高齢 者 足 の むくみ マッサージ。 腕へのマッサージは幸福感を増し、脚へのマッサージは記憶を呼びさます

高齢者の足のむくみ解消法は?甲がむくんだ場合は?

高齢 者 足 の むくみ マッサージ

柔らかい圧力でやさしくもみほぐしてくれる! エアーを使ったマッサージなので、全体が包まれているようなもみほぐし方です。 満遍なくマッサージできるし、痛みを感じません。 プシューと音が出て、空気が足を包み込んでいく感覚が気持ちいいんです。 マッサージ機って、ちょっとゴリっとしていて痛い時がありますよね。 私もそれが苦手だったんですが、THRIVE(スライヴ)のマッサージ機は痛いと感じることがありません。 毎日使うものだからこそ、痛くないものだと嬉しいですよね。 強さの調節ができる! 揉み方の強さを選ぶことができます。 また、マッサージするパーツも選ぶことができるので疲れた箇所だけピンポイントでマッサージすることができます。 痛すぎたり弱すぎたり、マッサージ機は調節が難しいかなと思っていました。 でも、ボタンひとつで切り替えられるし、マッサージ中にも変更することができます。 足マッサージ機(スライヴ・MD8702)の効果は? むくみ解消 在宅勤務・テレワークで座りっぱなしの夫の足のむくみがその日のうちに解消できています。 自分でマッサージをする時間が取れないので、退勤時間が近くなったらマッサージしながらお仕事しています。 妊娠中は足がむくみやすく、お腹も大きくなっていると自分でマッサージができないので手軽に使えるマッサージ機はとても助かりました。 だるさの解消 子供と1日過ごしているとどうしても抱っこしながら歩いたり立ったりすることが多くなり足がだるくなります。 妊娠中はお腹が重いので、仕事帰りには足がすごくだるくなっていました。 マッサージ機を使うとだるい箇所を揉み流すことができるので、なんとなく足が軽くなる感じがします。 血流改善 足先までマッサージで血流がよくなるので、冷え性の改善になっています。 私は極度の冷え性なのでお風呂上がりから時間が経つとつま先がひんやりしていました。 でも、お布団に入る前にマッサージ機を使うことで血流が良くなり、ぽかぽかしたまま眠ることができます。 足マッサージ機(スライヴ・MD8702)を使う時の注意点 自宅で簡単に使うことができるマッサージ機ですが、こんなところに注意してください。 やりすぎると揉み返しがくる 一般的なマッサージでも起きることですが、同じ場所を過度にマッサージすると揉み返しが起きます。 夫が仕事をしながら何回も使っていたら、次の日になんとなくマッサージしていた場所が痛かったそうです。 簡単に使えるからこそ、使いすぎには要注意。 回数を決めたり、その日の体調に合わせて調整しながら使ってください。 妊娠中の使用はお腹が張ったら中断する 妊娠中に足のマッサージをすること自体は問題ないのですが、足の裏には子宮を収縮させるツボがあります。 マッサージ機を使っていてお腹が張ってくる感じがしたらすぐに使用を中断してください。 私は妊娠中マッサージ機を使うとき、一番弱いモードで1日1回と決めて使っていました。 また、お医者さんに相談することも大切です。

次の

高齢者の足のむくみに要注意!?原因は?予防と対策は?

