あぐら を かく と 股関節 が 痛い。 あぐらをかくと股関節が痛い原因

左の股関節だけが、あぐらをかくと痛くて…。歩く とか、スポーツしてる...

あぐら を かく と 股関節 が 痛い

あぐら組みにくいあなたへ 宮崎市 佐土原町 高鍋町 股関節専門整体 笑ごころ 「胡坐(あぐら)」ができますか? この姿勢をとることがつらいという人が増えています。 しかし、そんな人でも昔はできていたと言われます。 日本人の多くが、畳の生活から床、椅子をメインとする生活様式に移り、あぐらをかく場面が日常の中で少なくなりました。 そして、いつの間にか「あれ、あぐらができない……」ということに気づきショックを受けます。 そこで初めて、自分の股関節の硬さに気づくようです。 あぐらをかけない人は、股関節の動きが制限され、それにより骨盤を立てられません。 骨盤を起こして保つには、腰を反りながら姿勢保持を続けねばならないため、次第に負担が大きくなって腰に痛みが生じることがあります。 股関節は骨盤と太ももの骨の結合部分ですが、ここが変形を起こしていると股関節そのものに痛みが生じます。 痛みが気になる場合は、整形外科の受診が必要です。 股関節を取り巻く筋肉の柔軟性不足や拘縮などが原因となり、骨盤に歪みが生じ、「開く」「曲げる」という動作がうまくできていないのです。 股関節の不調は、周りの筋肉に無理させて腰に負担をかけます。 あぐらに限らず、腰は丸まる傾向にあるので、腰の筋肉は常に緊張を強いられた股関節は、骨盤の左右にある「寛骨」の下の「臼蓋」という窪みに、太ももの骨(大腿骨)の上部にある大腿骨頭という球形の部分がはまるような構造になっています。 この構造によって、「開く」「曲げる」という動きはもちろん、前後左右や回旋などのとても自由度の高い動きが可能になるのです。 股関節は稼働の自由度が高い反面、結合部の骨格的なつくりは決して強固ではありません。 床からの立ち上がり時には、体重の10倍の重さが股関節にかかるといわれています。 その負荷の割には、骨盤と大腿骨の接合部はとても小さいのです。 そこで、この関節を安定させ大腿骨と骨盤が離れないようにするために、関節の上にはたくさんの靭帯が付着し脱臼が起こりにくい構造になっています。 靭帯の上にはさらに複数の筋肉が取り巻き、ダイナミックな動きを助けます。 股関節の不調は、周りの筋肉に無理させて腰に負担をかけます。 あぐらに限らず、腰は丸まる傾向にあるので、腰部の筋肉は常に緊張を強いられた状態が続くのです。 また、 股関節が硬いと足が上がりません。 スムーズに足が上がらないと、太ももやお尻の筋肉が衰え、代謝も下がって脂肪がつきやすくなります。 下半身の血行も不良になり、リンパも滞って老廃物が流れない。 いわゆるセルライトもできやすく、体の不調につながります。 そして毎月多くの患者様に通院していただいております。 その一方で宮崎市、児湯郡ではまだまだ股関節痛や腰痛の患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。 それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。 「このままで良いわけがない」 もしも、あなたが 「この痛みをなんとかしたい。 でも治らなかったらどうしよう…」 「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」 といった不安な気持ちを持っておられるのであれば… そんな時こそ、整体院 笑ごころにお越しください。 あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。 私の技術はそんなあなたのためにあるのです。 整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい! 腰痛や股関節の痛みを本気で根本から治したい方はこちらをクリック 腰痛や股関節の痛みを本気で根本から治したいあなたへ 24時間受付.

