千日紅。 「千日紅」の花言葉とは?意味や使い方をご紹介

千日紅の種まき→《大量!?》発芽リポート!

千日紅

キバナセンニチコウ 近縁種の G. haageana は、大柄であるが、花付きが少なく、花色もさえない樺色で、ほとんど作られなかった。 しかし、鮮やかな朱色の「 」( ストロベリー・フィールドとも言われる)という品種ができたため、人気種になっている。 Gomphrena属の植物はアジア・アフリカ・オーストラリアの熱帯地方と、アメリカ合衆国南部から南米にかけて100種近く分布している。 観賞する部分はである。 ・・・・との花(に見える)の中心部が白いぼかしになる品種があり、特に青紫と朱色は鮮やかな色である。 やに最適である。 栽培 [ ] 夏の暑さや乾燥にも比較的強く、作りやすい草花である。 植え付けるときにはを混ぜるとよい。 はほとんど必要としないが、与える場合には分の少ないものが望ましい。 にはもともと風に飛ばされるための翼が付いているが、市販品はほとんどがそれを除去したになっているので、播きやすく発芽も良い。 発芽適温が高い。 は、種が隠れる程度にする。 大きな苗の移植はつきにくくなるため、本葉が出てきたら花壇などにセンニチコウで20cm間隔、キバナセンニチコウは25cmくらいの間隔に定植する。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 病理学的、生化学的特性のまとめ この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

「千日紅」の花言葉とは?意味や使い方をご紹介

千日紅

センニチコウとは• 基本情報• 特徴 センニチコウの仲間は、花そのものではなく紫やピンク、白、黄、赤に色づく苞を観賞します。 暑さと乾燥に強く、日本の夏に適した性質で、長期間咲き続けます。 庭や花壇、鉢に植えて育てたものが、切り花としてよく仏壇に飾られます。 また、フラワーアレンジメントにも欠かせない素材です。 苞の部分はドライフラワーにしても色があせにくいため、名前のとおり、千日色が変わらないのではないかと思うほどです。 ゴンフレナ属の植物は、熱帯アメリカを中心とした熱帯各地に100種以上が知られています。 従来から紫、ピンク、白の花を咲かせるセンニチコウ( Gomphrena globosa)と、黄色や赤の花を咲かせるキバナセンニチコウ( G. センニチコウの仲間は、タネをまいて育てますが、発芽には比較的高温が必要なので、早まきしても芽が出にくく、5月ごろが適期です。

次の

「千日紅」の花言葉とは?意味や使い方をご紹介

千日紅

まず、「」と「黄花」の違いですが、「」は1年草で、「黄花」はという点が異なります。 「」は、草丈50cm程度に育ちます。 熱帯アメリカ原産ですので、夏の暑さには強いのですが、耐寒性が弱いです。 7月~11月にかわいい花を咲かせてくれるので人気があります。 実は私たちがの花だと思ってみているものは苞ですが、色もあまり変わらず千日も色が持つことから「」と呼ばれています。 夏からずっと長く花が楽しめるのも魅力でしょう。 「」は、紫やピンク、白の小さな花がかわいらしいですよね。 たくさんの園芸種があり、草丈が少し小さな15cm~30cm程度のも多く作られています。 花がたくさんつくのも特徴の品種で、「バディーシリーズ」として、「バディーレッド」「バディーピンク」「バディーホワイト」「バディドワーフパープル」「バディドワーフホワイト」「バディーミックス」などが出回っています。 また、草丈は低いのですが、横に50cmほどに広がる「ちなつ 千夏 シリーズ」もあります。 横に広がる特徴がありますので、花壇に植えたり、だけのハンギングバスケットなどを作っても楽しいでしょう。 「ちなつパープル」や「ちなつホワイト」「ちなつミックス」などが作られています。 切り花にも人気の千日紅 さらに、は、かわいくて、長持ちすることから、切り花にも人気です。 茎が固くてしっかり立って倒れにくい品種が切り花用に開発されています。 草丈50cmほどの「ネオンシリーズ」として、「ローズネオン」「ネオン」「ネオンホワイト」「ネオンミックス」などが揃っています。 さらに大きな草丈80cm以上ある「オードリーシリーズ」も硬くて切り花にいい品種です。 「オードリーパープルレッド」「オードリーピンクインプ」「オードリーホワイト」などがあります。 また、変わったところでは、2色のグラデーションとなった「バイカラーローズ」などもあり、こちらも草丈が高く生長します。 桃紫色をしていますが、白とのグラデーションになっているのが特徴です。 こちらの「バイカラーシリーズ」で草丈20cmの「ドワーフバイカ」と言った小さな品種もあります。 その他にも2種類の4色が混じり合った品種も出てくるなど多種多様です。 さらには、少し大きな花を咲かせる「高性大輪」の品種も珍しいでしょう。

次の