足利 銀行。 【足利銀行2億円横領事件】犯人の女・大竹章子の現在とその後を調査!

法人インターネットバンキング|EBサービス|効率化サポート|法人のお客さま|足利銀行

足利 銀行

現在、全国的にインターネットバンキングが不正利用される事象が多発しております。 法人インターネットバンキングが標的となっております。 電子証明書をご利用いただいていても、パソコンのウイルス感染により被害にあう事例が発生しておりますので、十分にご注意ください。 つきましては、お客さまにおかれましても以下の対応をお願いいたします。 ウイルス対策ソフトは常に最新の状態にし、定期的にウイルスチェックを実施してください。 弊行ではセキュリティ対策ソフトを無償で提供しております。 ぜひご利用ください。 OS、ブラウザ、Adobe Reader、Adobe Flash Player、Java Runtime Environment(JRE)のセキュリティ更新は必ず行なってください。 Windows XPのご利用はお勧めできません。 離席時やご利用が終了した後は、第三者に操作されることがないよう、必ずログアウトしてください。 長時間使用しない時は、必ずパソコンの電源をお切りください。 定期的にログインパスワードおよび確認用パスワードの変更を行なってください。 振込のデータ作成者と承認者の権限を分け、別々のパソコンで利用してください。 振込限度額は、必要最低限に設定してください。 振込依頼を受け付けた際、電子メールでご案内しております。 万一の不正利用早期発見のため、電子メールはこまめに確認してください。 不審なサイトの閲覧や不審なメールを開かないようにしてください。 電子証明書が突然利用不可になったら、ご連絡をお願いします。 見慣れない画面、入力フォームがあったら、作業を中止しご連絡をお願いします。 インターネットバンキングを操作するパソコンを制限してください。 銀行指定の正規の手順(失効・再取得)以外で、ハードディスクをコピーして電子証明書を利用するようなことはしないでください。 一部金融機関において、インターネットバンキングのログインID、パスワード等の重要情報を盗まれたことにより、不正利用される事象が発生しております。 当行から電話や電子メール等でお客さまのログインID・パスワード等の入力をご案内したり、お問い合わせをすることは絶対にありません。 また、不審な電子メールは開かないようご注意ください。

次の

足利銀行(0129)の金融機関コードと支店一覧|銀行コード検索のギンコード.com

足利 銀行

足利銀行もそうですが、銀行にかかる一般的な手数料としては「振込手数料」と「ATM利用手数料」の2種類に大別されます。 (ATMが使えない銀行も一部存在しますが) まず振込手数料ですが、自行(同じ銀行の口座)宛てと他行(他の銀行の口座)宛てで手数料が変わるという場合が多く、 更に多くの場合は振込む金額が3万円未満か3万円以上かでも手数料が変わってきます。 振込手数料については、 ネットから振込み<ATMから振込み<窓口で振込みの順で手数料が高くなる傾向にあります。 つまり、ネットで使えるように手続きをしておけば後々お得になるのです。 ATM手数料については、一般的に銀行内<コンビニ、平日の日中<それ以外で手数料が高くなります。 ただし、振込手数料も同様ですが銀行によっては所定の条件(口座に入っている金額などが一例)を満たすと 場所や時間を問わずに手数料が0円になることもありますので、足利銀行の手数料を公式HPで一度詳しく見てみて下さい。 足利銀行 インターネットバンキングへログイン 各銀行のネットバンキングにログインしようとすると、最近やれワンタイムパスワードだセキュリティソフトの導入だと かなりの注意喚起を促されるようになりました。 うるさいなぁと思って読み流す人がほとんどだと思いますが、各ネットバンキングがこれほどまでに注意を促すのには理由があります。 以前から、公式っぽく見せた偽サイトでパスワード等を抜き取るなどのネットバンキング被害が相次いでいましたが、 最近のネットバンキング被害はもっとタチの悪いやりかたで、なんと公式サイトにアクセスしているのに情報が抜き取られてしまうんです。 どういうことかというと、まず普通っぽく見える一般サイトにウィルスを仕込んでおきます。 そのウィルスが入った状態でネットバンキングのページを開くと、『パスワードの確認』などを名目に パスワードや秘密の質問を入力させるポップアップが表示されるというのが最近の被害の一例です。 自分が普段から使っているURLにアクセスしてまさか情報を抜き取られるとは思いませんから、本当にこれはタチが悪いです。 ユーザーの増加に比例して、ネットバンキング被害は年々件数や被害額が増えてきています。 ネットバンキングを使っているのなら、あなたの身近にあるもの、起こり得るものだと再認識しておくべきでしょう。 スポンサーリンク サイト内オススメ記事•