次の

あぐら組みにくいあなたへ

あぐら を かく と 股関節 が 痛い

吉田: 「こんにちは。 今日はどうされましたか?」 あぐらをかくと股関節に痛みが出る男性: 「こんにちは。 右の股関節が痛いんですが、特にあぐらで座ると痛すぎて座れないんですよ。 」 吉田: 「股関節の痛みですね。 あぐらで座るのって実は股関節だけの問題じゃなくて、背骨や筋肉が悪さしてるのが多いんですよね。 それよりも座れないのはつらいですよね。 いつごろからですか?」 あぐらをかくと股関節に痛みが出る男性: 「昔から体が固くて、あぐらで座ることなんてなかったんですけど、数日前にたまたま座ったら立つときに股関節がかなり痛くなりまして。 」 吉田: 「昔から股関節は固かったんですね。 無理してあぐらで座ることなんてないですもんね。 ほかにも腰の痛みとかありますか?」 あぐらをかくと股関節に痛みが出る男性: 「腰ですか?腰も昔から痛いんですけど、なんか慣れちゃってますね。 」 吉田: 「なるほど。 ということは、腰と股関節が関係して痛みになってるかもしれませんね。 まずは体を診てみますね。 」 ~検査中~ 吉田:(仰臥位にて触診) 「あぐらで座るとこのあたりに痛みですか?」 あぐらをかくと股関節に痛みが出る男性: 「いてて、そうです。 その辺です。 」 吉田: 「かなり股関節から腰が硬くなってますね。 それも股関節が綺麗にハマりにくくて痛みになってるかもしれませんね。 」 あぐらをかくと股関節に痛みが出る男性: 「え?股関節が外れてるんですか?」 吉田: 「いやいや、そこまでではないんですが、股関節は前後、左右、上下から筋肉や靭帯などできれいにハマるようになってます。 ですが、偏った使い方や疲れで一定の筋肉が硬くなるとハマりが悪くなってしまい、動かすと痛みになることがあるんですよ。 」 吉田: 「股関節はこんな感じで斜めに骨盤にはまるんですね。 周りの筋肉がたくさんあるんですが、一つでも固くなりすぎると、正しくはまってない状態になるため、可動の制限がかかるということ。 」 あぐらをかくと股関節に痛みが出る男性: 「へー股関節ってこんな風なんですね。 」 吉田: 「では、股関節まわりの筋肉をゆるめて正しく動けるように調整していきますね。 」 ~施術~ 吉田: 「ではこれで座ってみてください。 」 あぐらをかくと股関節に痛みが出る男性: 「お、体が硬いから座りにくいのはありますが、痛みはありませんね」 吉田: 「ゆるめることはできても、硬くなった筋肉がすぐに柔らかくなるわけではありませんからね。 でも、ストレッチでゆっくりと伸ばしていけば、普段からも股関節の痛みが気にならないようになりますよ。 」 あぐらをかくと股関節に痛みが出る男性: 「わかりました。 確かにすぐ変わらないですもんね。 またお願いします。 」 と ここまでが あぐらをかくと股関節に痛みが出る男性とのやりとりです。 股関節に痛みがあるのは、股関節が悪いわけではありません。 場合によっては股関節炎などもありますが、ほとんどは周りの関節や筋肉の問題。 あぐらで座った時に このように片足だけ、床につかないようでしたら股関節の固さだけではなく 腰椎、骨盤、大腿骨などの骨と周りにある筋肉から柔らかくしていきましょう。 痛みがないようでしたら、床に膝があたるようにゆっくりと押さえてストレッチさせても大丈夫。 全身の動きから股関節に影響しているため、関係のなさそうな背骨や肩も動かしながらやってみてください。 ほかにも、股関節に痛みがでているようでしたら 早めに専門家に相談にいきましょう。 当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。 愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので 安心してあなたの悩みをお聞かせください。 院長の独り言『娘がはじめての保育園にいきました』 親の方がドキドキして、心配してるだけなのかもしれませんね笑 ---------------------------------------------------------------------------------- 名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています! 肩こり、腰痛でお悩みの方は、 小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、 ご予約は電話かメールでお願いします。 携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。 メール.

次の

あぐらがかけない原因と股関節が痛い人のための簡単ストレッチ方法!

