イタチ 住宅街。 イタチのふんの匂いが強烈に悪臭!被害が出る前にできる対策は?

イタチの食べ物

イタチ 住宅街

たぬきみたいな動物を見たときに考えられるのはこの3種類! たぬきみたいな動物を見たとき、考えられるおもな動物は、ハクビシン、アライグマ、アナグマです。 この3種類の動物とたぬきは一見するとよく似ていますが、たぬきとはっきり異なる特徴があります。 それぞれの動物の特徴をご紹介していくまえに、まずは、たぬきの特徴について知っておきましょう。 たぬきはイヌ科の動物で、体つきや姿勢は犬によく似ています。 特徴は、目の周りが黒く、左右の黒い部分はつながっていない点です。 体については、耳のまるみ、黒色の手足、胸から型にかけての黒い模様などが特徴です。 住宅街にあらわれるたぬきはゴミをあさったりフンを落としたりするため、駆除の対象になることも多いようです。 たぬきの特徴や生態について簡単にご説明したところで、ここからは、たぬきに似ている動物たちの情報を見ていきましょう。 ハクビシン ハクビシンはネコ目ジャコウネコ科に分類され、猫のような高い運動能力を持ちます。 体長はたぬきと同じくらいですが、足が短く胴が細長い外見をしています。 また、額から鼻にかけて白い線が入っているのが特徴です。 ハクビシンは、森林だけでなく住宅街にもすみかを広げています。 しかし、基本的には怖がりな性格で、住宅街でも人目につきやすい場所はあまり好みません。 そのため、人目がつきにくくて安全な家屋の床下や屋根裏にすみつくことがあります。 食事は雑食ですが、とくに果物を好む傾向にあります。 アライグマ アライグマはたぬきよりやや小さい動物で、しっぽのしましま模様が特徴です。 目のまわりが黒いのはたぬきと同じですが、たぬきは目のあいだが白いのに対し、アライグマは目のあいだも黒いという違いがあります。 洗いものをする行動のように、アライグマは手足を器用に使える動物です。 住宅街にあらわれるアライグマはその器用さをいかし、塀をのぼって住宅の敷地に侵入したり庭木にのぼって果物を食べたりゴミをあさったりします。 アナグマ アナグマは名前に「クマ」とついていますが、じつは、イタチ科の動物です。 そのため、イヌ科のたぬきとくらべると、上半身が細く、顔が細長いという違いがあります。 また、たぬきより足が太いことや、しっぽが短いことも見分けやすいポイントです。 アナグマはその名前のように、土にほった穴をすみかにしています。 昼間は穴に姿をひそめていますが、夜になると食料を探しに行動を始めます。 アナグマは雑食で、虫や小さい動物のほかに農作物やゴミなども食料としています。 このような動物による被害 ハクビシン、アライグマ、アナグマは、住宅街にあらわれて人間の暮らしに被害をもたらすことがあります。 おもな被害は、畑や庭の農作物を食べたりゴミをあさったり、フンを落としたりすることです。 しかし深刻な被害ケースでは床下や屋根裏に侵入し、すみついてしまうこともあります。 その場合、物音に悩まされたり壁や床を傷付けられたりします。 また、人によっては、フン・尿の細菌によってアレルギー症状がでることもあるようです。 このように、ハクビシン・アライグマ・アナグマによる被害は深刻化すると暮らしや健康に重大な影響をおよぼすため、姿を見かけたらはやめに対処することが大切です。 具体的にどのように対処すればよいのか、次の項目で詳しくご紹介していきます。 たぬきみたいな動物たちへの正しい対処法を知っておこう たぬきみたいな動物の正体として考えられるハクビシン・アライグマ・アナグマに遭遇したときは、近づいたりさわったりしないでください。 なぜなら、これらの動物は危険を感じると攻撃してくることがあるからです。 また、どんな細菌や病気を持っているかもわからないため、むやみに接触するのは危険です。 なかには、ワナをしかけて捕獲しようと考える方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、これらの動物は「鳥獣保護法」の対象となっていて、自治体の許可なしに捕獲するのは禁止されています。 そのため、一般の方がこれらの動物に直接的な対処をするのは、難しいのです。 一般の方ができる対処は基本的に、以下の3つです。 【対処法1】自治体に報告する 住宅地域でハクビシン・アライグマ・アナグマを見かけたら、自治体に報告しましょう。 自体によって担当部署が異なるので、ホームページで連絡先を確認してください。 自治体に報告した場合、対応はさまざまです。 たとえば、捕獲用の道具を無償で貸し出していたり、捕獲のために人員を派遣したりする自治体もあるようです。 