お 目 もじ。 第159回~第170回(9年目)の記録

キッズクラス

お 目 もじ

[chapter:「聖」のもじもん せいぐりおん] 闇のもじもん。 聖騎士のような見た目だが、その中身は邪悪そのもの。 モジゲンメモリーから出てきた邪悪な意思の正体(であっても良かったんじゃないかなってやつ) 漢字のイメージに反し、生まれたときから極悪な性格をしていて、自分以外の全てを排除しようと目論む。 もじ魔獣になると、鎧などがほぼそのままの状態で姿がワイバーンのような姿になる(両腕が大きく、脚がない)。 [newpage] [chapter:「猛」のもじもん たけりーな] ワイルドな性格の女性もじもんで、ホルスタイン柄のビキニを着た人間の少女の姿をしている。 自分より大きな戦斧を片手で軽々と振り回す。 角も鋭く、体全体をツイストさせ、ドリルのように回転して突進する攻撃が得意。 いさましうすのガールフレンドらしい。 もじ化けすると猛獣が暴走する。 [newpage] [chapter:「救」のもじもん れすきゅーぶ] 闇のもじもん。 救急箱に腕が生えたロボットのような姿のもじもん。 救命活動で活躍していたが、悪意ある人物が患者を殺害し、それを自身の医療ミスと罪を擦り付けられて人間不信になり、せいぐりおんの手下となる。 もじ魔獣としての姿は、救急箱型のミミックのような姿で、蓋部分が上顎、箱本体に相当する部分が下顎も兼ねる下半身になり、両手は小さな救急箱になっていて、様々な医療用具を出して攻撃する。 [newpage] [chapter:「刀」のもじもん そーでぃあん] 頭と両足が刀の形をしたロボットのようなもじもん。 手は3本爪のハサミのようになっている。 武士言葉を話し、性格も侍そのもの。 [newpage] [chapter:「弾」のもじもん だんきっど] カウボーイのようなもじもんで、様々な火器を扱う。 狙撃、零距離射撃ともに得意なテクニシャン。 もじ魔獣になると頭身が増し、体中に火器が付く。 [newpage] [chapter:「剣」のもじもん ぶれいでぃおす] 体が剣の形をしたもじもんで、腕にも光の剣を持つ。 1つ目は相手の心を読むことができる。 [newpage] [chapter:「弓」のもじもん あろでぃあ] 弓を持った巫女のようなもじもん。 弓の腕前は百発百中(もじ化け時はその限りではないが)。 [newpage] [chapter:「斧」のもじもん ふらんちすか] 銀ベースでツインテールをしたロリ巨乳のアンドロイドのような姿で大きな斧を二刀流で持つ。 斧の刃が付いた球体に変形する。 感情の起伏がかなり少なく、ボキャブラリーに乏しい。 [newpage] [chapter:「戦」のもじもん うぉーがん] 闇のもじもん。 軍隊の司令官のようなもじもん。 戦争を求め、平和を根底から破壊しようとする過激な性格故に3ゆう士から制裁を受けたことで恨みを持っている。 合法的に戦争を起こすためせいぐりおんの下に就いた。 もじ魔獣としての姿は変形合体ロボのような姿で、F-15DJ戦闘機とM1エイブラムス戦車に分離する。 背中に主砲を背負い、両腕はキャタピラで、マインプラウだった鉤爪を持ち、両脚からジェット噴射して飛行する。 [newpage] [chapter:「殺」のもじもん じぇいきる] ホッケーマスクとペストマスクを混ぜたような仮面を被った、屈強な殺人鬼のようなもじもん。 重罪人を処刑する役割を持っていた。 本質は心優しく、無駄な殺生を好まない。 両腕には3枚刃のプロペラの羽がチェーンソーになったような武器を持つ。 語彙力に欠けていて、単語を区切って話す。 [newpage] [chapter:「罪」のもじもん ぎるてぃおす] 拘束服を着た、青髪ストレートの青年のようなもじもん。 口にはマスクをいつもつけていて、じぇいきる同様単語を区切って話す。 脚は裸足で足枷が付いている。 相手の心や記憶を読み取り、罪の重さを測る。 [newpage] [chapter:「罰」のもじもん ぱにしゃどう] 目隠しをした、赤髪ショートの青年のようなもじもん。 ぎるてぃおすの弟。 大人しい兄と対照的に活発。 有罪判決が下った相手に相応の罰を下す役割をしている。 もじ魔獣としての姿はダークエスケープのボスキャラや拷問器具などが混ざったり、目の部分は目隠しをした両手ごと五寸釘で刺されているなどグロテスクかつ痛々しい。 [newpage] [chapter:「海」のもじもん おーしゃにあ] ギャルっぽい人魚のようなもじもん。 言葉遣いもギャル口調。 海を守っており、海の汚れを積極的に掃除するしっかり者。 怒ると渦潮や津波で攻撃してくる。 トライデントと方天戟を足したような短めのハルバートは現代っ子のようにデコられている。

