平成 中村 座 小倉 城 公演。 平成中村座 小倉城公演|平成中村座|歌舞伎美人

勘九郎と七之助が「平成中村座」で九州初上陸 「今からワクワク」「九州の人の熱意に負けない芝居を見せたい」

平成 中村 座 小倉 城 公演

2019年11月より、福岡・小倉城 勝山公園 特設劇場にて『小倉城公演』が開催される。 本公演の製作発表記者会見が、6月26日(水)に都内で行われ、座を代表してとが公演にかける想いを述べた。 「江戸時代の芝居小屋を現代に復活させ、多くの方々に歌舞伎を楽しんでいただきたい」二人の父である十八世中村勘三郎の想いを受け、2000年に誕生した。 念願の初九州公演となる今回は、小倉城天守閣再建60周年と博多座20周年の特別企画として、昼の部では「神霊矢口渡」「お祭り」「恋飛脚大和往来 封印切」、夜の部ではご当地・小倉藩のお家騒動を描いた通し狂言「小笠原騒動」が披露される。 会見冒頭では主催の博多座・相良直文常勤相談役、同じく主催のテレビ西日本・荻孝浩取締役が「九州の歌舞伎ファンが待ち望んでいた」「小倉が歌舞伎ファンで大賑わいとなるのが今から楽しみ」とそれぞれ笑顔でコメント。 勘九郎は「父が残してくれた大きな大きな宝物であるが九州初上陸となります。 はやくはやく、九州の皆さんにお見せしたいと今からワクワクです」と堰を切ったかのように語り出す。 勘九郎はNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で第一部の主人公・熊本出身の金栗四三役を1年半の撮影で演じてきた事に触れつつ「お世話になった九州の皆さんに恩返しになれば」と胸中を明かした。 の魅力について聴かれると「江戸時代にタイムスリップしたかのような気持ちになれる芝居小屋。 やりたい事が全部詰まっている夢の小屋」と勘九郎は熱を込める。 過去開催されてきた公演でも、かんざし、手ぬぐい、扇子などを作る職人たちの店が入る「五軒長屋」が設けられてきたが、今回の小倉城公演には江戸(東京)から10店舗、地元九州から10店舗、計20店舗による「二十軒長屋」が設けられる。 この二十軒長屋には がなくても入場できると説明した勘九郎は「江戸時代から受け継がれてきた職人の技をつないでいきたい。 今回は飲食系のお店も入る予定なので、出演者もここでお昼を食べるかもしれません」と期待させ、個人的には「ラーメン屋を必ず入れて、とお願いしています」と口にして、笑いを誘う。 また、勘九郎は「今回も歌舞伎の舞台の後ろが開きます。 だから芝居小屋の後ろにいればただで歌舞伎がタダで見れる。 また今回は数日間ですが花火を打ち上げる計画もあるので、歌舞伎も花火もタダで(笑)」と報道陣をさらに笑わせていた。