身のまわりでこのような動物たちを見かけたときは、自治体に報告して指示をあおぐようにしましょう。 【対処法2】家に寄せ付けない工夫をする 「鳥獣保護法」により、ハクビシン・アライグマ・アナグマを自己判断で退治するのは難しいです。 そのため自分でできる対処法は、これらの動物を家に寄せ付けないよう工夫することです。 今回は4種類の方法をご紹介するので、ぜひ実践してみてください。 ・エサとなるものをなくす ハクビシ・アライグマ・アナグマにとってエサとなるものが敷地内にあると、エサを求めて寄りつきやすくなります。 エサとなる生ゴミを外に置かないようにしたり、果物や野菜を外に干さないようにしたりといった対策をおこないましょう。 ・家屋への侵入口をふさぐ ハクビシン・アライグマ・アナグマは、小さい入り口をみつけて家屋に浸入します。 外から家屋全体を確認し、侵入口となりそうな場所をみつけたら木・石・金網などでふさいでおきましょう。 ・忌避剤(きひざい)を使用する 忌避剤とは動物の苦手な成分を含んだ薬剤で、動物を近づけさせない効果があります。 ハクビシン・アライグマ・アナグマ向けの忌避剤は、通販サイトやホームセンターなどで購入できます。 効果の切れ間がないよう、定期的な使用を心がけてください。 ・青色のLEDライトを設置する ハクビシン・アライグマ・アナグマのような夜行性の動物は、青色の光を嫌う傾向があります。 そのため青色の光を発するLEDライトを設置すると、これらの動物を寄せ付けない効果が期待できます。 敷地すべてに設置するのは難しいので、農作物のちかくや侵入しやすい場所を中心に設置してみてはいかがでしょうか。 【対処法3】害獣駆除業者を利用する ハクビシン・アライグマ・アナグマを寄せ付けない工夫をしても効果がない方や、すでに家屋に浸入されてしまった方も、なかにはいらっしゃるかもしれません。 そんなときは、害獣駆除業者に対応を依頼するのも選択肢のひとつです。 次の項目でとりあげる情報を参考に、業者の利用を検討してみてください。 0120-949-085 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! 動物への対処はプロである害獣駆除業者に任せよう! たぬきみたいな動物の正体として考えられるハクビシン・アライグマ・アナグマの捕獲や駆除は、プロである業者に任せましょう。 業者はそれぞれの動物についての豊富な知識をもとに、効果が高い方法で対処します。 また、動物のフンや尿には人間の健康に影響をおよぼす細菌やウイルスなどが含まれていることがあるので、業者に任せたほうが安心です。 業者を利用する際には費用が発生しますが、的確さや安全を考えるとプロである業者に依頼するメリットは大きいでしょう。 かかる料金の相場 ハクビシン・アライグマ・アナグマなどの動物の駆除は、安い場合は2万円程度ですむことがありますが、高い場合には5万円以上かかることがあります。 料金に大きな差がでてしまうおもな要因は、以下の点です。 ・駆除箇所の数や面積• ・作業の難易度(被害の深刻さや、作業場所)• ・工事の有無(侵入口の封鎖工事など)• ・そのほかの作業の有無(フンの清掃・消毒、ワナの設置、捕獲など) このように、ハクビシン、アライグマ、アナグマたちの駆除にかかる料金は、ケースによって大きく異なります。 実際の料金を知るには、業者に現地調査を依頼し、見積りをとってもらいましょう。 業者を選ぶ際のポイント 害獣駆除業者を選ぶ際には、作業や料金の詳細を説明してくれるかが重要なポイントです。 さきほど料金についての解説でふれたように、害獣駆除はケースによって必要・不要な作業が異なります。 そのため、「どんな作業をするのか」「なぜその作業が必要なのか」「その作業料金はいくらなのか」を理解し納得したうえで、作業をご依頼するのが理想です。 業者を決める際には、作業や料金についてきちんと説明してくれる業者かどうかを意識してみてください。 弊社サービスの特徴 弊社は、害獣駆除の業者をご紹介するサービスを提供しております。 サービスをご利用する際には、まずコールセンターにお電話ください。 お電話にて害獣でお困りの方へ被害状況をお聞きし、現地調査の日程を相談させていただきます。 現地調査ではご紹介した業者が現場にうかがい、被害状況を確認したのちに作業内容のご説明や見積りの提示をいたします。 作業内容や見積りにご納得いただけたら、作業のご依頼をうけたまわります。 作業のご依頼までは基本的に無料なので、害獣にお悩みの方はぜひ、お気軽にご相談ください。 【掲載料金は消費税を含んでおりません】.

