ウイイレ トーレス。 IMフォルランorトーレス引くまでやめれま10「良かれと思って…」【ウイイレ2020 myClub】

【アイコニックモーメント】トーレス【ウイイレ2020徹底分析】

ウイイレ トーレス

今回紹介する選手はアイコニックモーメント選手で登場の昨シーズンまでJリーグのサガン鳥栖でプレーしていた超イケメンフェルナンド トーレス選手を紹介していこうとおもいます。 現役時代は神の子と言われ特に若かりし頃のフェルナンドトーレス選手は止めることができませんでした。 アトレティコマドリード、リバプール、チェルシー、ACミランとビッククラブへの移籍を多数経験しているすごい選手で す。 そんなフェルナンドトーレス選手がとんでもない能力を持って21歳で登場しました。 Jリーグではおもっていたほどの活躍をすることが出来ませんでしたが今回は爆発してもらいましょう。 そんな神の子フェルナンドトーレス選手の能力値はどうなっているのかさっそくのぞいてみましょう。 フェルナンド トーレス 身長 186㎝ 年齢 21歳 利き足 21歳 所属リーグ スペイン1部リーグ 所属クラブ アトレティコマドリード ポジション適正 LWG CF RWG ST OMF LMF CMF RMF DMF LSB CB RSB GK 能力 レベル MAX チーム固定 総合値 98 99 オフェンスセンス 96 98 ボールコントロール 92 94 ドリブル 86 87 ボールキープ 86 88 グラウンダーパス 82 84 フライパス 74 76 決定力 98 99 ヘディング 90 92 プレースキック 78 79 カーブ 83 85 スピード 99 99 瞬発力 96 98 キック力 89 91 ジャンプ 89 91 フィジカルコンタクト 83 85 ボディコントロール 88 89 スタミナ 90 92 ディフェンスセンス 58 60 ボール奪取 57 59 アグレッシブネス 61 63 GKセンス 40 40 キャッチング 40 40 クリアリング 40 40 コラプシング 40 40 ディフレクティング 40 40 逆足頻度 2 2 逆足精度 3 3 コンディション安定度 6 6 ケガ耐性 2 2 スキル ダブルタッチ 軸足当て 足裏コントロール ヘッダー コントロールループ アクロバティックシュート ワンタッチシュート アウトスピンキック PKキッカー チェイジング 長所 不明 プレースタイル ラインブレイカー COMプレースタイル 不明 まとめ フェルナンドトーレス選手の能力値はどうでしたか? バケモノ級の選手が誕生してしまいました!! 決定力とスピードがカンストしています。 オフェンスセンスも98と高く瞬発力も98あるのでスピードで相手を振り切って決定力の高さでゴールを量産できるまさにゴ ールハンターです。 ドリブル能力やボールキープ能力もありますしパス能力も高い、ジャンプ力やヘディングもうまいしフィジカルコンタクト、 ボディコントロールも悪くないです。 スキルも超優秀でダブルタッチ、足裏コントロールありしかもヘッダー持ちなので空中戦も強い!! ワンタッチシュート持ちにチェイジングまでついています。 プレースタイルはラインブレイカーなのでスピード、瞬発力の高さをいかして相手CBを置き去りにしてくれること間違いな し!! もう言うことなしの最強CF神の子フェルナンドトーレス選手をぜひGETしてしてください。

次の

【ウイイレアプリ2020】アイコニックフェルナンドトーレス(2006/02/05)の能力と使い方|ゲームエイト

ウイイレ トーレス

「PlayStation」公式サイトより 6月21日、サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスが現役引退を発表。 トーレスはスペイン出身の名ストライカーで、アトレティコ・マドリードやリヴァプール、チェルシー、ACミランといった名門サッカーチームに所属。 スペイン代表としても長く活躍しており、2010年の南アフリカ・ ワールドカップ(W杯)優勝や、EURO2008、2012で大会連覇を経験している。 理由は諸説あるが、年俸数億円超のビッグストライカーなのに意外と決定機を逃してしまうところなどがイジられているのだろう。 彼の引退にネット上などでは、「グッバイトーレス師匠……」「ありがトーレス!」「なんで鳥栖で引退するのかはわからないけど、お疲れ様でした」といった声が。 また過去の思い出を語る人も多く、ゲームファンからは「2010年のウイイレでメッシと並んでいたのが印象的だった」との声が寄せられている。 確かに、『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2010』(コナミデジタル エンタテインメント)では、イメージキャラクターにリオネル・メッシとトーレスを採用。 トーレスが「やぁメッシ。 ウイイレやってるよ」「リヴァプールの組織力は最強さ」「僕らのカウンターに注意しろよ」「僕の決定力にもね」とメッシを煽るCMも公開されていた。 そのため「ウイイレ2010ではトーレスばっかり使ってたなぁ」「俺のトーレス師匠はめっちゃ決定力が高かった」と振り返る人も。 世界中に愛されてきたトーレス師匠は、最終戦でどんなプレイを見せてくれるのだろうか。

次の

ウイイレアプリ/アイコニック(アトレティコ)フェルナンドトーレス

ウイイレ トーレス

国内リーグ戦に限る。 2018年12月1日現在。 2016年5月4日現在。 現役時代のポジションは。 に所属していた2007-08シーズンにリーグ戦1シーズン24得点をあげるなどプレミアリーグを代表する選手とみなされていた。 としては、、、、、の6つの主要大会に出場し、UEFA EURO 2008では決勝のドイツ戦で決勝ゴールをあげ、チームの優勝に貢献した。 またUEFA EURO 2012ではベンチスタートが多く約190分という長くはない出場時間ながら3得点1アシストを決め大会得点王に輝いた。 クラブ経歴 [ ] 幼少期 [ ] 1984年3月20日、のに生まれた。 幼少時代からサッカーに興味を持ち、5歳の時にパルケ84 Parque 84 というクラブチームに入団した。 父親は仕事があったため、母親が毎日の練習への送り迎えをした。 祖父は熱狂的というほどのサッカーファンではなかったが、サポーターとしての誇りを持っており、彼の影響もあってフェルナンドはアトレティコファンになった。 サッカーを始めた頃は兄と同じくだったが 、7歳の時にアニメの登場人物である『』をモチーフにした マリオズ・オランド Mario's Holland という近くのクラブに移ってストライカーにポジションを移し 、インドア・リーグの試合に出場した。 3年後、10歳の時にラージョ13 Rayo 13 の11歳以下チームに移ると 、1シーズンに55得点を奪い、同じチームの2人とともにアトレティコのトライアルを受けた。 彼はスカウトに良い印象を与え、11歳だった1995年にアトレティコの下部組織に加入した。 アトレティコ・マドリード [ ] アトレティコ時代 アレビン(11〜12歳のカテゴリー)チームに加入したトーレスは順調に下部組織のカテゴリーを昇格していき、1998年にはイタリア国内外のU-15世代のクラブが争うナイキ・カップに参加し、、、などを破って重要なユース年代のタイトルを初めて獲得した。 大会最優秀選手賞の副賞としてナイキからシューズの無償提供を受け、これ以来一貫してナイキのスパイクを使用している。 彼は後にこの年代の欧州最優秀選手に選出された。 