高齢 者 足 の むくみ マッサージ

この記事の内容• 高齢者は足がむくみやすいです。 足がむくみやすい、だるい、という方は多いのではないでしょうか。 20代でも足はむくむ事はありますが、代謝が下がる30代からはむくみやすくなります。 加齢とともにむくみやすい体質になるので、ひどくならないうちに改善しておくことが大事です。 そのためにはまず原因をしっかり知っておき、その原因から症状を改善していくことが大切です。 また、自分は大丈夫と思わず、足がむくんでいないかのチェックをしたり、軽い運動や食事に気を付けることを心がけるようにしましょう。 高齢者の足のむくみの原因 高齢者の足のむくみの原因の一つとして 年齢とともに体の代謝は悪くなり、運動不足で筋力も低下することがあげられます。 体に疲れを溜め込むような偏りのある生活や睡眠不足、疲労でもむくむ事もあります。 また、長い時間同じ体制のままでいると、血液の循環が悪くなり足がむくんできたりもします。 高齢者の足のむくみの原因まとめ• 体の代謝の低下• 運動不足による筋力低下• 睡眠不足• 偏りのある生活・・・など 足のむくみが起こるメカニズムについて解説すると、まず血管から流れ出た水分が各細胞へ栄養分と共に行き渡ります。 その後余分な水分は静脈を通って排出されるのですが、水分が上手く循環せずに滞ってしまう事でむくみは起こります。 足に柔軟性がなくなり、パンと張った状態のままいるのは辛いものです。 目にも腫れているようで、足を動かすのも嫌になるくらいです。 他にも病気が原因という事もあります。 腎臓の病気や心臓の病気の症状に、足のむくみや顔、手のむくみもあるので気になる時は病院へ行きましょう。 むくみの原因を知ることで予防にも繋がります。 健康を意識した生活を送りましょう。 高齢者の足のむくみの症状 足のむくみは、ダルさや重さを感じるものです。 加齢によるものとしては、筋力が低下し、疲れが溜まりやすい事からくるものもあるのです。 それ以外にも体調不良からくるものも含め、症状はそれぞれ様々なものがあると思われます。 足や体全体が重苦しく、不快で動くのさえ嫌になってしまいます。 何か改善に向け実行したいけど、動きたくない、何をしても効かないような気がするなど、精神的にも参ってしまう事もあります。 足が重い、だるい。 足が冷えている。 足を見てみると、膨れていて足首のくびれが無いように感じる。 トイレに行く回数が体調がいい日に比べて少ない。 などの不快感がある時は、ストレスに感じない程度の、気持ちいいと感じられる改善策を実行するといいですね。 他にも気になる症状がある時は、循環器内科や、行きつけの病院などに見てもらったり相談をするのも大切です。 大した事は無いとは思わずに、相談だけでもしてみましょうね。 高齢者の足のむくみ確認方法 足のむくみは、毎日の疲れからも表れます。 足の疲れを取らず、ケアを全くしないまま日々が過ぎるとどんどん足の形は変わっていきます。 運動不足で筋力も低下してくると、更に形は変わり足首のくびれもなくなってくるのです。 見た目にも変化は感じられますが、試してほしいのはより「 むくみ」を感じる部分、「 腫れ」を感じる部分を 5~6秒押し続けてみることです。 指を離した後もなかなか元に戻らない場合、むくんでいるといいます。 触ってみて冷えを感じたり、足の血色も悪いと思われるので、気を付けて毎日確認するようにしているといいですね。 お顔の色もくすんでいたり、尿にも変化を感じるのであれば、ほんの少しの症状であっても病院で診てもらうのが安心にも繋がります。 簡単に出来る高齢者の足のむくみ改善策 足のむくみを改善策としてやってほしいのが「体操」です。 運動不足もむくみの原因の一つなので、ウォーキングやジョギングをお勧めしたいところですが、もっと簡単な方法をお伝えしておきます。 運動もいいのですが、時間が空いたとき、テレビを見ながら、友人との交流を楽しんでいる時に等、簡単にできることを知っておけば、いろいろな場所でむくみケアが出来ます。 長座をして、膝を真っすぐにしたまま足のつま先を手前にかかとが向こう側につきだすようにして7秒数えます。 次につま先を向こう側にして足の甲が真っすぐになるようにして7秒数えます。 それらを交互に3回ずつ行います。 長座のまま膝を真っすぐにして、両足を少し広げて両足首を回します。 外回り7回、内回り7回くらいがいいでしょう。 回数は出来る範囲でかまいません。 長座をして、膝を真っすぐにしたまま足のつま先を持ちます。 つま先に届かない場合は足首でも構いません。 かかとを出すようにして膝裏からアキレス腱まで伸びているのを意識しながら行いましょう。 無理はしないように、出来る範囲でかまいません。 出来る範囲でラジオ体操を行いましょう。 ラジオ体操は、体全体に必要とされる動きを取り入れていて、健康的な体操となっています。 全身にある筋肉がしっかりと伸びたり縮んだり、筋力の低下も予防できますので、定期的に行うのがいいでしょう。 また、筋肉が伸びきらないうちに次の動作に行ってしまう事もありますので、可能であればスローで行うのもお勧めです。 むくみ改善の食事も取り入れましょう! カリウムという栄養素をご存知でしょうか? 塩分の摂り過ぎはむくみの原因となるのですが、カリウムは 塩分の排出効果があります。 カリウムが多く含まれている食品は、• ワカメなどの海藻類• アーモンドなどのナッツ類• キュウリなどのウリ科• リンゴ、バナナ、キウイ などです。 他にも代謝促進効果のある柑橘類や、卵や豆腐などのタンパク質も筋肉を維持するのには欠かせませんね。 カリウムをたくさん摂取する必要はありません。 塩分を摂り過ぎ無いように気をつけながら、カリウムやタンパク質、ビタミンなどの食材を取り入れて、栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。 体を温めマッサージで足のむくみ改善! 体をしっかり温めたうえで、足のマッサージをすると効果的です。 入浴をして、体をしっかり温めるようにし、服の上からでも、オイルやクリームをつけながらでもマッサージをします。 優しくなでるだけでも十分に血流は良くなります。 押されると痛いなどの不快感がある時は、ゆっくりと手のひら全体で少し圧をかけながらマッサージするのも、毎日やると効果があります。 湯船につかりながらのマッサージも良いでしょう。 力を入れずに優しく、解すようにマッサージをしていきましょう。 特に疲れている、滞っていると感じる部分を少し圧をかけて痛くない程度に解すようにすると身体もリラックスしてきます。 1日の疲れをとった上で寝ると、良い睡眠も取れるので朝も気持ち良く起きられるようになります。 体の中からも温める事は大切です。 血流が良くなってくるので、出来るだけ温かいものを摂るようにするといいでしょう。 体を温める食材も意識してとるといいですね。 まとめ ご高齢者方の足のむくみは、 運動不足、筋力低下、食事、疲労等からの原因があります。 その他体調不良や薬の副作用からくるものもあるようです。 むくみはとても不快なもので、動く元気さえなくなります。 むくみを改善したい、むくまない体になりたいと思ったら、バランスの取れた食事をし、体を温めて血液の循環を良くしましょう。 そのうえで、運動や簡単なストレッチ、マッサージも取り入れてみると足はむくみにくくなります。 簡単ではありますが、参考にして頂ければ嬉しいです。