次の

イタチの駆除の仕方教えて!

イタチ 住宅街

イタチ・テン・オコジョ・フェレット……この4種類の動物の見分け方ってわかりますか?動物の種類を正確に見分けるというのは、実はとても大切なことです。 人間に被害を与えている動物の種類を特定して生態に合わせた対策を施すため、しっかり区別する必要があるのです。 しかし名前は知っていても、4種の写真を並べられて「これはイタチ、これはフェレット」と判別できる方は実際のところまれな存在。 実際どれもイタチ科の動物ですし、胴体の長い中型の哺乳類という特徴も似通っているので仕方のないことです。 もし見分けられたとすれば、なかなかの動物通といっていいでしょう。 本コラムでは、家の敷地内や屋根裏に現れたイタチっぽい生き物の正体を見分ける方法と、住み着かれてしまったときの対策方法をご紹介していきます。 イタチに似ている動物には何がいる?それぞれの特徴とは イタチ科は種類の幅が非常に広く、アナグマやカワウソ・果ては海にすむラッコまで、さまざまな動物がイタチの仲間に含まれています。 「胴の細長い哺乳類」ならほとんどがイタチ科の生き物だと考えてもよいでしょう。 なかでも日本に多く分布しているのはイタチ・テン・オコジョ・フェレットです。 ここでは上記の4種にくわえ、おなじく屋根裏害獣として被害事例の多いハクビシンの計5種について、それぞれの特徴をまとめました。 5cm 食性 肉食寄りの雑食性 繁殖 年2回、3~7匹の子供を産む 日本には主に固有種である「ニホンイタチ」と、大陸側から渡ってきたチョウセンイタチの2種類のイタチがいます。 チョウセンイタチはニホンイタチよりも大型なためか、西日本を中心にチョウセンイタチの分布が広がっているようです。 イタチは小動物や昆虫、木の実などをエサとする雑食性の動物ですが、とくに小動物を好んで食べる肉食寄りです。 肉食のイタチはフンが非常に臭いので、フンの状態から住み着いたイタチの食性を推測することもできます。 5cm 食性 肉食寄りの雑食性 繁殖 年1回、2~4匹の子供を産む テンはイタチよりも一回り大きい身体をもった、イタチそっくりの動物です。 テンの毛皮は高級品とされ、また繁殖力があまり高くないことも相まって、日本では希少な準絶滅危惧種に指定されています。 テンは毛皮の色合いによって、黄色い「キテン」と褐色の「スステン」に呼び分けられています。 とくに冬場は毛皮の色がはっきりと分かるようになるので、色で種類を見分けることができるかもしれません。 ・オコジョ 大きさ 約15cm~30cm(オス) 尾の長さ 約6cm~12cm 足跡 約3cm 食性 肉食性 繁殖 年1回、4~6匹の子供を産む オコジョは小さな身体にくりくりとした大きな目と、とても愛らしい外見をしたイタチのj仲間です。 その容姿からキャラクターの題材となることも多いので、イタチよりもオコジョの方が親しみ深いという方も少なくないことでしょう。 オコジョは見た目とは裏腹に、気性が荒くどう猛な肉食獣です。 野ネズミを捕食して巣穴を奪ったり、自分より大きなウサギや鳥に襲い掛かることもあります。 またオコジョは夏と冬で見た目がガラリと変わることも特徴のひとつで、冬の雪に紛れる純白の美しい姿は非常に有名です。 フェレット 大きさ 約35cm~50cm(オス) 尾の長さ 約10cm~15cm 足跡 約5cm 食性 肉食性 繁殖 年1回、8匹程度の子供を産む フェレットはイタチを人に慣れるよう品種改良することで生まれた家畜動物です。 猫よりも人になつきやすく、しつけも可能なため、ペットとして高い人気を持っています。 食性は肉食ですが、家畜なので狩りをすることはほとんどありません。 人によって作られた品種なので、「野生のフェレット」というものは基本的に存在しません。 