次の

平成中村座小倉城公演

平成 中村 座 小倉 城 公演

小倉城天守閣再建60周年 平成中村座小倉城公演 2019年(令和元年)11月1日(金)~26日(火) 平成中村座が 初めて九州に上陸という記念すべき公演。 そして今回注目だったのが出演者の顔ぶれでした。 18世中村勘三郎さんが亡くなられてからも、何度か平成中村座は興行をしています。 中村座初期からお馴染みの主要な役者陣が、中村扇雀丈・中村芝翫丈(当時橋之助)・坂東彌十郎丈・片岡亀蔵丈です。 勘三郎さんがいなくなって初めての平成中村座では、勘三郎さんの映像が流れて思わず泣いてしまったのを覚えています。 そして2018年には平成中村座での七回忌追善興行も行われ、一度一区切りがついたという事だったのでしょうか。 今回の小倉城公演では扇雀丈と芝翫丈はご出演されず、新たに中村獅童丈が重要な配役となり、彌十郎丈・亀蔵丈が脇を固めるという形での興行となりました。 かつて大阪平成中村座で、出演のない獅童さんが通路脇からこっそり舞台を見学していて、勘三郎さんから思いっきりいじられて劇場中が沸いた時の事が思い出されます。 昼の部 一、神霊矢口渡 平賀源内(筆名:福内鬼外)が書いた浄瑠璃が原作。 新田義峯を捕えて褒美を貰おうとする強欲な頓兵衛。 義峯に一目ぼれをする頓兵衛の娘お舟。 頓兵衛は邪魔をする娘お舟を傷つけてでも褒美を欲しがる。 お舟は自分の命を犠牲にして、愛する義峯を逃がす。 お舟を演じるのは中村七之助丈。 美しいのはもちろんのこと、庶民の娘らしい素朴さといじらしさもしっかり感じられてとても可愛らしかった。 そして橋之助丈・鶴松丈・いてう丈らが実に堅実に、実に優雅に脇を固めていた。 そしてやはり特筆すべきは、坂東彌十郎丈の頓兵衛だ。 実に強欲で苦々しく、小物のくせに大物っぷりを感じさせる絶妙なふてぶてしさで、貫録ある悪党ぶりだった。 刀の鍔が、歯ぎしりするように苛立たしく、そして美しく鳴り響いた。 二、お祭り 鳶頭の美しさが堪能できる舞踊もの。 江戸時代の鳶職人と言えば、喧嘩が強くて漢気があって色気ムンムンの男前の代名詞。 待ってました!のかけ声に「待っていたとはありがてぇ」と勘九郎丈が爽やかに答えて、劇場中が大喝采でした。 清元延寿太夫さんの声が美しく、大向うがかかった時には大興奮でした。 大向うさんありがとう。 後ろの扉が開いて小倉城が見えるという、中村座ならではの演出です。 私は外からも応援しました。 寒い中、勘九郎さんが外へ向かって挨拶してくれます。 ほとんど見えませんが、みんな手を振って大喜びでした。 当日の夕方に放送と言っていたようでしたが、このニュースが見られる地元の方が羨ましかったです。 三、恋飛脚大和往来 <封印切> そして封印切です。 何故封印切を選んだのか、というのは中村座の話だけではなく、どこの小屋でかかっても少し思ってしまう。 現代で楽しむには難しい演目だと思います。 江戸時代、あの公金の封を勝手に切るという行為は、どんな理由であれ確実に死罪です。 忠兵衛は引くに引けず命懸けで、小判の封を爪でこすって切れ目を入れます。 (もしくは、コンコンと叩いている勢いで切れてしまう。 ) おそらく封が切れた時の忠兵衛の頭の中は真っ白なのではないでしょうか。 この大前提を知りながら観ても、自分は江戸時代の人が感じたほどには逼迫感を感じきれていないだろうな・・と考えてしまいます。 あまりにも現代の感覚からはかけ離れたところに芝居の重点が置かれている、というのがこの演目を難しくしている理由の一つではないだろうかと思っています。 今回の平成中村座でも、最後の忠兵衛と梅川の引込みで笑いが起きていました。 (悲しいシーンで笑いが起きる現象は、封印切に限った話ではないですが。 ) 忠兵衛と八右衛門の掛け合いのシーンは、現代風にアレンジされたお芝居で新鮮でした。 笑いもたくさん起きていて、封印切の難しさを何とかしようという意気込みが感じられる演出でした。 獅童丈と勘九郎丈の気合がみなぎる、若々しく美しい舞台であったと思います。 五軒長屋では美味しいカクテルも売っていました。 ほろ酔いのご機嫌。 ご当地物の芝居がかかる嬉しさは、地元の人だけの特権ですね。 羨ましかったです。 夜の部は、本水を使った立ち廻り、白狐のケレン、役者たちが客席を縦横無尽に駆け回るという エンターテインメント満載の演出で、劇場中が拍手喝采の大盛り上がりでした。 2階席へと掛けられた梯子を勘九郎丈が駆け上り見得を切った後、両花道へと渡した梯子に勘九郎丈を乗せたまま、お客さんの頭の上を通過したり。 地元の若者たちの小倉祇園太鼓が鳴り響いたり。 賑やかし役の村娘たちが、地元の方言で笑いを誘ったり。 これは きっと勘三郎さんが悔しがっている!と思わせる熱気と一体感の、素晴らしい楽しいお芝居でした。 ラスト、オールスターでの 絵面の見得も、小倉城を背景にとてもとても美しく決まって、めでたく打ち出しとなりました。 中村座恒例、動く隠れ勘三郎さんにもご挨拶できました。

