性器 ヘルペス 早く 治す。 性器ヘルペスを放置したら自然治癒するまで何日かかる?

性器ヘルペスを早く治す食べ物・治りが遅くなる食べ物

性器 ヘルペス 早く 治す

性器ヘルペスは性行為によって感染する性病(STD)なので、セックスをしなければ感染することはほとんどありません。 ごく稀に性行為以外(感染者によるタオルの使いまわし)でも感染される方もいますが、大多数は性行為によって感染します。 初めて感染した場合、症状が強く出る傾向にあり、私の場合は熱や痛み・水ぶくれがひどかったです。 重症になると入院が必要になる方もいるようです。 この病気が厄介なのが、免疫力が落ちると 「再発する」ということです。 今の医療技術をもってしても、完治することができない悪魔のような病気であり、年に何度も再発する方もいらっしゃいます。 私の場合、初めて感染したのが24歳のときで、現在30歳なのですが、この間に5回性器ヘルペスを発症しています。 疲れたりストレスを感じると性器に違和感を感じ、酷くなったときに症状が出る感じなのですが、違和感を感じているときはすでにヘルペスが活発になっているときなので、治まったものを含めると、5回ではすまないです。 発症しなければまだ違和感程度で気にならないのですが、再発すると初期よりは軽度とはいえ、治るまではかなり辛いです。 性器にヘルペスができるわけですからね・・・辛いです。 男性と女性とでは症状が異なりますが、女性のほうがより辛いと言われています。 性器ヘルペスは単純ヘルペス2型になります。 各国によってはこの数値は多少のバラつきはありますが、日本も50%以上が口唇ウイルスに感染しているといわれています。 よく間違われるのが、水疱瘡(みずぼうそう)とヘルペスは別ものだということ。 水疱瘡も水痘帯状疱疹ウイルスで、ヘルペスの仲間にはなります。 ですが、単純ヘルペス1型や2型ではないので、また別物です。 性器ヘルペスにとって厄介な単純ヘルペス1型 では、なぜこの口唇ヘルペスが性器ヘルペスにとって厄介なのでしょうか? 性器ヘルペスは性行為によって感染する性病であり、口唇ヘルペスから感染する病気です。 もちろん、性器同士の感染もありますが、口からの感染が多いようです。 厄介なのは先ほども書いたように、多くの方が単純ヘルペス1型に感染しているということ。 ヘルペスは非常に感染力が強いため、感染していない方と粘膜接触すると相手に移してしまいます。 しかも、一度感染すると二度と治すことができないので、死ぬまでもち続けることになります。 オーラルセックスにより加速 昔よりもオーラルセックスが当たり前のようになり、アダルトビデオや風俗の世界では一般的だったサービスが、一般人でもフェラチオやクンニリングスが普通になりました。 そのため、口と性器の接触回数が増えたため、性器ヘルペスに感染される方が多くなったのです。 私の場合も、彼女の口から性器へと感染しました。 アメリカの調査によると、自覚症状や目に見える症状がないときでも相手に感染させているケースがあるそうです。 ここでいう無自覚とは、症状が出ずに違和感は感じている方です。 ただ、普通に何もないときはヘルペスウイルスは神経の中に隠れているので、相手に感染させる確率はかなり低いので、安心してください。 簡単な防ぎ方はヘルペスウイルスを持っていないもの同士であること。 これなら安心してセックスすることができます。 ただ、一度もかかっていない方でも潜伏していることが多く、本当にウイルスをもっていないかは検査しなければわかりませんので、その場合は、医療機関で検査してください。 性器ヘルペスを早く治す方法 さて、ここからは性器ヘルペスに感染した場合、いかに早く治すかについて紹介したいと思います。 