ただし、ペットが逃げ出したり捨てられたりして半野生化したものが屋根裏に住み着くことがあるとされています。 5cm 食性 雑食性 繁殖 時期を問わず年1回、2~3頭の子供を産む 上でご紹介した4種と違い、ハクビシンはイタチの仲間ではありません。 ジャコウネコ科という、どちらかというとネコ寄りの生き物です。 とはいえ、胴が長く外見はイタチによく似ています。 ハクビシンは非常に食欲旺盛な雑食性で、口に入るものならなんでも食べてしまいます。 さらに身体が大きく戦闘能力も高いため、屋根裏害獣のなかでもとりわけ大きな被害につながりやすい厄介な動物です。 このように厄介なハクビシンの対策は生活110番コラム「」でも詳しく取り上げています。 こちらもよく読んで、被害防止に努めましょう。 意外と特徴的?イタチに似た動物を見分ける方法 前項でご紹介したイタチに似た動物5種類は、見た目がそっくりなため一見しただけではなかなか区別がつきません。 そこで、家の敷地内に現れた動物の種類が何なのか見分ける方法を以下にご紹介します。 もちろん個体差や年齢によって大きさにばらつきはありますが、サイズからざっくりと種類を見分けることができます。 以下に、それぞれの動物の体長 胸から尻までの長さ を大きい順にまとめてみました。 参考までに、比較対象として柴犬の体長も加えておきます。 ハクビシン 約50cm~75cm テン 約45cm~50cm 柴犬 約40cm~45cm フェレット 約35cm~50cm イタチ 約27cm~40cm オコジョ 約17cm~30cm こうして比較してみると、ハクビシンやテンは柴犬以上とかなり大型であることがわかります。 サイズ比較の注意点としては、イタチの仲間はメスがオスより一回り小さいという点です。 イタチだと思ったらテンのメスだった、ということもあるため、サイズだけで判断することはあまりおすすめできません。 サイズはあくまで判断基準のひとつにとどめ、追ってご紹介するほかの見分け方も試してみましょう。 これも個体差の大きい部分ではありますが、見てわかりやすいので参考程度におぼえておくのがよいでしょう。 イタチ科の動物やハクビシンは特定の場所をトイレにする「溜め糞」という習性があるため、トイレの場所さえ見つけられれば糞の観察は難しくありません。 種類 フンの形状 備考 イタチ 約6cmの細長い形 水分が多く、肉食の場合非常に臭い テン 約10cmの細長い形 毛が混じっている。 非常に臭い オコジョ 2~5cm程度の太い形 毛が混じっている。 非常に臭い フェレット 非常に細長い 屋外で見かけることはほとんどない ハクビシン 約15cmの丸い形 果実の種が混ざっていることが多い 基本的に肉食傾向の強い種類は糞が非常に臭く、餌となった小動物の毛などが未消化で混じっていることが特徴です。 加えてイタチ科の動物は「臭腺」という強烈な悪臭を放つ器官を肛門付近にもっているため、純粋にすさまじく臭い糞があったらイタチ科のものだと判断できるケースもあります。 以上が、専門的な知識がなくともイタチの仲間を見分ける判断基準になります。 ただ イタチやハクビシンは病原菌や寄生虫を媒介する宿主でもあるため、近づいたり直接触れるようなことは避けるべきです。 フンを調べる際も、空気中に漂う菌や糞の粉末を吸い込まないようマスクを着用し、素手で触れないよう気をつけてください。 イタチ・テン・ハクビシンによる被害 イタチに似た動物のなかでも、とくにイタチとテン、ハクビシンには注意が必要となります。 この3種は日本の内陸部に広く分布していて、民家に住み着いて被害をもたらすケースが多いためです。 イタチ・テン・ハクビシンによる被害としては、以下のようなものがあります。 糞害 先ほども確認した通り、イタチ科の動物やハクビシンには「溜め糞」という習性があります。 