の が み 食パン 久留米。 『久留米の通町3丁目にある高級食パン専門店です。 Beauty Road マユパパのブログ』by mayupapa : 高級食パン こがわ屋 久留米通町店

専門家が選んだ本当に美味しい食パンランキングBEST10【全国版】

の が み 食パン 久留米

2020年2月22日(土)食パン専門店「高級食パンこがわ屋 久留米通町店」(久留米市通町5-19)がオープンしました!2月24日(月・振)までの間、各日50名限定でパンナイフプレゼント。 食パンへのこだわり。 「本物」の食パンをつくる。 そのために導き出した答えは「ひき」でした。 わたしたちは、まず小麦粉の「碾き」方にこだわりました。 小麦粉は、吟味を重ねて選び抜いたもの数種を使用。 それぞれ碾き方を試行錯誤し配合を追及しました。 この最上の粉に厳選バターや国産米あめ、そして清らかな天然水をその日の気温・湿度をうかがいながら加え、こね上げて熟成させます。 すると、生地に独特の「引き」が誕生。 これを納得いくまで突き詰めた火加減で焼き上げました。 そうして生まれたきめ細かな食感を極みのくちどけは、熟練職人しか出せないもの。 バターも上品に香り、舌を「惹き」つけずにはおかないでしょう。 最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

次の

専門家が選んだ本当に美味しい食パンランキングBEST10【全国版】

の が み 食パン 久留米

幼い頃、 家庭の事情から食べることに苦労した創業者は おいしいものをお腹いっぱい食べてもらえる場所をつくろうと、 飲食店をはじめました。 20年以上にわたって、さまざまなお店を経営したものの、 飲食店は流行や世情にどうしても左右されてしまう。 「どうせなら多くの人に愛されて、 歴史に残る日本一のものをつくりたい。 」 それが乃が美のはじまりでした。 「長く愛されるものってなんだろう」 そう考えたとき、頭に浮かんだのは2つのこと。 1つはライフワークとして続けている 老人ホームへの慰問中に聞いた 「食べているときと笑っているときが一番幸せ。 でも朝食に出るパンは耳が固くて食べられない」 というおじいちゃん、おばあちゃんの言葉。 そして2つめは、 卵アレルギーで食べるものに制約がある 我が子が食べていたパサパサのパン。 そこから行き着いたのが 「ふわふわの柔らかい食パン」 だったのです。 卵を一切使わないのに、 ちぎってそのまま食べられるほど柔らかくて、 ほんのり甘い。 目指したのはそんな究極の食パンでした。 しかし、いくら飲食の経験はあっても パンづくりはまったくの素人。 0からのスタートでした。 粉の種類から材料の配合、 ミキシングのタイミング、 焼く温度と時間を何度も変えながら、 試行錯誤を繰り返し、 2年かかってついに、 「やわらかさ」「きめ細やかさ」「甘味」「香り」 すべてにおいて納得のいくパンが完成。 ミキシングされた生地は トロトロになったお餅のようなテクスチャーで、 焼き上がりは「腰折れ」に近い ぎりぎりのやわらかさ。 どちらもパンづくりの常識では 考えられないことでしたが、 結果としてこれまでにない食パンが生まれたのです。 パンに対して先入観のない素人だったからこそ、 たどり着いた答えでした。 レシピはできたものの、まだ問題がありました。 すべての素材にこだわり、 一つひとつ手づくりで丁寧に焼き上げる 乃が美の食パンの価格は通常の倍。 開店当初は身内にすら 「一本800円の食パンなんて誰が買うねん」 と笑われました。 売れ残ったパンを車に積み、 いろんな場所に売りに行く日々。 それでも試食した人たちが 口を揃えて「おいしい!」と笑顔になる。 自分たちは間違っていない、 そう確信しました。 そしてそのうち、 「うちの子アレルギーでパンは 乃が美さんとこのしか食べられへんのよ」 「うちのおじいちゃん、 ここのパンじゃないといややって言うねん」 そんな言葉を頻繁にいただくように。 まさに、乃が美を立ち上げたときに目指していたことが、 お客様の言葉になって返ってきたのです。 高級「生」食パン専門店『乃が美』は、 創業6年8ヶ月で、 全国47都道府県制覇、 173店舗の出店を達成しました。 目標としていた 全国47都道府県に出店できた今、 新たな目標として、 まだお届けできていない地域へパン工場を併設したお店をつくり、 「待っています」「楽しみにしております」 というお声がけをいただいている方々へお届けすること。 そして、すべての地域の人たちに 乃が美を「地元のパン屋さん」と思ってもらいたい。 だから、絶対に大量生産はせず、 どこの店にも一つひとつ手づくりで 焼きあげた食パンをならべる。 それは絶対に変わることはありません。 歴史に残る日本一の 食パンブランドを目指す乃が美の歩みは、 まだまだはじまったばかり。 これからも お客様に喜ばれる商品づくりに、 精進してまいります。 乃が美の「生」食パン ひとつひとつ丁寧に作っていますが、日本全国で多い日には一日80,000本以上売れている高級「生」食パン。 一度食べたらやみつきなってしまうしっとりもちもちの食感が人気の理由です。