次の

下腿浮腫がある高齢者に対するフットマッサージ効果の検討

高齢 者 足 の むくみ マッサージ

抄録 持続的に下腿に浮腫がある患者があり、浮腫軽減のためベッドアップやクッションなどを用いて下肢拳上を行なっているが、ほとんど改善がみられない状況であった。 そこで、看護ケアとして改善できる方法はないかと考えた。 マッサージは筋肉の緊張緩和、体液の循環促進、心身のリラックスなどの効用があるといわれている。 日常的なケアに加え、フットマッサージを取り入れることで下腿の浮腫軽減に効果があると考え、得られる結果を検討した。 入院中の下腿浮腫がある患者4名に対し、佐治ひとみ氏によるフットマッサージを1週間に2回、計10回施行。 実施前後に足背、腓腹筋の周囲を測定。 下腿の状態、患者の表情観察をした。 その結果フットマッサージを1回施行ごとの周囲値の減少があり、研究開始前後の周囲値にも減少があった。 そのことにより今回のフットマッサージは浮腫軽減に効果はあったといえる。 また、フットマッサージの刺激により無表情の患者の表情が穏やかになったことや「気持ちいい」との声が聞かれたことにより血液循環やリンパの流れが促進され、リラクゼーション効果があったと考える。 しかし、浮腫がもどったり、前回より増強することがあり測定結果にばらつきがあった。 手技の向上、方法の変更をし、施行することを検討することは今後の課題でもある。 浮腫は一見同じように見えるが原因によって看護ケアの介入が困難な場合があり、全身をしっかりアセスメントし継続的にケアをしていく必要がある。 <結論> 1.腓腹筋を十分温めた後のマッサージは高齢者の下腿浮腫軽減、改善に効 果がある。 2 フットマッサージの刺激にてリラクゼーション効果を得られた。

次の