立体機動装置。 立体機動装置の仕組みやベルトの構造は?訓練してもガス欠が死に直結する

【荒野行動】立体機動装置の使い方!これは神コラボすぎるぞ! 【KNIVES OUT】

立体機動装置

立体機動装置とは、による作品『』に登場する特殊な移動装置である。 概要 ・トネンによって開発されたとのを行う上で必要とされる立体機動をする機器、及び装備一式の名称、総称。 を射出して巻き取り引き上げる動作と高圧の噴射による推進で装着者に高低差を視した立体的な機動を与え、同時に装備される着脱式のを用いて体格差のあるに兵戦を行うものである。 これを使用することによって対戦でのによる撃破を飛躍的に高めている反面、立体機動の衝撃に立体機動装置が耐えられず破損する場合があったり、またを補給できると補給が整っていなければ切れを起こした時点でが上するなど欠点も見られる。 立体機動を行うために装備も極限まで削られており、防具に関してはのままであったり、立体機動装置の簡易的な教習は行われても立体機動装置の内部に関する技術はとして技術部門から門外不出で致命的な故障からは回復など、装備としては安全性の面においてがつきまとう代物になっている。 相応のをもってに挑むだが、達が訓練をした時点ではのにおいてのレシオが1: 1体を倒すまでに人が死ぬ だったとられている。 これは当時の兵団の多くがとの実戦を想定した訓練を就任後に行なっていなかった事による慣熟不足、練度不足によって生じた結果であり、調兵団などの一部の練兵は例外であった。 その後、五年の日を経て底した訓練(及び調兵団等による実戦)を経て、このレシオは大きく善されたと思われるが、正確な戦などは言及されていない。 構造 のベルトにあたる部分に装着する射出機と、の射出及び巻取りの操作、に薄した際に兵戦を挑む為に使われる身を装着できる柄の機を兼ね備えた、そして柄に装着する身を収納する大とリッジ式のベからなっている。 を操作することで部装置よりが射出され、を固定可な場所に撃ちこみ、を巻き取る事で自身の体を引き上げる事が可である。 立体機動装置を使うたちはこのを行うにあたって、体の姿勢を補強し中で固定・制御するために全身にベルト状のテ兼のようなものを身につけており、急な加速やによる機動で中に投げ出されないように訓練兵時代から姿勢制御を底的に込まれる。 余談 この装置は「」に登場する、「」の立体機動を、でするために考え出されたものであるとがでっている。 もし試作する際には、やなどの取り扱い、なに周囲の状況確認、転落など起こさぬよう注意してください。 外観だけであればするのは難しくないようで、にてされた方がいる模様。 関連動画 用 関連静画 関連コミュニティ 関連項目•