次の

平成中村座 公式ウェブサイト

平成 中村 座 小倉 城 公演

小倉城天守閣再建60周年 平成中村座小倉城公演 2019年(令和元年)11月1日(金)~26日(火) 平成中村座が 初めて九州に上陸という記念すべき公演。 そして今回注目だったのが出演者の顔ぶれでした。 18世中村勘三郎さんが亡くなられてからも、何度か平成中村座は興行をしています。 中村座初期からお馴染みの主要な役者陣が、中村扇雀丈・中村芝翫丈(当時橋之助)・坂東彌十郎丈・片岡亀蔵丈です。 勘三郎さんがいなくなって初めての平成中村座では、勘三郎さんの映像が流れて思わず泣いてしまったのを覚えています。 そして2018年には平成中村座での七回忌追善興行も行われ、一度一区切りがついたという事だったのでしょうか。 今回の小倉城公演では扇雀丈と芝翫丈はご出演されず、新たに中村獅童丈が重要な配役となり、彌十郎丈・亀蔵丈が脇を固めるという形での興行となりました。 かつて大阪平成中村座で、出演のない獅童さんが通路脇からこっそり舞台を見学していて、勘三郎さんから思いっきりいじられて劇場中が沸いた時の事が思い出されます。 昼の部 一、神霊矢口渡 平賀源内(筆名:福内鬼外)が書いた浄瑠璃が原作。 新田義峯を捕えて褒美を貰おうとする強欲な頓兵衛。 義峯に一目ぼれをする頓兵衛の娘お舟。 頓兵衛は邪魔をする娘お舟を傷つけてでも褒美を欲しがる。 お舟は自分の命を犠牲にして、愛する義峯を逃がす。 お舟を演じるのは中村七之助丈。 美しいのはもちろんのこと、庶民の娘らしい素朴さといじらしさもしっかり感じられてとても可愛らしかった。 そして橋之助丈・鶴松丈・いてう丈らが実に堅実に、実に優雅に脇を固めていた。 そしてやはり特筆すべきは、坂東彌十郎丈の頓兵衛だ。 実に強欲で苦々しく、小物のくせに大物っぷりを感じさせる絶妙なふてぶてしさで、貫録ある悪党ぶりだった。 刀の鍔が、歯ぎしりするように苛立たしく、そして美しく鳴り響いた。 二、お祭り 鳶頭の美しさが堪能できる舞踊もの。 江戸時代の鳶職人と言えば、喧嘩が強くて漢気があって色気ムンムンの男前の代名詞。 待ってました!のかけ声に「待っていたとはありがてぇ」と勘九郎丈が爽やかに答えて、劇場中が大喝采でした。 清元延寿太夫さんの声が美しく、大向うがかかった時には大興奮でした。 大向うさんありがとう。 後ろの扉が開いて小倉城が見えるという、中村座ならではの演出です。 私は外からも応援しました。 寒い中、勘九郎さんが外へ向かって挨拶してくれます。 ほとんど見えませんが、みんな手を振って大喜びでした。 当日の夕方に放送と言っていたようでしたが、このニュースが見られる地元の方が羨ましかったです。 三、恋飛脚大和往来 <封印切> そして封印切です。 何故封印切を選んだのか、というのは中村座の話だけではなく、どこの小屋でかかっても少し思ってしまう。 現代で楽しむには難しい演目だと思います。 江戸時代、あの公金の封を勝手に切るという行為は、どんな理由であれ確実に死罪です。 忠兵衛は引くに引けず命懸けで、小判の封を爪でこすって切れ目を入れます。 (もしくは、コンコンと叩いている勢いで切れてしまう。 ) おそらく封が切れた時の忠兵衛の頭の中は真っ白なのではないでしょうか。 この大前提を知りながら観ても、自分は江戸時代の人が感じたほどには逼迫感を感じきれていないだろうな・・と考えてしまいます。 あまりにも現代の感覚からはかけ離れたところに芝居の重点が置かれている、というのがこの演目を難しくしている理由の一つではないだろうかと思っています。 今回の平成中村座でも、最後の忠兵衛と梅川の引込みで笑いが起きていました。 (悲しいシーンで笑いが起きる現象は、封印切に限った話ではないですが。 ) 忠兵衛と八右衛門の掛け合いのシーンは、現代風にアレンジされたお芝居で新鮮でした。 笑いもたくさん起きていて、封印切の難しさを何とかしようという意気込みが感じられる演出でした。 獅童丈と勘九郎丈の気合がみなぎる、若々しく美しい舞台であったと思います。 五軒長屋では美味しいカクテルも売っていました。 ほろ酔いのご機嫌。 ご当地物の芝居がかかる嬉しさは、地元の人だけの特権ですね。 羨ましかったです。 夜の部は、本水を使った立ち廻り、白狐のケレン、役者たちが客席を縦横無尽に駆け回るという エンターテインメント満載の演出で、劇場中が拍手喝采の大盛り上がりでした。 2階席へと掛けられた梯子を勘九郎丈が駆け上り見得を切った後、両花道へと渡した梯子に勘九郎丈を乗せたまま、お客さんの頭の上を通過したり。 地元の若者たちの小倉祇園太鼓が鳴り響いたり。 賑やかし役の村娘たちが、地元の方言で笑いを誘ったり。 これは きっと勘三郎さんが悔しがっている!と思わせる熱気と一体感の、素晴らしい楽しいお芝居でした。 ラスト、オールスターでの 絵面の見得も、小倉城を背景にとてもとても美しく決まって、めでたく打ち出しとなりました。 中村座恒例、動く隠れ勘三郎さんにもご挨拶できました。

次の