産業 カウンセラー 試験。 産業カウンセラーとは?資格試験の受験資格と難易度は?キャリアコンサルタントと違う?

産業カウンセラー養成講座|一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

産業 カウンセラー 試験

2020年度 試験日程について 2020年度(2020年6月・7月)産業カウンセラー試験の中止について(2020年4月1日更新) 2020年6月・7月に実施を予定しておりました産業カウンセラー試験は、 新型コロナウイルス感染症拡大の状況をふまえ、 受験者の皆様と関係者等の健康と安全を第一としまして、 誠に残念ではありますが、中止することといたしました。 受験を予定いただいておりました皆様には、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 試験の中止に伴い、 4月13日(月)からの受験要領の配布は行いません。 次回の産業カウンセラー試験は、2021年1月に実施の予定です。 学科試験 2021年1月24日(日) 全国16会場 実技試験 2021年1月30日(土)・31日(日) 全国13会場 詳細は、9月下旬に協会HPでご案内の予定です。 詳細は、合格証書と一緒にお送りしております「産業カウンセラーの資格をもっと活かすために」をご参照ください。 既にご入会いただいている方で、2020年度の年会費納入済みの方は、自動的に「資格登録会員」に移行されます。 お手続きや登録料は不要です。 「資格登録会員証」は5月中旬に発送する予定です。 (普通郵便にて発送しております) 到着が確認できない場合は連絡してください。 ご提出が間に合わななかった場合は、郵便局の転送届にてご対応ください。 郵便局で交付される「振替払込請求書兼受領証」(受験者にて保管)、 ATMから払い込みの場合は、「ATM利用明細票」をもって領収書としてご利用いただけます。 産業カウンセラー試験 受験資格変更について (2020年3月24日更新) 産業カウンセラー試験の受験資格のうち、 「学士」による受験資格は、2016年度の試験をもって廃止となっています。 (PDF) (PDF) 経過措置により、2018年度(2019年1月末実施)の 産業カウンセラー試験を受験された「学士」受験資格の方の今後の受験は下記の通りとなります。 協会が実施する養成講座(1992年度~2019年度)を修了した場合、修了年度に関係なく受験が可能です。 ただし、D群からG群の科目による取得単位は6単位以内する 2020年度の試験について、「学士」受験資格判定は受け付けておりません。 ただし、D群からG群の科目による取得単位は6単位以内とする。 ただし、D群 からG群の科目による取得単位は2単位以内とする。 本号に記載の職業経験とは、雇用形 態を問わずすべての職業経験をいう。 2020年度産業カウンセラー試験の「修士」受験資格判定 (注1)試験日に20歳に達している者をいう (注2)科目群について A群:産業カウンセリング、カウンセリング、臨床心理学、心理療法各論(精神分析・行動療法など)などの科目群 B群:カウンセリング演習 カウンセリング実習などの科目群 C群:人格心理学、心理アセスメント法などの科目群 D群:キャリア・カウンセリング、キャリア概論などの科目群 E群:産業心理学、産業・組織心理学、グループダイナミックス、人間関係論などの科目群 F群:労働法令の科目群 G群:精神医学、精神保健、精神衛生、心身医学、ストレス学、職場のメンタルヘルスなどの科目群 2019年度 試験について (ご参考)• 2019年度 産業カウンセラー試験は下記の日程で実施し、終了しました。 学科試験:2020年1月19日(日)• 実技試験:2020年1月25日(土)又は26日(日).

次の

[ 産業カウンセラー ]