次の

【進撃の巨人】立体起動装置のバランステストゲーム「訓練兵団テスト」

立体機動装置

目次はこちら• この時にまず目を引くのが 「雷槍の数」ですよね! これまでに登場していた雷槍は、 一本しか装着していませんでした。 「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より そのため、硬質化にて常時守られていた鎧のうなじは、 複数人で同時攻撃しなければ砕けませんでした。 「進撃の巨人」第76話「雷槍」より その点を改良し、今回のミカサは 一人で8本の雷槍を装着していました! これは「戦鎚の巨人」がどのような形態の巨人であるのかが謎であったために、鎧の巨人での戦いを踏まえ雷槍を改良してきたのだと思われます。 そのため、ミカサの 単独攻撃で8本の雷槍を一気に叩き込めていますよね! 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より 凄まじい破壊力です! 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より ただこの時に気になったのは、 アンカーの存在です。 これまでの立体機動装置は、まず進行方向にアンカーを刺し 「進撃の巨人」第81話「約束」より ワイヤーが巻き戻る力により、アンカーが刺さっている方向に移動できるという装置でした。 「進撃の巨人」第81話「約束」より しかし、今回のミカサの登場場面、及びその後も アンカーが見受けられません。 これは、 今後も要チェックポイントですよね! そして、装備も雷槍以外に最も特徴的だったのは、 銃の装備ですよね! 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より これは当初は中央憲兵が使用していた対人立体機動装置のように、アンカーと銃が複合的に備わっているトリガーなのかとも思っていました。 「進撃の巨人」第58話「銃声」より 対人立体機動装置は、上の銃口は銃の役割を持っており、下の銃口はアンカーの射出機となっていました。 「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より しかし、今回登場した新立体機動装置は、「パンパン」との効果音からも 単純に拳銃を持っているだけのようにも見えます。 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より ただ、この時の銃口の下にも射出機らしきものも見えますので、もしかしたらアンカーが打てるようになっているのかもしれません。 この辺りは現在では確定できませんね。 そして今回大きな改良点だなと感じたのは、 ガスボンベですよね! 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より これまで腰に付けられていたガスボンベですが、ボンベは背に移動していました。 これはも完全に 対人立体機動装置から取り入れていますよね! 「進撃の巨人」第58話「銃声」より そして最後に要チェックだなと感じたのはミカサのブレードケースは大腿部に移動していましたが、 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より こちらのアゴ髭マーレ兵らしき人物は、 ブレードケースを付けていなかったことです。 これはマーレ軍に相対する対策だと考えられますし、マーレ軍の銃対策とも考えられるでしょう。 胸当ては、そこから生まれたと感じられますよね。 このマーレ軍対策である新立体機動装置には、やはり 「現在のマーレの情報」と 「その対策の為のアイデア」が不可欠でしょうし、そこを踏まえて誕生したのは間違いないでしょう! 戦鎚対策である8本の雷槍は鎧の巨人対戦から生まれたのでしょうが、新立体機動装置は 間違いなくマーレ軍対策から生まれたのだと感じます。 ・サイキョウノキョジンはどう最強なのか。 明らかに地球の重力下では最強ではない ・ハンジさんの体験談である巨人は軽い説、死んだら、なのか常時なのか。 それとと首から上? ・太陽が反対なのは我々の住む世界と違う概念を取り入れたかったから、と作者は答えているが 本当にそれだけなのか。 時間遡行説はクルーガーの描写がエレンになったこと、クルーガーの記憶が曖昧なことからも信用性が消えたわけではないのでは? ・ミカサのキズはどう影響するのか。 仮にも()女の子、他にも頬に傷を負った人は多いはずなのになぜミカサだけ? ・ライナーたちの始祖奪還作戦、どうやって奪還する予定だったのか。 喰うの? なら他の知性巨人も複数所持が可能なのか。 (グリシャは不明) で、本作進撃の巨人のモチーフとなっている北欧神話において、牡羊の化身とされている神がいます。 それがヘイムダル。 神々の世界と人間の世界をつなぐ橋の番人であり、ラグナロクの始まりを告げるとされています。 100話なんてまさにそうですね。 そしてヘイムダルは別名リーグとも呼ばれ、アイルランド語で「王」の意を持つ、人間の祖先と言われています。 また、リーグは王族・自由農民・奴隷の三階級を司る人間の父とされています。 どことなく三重の壁が想起されますね。 クルーガーの言っていた、人を愛せ、という言葉も引っかかります。 エレンが誰かを愛すことになれば都合3人になりますし。 さらにヘイムダルは未来余地の能力も持っていたそうです。 補足ですが、ヘイムダルの母親は9人いたとされます。 この母親たちの父はエーギルで、奪い取る者を護憲としています。 以上、北欧神話からでした。 団長殿、いつも更新お疲れ様です。 最初に黒づくめの新コスチュームを見た時、GANTZスーツを思い出してしまったのは自分だけではないハズ(笑) この4年間で調査兵団は新型立体起動装置の技術や練度を高める為に訓練を積んできたんでしょうね。 個人的に一番気になっているのは、64話でアルミンが指摘していた「アンカー射出機と散弾の射線が同じ方向を向いている事」 つまり移動時の背面側は射程外と言う対人立体起動装置の弱点をどう改良しているのか?です。 ピークやポルコの上空を移動している時はワイヤーが描かれているので、アンカー射出機は従来型の腰に装着しているタイプだと推測します。 