1999年、彼が15歳の時、アトレティコと最初のプロ契約を交わした。 契約後の最初のシーズンはユースチームでプレーし、16歳の時にトップチームに昇格した。 2000-01シーズンの出だしは悪く、脛骨の怪我に苦しんで2000年12月まで欠場した。 その後もトップチームの練習に参加し、2001年5月27日の戦(ホーム)で26分間出場してついにデビューを果たした。 デビューから1週間後の戦も途中出場だったが、 のクロスからヘディングでトップチーム初得点を記録した。 シーズン途中にカルロス・ガルシア・カンタレホ監督が就任してから順位表を駆け上がったが、2000-01シーズンは(1部)昇格を逃した。 2001-02シーズンはセグンダ・ディビシオンで36試合に出場して6得点のみと、自身の調子は良くなかったがチームはプリメーラ・ディビシオン昇格を果たした。 プリメーラ初挑戦となった2002-03シーズンは調子が良く、戦でから奪った得点などで一躍話題に上る選手となり、29試合に出場して13得点を決めてチームは11位に入った。 プリメーラで2年目の2003-04シーズンは19歳にしてキャプテンに就任すると 、より一層の成長を見せ、35試合に出場して19得点を挙げて 得点ランキング3位に入った。 このシーズンは予選出場権獲得を逃したが、リーグ戦で7位に食い込んで出場資格を得た。 欧州カップ戦初挑戦となった2004-05シーズンのUEFAインタートトカップ4回戦の戦では1stレグ・2ndレグともに1得点ずつを挙げた。 チームは決勝戦に進出したが、同じスペインのとの決勝では2試合合計2-2となって迎えたPK戦(1-3)の末に敗れた。 リーグ戦では数少ないチャンスをものにし、リーグ6位の16得点を挙げた。 チャンピオンのは2005年にトーレスとの契約に興味を持っていると思われていたが、アトレティコの会長はチェルシーがトーレスと契約する可能性を「ノー・チャンス」と言い放った。 セレソ会長は後の2006年1月に「我々はトーレスに来たオファーを検討する用意があった」と述べたが、トーレスは「が3月に僕の獲得を企てていた」と主張した。 2005-06シーズンは好不調の波が激しかったが、リーグ6位の13得点を挙げた。 後、彼は大会前にチェルシーからのオファーを断ったことを明らかにした。 2006-07シーズンはPKを外すことが多かったが 、リーグ戦で15得点を決め 、プリメーラ・ディビシオン昇格後の5シーズン全てで2桁得点を記録した。 イギリスのメディアは彼がのメインターゲットとなっていると報道したが 、セレソ会長は「リヴァプールFCを含むどのクラブや選手からもオファーは受け取っていない」と述べた。 しかし、その数日後、アトレティコがトーレスをリヴァプールに移籍させる契約に同意したという新たな報道が伝えられた。 その契約によると、移籍金の額は2500万ポンドと噂されており、その金額とは関係なしにがアトレティコに移籍するというものだった。 6月30日、アトレティコはビジャレアルからを獲得し、それはトーレスの放出を公にする前に実質的な代替要員を獲得したことを暗に示していた。 7月2日、トーレスはリヴァプールとの契約を成立させるためにバカンスを途中で切り上げてマドリードに戻った。 その翌日、トーレスはリヴァプールのメルウッド練習場で行われたメディカルチェックをパスした。 リヴァプールとの6年契約を交わす前にアトレティコのファンに別れの挨拶をすることを希望し、7月4日にマドリードで記者会見を開いた。 移籍金額はリヴァプール史上最高額だった。 2008年3月、監督は紙のインタビューにおいて「ルイス・ガルシアの移籍を考慮に入れると、リヴァプールFCはトーレスを約2000万ポンドで獲得した」と述べた。 最大のライバルであるとのでは得点できない期間が続いたが、移籍前最後のダービーとなった2006-07シーズンのホーム戦でマドリードダービー初得点を決めた。 2002-03シーズンから2006-07シーズンまでのマドリードダービーの戦績は0勝4分6敗(ホームでは0勝1分4敗)であり、ついに勝ち星を挙げることができなかった。 最後の対戦となった2007年5月のホーム戦では0-6で大敗し、その敗戦が移籍を決断するターニングポイントだったことを自著で認めている。 リヴァプール [ ] リヴァプールFC時代 2007-08シーズン [ ] 移籍以前からアトレティコ同様にリヴァプールFCを応援しており、「(アトレティコと)同じにおいがする」と愛着を示している。 移籍当初は英語が不得手だったが、同じスペイン人のやによるサポートを公私に渡って受け、お気に入りののCDを聴いて勉強するなどして英語力を上達させた。 なお、リヴァプール時代に住んでいたトーレスの家はレイナの家族が住んでいる家から50mしか離れていなかった。 2007年8月11日、戦(アウェー)でデビューし、2-1で勝利を飾った。 その4日後にはデビューを飾り、予選3回戦の戦に79分から途中出場して1-0で勝利した。 8月19日の戦ででの試合に初めて出場し、この試合の16分に決めた先制点が移籍後初得点となった。 キャリア初のは9月のの戦で生まれ、後半だけで3得点して4-1で勝利した。 UEFAチャンピオンズリーグでの初得点はグループリーグ初戦の戦であり、その試合では2得点を決めて4-1で勝利した。 2008年2月23日の戦(ホーム)で達成したハットトリックも含め 、2008年2月にはリーグ戦2試合で4得点を決め、プレミアリーグの月間最優秀選手に選ばれた。 ミドルスブラFC戦の2週間後の3月5日には、戦(ホーム)でまたもやハットトリックを決め、リヴァプールの選手としては1946年11月に ()が達成して以来となるホームでの2戦連続ハットトリックを成し遂げた。 3月後半の戦(ホーム)において47分にヘディングで得点し、リヴァプールの選手としては1995-96シーズンにが達成して以来となるリーグ戦20得点を達成した。 4月には準々決勝・戦の2ndレグで得点し、準決勝進出を決めた。 この得点は2007-08シーズンの全ての大会を通じて29得点目となり、コップ のアイドルだったが在籍期間中に記録した1シーズンでの最高得点数を凌いだ。 2008年4月11日にはの候補6人に選ばれたが 、結局のが受賞した。 またにもノミネートされたが、この賞はアーセナルのが受賞した。 上記二つの受賞は逃したが、PFA年間ベストイレブンに選ばれた。 5月に発表されたではC・ロナウドに次ぐ次点だった。 2008年5月4日、ホーム最終戦の戦で57分に決勝点を挙げ、1960年代に活躍したFWが保持していたでの連続得点記録(8試合)に並んだ。 最終節の戦でリーグ戦24点目となる得点を決め、イングランド挑戦1年目の外国人の最多得点記録を樹立した。 それ以前の記録はが移籍1年目に記録した23点だった。 プレミアリーグの得点王争いでは31得点のC・ロナウド(マンチェスター・U)には及ばなかったが、(アーセナル)と並んで2位に入った。 この時期にはが彼と契約するために移籍金5000万ポンドを支払うのではないかという憶測が報道されたが、トーレス自身は当分の間はリヴァプールを離れないだろうと答えた。 クラブの共同オーナーの一人である も移籍話を否定し、どんな金額を積まれても移籍を許すつもりがないと答えた。 2008-09シーズン [ ] 2008-09シーズン開幕戦の戦では試合唯一となる得点を挙げ 、期待の持てるスタートを切ったが、結果的にこのシーズンは幾度もの負傷に苦しめられたシーズンであった。 