ヘリ から 落下。 動画 救助ヘリコプター77歳女性が誤って落下し亡くなる 福島県いわき市 事故理由は?落ちた人の名前は?

「もう3200メートル以上の出動はしません」 「救助落下事故」で静岡市が設定した「上限」: J

ヘリ から 落下

5日午後4時45分ごろ、佐賀県神埼市千代田町の住宅にヘリコプターが墜落したとの119番があった。 墜落したヘリは陸上自衛隊目達原駐屯地(同県吉野ケ里町)の第3対戦車ヘリコプター隊に所属するAH64D戦闘ヘリコプターで、佐賀県警によるとヘリの墜落で住宅が燃えた。 防衛省によると、ヘリには男性隊員2人が乗っており、うち1人が死亡、別の1人は捜索中という。 ヘリが墜落した住宅には4人が暮らしており、小学5年の女児が右膝を打ち軽いけがを負った。 両親と兄は外出しており、無事だった。 近くには幼稚園や小学校もあったが、ほかにけが人は確認されていない。 小野寺五典防衛相は当初、ヘリには2人が搭乗しており、2人とも心肺停止が確認されたとしていた。 墜落したヘリは5日夕に異常を感知したため着陸を試みたが、機首から落下した。 現場は目達原駐屯地から南西に約4キロ離れており、ヘリが西方向に飛行した後、陸自隊員が機首から落下する様子を確認したという。 ヘリが墜落した周辺には市立千代田中部小があり、同校教頭は「小学校の数百メートル先の住宅街に落ちたようだ。 黒煙と火が見える」と話した。 このニュースの写真.

次の

台風19号・救助ヘリから40メートル落下の77歳女性遺族への補償の行方

ヘリ から 落下

米軍ヘリの部品が沖縄の保育園に落下したと騒がれている件について、部品がなくなったヘリはないことが分かった。 自作自演疑惑が浮上している。 錯綜する情報をまとめてみた。 落下物が直撃したのは沖縄県宜野湾市野嵩の普天間バプテスト教会に付属する緑ヶ丘保育園。 落下物は保護カバーで飛行前に外すもの。 神谷武宏園長の証言はこうだ。 ・1歳児が遊ぶ部屋でドーンという音がした ・トタン屋根の上に落ちていた ・焦げた臭いがした ・「園児に当たっていたかもしれない」 ・「やっぱり落ちたかという感じ。 オスプレイが上空をひっきりなしに飛んでくる」 しかしながら現場の写真を見るに、不自然な点が多く、ネット上ではすぐに事態を疑う声があがる。 ・部品の重さは213グラムで缶コーヒーと同じ ・部品自体に破損がないのはおかしい ・屋根にも破損なし ・高い場所から落ちれば粉々になっているはず ・そもそもピンと針金部分の取り付け方が間違っている ・悪意ある人が屋根に投げただけでは? その後、米軍の調査により部品がなくなっている機体は存在しないということが明らかになった。 米軍は「飛行中のヘリから落下したものではない」と見解を示す。 ただしヘリ(CH53)の部品であることは確か。 沖縄県の富川副知事もこの騒動についてコメント。 結局、真相は分からないまま。 しかしnetgeek編集部ではここで「関係者がきな臭い」ということを指摘しておきたい。 政治的な思想が偏っている。 まず普天間バプテスト教会の公式HPを覗くと、「オスプレイ配備に反対する県民大会に参加しました」と政治的な活動を行っていることが分かる。 また今回、琉球新報に写真を提供した金井創さんについてもFacebookを見ると、偏った思想をもつ政治活動家ということが分かる。 「保育園に落ちた。 オスプレイやめろ」といったところだろうか。 落下物には不審な点が多く、この状況では保育園側の証言を鵜呑みにできないのも確か。 以前から保護カバーを持っていた誰かが自作自演で騒動を起こすために屋根に投げたというのが真相ではないだろうか。 これはIBISというローターの亀裂を検知する機器の「カバー」です。 写真に「REMOVE」と見えますが、「BEFOR FLT」にREMOVEしろということ、つまり 「飛行前に取り外せ」と書いているはずです。 判りやすく言うと、地上では検知器IBISを保護するために取り付けられますが、飛行前に取り外され、飛行中は「地上にて保管」されるものです。 仮に外し忘れたとしてもローターを回した瞬間に飛んで行ってしまいます。 このようなものが空から落ちてくるはずがありませんし、熱くなったりはしません。 部品落下の話は100%嘘です。

次の

台風19号・救助ヘリから40メートル落下の77歳女性遺族への補償の行方

ヘリ から 落下

助かる筈の命だった。 緊急出動した救難ヘリが、台風19号の被災者である77歳女性を収容目前、地上40メートルから誤って落下させてしまったのだ。 東京消防庁の発足以来、前例のない事故と聞けば、遺族への補償はどうなるのか。 台風一過の今月13日、福島県いわき市は紺碧の空に覆われた。 雲ひとつなく視界は良好。 地上からも真っ赤な塗装の救難ヘリがよく見えたという。 それだけに悲劇を目の当たりにした人たち、特に残された遺族の衝撃は察するに余りある。 社会部記者が解説する。 「現場は浸水で孤立集落となってしまい、亡くなった女性のご主人が救助を求める通報をしたそうです。 それを受け出動したのが、東京消防庁の救難ヘリ『はくちょう』でした。 被害甚大の福島を支援するため、ヘリはこの日の午前8時に都内を飛び立ち、福島空港で待機していた。 搭乗していたエアハイパーレスキューの隊員たちにとっては、今回の台風被災地で初の救助活動だったそうです」 午前10時前、現場上空に到着したヘリからは、隊員2名がロープで降下。 さっそく収容作業に入った。 「通常は救助者を地面に座らせてから作業を始めるところ、現場の家屋は50センチ程水に浸かっていました。 そのため隊員は女性を濡らすわけにはいかないと、抱きかかえた姿勢で作業を続けたので、命綱に金具を固定するのを忘れてしまい、本来すべき隊員同士の確認点呼も怠ったそうです」(同) 故に東京消防庁は会見で誤りを全面的に認め、遺族に謝罪の意を表明するに至る。 今後、県警と運輸安全委員会が正式に過失認定をすれば、公的に遺族への補償がなされるという。 「東京消防庁の職員という公務員の過失で生じた事故ですから、国家賠償法に基づく請求が行われます」 とは、損害賠償請求に詳しい渥美陽子弁護士だ。 「国賠法の1条1項には、〈公務員が、(中略)故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる〉と定められていますので、遺族は東京消防庁を所管する都へ請求する形になります。 慰謝料を求めるとなれば、損害額を確定するため法廷で争うこともありえます」 行政訴訟を手がけてきた弁護士の若狭勝氏が言う。 「国賠訴訟における損害額は、一般的な交通事故と同様に亡くなった方がどれだけの収入があったかを考慮します。 我々の間では『赤い本』と呼ばれる日弁連交通事故相談センターが作成した基準が適用されることになると思いますが、77歳の高齢者なので、理屈の上では2千万円前後で落ち着くと考えられます」 仮に補償が下りたとしても、なんともやり切れない話というしかあるまい。 特集「『狂乱台風』生と死の人間学」より• あわせて読みたい関連本•

次の