大量に溜まった糞が悪臭を放つことはいうまでもありませんが、とくにイタチ科の糞の臭さはおそるべきものです。 嗅いだことのある人いわく、鼻が曲がるような刺激臭だとか、家の中で糞をされたら正気を保てなくなるだとか、それはもうひどいいわれようです。 肉食獣全般にいえることですが、餌のタンパク質を消化するために強力な消化酵素が分泌され、それが悪臭の原因になるといわれています。 またイタチの糞は水分量が多く、たとえば屋根裏に溜め糞をされると豊富な水分によって木材が腐ってしまうことがあります。 家の寿命を大きく縮める原因にもなるため、屋根裏に住み着いた害獣は可能な限り早めに追い出す必要があるでしょう。 悪臭被害 悪臭を放つのは糞ばかりではありません。 イタチの肛門付近にある臭腺は強烈な悪臭をもつ体液を分泌します。 臭腺自体は犬や猫にもあり、もっぱら同族に縄張りをアピールするマーキングに使われますが、イタチはこれを武器としても用いるのです。 また「イタチの最後っ屁」ということわざを聞いたことがありませんか?イタチは外敵に遭遇すると、臭腺を全解放して強烈な悪臭を放ち、ひるませた隙に逃げていきます。 ことわざに残っているほどですから、イタチの臭いがいかほどのものかよくわかるのではないでしょうか。 逆にこうした屋根裏からの悪臭がひどい場合、速やかに被害の特定や対策をおこなう必要が出てくるでしょう。 生活110番コラム「」ではこうした悪臭の原因について、より詳しく解説しています。 病原菌や寄生虫の媒介 これはイタチの仲間に限った話ではないのですが、野生動物の身体は寄生虫と病原菌の温床です。 住み着いた害獣は外からダニやノミを連れてくるだけでなく、糞にも雑菌や寄生虫の卵が大量に含まれています。 イタチやテンに直接触れなくても、乾燥した糞が宙を舞ってそれを吸い込んでしまったりします。 あるいはイタチの血を吸ったダニやノミが人間の血も吸って病原菌が逆流してきたりと、さまざまな経路で伝染病を媒介するリスクがあるのです。 人間やペットに危害を加えることも…… イタチやテン、ハクビシンは攻撃的な性格をしていて、自分より大きな相手にも襲い掛かることがあります。 とくにハクビシンは身体能力、攻撃力ともに高く、ペットが噛み殺されてしまったという事例もあるほどです。 柴犬にも襲い掛かることをイメージするとその恐ろしさがよくわかりますが、テンやハクビシンは柴犬よりも大きな個体が存在します。 ペットだけでなく、人間に対しても危害を加える可能性はあるため、イタチやハクビシンを見かけても絶対に近寄らないようにしましょう。 イタチ・テンを駆除したい……!でもむやみに駆除はできない? 糞に悪臭、伝染病の媒介とおそるべき害をもたらすイタチやテンは、見つけ次第駆除してしまいたいところです。 しかし、日本においてはなかなか駆除に踏み切れない理由があります。 「鳥獣保護管理法」の存在 鳥獣保護管理法とは、日本の生態系を維持するために定められた野生動物の捕獲や駆除に関する法律のことです。 日本では、家ネズミを除くあらゆる哺乳類・野鳥に対して危害を加えることを禁じられています。 直接殺傷することはおろか、たとえば棒や箒を振り回して追い立てることも、「野生動物に無用なストレスを与える」として規制されているのです。 そのため、たとえ自分の家の屋根裏にイタチやテンが住み着いてしまい、糞や悪臭に悩まされていても、おいそれと駆除してしまうことができないというのが現状です。 狩猟というかたちで駆除可能なケースもある 害獣の駆除は鳥獣保護管理法によって規制されていますが、一部の動物については条件付きの「狩猟」というかたちで駆除できるケースがあります。 たとえばオスのチョウセンイタチやハクビシンは、狩猟対象となっている動物です。 狩猟免許を取得していれば狩猟区域の自治体に申請をおこなうことで、狩猟や捕獲の許可をもらうことができます。 