性器ヘルペスですが、初めて感染された方は重症になるケースもあり、熱や痛みが激しい人も多いようです。 また、再発も繰り返しやすいため、非常に厄介です。 この性器ヘルペスが発症した場合、早く治す方法は「免疫力を高める」ことです。 具体的には食べて、寝る。 この2つです。 ・睡眠 カラダの免疫力を左右するのは「睡眠」です。 どれだけ運動や食事をしても、睡眠が全く取れていない状態だと免疫力が高まりません。 そのため、発症してしまったら、しっかりと睡眠をとりましょう。 ・食事 免疫力を高め、カラダの皮膚の再生を促すために、栄養をキチンと摂る必要があります。 特にプロテインと呼ばれる「たんぱく質」は必須であり、早く治すためには必要不可欠です。 意識すれば摂りやすい栄養素なので、お肉・魚・卵をいつもより多く摂る様に心がけましょう。 また、亜鉛やビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6という栄養素も皮膚の再生や修復に一役買う栄養素なので、こちらも摂取することで早く治すのに役に立ちます。 ・お薬(抗ヘルペスウイルス薬) バラシクロビル・バルトレックスなどの、抗ヘルペスウイルス薬といわれるお薬で、発症後、スグに飲むことで比較的早く治療することができます。 また、軟膏やクリームもあり、お薬と軟膏を同時に使うなどで、ヘルペスウイルスを抑えます。 ただし、酷くなってからの効果はないので、違和感や異変に気が付いたらスグに病院にいってください。 ここまでは発症してから一般的に言われる早く治す方法です。 症状が出てから早く治す方法 ですが、実は早く治す方法はまだあります。 そのアミノ酸がなぜ性器ヘルペスに良いのかというと、ヘルペスはアルギニンというアミノ酸が体内で多く生成されたときに活発になると言われています。 性器ヘルペスは初めて感染された方の約8割が1年以内に再発すると言われており、それらを予防する意味でも、普段からのリジン摂取は必要だと思います。 どの食事をすればその量になるのか、また食事をすればアルギニンも摂取量が増えてしまうため、結局はどのくらい摂取できているのかわからなくなります。 そこでオススメなのが「サプリメント」です。 サッと飲めばいいだけですから。 中でもオススメなのは、「リジン+プラス」というサプリメントで、ヘルペスの回復・予防に特化したサプリメントとなっています。 リジンだけのサプリメントが多い中、ヘルペスのときに必要な栄養素がギュッと配合されているのは珍しく、さすがに特化したサプリメントだなと思います。 再発予防には1日3粒(朝・昼・晩) 発症時には1日9粒(朝・昼・晩) 性器ヘルペスは再発しやすいといわれているので、普段からヘルペスにならないような生活をする必要があります。 それにプラスして、このリジン+プラスを摂取することで、今までの悩みが少しでも解消されると思いますので、再発予防・早く治したい方にオススメです。 まとめ 性器ヘルペスは一度感染すると、死ぬまで付き合う必要がある病気です。 発症時に性行為をしてしまうと、いくらコンドームをしていても防ぐことは難しく、相手に感染させてしまうリスクが、常に付きまといます。 また、再発する危険性がいつでもあるので、発症すると・・・という悩みは尽きません。 ですが、決して怖い病気ではなく、免疫力さえ高ければそう簡単に再発しません。 性器ヘルペスは非常にデリケートな場所であり、なかなか人に話すことはできませんし、発症のたびに病院の先生に性器を見せるのは嫌ですよね。 ですから、発症してから早く治すことも大切ですが、そもそも再発させないことが一番大切です。