ミカサはエレンゲリオンを串刺しにしたタケノコ状の柱にアンカーを打ち込んでから戦鎚の巨人に雷槍攻撃を仕掛けたのではないでしょうか? アンカー射出機を別に装着していれば、どの方向からでも攻撃が可能です。 銃口が狭くなっているのは従来のショットガン(2発撃つと次の装填まで時間がかかる)タイプを改良して連射可能なモノにしているんでしょうね。 銃口下段の用途も気になります。 攪乱用の閃光弾や音響弾と言った非致死性兵器が込められていたら・・・と思うと妄想が止まりません。 始祖ユミルの娘3人ローゼ、マリア、シーナは巨人を継承しなかったんですかね? 壁の名前の由来なので、継承してない、している、どちらでも納得はできるんですが、少し気になりますね。 仮に継承していても、3人で分けたのか、1人が継承したのか、それとも別の9人なのか、はたまた本当にお世話に9つなのかというのも疑問です。 ちなみにミカサがエレンに帰って来てというのは、単独行動をとったのもあると思いますが、本当のエレンに帰って来て、と言ってるようにも思えます。 あと手紙ですが、家族あてではないが仲間には届いたと言っていましたが、ジークともしかしたら連絡を取り合っていた可能性もありますが、マーレからパラディ島に手紙を届ける方法があったのでしょうか? パラディ島側は外の世界に人がいることはしりませんし、まぁ匿名であれば別ですが、巨人の力で到着する場所に誰が手紙を届けるのでしょうか? それは考えにくいと思います。 ですので、マーレに攻めいるのはパラディ島側の戦略でエルディア人収容区などに潜入しそこで手紙のやりとりをしていたのならまだ納得いくと思います。 ミカサの帰って来ては上記が今のところ当てはまると思っています。 マーレの上空を、ヒュン!ヒュン! 待ちに待った光景であり、これが凄く 絵になります。 マーレ軍と比べると、まさに未来戦隊。 立体機動装置-これがパラディ島で ガラパゴス的に創り出され、マーレ軍 をも圧倒! その快挙に、 「ガラパゴス万歳!!」 と 思わず叫びました。 (笑) ただし、一見 機動的で カッコ良いの ですが、大きな弱点があります。 それは考察にもあるように、銃器の 一斉掃射に辛いことです。 胸当てがあっても、頭部を狙われたら どうなるか? そもそも 調査兵団は、あんなに危険な 任務なのに ヘルメットを付けない。 これはどうかと思います。 マーレ軍や中東連合軍は、ちゃんと ヘルメットを付けています。 まあ、これも ガラパゴスなのかもしれ ませんが… アース団長、お疲れ様です。 新考察ありがとうございます。 やはり、あれは対人立体機動装置改ですよね。 ボンベは小さいので使用時間は短いかもですね。 アンカー(ワイヤー)はピーク上空では使ってるように見えるので、どちらでも可能なのでしょう。 恐らく、ミカサはフル装備(ブレード、銃、雷槍)ですね。 やはり、対人部隊、対巨人部隊、エレン援護部隊くらいの編成で上陸してると推定します。 上陸占領は考えていないはずなので、襲撃部隊でしょう。 戦略的に見れば、 1.エレン襲撃の間にマーレの武器弾薬など物資の破壊工作を行うはずですが、まだ、見られないので、これから発生するかもしれないですね。 あと、兵員の実戦部隊や予備役は殆どエルディア人ですので、収容区の解放といきたいのですが、「島の悪魔」と洗脳されており、これも難しいですね。 となると、やはり巨人戦力の奪還もしくは殲滅が現実的目標になりますね。 ただ、このメッセージは狙撃される可能性があり危険ですので、捕虜のマガトにメッセージを託すかもしれないですね。 殿は超大型と見てますが、わからないですね。 結局、目的は我々と敵対すれば、容赦しないという威嚇なんでしょう。 エレンも「敵を駆逐するまで」と言ってますし、敵でなければ駆逐しないんでしょう。 以上、長い妄想失礼しました。 見間違いかもしれませんが、アース隊長の意見も聞きたいです…従来の立体起動装備とは違う形ですが。 「背中の立体起動装置」はケニーの場合は「手首下辺りの装置」からワイヤーを射出していましたが、今回のミカサの場合は、雷槍を持っていた為か手首下にはありません。 しかし肩あたりにワイヤーを射出できそうな装置かあるように見えます。 ワイヤー抜きで飛んでいたように見えたのは、このパワーアップした立体起動装置の威力かなと思いました。 そしてブレートを両足に固定してあります。 巨人に対してすぐに攻撃出来るようにしてあると思われます。 この方が動きやすそうですね。 この装備は重く、技術がより一層必要となる為、ミカサとリヴァイしか使いこなせないのではと思いました。 アース団長!日々、様々の考察をありがとうございます! 私もこの新・立体機動装置を見たときには、そのスゴい発展ぶりに目をみはりました。 どなたかも書いてらしたように、大陸人の目線で見ると、もう未来装置! この対人立体機動装置の発展形は、絶対、ハンジさんとアルミンの知恵がふんだんに入ってますよね。 雷槍はわかります。 また獣やら鎧やらが来るかもしれないし。 でも、「対人」を4年でこんなに発展させて、パラディさん、大陸に攻めていく気満々ではないですか! この装置の立案・制作にしても、マーレ軍の情報集めにしても、もしパラディ島内、もしくはエレンとアルミンがマーレ攻めに対して意見の分裂をおこしていたとしたら、どこまでできるものなのでしょうか・・。 分裂説をもうちょっとちがう角度からも考えてみたいと思います。 万年訓練兵にどこまでできるかわかりませんが・・ 考察、ありがとうございます。 ミカサの登場と最新の立体起動装置、ワクワクしかないです。 この立体起動装置だとワイヤーが無い分、本当に自由に鳥のように飛んでいるので、「自由の翼」そのものだなと感じました。 私は32隻の艦隊を駆逐したとは思えなかったんです。 マーレ軍とは言え乗っているのはエルディア人で言わばパラディ島の人達と同じ民族だし、好き好んでマーレ軍の為に戦っているわけではないと思っています。 なので、ハンジさんや他の上層部もこのマーレ軍として来たエルディアの人達を所謂「捕虜」とし、一緒にエルディアの為に戦おうと誘ったのではないかと思っています。 そこからマーレの情報を得て、今があるのではと。 壁の外の広い土地に今はいろいろ開拓して暮らしているのではないかと思います。 もう巨人はいないので。