産業 カウンセラー 試験

気になる項目をクリック• 1.産業カウンセラーとは? 産業カウンセラーは、 働く人と職場を支援する専門家。 おもに職場のメンタルヘルス対策や、環境改善のサポートを行います。 同じく心理系の資格として「臨床心理士」の資格がありますが、両者は性質が異なります。 おもな活動場所 仕事の内容 産業カウンセラー• 働く人の心の支援• 職場のメンタルヘルス対策 臨床心理士• 学校や病院など幅広い• さまざまな立場の人の心の支援 産業カウンセラーは「働く人」「職場」「労働環境」などにフォーカスした資格。 臨床心理士と比較すると活躍できる場所が限定されますが、 身につけた専門知識を自らが働く職場で活かすことができます。 なお、産業カウンセラー・臨床心理士ともに国家資格ではありません。 勘違いしないよう、注意してくださいね。• 資格を履歴書に記載できる• 資格を登録すると 「産業カウンセラー」と名乗れる• 習得したスキルを職場で生かせる 資格を履歴書に記載できる 試験に合格すると、履歴書に「産業カウンセラー試験合格」と記載することが可能です。 職場のメンタルヘルスに関する知識を有している証明となります。 労務管理・人材派遣などの仕事に転職したい場合に役立つでしょう。 資格を登録すると「産業カウンセラー」と名乗れる 協会に費用を支払い、資格を登録すると 「産業カウンセラー」と名乗って活動できます。 産業カウンセラーの資格のみで活動することは難しいですが、複数の資格を取得して独立することもできます。 独立を考えている場合、肩書きがあることで信頼度が高くなるでしょう。 習得したスキルを職場で生かせる 冒頭でもお伝えしましたが、身につけた専門知識は職場で活かすことが可能です。 とくに 総務や人事として働く場合、メンタルヘルスの知識が役立ちます。 ストレス社会といわれる現代で、働く人の支援をすることはとても重要なのです。 次の章では、産業カウンセラーの種類と難易度について解説します。 2.産業カウンセラーの種類と難易度 試験の種類には、 以下の2つがあります。 試験に合格することで、メンタルヘルス・キャリア開発・人間関係開発の専門知識を持つ証となりますよ。 試験の概要と合格率 試験の概要については、以下をご覧ください。 受験資格• 20歳以上であり、協会が行う産業カウンセリングの学識及び技能を修得するための講座を修了した者• 大学院研究科において心理学または心理学隣接諸科学・人間科学・人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻の修了者であり、協会の定める科目において、指定の単位を取得した者 試験内容 <学科試験>• 産業カウンセリング概論• カウンセリングの原理および技法• パーソナリティ理論• 産業カウンセラーとしての基本態度• 技法の適切な活用• 自己理解的側面• 社会的貢献への姿勢及び認識 合格基準 学科試験・実技試験ともに概ね60%以上 合格率 60~70%程度 合格率は60~70%と、決して低い数字ではありません。 協会が実施している講座を受講し、しっかりと勉強すれば 働きながらでも資格を取得できるでしょう。 「産業カウンセラーとして、スキルアップを目指したい」という方におすすめの試験です。 新シニア産業カウンセラー試験は2017年に初めて実施された試験であり、2017年までは「シニア産業カウンセラー試験」が実施されていました。 2018年度には新・旧両方の試験が実施されましたが、 2019年以降は新シニアカウンセリング試験のみ実施されています。 試験の概要と合格率 受験資格• 産業カウンセラー試験合格後、新シニア産業カウンセラー育成講座において、必須科目の修了証の発行を受けた者• 産業カウンセラーの資格を有し、大学院研究科において心理学または心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻の修了者であり、協会の定める科目において、指定の単位を取得・協会が指定する新シニア育成講座の科目の修了証の発行を受けた者 試験内容 <試験に関わる提出書類>• 産業カウンセリングに関する実践活動記録• ケースの概要• 産業カウンセリングに関連する実践活動に関すること• 提出したケースのスーパービジョンに関すること• シニア産業カウンセラーとしての人間性・倫理性等に関すること 合格基準 非公開 合格率 非公開 筆記試験はなく、面談にて合否が決定します。 歴史が浅い試験なので合格率は公開されていませんが、産業カウンセラーとしての高いスキルを問われるため 十分な勉強時間・実践活動が必要です。 ちなみに、2018年まで実施されていたシニア産業カウンセラー試験の合格率は30%前後でした。 シニア産業カウンセラー試験は筆記と実技試験で構成されていたため、新シニア産業カウンセラー試験と比較することはできませんが、同じくらいの難易度・もしくはそれ以上の難易度と考えられるでしょう。 また先述した通り、新シニア産業カウンセラー試験を受けるためには、産業カウンセラー試験の合格が必須です。 そのため、まずは産業カウンセラー試験の合格を目指すことをおすすめします。 メンタルヘルスの推進• キャリア・カウンセリング• 人間関係開発 上記のほか、 カウンセリングにおいて重要となる「傾聴」を学びます。 各グループに指導者がつき、カウンセリング体験を実施。 リアルな学習を行うことで、しっかりと傾聴の技法を習得できますよ。 通信講座が廃止されe-Learning制が導入されている 以前は通信講座が行われていましたが、2018年に廃止。 2019年以降は面接での体験学習のほか、 Web配信講義視聴などで学習する「e-Learning制」が導入されています。 講座の詳細は、以下の通りです。 面接の体験学習 通学(104時間) ライブ理論講義 通学(12時間) WEB配信講義視聴 e-Learning(32時間) 理解度確認テスト e-Learning(13時間) 実習に関する在宅課題6課題 ホームワーク(28時間) なお、受講料は291,600円となっています。• 更新までの期間:5年• 費用:更新料(3,000円)+年会費(10,000円) 更新しなくても資格が失効・抹消されることはない 資格を登録・更新しない場合でも、取得した資格が抹消されることはありません。 ただし、 「産業カウンセラー」という呼称を使用して活動するには資格登録が必須です。 「産業カウンセラー」は一般社団法人日本産業カウンセラー協会の登録商標であり、登録なしに使用することはできないので注意してくださいね。 4.資格取得のためのおすすめ通信講座3選 仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが 通信講座です。 ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介 します。 事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。 「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。 ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。 また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。 質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

