。。。 そこでいつもブログの最後にも ご紹介させて頂いている FX自動売買無料モニター募集中!です。 未経験者でも関係無し!2019年最新!月利40%の実績!FX自動売買ツールの無料モニター募集中! FX経験者、未経験者など 一切関係ありません。 負けず嫌いすぎる私は次は何度も情報商材に手を出してしまい見事に200万円以上の借金を背負ってしまいました。

次の

Offer Box(オファーボックス)の口コミ評判|就活サイト比較

テック オファー

テックオーシャン(東京都杉並区、長井裕樹社長、03・6383・0433)は、企業と工学・情報科学系の学生のマッチングに特化した就職情報サイト「TECH OFFER(テックオファー)」を開設した。 国内大学の工学・情報科学系研究室約2万5000件の情報と技術系キーワード約100万件をもとに、学生が修めている学問・研究分野から企業が求める人材を検索できる。 開設1年で学生の登録者数3000人超を目指す。 企業の技術力向上へ テックオファーは、工学・情報科学の情報を軸とした就職・採用活動のプラットフォーム。 大学で培った知識や研究成果を重視した採用を企業に促し、技術力の向上に貢献する。 研究室や学術分野の情報をもとに、独自のデータベースを構築。 利用企業は工学や情報科学に関係するキーワードを10件程度登録し、条件に一致する研究分野や研究室を検索する。 既存のプラットフォームと比べて、企業が求めている知識を持っている学生をよりピンポイントに探すことができる。 企業の利用料金は、年度基本利用料が20万円から。 さらに、成功報酬型などの利用プランの金額が加わる。 提案先は工学・通信系以外にも テックオーシャンでは、工学・通信系以外の企業にも利用を提案する。 採用活動を効率的に進められるため、採用に十分な時間や労力を割けなかった中堅・中小企業からも好評を博している。 採用と教育の好循環 テックオファーをきっかけに、企業と研究室の産学連携が進む可能性もある。 共同研究や授業への技術者派遣など、優れた技術を持つ企業が技術系学生の教育に積極的に関わることで、大学の競争力や学生の修学意欲の向上に役立つ。 長井社長は、化学メーカーの技術エンジニアを経て、理系学生の採用支援や製造・建設業のエンジニア向けの情報サイト運営に携わってきた。 「現在の就職活動を手がかりに採用と教育の好循環を作りたい」(同)という思いから、企業・学生が学問をきっかけに出会える仕組みを作った。 現在多くの企業が、学生の自己PRを採用の可否を決める重要な材料としている。 自己PRが苦手な学生の中には、学業に重点を置いた評価に喜ぶ人も多そうだ。 モノづくり分野において、イノベーション創出へのプレッシャーや人手不足、少子高齢化は悩みの種。 優秀な若い人材をどのようにして確保するのか、模索する企業にとってテックオファーが救いの一手になるのかもしれない。 日刊工業新聞2018年12月4日掲載記事に加筆・修正.

次の