次の

飛蚊症(ひぶんしょう)・・・目の前にちらちらしたものが見える方

お 目 もじ

【症状】• 視野が欠ける(視野が欠損する)• 視野が狭くなる• 視力が低下する 先頭にもどる 【症状】• 虫が飛んでいるように見える• 黒い点や糸くずが見える 先頭にもどる 【症状】• 目が赤い(白目の周辺部が赤くなる) 先頭にもどる 【症状】• 物が歪んで見える 先頭にもどる 【症状】• 目のかすみ(霧がかかったように目がかすむ)• 光がまぶしい• 視力が低下する(小さな文字が読みにくい)• 急にめがねが合わなくなる。 水晶体が硬くなっているため、メガネが毎年あわなくなるという症状が現れることもある。 先頭にもどる 【症状】• まぶた(目の周りの筋肉)がピクピクする 先頭にもどる ・ 【症状】• 目の疲れが激しい• 視力が落ちる(視力低下)• 吐き気• 食欲不振 先頭にもどる 【症状】• 眼が乾く• 眼が疲れる• 眼が充血する• 眼が痛い• 目が痙攣する• 理由もなく涙が出る• 光がまぶしい• ひどくなると角膜や結膜に障害が起こる 先頭にもどる 【症状】• 遠くはよく見えるのに、近くがよく見えず疲れてしまう• 小さい字をみる時は、少し遠くに離すと見えやすくなる• (無理して近くにピントを合わせているため)• 最近では、長時間によるスマホの使用で、夕方頃になると老眼のような状態になる「」が、子供や30代の若い人の間でも増えつつあるようです。 先頭にもどる 【症状】• 物がかすんで見える• ものがぼやける 先頭にもどる 【症状】• 異物感()• 先頭にもどる 【症状】• 眼の調節機能が低下し、視力が落ちる 先頭にもどる 目の病気に良い栄養・食べ物 目の病気から目を守るためにも、日頃からサングラスで紫外線から目を守ったり、定期的に眼科で検査を受けるなども大切ですが、もっと積極的なアプローチとして普段の食事を見直してみてください。 注目されている栄養素としては、やアントシアニン(・)、、ビタミンC、ビタミンEなどです。 栄養バランスのよい食事に気をつけ、健康補助食品(・)などを活用してください。