次の

性器ヘルペスの原因-写真・画像で見る性器ヘルペスや帯状疱疹の症状、性器ヘルペスの再発を抑える再発抑制療法、性器ヘルペスにならないためにはどうしたらいいの?

性器 ヘルペス 早く 治す

とにかく早く病院(皮膚科)へ行こう ヘルペスを早く治すために最も大切であるといっても過言ではないのが、「とにかく早く病院へ行く」ということです。 ヘルペスの治療においては抗ウイルス薬が処方されますが、この種の 薬はいつ飲んでも同じように効くというわけではなく、できるだけ早い段階で服用することで本来の効果が発揮されます。 例えば口唇ヘルペスに対して良く処方されるバルトレックスという内服薬ですが、このお薬はヘルペス発症後5日以内に服用を開始する必要があります。 また口唇ヘルペスは治療開始が遅れると、症状が重篤化して患部の肌細胞に深刻なダメージを与え、痕(跡)になってしまうこともあります。 なので、口唇ヘルペスと思われる症状が出た場合には、できるだけ早く病院へ行って治療を受けるようにしましょう。 なお、病院の何科にかかればいいのか迷う方もいると思いますが、基本的には 皮膚科を受診しましょう。 詳しくは「」をご覧ください。 ) 病院に行けない時でも、前兆を感じたら市販薬を塗ろう 「ヘルペスを早く治すにはすぐに病院に行ったほうが良い」、それはわかっていても、仕事や学校、家事などで忙しくしているとなかなか病院に行けないこともありますよね。 そんな時でも、再発した場合に限っては、 薬局やドラッグストアで売っているヘルペスの市販薬を使用するという方法もあります。 口唇ヘルペスの治療薬(塗り薬)は、薬局はもちろん、「マツモトキヨシ」や「ココカラファイン」といった一般的なドラッグストアでも市販されていますので、何度も再発を繰り返しているという方は予め購入しておきましょう。 そして、ヘルペスが再発する前兆と思われる症状があらわれた場合に、薬を塗るのです。 代表的なヘルペス再発の前兆としては、 ・口唇やその周りがピリピリ・チクチクする ・患部がムズムズするなど違和感がある ・患部が熱っぽくなる といった症状があげられます。 ヘルペスも何度か再発を繰り返しているとその前兆がわかるようになりますので、これを感じた場合は早めに市販薬を塗布することで症状を早く軽快させることができます。 ヘルペスに初感染・初発症した場合はその症状がヘルペスによるものでない可能性もありますので、病院に行って医師の診断を仰ぐ必要があります。 「ヘルペスだと思っていたら実は他の病気だった」なんてケースもありますので、ヘルペスと思われる症状が初めて出たという場合は、必ず病院に行くようにしましょう。 残る2つは、ヘルペスの薬が手元にないときにでも、できる事を紹介します。 リジンを積極的に摂取しよう 口唇ヘルペスを早く治すには、「リジン」を積極的に摂取するという方法もおすすめです。 「リジン」は必須アミノ酸の一種で、ヘルペスウイルスの栄養分となるアルギニンを減らす役割があることがわかっています。 そのためリジンを多く摂取すれば、その作用によってヘルペスウイルスの活動を抑制し、辛い症状を軽減させる効果が期待できるのです。 (参考:) リジンを多く含む食材には、 ・ 魚介類 ・ 牛肉 ・ チーズ ・ 鶏肉 ・ ビール酵母 ・ 卵 ・ もやし ・ 野菜 ・ 大豆製品 ・ フルーツ 等がありますので、普段の食事の中に意識的に取り入れてみてはいかがでしょう。 ちなみにヘルペスウイルスの栄養分(つまり身体にとってはNG)となるアルギニンは、 ・ チョコレート ・ カフェイン ・ ナッツ類 ・ 干しぶどう 等に多く含まれています。 ヘルペスの症状が出ている時は、これらの食材をなるべく摂取しないようにするというのもおすすめです。 リジンを摂取できるヘルペス向けのサプリが注目されています 普段の食事でリジンを補うことが難しい場合や、大切なイベント前など、効率よくリジンを摂取したい場合に役立つのがサプリメントです。 最近は、ヘルペス向けサプリメントの種類も増えているので、サプリについては以下の別記事にまとめています。 ヘルペスが再発すると2週間は辛い思いをしてしまうため、こういったサプリを活用し、日々の生活の中で無理なく予防するというのも1つの方法ですね。 実際に私自身も、体調に合わせてサプリを取り入れるようにしてから、ヘルペスの症状に悩まされる頻度が減っています。 体と心を休めよう 最後は基本中の基本ですが、ヘルペスを早く治すためには、体と心を休めるということも大切です。 というのも、ヘルペスは、 ・体力が弱っているとき ・病み上がりのとき ・免疫機能が低下しているとき ・ストレスを過剰に感じたとき ・夏場、炎天下で活動したとき に再発しやすい傾向にあります。 体力や免疫機能が弱っていると神経細胞の奥に潜んでいたウイルスが活発化して増殖し始め、ヘルペスの症状が出てくるわけですね。 もちろん抗ウイルス薬を服用すればウイルスを鎮静化することはできますが、体力が著しく低下していると、薬を服用してもなかなか症状が改善されないことがあります。 そこでヘルペスの症状がでたときは、あまり無理をしないで体と心をしっかり休めるようにしましょう。 特に過剰なストレスはヘルペス再発の原因になりやすいことがわかっていますので、 ・リラックス習慣を身に着ける ・趣味に没頭する時間を作る ・誰かに話を聞いてもらう などして、 あまりストレスを溜めないようにすることが大切です。 また睡眠不足もヘルペス再発の原因となりますので、ヘルペス発症中はもちろん、日頃から睡眠時間をしっかりと確保することによってヘルペス再発を予防することができます。 まとめ ヘルペスになってしまった場合、その症状を早く治すにはできるだけ早い段階で病院に行くことが大切です。 仮に病院に行くのが難しいという場合でも、口唇ヘルペスは市販薬が販売されていますのでこれを使って対処しましょう。 そして薬による治療と同時進行で、体を休めたり食生活の改善に取り組んだりすれば、より効果的に、そして早く辛い症状を改善することができるのです。