次の

無料で出来る!進撃の巨人Webゲーム!【一匹残らず駆逐してやる】

立体機動装置

現在、Season3が放送中のTVアニメ『進撃の巨人』。 「空想科学読本」は柳田理科雄による、累計500万部超のメガヒットシリーズ。 「『ドラゴンボール』の重力100倍の部屋での修行」、「『マジンガーZ』のおっぱいミサイル」など、マンガやアニメ内の行為や現象を科学的に可能なのか、20年以上にわたり真面目に考え続けてきた書籍だ。 最新作「空想科学読本 滅びの呪文で、自分が滅びる!」では、過去の原稿を全面改訂。 出典元も多岐にわたり、児童書「ジュニア空想科学読本」やツイッターが初出のトピックスまで登場し、従来のファンでも濃密と感じるほどのボリュームに。 本書では、「『進撃の巨人』に登場する立体機動装置。 あれがあれば、実際に巨人を倒せるのか? 」「『ポケモン』のサトシは「ポケモンより強い」という噂を科学的に考えてみる」「『おそ松さん』の十四松。 やることが人間離れしているけど、ホントに人間なのだろうか!? 」「『ポプテピピック』で、ポプ子は竹書房のビルを破壊していたが、この行為を本気で考える」など、アニメファンならつい気になってしまうようなトピックスがずらりと並んでいる。 筆者はまるっきり元気に書き続けておりますぞ」とコメント。 季節は、夏も本番の7月末。 『空想科学読本 滅びの呪文で、自分が滅びる!』は、現在発売中。 価格は640円(税別)。 やることが人間離れしているけど、ホントに人間なのだろうか!? あれがあれば、実際に巨人を倒せるのか? 《MoA》.

次の