次の

索引「もじ」3ページ目

お 目 もじ

7年目のランドセル 国土社から写真家・内堀タケシ氏著書による、アフガニスタンの子どもたちにランドセルを贈る国際社会貢献活動「ランドセルは海を越えて」の写真絵本「7年目のランドセル」が2020年6月に発売された。 クラレは、日本の小学生が6年間大切に使用したランドセルを、戦禍によって教育の機会を奪われたアフガニスタンの子どもたちに贈る国際社会貢献活動「ランドセルは海を越えて」を行っており、2004年のスタートからこれまでに海を越えたランドセルは12万個以上になる。 本年より一部の小学4年生の国語の教科書でも取り上げられる「ランドセルは海を越えて」。 学校で学習した内容をより深く理解するための一助になることも期待される。 「日常」をテーマにルポルタージュを続け、海外取材は65カ国に及ぶ。 2001年よりアフガニスタンの取材を続けている。 アフリカ、中東、アジアなど国際NGOと共に妊産婦死亡率の問題や児童労働問題にも取り組む。 また、写真にまつわる教育にも関わり、「写真学習プログラム」や環境問題をテーマにした「エコトーク写真授業」を公立小学校を中心に行う。 国際理解教育にも取り組み、貧困、難民、戦争などの問題について、全国各地の学校や教育現場で多数の写真展・講演会をおこなっている。 著書に『アフガニスタン勇気と笑顔』 株式会社国土社 、『ランドセルは海を越えて』 株式会社ポプラ社 など。 公益社団法人 日本写真家協会 会員。 クラレの国際社会貢献活動「ランドセルは海を越えて」 ランドセル用の素材に広く使用される人工皮革を製造・販売するクラレが中心となって行っている、役目を終えたランドセルをアフガニスタンの子どもたちにプレゼントする活動で、これまでに12万個以上のランドセルが海を越えました。 ランドセルは小学生が毎日使う学用品ですが、多くの場合、卒業とともに使う機会を失います。 しかし、丈夫なランドセルは6年間使用してもきれいで十分使用できます。 そんなランドセルを役立てられないだろうかとの声を受け、2004年にこの活動が始まりました。 ランドセルという身近なものを通して、日本の子ども達の国際社会貢献活動への関心やモノを大切にする心もはぐくみたいと考えています。 この活動は、2019年に公益社団法人日本フィランソロピー協会が主催する「第17回企業フィランソロピー大賞」において企業フィランソロピー賞「笑顔を届けま賞」を受賞しました。 また、光村図書出版株式会社が発行する令和2年度版『国語4年 上 』に『ランドセルは海を越えて』が掲載されました。 また、校舎はおろか机や椅子が無いために地面に座って勉強する学校も多くある。 そのような状況下で、アフガニスタンの子どもたちにとって日本から届いたランドセルは、ほかに代えがたい宝物となる。 厳しい生活の中でもランドセルに希望を見出し、たくさんの笑顔を見せてくれる子どもたちの姿を、わかりやすい言葉とともに紹介している。 ランドセルを受け取り、笑顔を見せる女の子(中ページより) 「7年目のランドセル」Amazonでの購入はこちら 映画、漫画、絵本、セブンイレブンを愛する猿。 座右の銘は猿、物は買わず拾い食い。 好きな言葉は猿知恵、猿真似、サルモネラ。 辛いものを好んで拾うがお腹は弱い。 アイスも好きだが極度の冷え性。 暑いのも寒いのも苦手で1日8時間以上寝ないと死にかける虚弱体質。 万年お腹ピーピーのため、よく便所で意識失い系。 まだ猿ではなく小猿であった時分、小猿野球にてベンチを尻で温め続けていたある日、代打に指名され、「全力で降ってこい!」とコーチに送り出され、胸を張ってバッターボックスへ向かい、ピッチャーを睨みつけ三球ともフルスイングした結果三振となったが、コーチの教えを守った事でどこか誇らしげにベンチに戻った。 するとコーチから、「どこ見て振ってんだ、バカやろー!」と怒鳴られ、「全力で降れって…」と力なく返すと、「言い訳すんな!」と逆上される。 以降、ベンチを温め続け、腑に落ちない事が多い毎日に憤りつつも、言いたいことも言えないこんな世の中じゃとも呟けずに煮え湯を飲んで死んだ猿の瞳で暮らしている。 誰にも望まれていないのは百も承知で、自らのブログに365日1日1回は更新するという誓約と誓約を課し、トレンドやヒット商品から自分が気になったエンタメ作品などを紹介していきます。 願わくば世界のどこかで誰かの暇つぶしくらいにはなっていることを念じながら…。 毎日午前零時に更新していますが、ごくたまに昼の12時にも更新していることもあります。 申し訳ございませんが、お問い合わせフォーム内の確認を失念している場合があり、コンテンツなどのご紹介などに関しましては、TwitterかFacebookでお問い合わせいただいた方が早い気がします。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

次の