次の

究極に美味しい食パン!絶対に食べるべき東京の食パン10選

の が み 食パン 久留米

幼い頃、 家庭の事情から食べることに苦労した創業者は おいしいものをお腹いっぱい食べてもらえる場所をつくろうと、 飲食店をはじめました。 20年以上にわたって、さまざまなお店を経営したものの、 飲食店は流行や世情にどうしても左右されてしまう。 「どうせなら多くの人に愛されて、 歴史に残る日本一のものをつくりたい。 」 それが乃が美のはじまりでした。 「長く愛されるものってなんだろう」 そう考えたとき、頭に浮かんだのは2つのこと。 1つはライフワークとして続けている 老人ホームへの慰問中に聞いた 「食べているときと笑っているときが一番幸せ。 でも朝食に出るパンは耳が固くて食べられない」 というおじいちゃん、おばあちゃんの言葉。 そして2つめは、 卵アレルギーで食べるものに制約がある 我が子が食べていたパサパサのパン。 そこから行き着いたのが 「ふわふわの柔らかい食パン」 だったのです。 卵を一切使わないのに、 ちぎってそのまま食べられるほど柔らかくて、 ほんのり甘い。 目指したのはそんな究極の食パンでした。 しかし、いくら飲食の経験はあっても パンづくりはまったくの素人。 0からのスタートでした。 粉の種類から材料の配合、 ミキシングのタイミング、 焼く温度と時間を何度も変えながら、 試行錯誤を繰り返し、 2年かかってついに、 「やわらかさ」「きめ細やかさ」「甘味」「香り」 すべてにおいて納得のいくパンが完成。 ミキシングされた生地は トロトロになったお餅のようなテクスチャーで、 焼き上がりは「腰折れ」に近い ぎりぎりのやわらかさ。 どちらもパンづくりの常識では 考えられないことでしたが、 結果としてこれまでにない食パンが生まれたのです。 パンに対して先入観のない素人だったからこそ、 たどり着いた答えでした。 レシピはできたものの、まだ問題がありました。 すべての素材にこだわり、 一つひとつ手づくりで丁寧に焼き上げる 乃が美の食パンの価格は通常の倍。 開店当初は身内にすら 「一本800円の食パンなんて誰が買うねん」 と笑われました。 売れ残ったパンを車に積み、 いろんな場所に売りに行く日々。 それでも試食した人たちが 口を揃えて「おいしい!」と笑顔になる。 自分たちは間違っていない、 そう確信しました。 そしてそのうち、 「うちの子アレルギーでパンは 乃が美さんとこのしか食べられへんのよ」 「うちのおじいちゃん、 ここのパンじゃないといややって言うねん」 そんな言葉を頻繁にいただくように。 まさに、乃が美を立ち上げたときに目指していたことが、 お客様の言葉になって返ってきたのです。 高級「生」食パン専門店『乃が美』は、 創業6年8ヶ月で、 全国47都道府県制覇、 173店舗の出店を達成しました。 目標としていた 全国47都道府県に出店できた今、 新たな目標として、 まだお届けできていない地域へパン工場を併設したお店をつくり、 「待っています」「楽しみにしております」 というお声がけをいただいている方々へお届けすること。 そして、すべての地域の人たちに 乃が美を「地元のパン屋さん」と思ってもらいたい。 だから、絶対に大量生産はせず、 どこの店にも一つひとつ手づくりで 焼きあげた食パンをならべる。 それは絶対に変わることはありません。 歴史に残る日本一の 食パンブランドを目指す乃が美の歩みは、 まだまだはじまったばかり。 これからも お客様に喜ばれる商品づくりに、 精進してまいります。 乃が美の「生」食パン ひとつひとつ丁寧に作っていますが、日本全国で多い日には一日80,000本以上売れている高級「生」食パン。 一度食べたらやみつきなってしまうしっとりもちもちの食感が人気の理由です。

次の