横浜 ハンマー ヘッド くるみ っ こ。 500kcal Truffle Farm

ガーラ・レジデンス横浜上大岡のメインページ【アットホーム】新築マンション・分譲マンション購入情報

横浜 ハンマー ヘッド くるみ っ こ

施設内でいうと2階の港側、1番奥に出店しており、黒い壁に大きなリスくんが描かれているのが目印です。 店内入り口では鎌倉紅谷のショップを展開。 定番商品はもちろん、横浜ハンマーヘッドでしか手に入らない限定デザインのクルミッ子5個入りパッケージも用意します。 パッケージ上にはハンマーヘッド、パッケージ側面のみなとみらいのイラストも可愛いです。 店内どの位置からも「クルミッ子」の製造工程を見て過ごせる特徴的な構造となっており、キャラメル炊きから生地のし、包装まで商品を作るクラフトマン(菓子職人)の姿をガラス越しで覗くことができます。 クルミッ子を素材として生かした、オリジナルの和洋スイーツやドリンクをカフェスペースで食べながら製造工程も見られるという贅沢な空間です。 また店内の壁にはファクトリーらしく、クルミッ子を作っているようなリスくんが描かれていたのでぜひこちらも現地に行った際は探してみてください。 クルミッ子作るっ子! 同店では初めての試みとして、自分自身で「クルミッ子」作りを体験できるワークショップ「 クルミッ子作るっ子!」を開催。 実際にミニサイズのホールクルミッ子(通常サイズの約8個分)をクラフトマンと一緒に作るもので、完成したクルミッ子は「 クルミッ子メモリアルブック」に閉じ込めて持ち帰ることができます。 ワークショップは土日祝のみ実施し、です。 1人3,000円(税別)。 既に予約を受付中なので興味のある方はお早めに。

次の

横浜ハンマーヘッドにOPEN!「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory(クルミッ子ファクトリー)」