次の

足利銀行 支店一覧

足利 銀行

足利銀行2億円横領事件・大竹章子の現在とその後 現在の状況ですが、大竹章子は4年ほどの刑で済んだとのことですので、現在生きているとしたら出所していることは間違いなさそうです。 現在の状況についてははっきりとわかりませんでしたが、生きてるとしたら70歳以上。 のしてょど生い立ちなどを見ていきますが、真面目な性格だけに事件を起こしたその後、自分自身を追いつめている可能性もありますね。 現在の状況をどのようにみているのか、現在生きていれば思い悩んでいるかもしれないですね。 足利銀行から2億円横領した犯人の女・大竹章子ですが、お金の行き先は好きになった人につぎ込んでいたようです。 犯人の大竹章子は恋愛に対してもかなり真面目で、恋後頃からの犯行。 足利銀行2億円横領事件の主犯ともいえる、交際相手の阿部誠行との仲が深まるようになったきっかけも、2回電話がきたから断るのは悪いので断れなかった、という理由。 今まで真面目すぎて恋愛とは無縁だった大竹章子には、ときめいてしまうきっかけとなったようですね。 阿部誠行はそんな大竹章子の性格を見抜いていたのでしょう! 『恋は盲目』といいますが、まさしくこの言葉が最悪の結果で証明されることとなりましたね。 大竹章子自身も騙されていた被害者でもあるので、同情しないこともないですが、他人のお金に手を出したらOUTです。 スポンサーリンク 足利銀行横領犯人の大竹章子・生い立ちや出身高校 2億円もの他人のお金に手をつけることのできる大竹章子は、いったいどんな環境で育った人物なのでしょうか? 調べていると意外な高校生活や生い立ちが見つかりました! 大竹章子の生い立ち• 1953年に栃木県栃木市で生まれる• 実家は農家• 姉と弟がいる3人兄弟 やはり昔の事件だけあって、生い立ちなどの情報は少ないようです。 見つかった情報からは、とても事件と縁の深い環境では育っていなかったように思います! 両親はとても働き者で農家のほかにも、麦の輸送業もしていたということ。 そんな働き者の両親を見て育ったと思うので、育った環境が悪いとは思えないですよね💦 生い立ちとしては申し分ないように思いますが、いったいどこで道をそれたのでしょうか。 大竹章子の出身高校 出身高校を調べていると、栃木県立栃木商業高校の出身のようです! 栃木商業高校は現在の情報では偏差値48ぐらい?と学力的には優秀とは言えないかもしれないです。 当時と今では違いますし、商業高校なので偏差値などはあまり参考にならないですよね。 高校までは特に変わったことはなく、平凡に育っていたようですね! スポンサーリンク 足利銀行2億円横領の犯人・大竹章子のエピソードがヤバい! 足利銀行2億円横領事件の犯人、大竹章子はかなり真面目な性格だったようです。 どうしようもないエピソードが出てくると思ったら逆で、みんなからの信頼も厚く、家族にも大変優しく接していたと言います。 大竹章子は家族思いだった! 犯人というレッテルをはられた大竹章子ですが、家族にはなり優しくしていたようで、親の手伝いも嫌な顔一つせずに手伝っていたといいます! 特にトイレ掃除は入念にしていたようで、親が「もういいよ」といってもやめなかったほどだったらしい。 家族の手伝いってめんどくさくて、つい拒否してしまうことも多いですが、愛情を注いだ人に対しては、真面目で優しい人だったんですね。 大竹章子の高校時代は成績優秀! 先ほど出身高校を言いましたが、栃木商業高校では、かなりの成績優秀だったようで、常にトップクラスだったようです! 成績は悪くても20番以下になることはなかったそうです。 貸付係に配属された。 引用:exciteニュース 真面目な性格につけこんだ犯行。 ぜったいに許せないですよね。 参考 日本には3大横領事件と呼ばれる銀行の事件がありまして、滋賀銀行では9億円もの横領が行われていました。 内容は女性の心をモテ遊んだ足利銀行2億円横領事件にとても似ています。 そして犯人の名前も「あきこ」と偶然同じです。 真面目なのは良いことですが、恋愛もしないとこういった事件にも巻き込まれる可能性がありますので、若いうちは恋愛もした方が人生の勉強になるかもしれないですね。 その後の動向や、現在生きているのかどうかは謎ですが、70歳以上で高齢ですのでひっそりと暮らしているのかも? この事件からはいろんなことを教訓にできそうです。 最後まで読んでいただいてありがとうございました。 それではまた次回お会いしましょう.

次の