次の

What's(ワッツ)ヘルペス|製薬会社のマルホ

性器 ヘルペス 早く 治す

性器ヘルペス感染症はこんな病気 陰茎など性器の周辺に小さな水ぶくれや赤いポツポツ、潰瘍などがみられるウイルス性の性感染症です。 主に単純ヘルペスウイルス2型によって引き起こされます。 単純ヘルペスウイルス1型もあって、主に口や唇の周りに水ぶくれを起こします。 これらは口唇ヘルペスと呼ばれています。 水ぶくれの中にウイルスが存在し、感染者との性交の際に病変部と接触した皮膚や粘膜に感染します。 一方で、水ぶくれなどの症状がなくてもウイルスを排出するケースもあるとされており、このような感染者との接触でも感染することがあるといわれています。 ウイルスの潜伏期間は人によってさまざまですが、感染の機会があってから2~10日ぐらいといわれています。 性器ヘルペス感染症の症状 初めての感染の際は、とにかく痛いのが特徴です。 ウイルスに感染するとまず、外陰部の不快な感じやかゆみなどが現れます。 その後、発熱や全身のけだるい感じ 倦怠感 、リンパ節の腫れなどとともに、外陰部に強い痛みを伴いながら小さな水ぶくれや赤いポツポツがたくさん出現します。 この水ぶくれが破れると潰瘍となります。 これらの病変は、男性では陰茎の亀頭、冠状溝、包皮などに、女性では外陰部や子宮頸部などに認められます。 その痛みは激しく、特に女性の場合には排尿時痛による排尿困難や歩行障害などもみられ、時に入院治療が必要となることもあります。 また、完全に治すことは困難で、繰り返し再発するという大きな問題点があります。 そのため、外陰部の症状のみならず、精神的な苦痛もとてもつらいということがいえます。 水ぶくれや潰瘍のところにウイルスそのものが認められるかどうか、またウイルスの存在を示すウイルス抗原というものが認められるかどうかなどをPCR検査という遺伝子検査等で調べます。 このほか、血液検査で調べられることもあります。 性器ヘルペス感染症の治療法 抗ウイルス薬 アシクロビル、バラシクロビルなど による薬物療法が中心です。 症状が強い場合などには、通常の飲み薬ではなく注射剤が選択されることもあります。 注意したいのは、ウイルスは一度感染すると神経節というところに潜み、抗ウイルス薬を使用しても体内から消え去るわけではないという点です。 心身の疲労があったり、他の性感染症にかかったり、アルコールを多飲したりすることで免疫が低下したときなどに再発するケースがみられます。 ただし、再発時の症状は、一般的には最初に感染したときよりも軽いことが多く、治療には軟膏なども使用されます。

次の