3節のアストン・ヴィラFC戦でハムストリングを負傷して2〜3週間の離脱となった。 UEFAチャンピオンズリーグの戦で復帰して2-1で勝利すると、9月27日のとのでは2得点を決めて2-0で勝利した。 ダービーの翌週末にはで行われたマンチェスター・シティ戦で1-2の劣勢から2得点を決めて3-2での逆転勝利を収めた。 彼がこの試合で決めた1点目は、リヴァプールがプレミアリーグで決めた1000点目の得点となった。 リーグ戦では好調を維持していたが、として出場したの戦でハムストリングの怪我を再発させ、クラブの試合を3試合欠場した。 10月22日、クラブはチャンピオンズリーグの試合でトーレスの古巣とアウェーで対戦したが、彼は負傷の影響で試合を欠場した。 アトレティコのセレソ会長はトーレスをVIP席に招待する予定だったが、イングランドでのリハビリを優先させるためにトーレスはセレソ会長の申し出を辞退し、試合は自宅でテレビ観戦した。 10月27日、2007-08シーズンのFIFProベストイレブン(を参照のこと)に選ばれた。 復帰戦は戦で、72分から途中出場した試合を3-0の勝利で飾った。 インタビューで古巣アトレティコへの復帰に興味を持っていると言い、「僕がアトレティコで現役引退するかどうかはわからない。 でもアトレティコで何かをやってから引退したいと思っている」と語った。 11月のチャンピオンズリーグ・マルセイユ戦では1-0で勝利したものの試合後にまたもやハムストリングを痛め、プレー不可を余儀なくさせられた。 当初は2〜3週間の離脱と見られていたが、専門医の診断により離脱期間は4週間に延びた。 12月にはの候補に選ばれ 、C・ロナウドとに次ぐ3位の位置を得た。 負傷からの復帰戦は彼にとって初めての出場となった2009年1月3日の戦であり、途中出場して2-1で勝利した。 2月1日のチェルシー戦では試合終盤に2得点を決めて2-0での勝利を飾った。 加入してから1年半しか経っていないにも関わらず、タイムズ紙による「リヴァプールFCの歴代最優秀選手50人」に選ばれ、これだけの短期間で彼が見せつけた衝撃を増強させている。 UEFAチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ではアトレティコ時代にライバル関係にあったと対戦することになったが、足首を怪我していたため、プレー可能な状態にするために試合前に鎮痛剤を注射して試合に臨んだ。 1stレグで先制点を決め、4-0で大勝して2ndレグを待たずに勝ち上がりをほぼ確定させた。 その4日後にはでのマンチェスター・ユナイテッド戦のメンバーに名を連ね、1-1に追い付く得点を決めて4-1で勝利した。 2009年4月、2008-09シーズンの活躍からPFAベストイレブンに選ばれた。 5月24日、リーグ戦最終節のトッテナム戦でゴールを決め、移籍後の公式戦84試合目にして50得点を達成した。 クリスマスのリーグ戦折り返し時点でクラブは首位に立っており、最終的に勝ち点86と過去最高の勝ち点を獲得したが、2位に終わった。 トーレス自身はリーグ戦は24試合の出場にとどまったにも関わらず、リーグ得点ランキング4位・チーム内得点ランキング2位の14得点を記録し、エースとしての仕事は全うした。 2009-10シーズン [ ] 2009年5月、クラブとの新契約にサインした。 この契約によると、彼の給料は週給11万ポンドまで引き上げられ、契約が満了する2013年に同条件で1年間契約延長できるオプションが付けられた。 2009年には1400万ポンドもの収入があったと報道されている。 2009年9月19日、ウェストハム戦で2得点を決めた。 その1週間後にはでの戦でハットトリックを達成し、6-1で大勝した。 9月には計5得点を決めて得点ランキングの首位に立ち、リーグ月間最優秀選手に選ばれた。 10月25日、先制点を決めて2-0で勝利した マンチェスター・U戦後、ベニテス監督は「我々は最後の通行許可証を待っていた」との比喩表現を使ってトーレスのプレーを称賛した。 12月にはFIFProベストイレブンに選ばれた。 12月29日のアストン・ヴィラ戦でロスタイムに決めた得点はクラブ最速でのリーグ戦50得点目となった。 それまでの記録はロジャー・ハントが達成した78試合だった。 2010年4月4日の戦では65分に途中交代を命じられた。 この理由を聞かれたベニテス監督は「トーレスがひどく疲れていたから」だと弁明した。 膝の手術を受けるために4月後半以降は試合に出場しないと報道された 2009-10シーズンのリーグ戦は22試合の出場ながら18得点を挙げ、得点ランク6位に入った。 シーズン全ての大会を通じて32試合出場22得点の成績を残し、2度目のチーム得点王に輝いた。 チェルシー [ ] FIFAクラブワールドカップでプレイするトーレス 2011年1月31日、と5年半契約を結んだ。 移籍金は5000万ポンドと報道されているが公表されていない。 2月6日に行われた古巣リヴァプールFC戦でデビューを飾った。 デビューから初ゴールをあげるまでに903分間もの時間を要した。 これはの記録を抜いて、クラブワースト記録となった。 2年目のシーズンではリーグの不調による監督交代を経験しながらもとの2冠を達成した。 CL準決勝バルセロナ戦2legではバルセロナを落胆させる決定的なゴールを決めてチームの決勝進出に貢献。 決勝戦のとのゲームでも同点となるコーナーキックを演出するきっかけを作った。 翌年にはの決勝戦で自身の先制点もありチームの優勝に貢献。 ACミラン [ ] 2014年8月29日、に移籍したの後釜として、へ2年間のレンタル移籍が合意に至ったと発表された。 9月20日に行われた第3節戦で76分にに変わって出場し移籍後初出場となった。 同月23日に行われた第4節戦では、前半43分にが上げたクロスに頭で合わせ移籍後初ゴールを決めた。 2014年12月27日、2015年1月5日付でミランに完全移籍することが発表された。 アトレティコ・マドリード復帰 [ ] 2014年12月29日、古巣への移籍合意が発表された。 契約は2015年1月5日から1年半のレンタル移籍。 1月7日、5回戦の戦で移籍後初出場。 1月15日の2ndレグでは2得点を決めて復帰後初得点を記録し、チームの準々決勝進出に貢献した。 2015-16シーズンより9番を着用していたの移籍に伴い、背番号を19番から慣れ親しんだ9番に変更することを発表した。 前半戦はリーグ戦2得点に留まるなど苦しんだが、24節の戦で4ヶ月ぶりの得点を挙げ、これがアトレティコマドリーでの通算100ゴール目となった。 後半戦に入ってからはCL準決勝1stレグ戦で貴重なアウェーゴールを決めるなど好調を維持し、最終的にリヴァプール時代の2009-10シーズン以来となるリーグ戦二桁得点を記録した。 シーズン後は契約満了によりミランを退団し、フリーでアトレティコに完全移籍という形で加入した。 2017年3月2日のリーグ第25節、戦の終盤、浮き玉を処理しようとした際に相手選手と激しく交錯、落下の際にピッチに顔面を強打し、意識を失ってしまった。 幸いにも、迅速な対応によってすぐさま救急搬送されたため大事には至らず、本人も翌朝にSNSを更新して無事を報告することができた。 2017年夏にのに移籍する可能性があったが、アトレティコと契約更新し残留した。 2018年4月9日、2017-18シーズンでの退団が発表された。 5月17日 優勝。 大会2得点を挙げチームの優勝に貢献した。 5月19日に行われた、最終節の戦ではキャプテンマークを付けフル出場。 とのアシストによって2ゴールを記録した。 