また、自治体ごとに設定されている「狩猟期間」の間であれば、申請がなくても指定された動物を狩猟することが可能です。 チョウセンイタチやハクビシンを捕獲する際は、自治体のwebサイトなどで狩猟期間を確認しておくようにしましょう。 イタチ・テン・ハクビシンを駆除するには チョウセンイタチやハクビシンは条件次第で狩猟をおこなうことができますが、ニホンイタチやテンに関しては危害を加えることが許されていません。 またそもそも狩猟免許や狩猟機材をもっていない人は、狩猟可能な動物も狩ることは難しいです。 直接手を出せない以上、捕獲や退治とは別のアプローチで害獣を家から追い出すことを考えましょう。 イタチやテン・ハクビシンを追い払う方法を、以下にご紹介します。 害獣のきらう臭いを活用する イタチやテンをはじめとしたイタチ科の動物やハクビシンは、嗅覚が非常に発達しています。 そのため、人間にとってはそこまで気にならない臭いでも、害獣にとって強烈な刺激臭となる臭いを活用することで、家から追い出す効果が期待できます。 たとえばホームセンターなどで市販されている「木酢液」は、強い煙の臭いを放つため、本能的に火をおそれる野生動物は近寄りにくくなります。 同じくホームセンターや薬局などで購入できる「クレゾール石鹸液」も、鼻を突くような薬品臭で害獣を追い払えます。 市販の「忌避剤 きひざい 」を活用する方法も有効です。 忌避剤は上で挙げたような害獣の避けるにおいをより扱いやすく、長期的に放つように加工したものなので、害獣のいそうな場所に仕掛けておくことで高い追い出し効果を発揮してくれます。 強い光を活用する イタチやテンは夜行性の動物なので、光を避ける習性をもっています。 また強い光を当てられるとおどろいて逃げ出すことが多いため、センサー付きのライトを天井裏に仕掛けておいて、害獣が入ってきたら照らすようにするのがおすすめです。 なおハクビシンについてはあまり光を気にしない、むしろ光に興味を示すといわれているため、光以外の対策を中心におこないましょう。 まとめ イタチやテン、オコジョにフェレットにハクビシンは、見た目がとてもよく似ているため混同されがちな動物たちです。 しかし、種類によっては住宅や財産に深刻な被害をもたらすこともあるため、家を守るためには見分けをつけられるようになっておきたいところです。 身体の大きさや毛皮の色、鳴き声や糞の特徴などは、イタチ科の動物を見分ける有力な判断基準となります。 家の敷地内でイタチに似た動物を見かけたときは、まずそれが何なのか調べてみることから始めましょう。 もしもイタチやテン、ハクビシンが住み着いてしまっている場合、鳥獣保護管理法によって駆除することが難しいかもしれません。 個人での対処に限界があるときは、害獣駆除のプロに相談することも考えておいてください。 (この記事は2018年11月28日に加筆・修正しています).

次の

イタチが穴を掘ることについて

イタチ 住宅街

イタチはエサがあれば民家付近へ来ます。 わが家も民家の多い所ですが地面を這うようにして時々やってきます。 ニワトリやウサギ、池の魚やペットのエサなどが目的です。 タヌキなら背高があり色が黒っぽく見えるので見間違いはありません。 地域によってはテン(国内に2種あり)、オコジョ(国内に2種あり)、ニホンイイズナ、ミンク(外来種)などの可能性もあります。 イタチ科は夜行性ですが昼間でも現れます。 イタチ科の写真や生態などの詳細はweb検索できます。 それぞれに特徴(大きさや動き、色、居場所、食べ物など)があって見分けはさほどむつかしくないのでよく観察してみてください。 ただし、警戒心が強いのですぐに目の前から消えてしまうかも知れません。 15メートルの動物というのはちょっと考えられません。

次の