あぐら を かく と 股関節 が 痛い

股関節の構造 股関節はボール(大腿骨頭)がソケット(寛骨臼)にはまり込むような構造になっているので、その動きは一方向だけでなく、足を前に出したり(屈曲)、後ろへ伸ばしたり(伸展)、足を組む時のように内側へ回したり(内転)、開脚したり(外転)、内またでペタンコ坐りをしたり(内旋)、あぐらをかいたり(外旋)、分回し運動などが可能です。 骨盤側の関節窩の周りには、関節唇という線維性の軟骨があり、これはボール(骨頭)が埋まる穴(寛骨臼)を深くするために淵に盛る役目をしており、股関節を安定させています。 さらに3つの関節包靱帯が取り巻き、大腿骨頭が脱臼しないようにしています。 そのうちの一つは、人体最強です。 股関節は膝の状態によって曲がる角度が変わってきます。 膝を伸ばした状態だと、足は自力で90度くらい、補助ありで120度くらいまで上がります。 膝を曲げて足を上げると、自力で120度くらい、補助ありで140度くらいまでいきます。 股関節を屈曲させる筋肉は、腸腰筋、大腿筋膜張筋、大腿直筋、恥骨筋、縫工筋などがあります。 これらは体の前側(腹側)に付いている筋肉なので、問題が起こると股関節の前側、太ももの内側、外側、膝の上あたりなどに痛みがでます。 鼡径部が痛くなったり、すねに知覚の異常を感じたりすることもあります。 また、拘縮すると足をうまくあげることができず、つまずきやすくなります。 腰を反らす動作ができなくなったり、反り腰で腰痛になったりします。 股関節の伸展も膝関節の状態によって可動域が変わります。 膝を曲げると、自力で約10度上がります。 膝を伸ばしたままだと、約20度上げることができます。 股関節を伸展させる筋肉は、大殿筋、ハムストリングス(大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)、大内転筋、中殿筋、小殿筋といった筋肉です。 これらは股関節の後ろ側(背側)に位置している筋肉なので、問題があると腰痛やお尻、股関節の外側や太ももの後ろ側などに痛みが出ます。 また坐骨神経痛と似たような場所が痛くなるため、間違えやすく、外くるぶしの方まで痛みがでることもあります。 ハムストリングスは太ももの後ろ側にある筋肉なので、拘縮すると膝が伸ばしにくくなったり、前屈(体を前に曲げる)がしにくくなったります。 立位での股関節の外転は、片足立ちで足を横へ上げていくと、30度くらいで骨盤が反対側に倒れていくので、自動的に片足立ちしている側の股関節も外転していきます。 上げた足が90度くらいになっている時は、両足が45度ずつ開いていることになります。 股関節を外転させる筋肉は、大腿筋膜張筋、中殿筋、縫工筋、大腿直筋、大殿筋、小殿筋です。 中殿筋は片足立ちした時に、大腿骨を骨盤にしっかり固定して体が反対側に傾かないようにするので、中殿筋やその他の外転筋が弱くなると、歩くたびに横揺れするような動きになります。 これをトレンデレンブルク歩行といい、マリリンモンローの歩き方で例えられます。 これらの筋肉に異常があると、股関節の外側やお尻、太ももの外側や膝の方まで痛みが生じます。 また腰の下の方、お尻との境目あたりに痛みが起こったりします。 股関節が外転しにくい場合は、靭帯や内転筋の緊張が考えられます。 股関節を曲げて(屈曲)足をクロスさせると、足を組む時の動きになります。 このとき、股関節は大腿骨と骨盤が離れるような力を受けるので、最も弱くなります。 足を組んで座るのは、股関節によくないのです。 股関節を内転させる筋肉は、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋、恥骨筋、大殿筋です。 これらは太ももの内側にあり、異常があると鼡径部や太ももの内側に痛みが起こります。 股関節を曲げて内側に倒しにくい時は、靭帯の緊張も考えられます。 股関節を伸ばした状態(立位)では、45度まで回せます。 股関節を曲げた状態(仰向け)では、もう少し広がります。 股関節を外旋させる筋肉は、深層外旋6筋というお尻の深部にある筋肉群で、梨状筋、大腿方形筋、外閉鎖筋、内閉鎖筋、上双子筋、下双子筋があります。 その他、大殿筋、縫工筋、恥骨筋、大腿二頭筋、中殿筋、小殿筋なども作用します。 とくに梨状筋という筋肉は坐骨神経の上を横切るので、坐骨神経痛と同じような場所に痛みを起こすことがあります。 外旋筋の多くは体の後面から側面にありますので、異常があると、股関節の後ろ側や外側、お尻に痛みを感じます。 あぐらをかきにくい、などは靱帯や内旋筋の緊張が考えられます。 股関節の内旋も外旋と同様、股関節を曲げた時と伸ばした時では、可動域が変わります。 股関節を伸ばした状態(立位)では35度~45度、曲げた状態(仰向け)ではもっと広がります。 股関節を内旋させる筋肉は、小殿筋、半膜様筋、半腱様筋、中殿筋、薄筋、大内転筋です。 これらは、お尻の外側から後ろ、太ももの内側から後ろにかけて付いています。 そのため筋肉に異常があると、股関節の外側、鼠径部や太ももの後ろ側や外側、坐骨あたりに痛みが生じます。 女性はペタンコ坐りができたりしますが、股関節にはあまりいい動きではないと思います。 股関節が内旋しづらい場合は、靭帯や外旋筋の緊張が考えられます。 股関節痛の方へ 股関節が硬い、股関節が痛いなどは、主に歩行に影響がでます。 関節が硬いために可動域が小さかったり、痛くないような動きをしたりすることで、日常をやり過ごしてしまいがちです。 ヒトの体は柔軟で、他の場所が動きを負担することで一連の動作ができるようになっています。 股関節の動きが制限されると、腰椎や骨盤がその動きを補い、代償することで歩行を可能としてしまいます。 その結果、腰椎や骨盤への負担が大きくなり、腰痛の原因にもなります。 普段から、足を組んだりする癖があると、股関節は安定を失う状態になっているので、何かのきっかけで痛みが発生してしまうこともあります。 そのような癖は、気を付けることで改善できますし、積み重なって股関節へ影響しないよう、やめるのをおすすめします。 股関節といっても、ぐるりと一周ありますので、どこに痛みや違和感があるかで、施術の内容もかわってきます。 腰や膝との兼ね合いもあり、痛めると他も痛くなる場合もあります。 きれいな歩行は、使うべき筋肉をちゃんと使えて実現できます。 股関節に余計な負担をかけないというのもありますが、見た目の印象も変わる思います。 股関節は場所的にも、女性の施術が安心できるのではないかと思ったりしています。 参考文献 基礎運動学(医歯薬出版) 四肢と脊柱の診かた(医歯薬出版) トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル(医道の日本社).

次の