その後の退団セレモニーが行われ、駆けつけた6万5000人のファンにお別れを告げた。 サガン鳥栖 [ ] 2018年5月30日、・への加入が決定したとのニュースが、Jリーグ公式サイトのミスで公開されたものの、すぐに削除された。 7月1日、最終合意寸前で金銭面での隔たりなどが生じ、破談になったと報じられた が、7月10日に会見を行い、鳥栖への移籍を正式に表明。 会見では鳥栖への移籍を決めた理由として「スポーツ面のプロジェクトなどに説き伏せられた」と説明した。 その後鳥栖公式サイトからも移籍が発表された。 背番号は9番。 同背番号はそれまでが着用していたが、これを譲り受ける形になった 趙は19番に変更。 、戦後半19分に交代出場し、同39分にのパスを受け公式戦7試合目で来日初得点する。 8月26日のJリーグ第24節戦ではこの日2アシストを記録すると、後半41分にダイビングヘッドでJリーグ初得点を決めた。 シーズン途中の加入にも関わらず終盤はキャプテンマークを巻く などチームの中心としてプレーし、J1残留に勝利が必要な中、最終節を前にした第33節の戦では1-1から決勝ゴールを決めるなど 、鳥栖のJ1残留に大きく貢献した。 2019年6月21日、自身の公式Twitterにて2019年シーズン限りの現役引退を発表。 6月23日に引退会見を開き、8月23日に行われる戦を最後に引退する事を明かし、神戸戦を最後の試合にした理由を「古くからの友人であるとの直接対決を、それを日本でできるということで決めました。 神戸には友人でW杯を共に戦ったもいます。 最後の試合で自分ができることを尽くしながらやりたいと思います」と話した。 また、引退理由を「自分の中でサッカーのレベルというものがあって、引退を決めた理由は自分のベストのレベルに到達できていないという疑問点。 自分がベストのコンディションでやり続ける、そこに到達できなくなるのであればサッカー人生を終えたいと思い、決めました」と話した。 引退後は、鳥栖のアドバイザーとしてクラブに残ることを表明している。 引退表明後、最初の試合となった6月30日に行われたJ1第17節ので先発出場すると、ヘディングで7か月ぶりとなるシーズン初ゴールを決めると、更にその4分後にもヘディングでゴールを決めて4-2のチームの勝利に貢献した。 現役最後のゴールは8月14日に行われた3回戦・戦での延長前半、敵陣地でのFKでパスを受けたからボールを奪い取り独走、GKとの1対1を制し、をラウンド16へ導いたゴールとなった。 8月23日、現役最後の試合のヴィッセル神戸戦にフル出場。 幾度か自身でチャンスを作るも無得点でチームは1対6で敗北した。 代表経歴 [ ] EURO 2008優勝パレード スペイン年代別代表 [ ] 2001年2月、U-16スペイン代表の一員として出場したアルガルヴェ・トーナメント Algarve Tournament で優勝した。 5月にはに参加し、決勝では試合唯一の得点を挙げて優勝し、大会得点王と大会最優秀選手に輝いた。 2001年9月、トリニダード・トバゴで開催されたに出場したが、グループリーグ敗退に終わった。 2002年7月、ノルウェーで開催されたで優勝し、1年前と同じく決勝では試合唯一の得点者となった。 また、大会得点王に輝いて大会最優秀選手に選ばれた。 スペインA代表 [ ] 2003-2006 [ ] 2003年9月6日のとの親善試合でデビューし 、2004年4月28日の戦でA代表初得点を決めた。 2004年にはポルトガルで開催されたに出場した。 グループリーグの最初の2試合に途中出場した後、運命を決める3試合目のポルトガル戦に先発出場したが 、スペインは1-0で敗れてグループリーグ敗退に終わり 、トーレスは得点を挙げることができずに大会を後にした。 欧州予選では、戦での極めて重要な2得点や代表戦で初ハットトリックを達成した戦 の3得点も含めて11試合に出場して7得点を決め 、チーム内得点王になった。 本大会メンバーにも順当に選ばれ、4-0で大勝したグループリーグ初戦の戦ではボレーシュートを決めた。 グループリーグ2戦目の戦では76分に2-1とリードする得点を決め、90分にPKで追加点を決めた。 この3得点により、コンビを組むと並んでスペイン代表のトップスコアラーになった。 2006-2008 [ ] 2008年にスイスとオーストリアで共催されたにはスペイン代表の中心選手として臨み 、グループリーグ初戦の戦ではビジャの先制点をお膳立てした。 途中交代時に監督との握手を拒否した(ように見えた)ことが批判の対象になったが 、交代を命じた監督の采配に不満があったことは否定し、ゴールを奪えない自分自身に対して腹を立てていただけと弁解した。 2戦目の戦でこの大会での初得点を決めた。 コンビを組むビジャの負傷により決勝のドイツ戦はトーレスの1トップとなったが、前半33分にのスルーパスに反応し、先にコースに入ったを持ち前のスピードで外側から抜き去りの鼻先で体勢を崩しながらもループシュートを決め、結局この得点が決勝点となりスペイン代表の優勝を決めた。 この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、試合後には「夢が叶った。 これは自分にとって初めてのタイトルであり、これから獲得する多くのタイトルのうちの1つ目であることを願っているよ。 UEFA欧州選手権での優勝はFIFAワールドカップ優勝に匹敵するほど重要なものだ。 僕らは今までこの試合(決勝戦)をブラウン管越しに眺めていたが、今回はピッチの上で戦っていて、しかもその試合に勝った。 僕の仕事はゴールを奪うことだ。 より多くのタイトルを勝ち取りたいし、欧州や世界の舞台でより重要な選手になりたい」と語った。 大会後にはパートナーを組むビジャとともに大会ベストイレブンに選ばれた。 2008-2010 [ ] EURO 2012の優勝トロフィーを持つトーレス(左) 2010年4月に右膝を手術した影響で本大会出場選手発表までの回復が不安視されていたが 、のメンバーに選ばれ 、とのテストマッチで得点して順調な回復を印象付けた。 0-1で敗れた初戦の戦では61分に途中出場したが 、次の戦と戦には先発出場した。 大会直前に負った足の負傷の影響もあってプレーに精彩を欠き、ホンジュラス戦ではフリーで放ったヘディングシュートを外すなど 、グループリーグでのプレーは平均以下だと評されたにもかかわらず、監督はトーレスを信頼した。 決勝トーナメント1回戦の戦では試合から消え 、準々決勝の戦も得点に絡めなかったため、2戦連続で途中交代させられて、さらに準決勝の戦は先発メンバーから外された。 この試合までの出場277分間でシュート13本を放ったが、枠内シュートはわずか2本だった。 7月11日に行われた決勝の戦には105分から途中出場した。 延長戦後半での決勝点に絡んだものの、ボールを追いかけている最中に大会前に痛めた古傷が再発してピッチ上に倒れ、試合終了間際に負傷退場した。 5ゴールを決めて得点王争いトップタイだったチームメイトのとは対照的にグループリーグ初戦から決勝までの全7試合に出場しながら無得点という結果に終わった。 2011-2014 [ ] 2012年にポーランドとウクライナで共催されたは、セスク・ファブレガスとポジションを争う形となったり、0トップの戦術が採用された影響もあり、出場時間が限られる形となったがグループリーグ2戦目の戦で2ゴール。 さらに決勝の戦で1ゴール1アシストを決め、大会の得点王に輝いた。 (なおドイツ代表のも同じ3ゴール1アシストをマークしており並んでいたが出場時間が大会通じて約一試合フル出場分少なかったトーレスが単独得点王扱いとなった。 ) 2012年9月7日に行われた国際親善試合の戦で代表出場100試合を達成した。 同時にこれが当時のスペイン代表選手の代表試合100試合出場達成最年少記録となった。 では戦で5ゴール1アシストを決めるなどの活躍もあり、大会得点王に輝く。 (ブラジル代表のも同じ5ゴール1アシストで並んでいたが、大会通算での出場時間が短いトーレスがゴールデンシューズに選ばれた。 奇しくも前年のUEFA EURO 2012の時と同じく、ゴール数、アシスト数ともに並んだ選手がいながら、出場時間の関係で単独得点王の栄冠に輝く結果となっている。 ) プレースタイル [ ] 優れた加速力、スピードと決定力 、多彩なフィニッシュパターンを持ち 、力強いや空中戦の強さ、との駆け引きなどが評価されている。 そのプレースタイルから「フェノーメノ」と呼ばれている。 やでは中盤から速い縦パスを受け、スピードを生かして相手守備陣の裏のスペースに走りこむスタイルが持ち味であるが 、は中盤からショートパスをつないでゲームを組み立てていくスタイルであるため 、前線にトーレスが走りこむスペースがないことが多く、代表では本来の力を発揮していないと批判されることも多い。 トーレス自身はスピーディなのプレースタイルが自分に合っていると語っている。 でチームメートだったはトーレスを「ボールを持っていない時の動きも素晴らしい。 献身的に前線から守備をしてディフェンダーに余裕を与えず、少しでも相手が躊躇すれば、真っ先にその選手に飛び掛かっていく。 それに、ディフェンダーの背後を突く能力にも長けている」と評している。 評価 [ ] フェルナンド・トーレスのスパイク バロンドール投票 世界各国のジャーナリストの投票によってヨーロッパ年間最優秀選手を決める投票においては、2006年に50人の候補に初めてノミネートされ、2006年と2007年はポイントを獲得できなかったが、2008年の投票ではリーグ戦やなどの活躍が評価されてスペイン人最高位の3位となる179ポイントを得た。 この年にはトーレス以外にポイントを獲得したスペイン人選手はいなかった。 2008年には6人のスペイン人選手がノミネートされ、トーレスは全体の3位となる203ポイントを獲得した。 同賞で3位以内に入ったことのあるスペイン人は(2001年、3位)だけである。 2009年にはスペイン人3位となる113ポイントを獲得し、7位にランクインした。 2010年と2011年はノミネートされていない。 年 順位 ポイント 所属クラブ ノミネート外 ノミネート外 リヴァプールFC ノミネート外 ノミネート外 チェルシーFC 人物 [ ] インタビューに対応するトーレス(2012年) 端整なルックスで男女問わずファンから高い人気を誇り、2008年12月にの冠スポンサーであるが行った「で最も好きな選手は? 」というアンケートで1位に選ばれた。 2009年2月、2001年から交際していた(交際期間は8ヶ月であるという考え方もある )女性との間に第1子が誕生する予定であることが明らかにされ 、のちに胎児が女の子であると診断されたことが分かった。 5月27日、マドリード郊外にあるで小規模な結婚式を挙げた。 彼女は8歳のころからの幼馴染であり、2001年7月7日のファーストキスを記念して左足にVII-VIIというを入れている。 2009年7月8日、都のラ・ロサレーダ病院で娘が生まれた。 2010年12月には長男が生まれた。 2005年には Torrente 3: El protectorというコメディ映画にカメオ出演を果たした。 家族や友人とボードゲームやテレビゲームをして遊ぶことが好きであり、またや のCDをコレクションしている。 と共にのイメージキャラクターとして CMに登場しており 、が企画したインタビューでのファンに対して流暢な英語で感謝を述べた。 日本の漫画『』の大ファンで、ことあるごとにサッカーをやっている子供達に読むよう勧めている。 幼少時はキャプテン翼の登場人物のに憧れてゴールキーパーをやっていたが、顔に来るボールをよけずに何度も歯を折り、フォワードへ転向してからは一筋になった。 なお、フォワードのはあまり好きになれなかったという。 個人成績 [ ] クラブでの成績 [ ] 2019年8月23日時点 クラブ シーズン リーグ 背番号 リーグ戦 カップ戦 リーグカップ戦 欧州カップ戦 その他 合計 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 9 4 1 2 0 - - - - - - 6 1 36 6 1 1 - - - - - - 37 7 29 13 2 1 - - 3 0 - - 31 14 35 19 5 2 - - 3 0 - - 40 21 38 16 6 2 - - 5 2 - - 49 20 36 13 4 0 - - - - - - 40 13 36 14 4 1 - - - - - - 40 15 合計 214 82 24 7 - - 11 2 - - 249 91 9 33 24 1 0 1 3 11 6 - - 46 33 24 14 3 1 2 0 9 2 - - 38 17 22 18 2 0 0 0 8 4 - - 32 22 23 9 0 0 0 0 2 0 - - 24 9 合計 102 65 7 1 3 3 30 12 - - 142 81 2010-11 9 14 1 0 0 0 0 4 0 - - 18 1 32 6 6 2 1 0 10 3 - - 49 11 36 8 5 1 4 2 16 9 3 2 64 22 28 5 2 0 1 1 10 5 - - 41 11 合計 110 20 13 3 6 3 40 17 3 2 172 45 9 10 1 0 0 0 0 0 0 - - 10 1 合計 10 1 0 0 0 0 0 0 0 0 10 1 19 19 3 4 3 - - 3 0 - - 26 6 9 30 11 2 0 - - 12 1 - - 44 12 31 8 5 1 - - 9 1 - - 45 10 27 5 6 3 - - 12 2 - - 45 10 合計 107 27 17 7 - - 36 4 - - 160 38 9 17 3 2 1 - - - - - - 19 4 18 2 3 1 - - - - - - 21 3 合計 35 5 5 2 - - - - - - 40 7 全合計 551 196 67 20 9 6 105 37 3 2 723 254• Jリーグ初出場 - 2018年7月22日 J1第17節 戦()• 初得点 - 2018年8月26日 J1第24節 戦(ベストアメニティスタジアム) 代表での出場 [ ] 2014年6月23日時点 チーム シーズン 親善試合 大会 合計 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2003—04 5 1 5 0 10 1 2004—05 4 1 6 1 10 2 2005—06 6 1 9 9 15 10 2006—07 2 0 6 1 8 1 2007—08 5 0 7 3 12 3 2008—09 2 2 10 3 12 5 2009—10 3 2 10 0 13 2 2010—11 4 1 2 2 6 3 2011—12 6 1 6 3 12 4 2012—13 4 0 4 5 8 5 2013—14 1 1 3 1 4 2 通算 42 10 68 28 110 38 代表での得点 [ ] 日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会 1. 