次の

産業カウンセラーの試験勉強と試験対策方法

産業 カウンセラー 試験

合格基準 非公開 受験料 【産業カウンセラー】31,500円(学科試験:10,500円、実技試験:21,000円) 【シニア産業カウンセラー】42,000円(学科試験:12,600円、実技試験:29,400円) 登録・更新 年会費:10,000円、更新料:3,000円 問い合わせ 関連資格 、、、 スポンサーリンク 産業カウンセラー試験の試験日 【試験日】 <産業カウンセラー>1月下旬 <シニア産業カウンセラー>11月 【申込期間】 <産業カウンセラー>11月中旬~12月上旬ごろ <シニア産業カウンセラー>9月上旬~下旬ごろ 【合格発表】 <産業カウンセラー>3月上旬 <シニア産業カウンセラー >1月上旬 産業カウンセラー試験の試験内容 産業カウンセラー 筆記試験 産業カウンセリング概論、カウンセリングの原理および技法、パーソナリティ理論、事例検討 実技試験 産業カウンセラーとしての基本的態度、技法の適切な活用、自己理解的側面、社会的貢献への姿勢及び認識 シニア産業カウンセラー 筆記試験 産業カウンセリング概論、カウンセリングの原理および技法、パーソナリティ理論、事例検討 口述試験 高次の素養及び人間性、専門的知識と技法、実践経験 実技試験 産業カウンセラーとしての基本的態度、技法及びプロセスに関するスキル、自己評価及びセルフコメント 産業カウンセラー試験の受験者数・合格率 産業カウンセラー 【学科】 年度 受験者数 合格率 2018年 3,289人 72. 0% 2017年 3,690人 72. 9% 2016年 3,914人 73. 8% 2015年 4,382人 76. 7% 2014年 4,579人 68. 2% 【実技】 年度 受験者数 合格率 2018年 1,342人 67. 4% 2017年 1,497人 69. 3% 2016年 1,558人 72. 2% 2015年 1,743人 70. 5% 2014年 1,972人 66. 1% シニア産業カウンセラー 【学科】 年度 受験者数 合格率 2018年 40人 45. 0% 2017年 79人 46. 8% 2016年 240人 52. 1% 2015年 258人 50. 4% 2014年 210人 48. 1% 【実技】 年度 受験者数 合格率 2018年 74人 21. 6% 2017年 116人 26. 7% 2016年 268人 31. 3% 2015年 289人 41. 5% 2014年 231人 36. 8% 産業カウンセラー試験の難易度 受験には大学等で心理系の勉強をし、単位を取得するか、協会が行う講座を修了する必要があるため、時間と費用がかかります。 産業カウンセラーの合格率は60%代を推移しており、その上級であるシニア産業カウンセラーは例年50%を切る合格率で、どちらも難易度の高い資格です。 学科試験はかなりの学習量を要すため、試験に慣れるためにも繰り返し問題集を解くことも必要です。 また実技試験には論述試験と他に面接もあります。 実際に試験官の前でカウンセリングを受験者同士で行うため、どんなテーマが与えられても問題がないように対策することが重要です。 実技試験は養成講座を受け、一定の基準に達していれば免除される場合もあり、難易度を下げることは可能です。 産業カウンセラー養成講座とは? 産業カウンセラー養成講座とは、産業カウンセラーの資格の受験資格を得る為の講座で、「通学制」と「通信制」のいずれかを選択して受講します。 通学制について 受講期間 4月~11月(約7ヶ月) 受講回数 【昼間コース】約22回 【夜間コース】約38回 受付開始 1月 修了要件 ・欠席が19時間未満(やむを得ない事情を除く) ・在宅研修課題をすべて提出 ・A~Dの4段階評価においてAまたはBの評定 免除 面接実習で一定の成績を修めた場合、実技試験を免除してもらえる制度がります。 受講料 226,800円(消費税込) お申込み先 最寄りの日本産業カウンセラー協会支部 通信制について 受講期間 10月末~翌年10月末(約1年) 受講回数 在宅にて学習(面接実習は16日間) 受付開始 8月中旬 修了要件 ・すべての科目を履修 ・面接実習104時間中92時間以上出席 ・3課題レポートを提出 免除 面接実習で一定の成績を修めた場合、実技試験を免除してもらえる制度がります。 受講料 205,200円(消費税込) お申込み先 最寄りの日本産業カウンセラー協会支部.

次の