フォルダ パスワード かけ 方。 フォルダにパスワードを設定する方法!ソフト不要

Outlookのデータ・ファイルにパスワードを設定する − @IT

フォルダ パスワード かけ 方

安全にファイルをやりとりする暗号化のテクニック 【zip形式で圧縮+パスワード保護】 ファイルやフォルダを圧縮(データが小さくなる)するときにパスワードをかけることで、セキュリティを高めることができます。 いろいろな圧縮形式がありますが、一般的な圧縮形式として、zip形式の圧縮フォルダにパスワードをかける方法を解説します。 Lhaplusのインストール zip形式での圧縮は様々なソフトで行えますが、今回は非常に有名で使いやすい「」という無料ソフトでの手順を解説します。 まずは本体をインストールしましょう。 からソフトをダウンロードしてご自分のパソコンにインストールしてください。 インストールの最後の画面「Lhaplus シェル初期設定」で、「デスクトップ圧縮」にチェックを入れ、ドロップダウンするメニューから「zip(pass)」を選択して、【OK】を押します。 デスクトップ上に「Lhaplus 圧縮」というショートカットが置かれます。 これで準備完了です。 添付ファイルにパスワードを設定してみよう 実際にパスワードをかけてみましょう。 一番簡単は方法は、先程のショートカットの上に、圧縮したいファイルやフォルダをドラッグ(左クリックを押しながら引っ張って移動させ、目標の場所で左クリックをはなす)すると、パスワード設定画面となります。 任意のパスワードを入力して【OK】を押すと、パスワードがかかったzip形式の圧縮フォルダが作成されます。 もうひとつの方法は、パスワードをかけたいファイルやフォルダ上で【右クリック】をします。 選択項目の中から「圧縮」を選びます。 さらに選択項目が出てくるので、その中から「. zip pass 」を選択します。 パスワードを入力し【OK】を押して完了です。 パスワードは別の手段で教える 重要なファイルをメールなどで送信する場合、zip形式でパスワードをかけてファイルを送り、その後別のメールや電話などでパスワードを相手に知らせることで、第三者にファイルの中身を見られる可能性は低くなります。 また、全てのメールの添付ファイルを自動で暗号化してくれるサービスもあります。 実業務上で「これは守るべき情報かどうか?」などと考えながら業務をするのは非常に煩わしいです。 こういったサービスも今後検討してみてはいかがでしょうか。 以上、ご参考まで。

次の

フォルダにパスワードを設定できるソフト(暗号や圧縮なし)

フォルダ パスワード かけ 方

Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト 操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。 完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。 強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム AES256 を採用し、安全性抜群。 圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。 攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。 操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。 完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能... 強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。 は、コンピューターのファイルとフォルダの暗号化ソフトウェアです。 ドキュメントの暗号化、USBの保護、ドキュメントの非表示など、複数の暗号化機能を備えています。 変更が簡単-ソフトウェアで作成した仮想ドライブは、使用の痕跡を残すことなくいつでも開閉できます。 また、仮想ドライブ内のファイルの変更に長時間待つ必要がなく、ファイルの変更や追加、削除を保存することができます。 大容量-仮想ドライブテクノロジーを使用しているため、1つ以上の仮想ドライブに多数の機密ファイルを保存できます。 仮想ドライブがNTFSとしてフォーマットされている限り、4Gを超えるファイルを保存できます。 クラックが困難-仮想ドライブフォーマットは独自仕様であり、高度なAES256暗号化アルゴリズムを使用しているため、現在、このテクノロジーをクラックするためのプログラムは市場にありません。 高い隠蔽性-仮想ドライブファイルを他のファイルに偽装して、悪意のあるスキャンを回避できます。 Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト 操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。 高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。 強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム AES256 を採用し、安全性抜群。 独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用 機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。 操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。 完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能... 強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。 簡単な操作:暗号化ソフトRenee SecureSiloおよびRenee File Protectorの使用は非常に簡単です。 複雑な設定をせずに、暗号化と復号化の操作を完了するには、パスワードを1回入力するだけで済みます。 効率的な管理:暗号化ソフトRenee SecureSiloおよびRenee File Protectorを使用して、ファイルまたはフォルダをドラッグするだけで、ファイルおよびフォルダーを暗号化およびロックします。 プログラムボックスを表示して、簡単に管理できます。 ただし、Windows10または圧縮ソフトウェアを使用すると、これらのファイルは集中管理されていないため、長期間使用しないと、保存場所を見つけなかったり、パスワードを忘れたりしてしまうという別の面の危険性が増します。 優れた監視機能:Renee File Protectorは、ディスク、ファイル、フォルダーが開かれたり、読み取られたり、変更されたりするたびに、優れた読み取りおよび書き込み監視機能を備えています。 幅広いデバイスを保護:暗号化ソフトRenee SecureSiloおよびRenee File Protectorを使用すると、ローカルファイルだけでなく、USBメモリやその他のモバイルデバイスも暗号化、ロック、非表示、およびその他の操作を実行できます。 要約すると、Windows 10の組み込み機能と圧縮ソフトウェアWinRARを使用してフォルダを暗号化するには、一定の制限があります。 便利性と安全性から見ると、Windows 10フォルダを暗号化するために暗号化ソフトRenee SecureSiloおよびRenee File Protectorを使用することをお勧めします。

次の

フォルダにパスワード

フォルダ パスワード かけ 方

ファイルを右クリックして、ショートカットメニューの中から[送る]をポイントして、[圧縮(zip 形式)フォルダ]をクリックします。 パスワードの追加 この圧縮フォルダをダブルクリックで開いて、メニューバーの[ファイル]をクリックします。 パスワードの追加をクリックします。 パスワードの追加ダイアログボックスが表示されます。 [パスワード]と[パスワードの確認入力]にパスワードを入力します。 [OK]ボタンをクリックします。 ファイルをダブルクリックして開こうとすると、パスワードを求められます。 これで、パスワードを知らない人は開けませんね。 パスワードの解除 また、パスワードを解除する場合は メニューバーの[ファイル]から、[ 暗号化解除]を選択してクリックします。 同じフォルダに入れてパスワードを設定したければ、パスワードを一度解除して、再度、パスワードの設定をしてください。 フォルダを開くときにパスワードを要求 この圧縮フォルダは、フォルダを開くときにパスワードを要求されるものではなく、 フォルダ内のファイルを開くときにパスワードを要求されるだけです。 ですから、パスワードの設定をしていても フォルダの中身は見えてしまいますね。 圧縮フォルダAが作成できましたね。 新しいフォルダBを作成して、そのフォルダの中に圧縮フォルダAを入れます。 そして、フォルダBから圧縮フォルダBを作ります。 圧縮フォルダBにパスワードの設定をします。 そうすると、圧縮フォルダBを開いて、圧縮フォルダAを開こうとすると、パスワードを要求されるようになります。 参考以下は、WordやExcelでパスワードを設定する方法です。

次の