2004年4月28日 0— 1 1—1 親善試合 2. 2005年2月10日 2—0 5—0 3. 2005年3月26日 1—0 3—0 親善試合 4. 2005年10月8日 0— 1 0—2 2006 FIFAワールドカップ・欧州予選 5. 0— 2 6. 2005年10月12日 0— 2 0—6 2006 FIFAワールドカップ・欧州予選 7. 0— 5 8. 0— 6 9. 2005年11月12日 3—1 5—1 2006 FIFAワールドカップ・欧州予選 10. 2006年6月7日 2—1 2—1 親善試合 11. 2006年6月14日 4—0 4—0 12. 2006年6月19日 2—1 3—1 2006 FIFAワールドカップ 13. 3—1 14. 2006年9月2日 1—0 4—0 15. 2007年9月12日 2—0 2—0 UEFA EURO 2008予選 16. 2008年6月14日 0— 1 1—2 17. 2008年6月29日 0— 1 0—1 UEFA EURO 2008 18. 2008年11月19日 2—0 3—0 親善試合 19. 2009年6月9日 0— 6 0—6 親善試合 20. 2009年6月14日 0— 1 0—5 21. 0— 2 22. 0— 3 23. 2009年8月12日 2— 1 2—3 親善試合 24. 2010年6月8日 5—0 6—0 親善試合 25. 2010年9月3日 0— 1 0-4 26. 0— 3 27. 2011年6月4日 ボストン 0— 4 0-4 親善試合 28. 2012年5月30日 1—0 4-1 親善試合 29. 2012年6月15日 グダニスク 1-0 4-0 30. 3-0 31. 2012年7月1日 3—0 4-0 UEFA EURO 2012 32. 2013年6月20日 1—0 10—0 33. 3—0 34. 6—0 35. 9—0 36. 2013年6月23日 0— 2 0-3 FIFAコンフェデレーションズカップ2013 37. 2014年5月30日 1—0 2-0 親善試合 38. 2014年6月23日 0— 2 0-3 タイトル [ ] クラブ [ ] アトレティコ・マドリード• :2001-02• :2017-18 チェルシーFC• :2011-12• :2011-12• :2012-13 代表 [ ] U-16• :2001 U-19• :2002• : 個人 [ ]• ナイキ・カップ:1995 - 得点王• アルガルヴェ・トーナメント:2001 - 得点王・最優秀選手• - 得点王・最優秀選手• 2002 - 得点王(4得点)・ 最優秀選手• - 優秀選手• FIFProベストイレブン - 2008, 2009• - 2007-2008, 2008-2009• 月間最優秀選手 - 2008年2月, 2009年9月• - シルバーブーツ賞• - ゴールデンブーツ賞・ 得点王• - ゴールデンブーツ賞・ 得点王 著書 [ ]• Premier League. 2010年10月12日閲覧。 [ ]• White, Jim 2009年11月23日. The Daily Telegraph. 2010年10月12日閲覧。 Fernando Torres. 2010年10月12日閲覧。 Spanish. SER Madrid Sur. 2009年2月6日. 2010年10月12日閲覧。 Samuel, Martin 2009年1月19日. Daily Mail. 2010年10月12日閲覧。 Spanish. Marca. 2008年4月17日. 2010年10月12日閲覧。 The Free Library taken from Agence France-Presse. 2009年8月11日. の2012年9月17日時点におけるアーカイブ。 2010年10月12日閲覧。 Fernando Torres. 2010年10月12日閲覧。 The Guardian London. 2010年10月12日閲覧。 、76頁• Fernando Torres. 2010年10月12日閲覧。 FootballDatabase. 2010年10月12日閲覧。 ESPNsoccernet. 2010年10月12日閲覧。 Rec. Sport. Soccer Statistics Foundation. 2010年10月12日閲覧。 『04-05 ヨーロッパリーグ パーフェクト決算号』、ベースボールマガジン社、2006年、72頁• BBC Sport. 2005年6月28日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2006年1月24日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2006年3月16日. 2010年10月12日閲覧。 『05-06 ヨーロッパリーグ パーフェクト決算号』、ベースボールマガジン社、2006年、69頁• Adams, Tom 2007年2月6日. Sky Sports. 2010年10月12日閲覧。 ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、2007年5月17日号、12頁• Prentice, David 2007年6月20日. Liverpool Echo. 2010年10月12日閲覧。 The Daily Star. 2007年6月27日. 2010年10月12日閲覧。 Kay, Oliver 2007年6月28日. The Times. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2007年7月4日. 2010年10月12日閲覧。 Carrick, Charles 2007年6月30日. The Daily Telegraph London. 2010年10月12日閲覧。 The Guardian London. 2007年7月4日. 2010年10月12日閲覧。 Balague, Guillem 2008年3月31日. The Times. 2010年10月12日閲覧。 footballista、ソルメディア、2010年4月7日号、10頁• livedoorスポーツ. 2007年5月18日. 2010年10月12日閲覧。 、97-98頁• Number Web. 2010年10月1日. 2010年10月12日閲覧。 、67頁• 、206頁• Sinnott, John 2007年8月11日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Sanghera, Mandeep 2007年8月15日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Chowdhury, Saj 2007年8月19日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 McKenzie, Andrew 2007年9月25日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Sinnott, John 2007年11月28日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Soccerbase. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2010年10月12日. 2008年6月8日閲覧。 Barrett, Tony 2008年3月6日. Liverpool Echo. 2010年10月12日閲覧。 May, John 2008年3月15日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 McKenzie, Andrew 2008年4月8日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 リヴァプールFCの(特にゴール裏に集う)ファンのことを指す• LFChistory. net. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2008年4月11日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2008年4月27日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2008年5月2日. 2010年10月12日閲覧。 ESPNsoccernet. 2008年5月4日. 2010年10月12日閲覧。 Caroe, Charlie 2008年5月6日. The Daily Telegraph London. 2010年10月12日閲覧。 ESPNsoccernet. 2010年10月12日閲覧。 Caroe, Charlie 2008年5月26日. The Daily Telegraph London. 2010年10月12日閲覧。 ESPNsoccernet. 2008年5月31日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2008年6月17日. 2010年10月12日閲覧。 Stevenson, Jonathan 2008年8月16日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Eaton, Paul 2008年9月1日. Liverpool F. の2008年9月2日時点におけるアーカイブ。 2008年9月1日閲覧。 Sanghera, Mandeep 2008年9月16日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 McNulty, Phil 2008年9月27日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Sanghera, Mandeep 2008年10月5日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Custis, Neil 2008年10月5日. The Sun. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2008年10月16日. 2010年10月12日閲覧。 McNulty, Phil 2008年10月22日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Ogden, Mark 2008年10月21日. The Daily Telegraph. 2010年10月12日閲覧。 UEFA. 2008年10月27日. 2008年11月17日閲覧。 Hughes, Ian 2008年11月8日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Sky Sports. 2008年11月9日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2008年11月27日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2008年12月4日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2008年12月12日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2009年1月12日. 2010年10月12日閲覧。 Ashenden, Mark 2009年1月3日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 McNulty, Phil 2009年2月1日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Evans, Tony 2009年2月13日. The Times London. 2010年10月12日閲覧。 The Times London. 2009年3月11日. 2010年10月12日閲覧。 McNulty, Phil 2009年3月10日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 McNulty, Phil 2009年3月14日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2009年4月26日. 2010年10月12日閲覧。 Brett, Oliver 2009年5月24日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2009年8月14日. 2010年10月12日閲覧。 ニッカンスポーツ. 2009年5月30日. 2010年10月12日閲覧。 ESPNsoccernet. 2009年8月14日. 2010年10月12日閲覧。 FourFourTwo: 50. February 2009. Ashenden, Mark 2009年9月19日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Hunter, Andy 2009年9月28日. The Guardian London. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2009年10月2日. 2010年10月12日閲覧。 McNulty, Phil 2009年10月25日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2009年10月26日. 2010年10月12日閲覧。 Leach, Jimmy 2009年12月22日. The Independent London. 2010年10月12日閲覧。 Ornstein, David 2009年12月29日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、 2010年2月4日号、80頁• BBC Sport. 2010年4月4日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2010年4月18日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2011年1月31日. 2011年2月15日閲覧。 BBC Sport. 2011年2月6日. 2011年2月15日閲覧。 Goal. 2014年8月30日. 2014年8月30日閲覧。 Goal. 2014年9月24日. 2014年9月24日閲覧。 Goal. 2014年12月28日. 2014年12月28日閲覧。 サッカーキング. 2014年12月29日. 2014年12月29日閲覧。 Goal. com. 2017年6月3日. 2018年4月14日閲覧。 フットボールチャンネル. 2017年7月6日. 2018年4月14日閲覧。 サッカーキング. 2018年4月10日. 2018年4月14日閲覧。 2018年5月30日. 2018年5月30日閲覧。 日刊スポーツ 2018年7月2日• 日刊スポーツ 2018年7月10日• GOAL. com 2018年7月10日. 2018年7月11日閲覧。 サガン鳥栖 2018年7月10日. 2018年7月11日閲覧。 , , サガン鳥栖, 2018年7月10日 , 2018年7月11日閲覧。 Qoly 2018年8月22日. 2018年8月23日閲覧。 2018年8月26日閲覧。 sportiva 2018年12月6日• -bbm 2019年6月24日• サンスポ 2019年6月21日• サガン鳥栖 2019年6月21日• ゲキサカ 2019年6月23日• フットボールチャンネル 2019年6月30日• 佐賀新聞LiVE 2019年8月15日• Liverpool Echo. 2010年10月12日閲覧。 FIFA. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2006年6月14日. 2010年10月12日閲覧。 FIFA. 2010年10月12日閲覧。 FIFA. 2013年12月13日時点のよりアーカイブ。 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2008年5月17日. 2010年10月12日閲覧。 Ronay, Barney 2008年6月10日. The Guardian London. 2010年10月12日閲覧。 The Guardian London. 2010年10月12日閲覧。 Bevan, Chris 2008年6月14日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 McNulty, Phil 2008年6月29日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Rogers, Martin 2008年6月29日. Yahoo! Sports. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2008年6月30日. 2010年10月12日閲覧。 PDF. UEFA. 2008年6月30日. 2010年10月12日閲覧。 Spanish. Fernando Torres. 2009年3月28日. 2010年10月12日閲覧。 CBC. 2009年6月1日. 2010年10月12日閲覧。 Scrivener, Peter 2009年6月14日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 Mollina, R. ; Campos, T. 2009年6月14日. Spanish. Marca. 2010年10月12日閲覧。 Chowdhury, Saj 2009年6月25日. BBC Sport. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2009年6月28日. 2010年10月12日閲覧。 サンスポ. 2010年5月20日. 2010年10月12日閲覧。 [ ]• footballista、ソルメディア、2010年5月26日号、30頁• BBC Sport. 2010年5月20日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2010年5月20日. 2010年10月12日閲覧。 BBC Sport. 2010年6月16日. 2010年10月12日閲覧。 『2010 南アフリカ・ワールドカップ決算号』ベースボールマガジン社、2010年、166頁• Sky Sports. 2010年6月27日. の2012年10月22日時点におけるアーカイブ。 2010年10月12日閲覧。 『2010 南アフリカ・ワールドカップ決算号』ベースボールマガジン社、2010年、103頁• BBC Sport. 2010年7月11日. 2010年10月12日閲覧。 Goal. com. 2010年7月14日. 2010年10月12日閲覧。 『ヨーロッパサッカーガイド 2008-2009シーズン選手名鑑』フロムワン、2008年、15頁• 『ヨーロッパサッカーガイド 2009-2010シーズン選手名鑑』フロムワン、2009年、39頁• スポーツナビ. 2008年6月3日. 2010年10月20日閲覧。 Goal. com. 2008年6月7日. 2010年10月20日閲覧。 ワールドサッカーキング、フロムワン、2010年4月15日号• livedoorスポーツ. 2008年12月3日. 2010年10月12日閲覧。 、199頁• livedoorスポーツ. 2008年12月11日. 2010年10月12日閲覧。 Johnson, Chris 2009年2月16日. Daily Mail. 2010年10月12日閲覧。 Stroud, Carl 2009年3月18日. The Sun. 2010年10月12日閲覧。 The Sun. 2008年4月15日. 2010年10月12日閲覧。 Spanish. 2010年10月12日閲覧。 Goal. com. 2009年5月29日. 2010年10月12日閲覧。 Daily Mirror. 2009年7月10日. 2010年10月12日閲覧。 Spanish. Fernando Torres. 2005年9月30日. 2010年10月12日閲覧。 、37頁• Internet Movie Database. 2010年10月12日閲覧。 ESPNsoccernet 2009年10月22日. 2010年10月12日閲覧。 、209-211頁• Gpara. com 2009年9月24日. 2010年10月12日閲覧。 ファミ通. com 2009年11月30日. 2010年10月12日閲覧。 supportista 2009年12月23日. 2010年10月12日閲覧。 Fernando Torres. 2010年10月12日閲覧。 Fernando Torres. 2010年10月12日閲覧。 Fernando Torres. 2010年10月12日閲覧。 Fernando Torres. 2010年10月12日閲覧。 Fernando Torres. 2012年7月2日閲覧。 Fernando Torres. 2013年6月21日閲覧。 参考文献 [ ]• フェルナンド・トーレス、野間けい子訳『フェルナンド・トーレス - 神に選ばれしストライカー』、2010年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - FIFAによるスペイン代表記録• - Soccerbaseによる試合出場記録• - による選手データ (日本語)• Torres -• fernandotorres -.

次の