横浜 ハンマー ヘッド くるみ っ こ

鎌倉土産としても有名な「鎌倉紅谷」のクルミッ子。 私も大好きで「切り落とし」や「こわれ」などを買い置き、おやつにいただき、手土産が必要な時にはクルミッ子を買いに走るほどです。 かねてから鎌倉紅谷の公式サイトなどで告知されてきておりましたが、10月31日(本日)グランドオープンのみなとみらいの「横浜ハンマーヘッド」に「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory クルミッ子ファクトリー 」がオープンしました。 先日内覧会にお招きいただきましたので、一足お先にお邪魔してきましたのでレポートいたします! 「見る、味わう、体験する。 」が 一度に楽しめるとっても欲張りな施設 今まで、通常の支店では購入し持ち帰る、ということが主で、カフェは鎌倉の八幡宮前の本店にある「Salon de Kurumicco」のみ、また、作る工程については幸浦の工場のみ見学が可能、という形でした。 横浜ハンマーヘッドに開店した「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory クルミッ子ファクトリー 」では、クルミッ子の製造工程をガラス越しに生地伸ばしやくるみの入ったキャラメルフィリングの製造工程なども含めて見学できます。 一つ一つ機械に送られ包装される様子も見ていて飽きません。 Shopでは通常と同じく「クルミッ子」が購入でき、特に5個入りのファクトリー限定パッケージのクルミッ子はことのほか可愛く見えます。 主に土日祝日(1日2~3回)のみ開催されるクルミッ子の製造体験です。 予約は から。 (日程は順次追加されておりますが、既に現時点で1月下旬までの予約は埋まっています。 ) カフェスペースの奥にはガラスで仕切られた部屋があり、その中で作ります。 実際のファクトリーで製造されているサイズ(2枚目の写真)の何分の一のサイズになるかはちょっと失念してしまいましたが、メモリアルブック仕立ての箱の中に納まるサイズでホールのクルミッ子を作るのです。 切り分けはせず、1枚サイズででき上がります。 (体験料3,000円(税抜) 内覧会当日はとあるメディアさんが体験されていましたが、慎重にフィリングの上に伸ばした生地をのせて成型している様子など、作っている様子を見ているのもなかなか楽しかったです。 実際でき上がって手にしてみると、感動するようですよ。 実は私も既にワークショップを申し込み済みで、すごく楽しみにしています。 「おいしい!」だけでなく「ときめき」も! 実際の工場では他の商品も製造していますが、ここ「横浜ハンマーヘッド」の「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory クルミッ子ファクトリー 」では、クルミッ子に特化した施設になっているのが特徴的。 羽田からの飛行機でいらしたお客さまにも、それから、埠頭にも近いので、船でいらしたお客さまにも便利な場所で、ますますクルミッ子は人気になっちゃいそう! 年間トンの単位で使われているカリフォルニア産のくるみのことも詳しくなれそう。 旅行の予定に合わせて「クルミッ子つくるっ子」で製造体験ができたら、さらに楽しい横浜滞在となりそうです。 ところでちょっとしたトリビアを… 八幡宮本店のクルミッ子コンセプトカフェ「Salon de Kurumicco」に使われているクルミッ子サイズのタイルですが、実はこちらの「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory クルミッ子ファクトリー 」でも使われています…ということは! そう、ところどころにクルミッ子のキャラクター「りすくん」がいるんです! 店内の通路のみかと思ったら、クルミッ子の製造工程を見られるFactory店外通路のタイルにも!高さもまちまちで、八幡宮本店よりも数も多く、そしてファクトリーのワーカーさんのように帽子までかぶっていますよ! SNS用に、こんな札も用意されていますので是非とも見つけてInstagramなどのSNSにアップしてみてくださいね! また後日、「クルミッ子つくるっ子」を体験した様子も掲載しますね!楽しみにしていてください。 特派員No. 369 笑う門には「福」だらけ。 特派員No. 243 ぬくぬくほっこり大好きです• 特派員No. 278 食べ呑み大好きアラフォー主婦• 特派員No. 281• 特派員No. 特派員No. 312 やせの大食いとよく言われます。 特派員No. 451 上大岡周辺はまかせて!• 特派員No. 453 かなりのお茶好きです!• 特派員No. 454 楽しい事、探します!• 特派員No. 536 金沢区エリアと子育て情報探索中• 特派員No. 686 カフェ巡りとスイーツが大好き!• 特派員No. 687 お得なミッションをクリア!• 特派員No. 688 道端でよく道を聞かれます 笑• 特派員No. 特派員No. 868 ステキな横浜を探す、関西人。 特派員No. 869 人間セレクトショップ目指します!• 特派員No. 870 子連れスポットはおまかせ• 特派員No. 948 美味しいお店や素敵なところは直感的にわかる特技があります!• 特派員No. 949 美術館とスーパー銭湯大好きなマッタリ主婦です。 特派員No. 950 日常生活で、楽しい時を過ごせる幸せを大切に。 特派員No. 951 横浜生まれ横浜育ち 催事が大好き• 特派員No. 952 新しい情報やおトクな情報を求めて、日々活動しています。 特派員No. 953 食べること!遊ぶこと!楽しいことが大好き!!.

次の

高精度加工なら高精度マシニングセンタ・高剛性マシニングセンタのキタムラ機械

横浜 ハンマー ヘッド くるみ っ こ

鎌倉紅谷は10月31日、「横浜ハンマーヘッド」に「クルミッ子ファクトリー」をオープンする。 10月25日マスコミ向け内覧会を開催した。 <クルミッ子ファクトリー> 「クルミッ子」は、自家製キャラメルにクルミをぎっしり詰め込んで、バターの生地で挟んだ人気スイーツ。 新店は、ショップ、カフェとともに、「クルミッ子」の製造工程であるキャラメル炊き、生地のし、フィルム包装などを見学できる店舗となっている。 <製造工程が目の前で見られる> 同社は「工場プラス店舗を兼ねており、お客に見る、味わう、体験する楽しさを提供する。 おいしさを追求し、おいしさの先の笑顔を届けたい」と話している。 <カフェを併設> ハンマーヘッドでしか買えない横浜パッケージの「クルミッ子」、定番菓子もそろう。 <ハンマーヘッドでしか買えない横浜パッケージ> 横浜港を臨むカフェでは、「クルミッ子」を素材として生かしたパフェ(780円)などオリジナル和洋スイーツが楽しめる。 <クルミッ子パフェ> また、「クルミッ子」を製造体験できるワークショップ「クルミッ子つくるっ子!」(1人3000円)も開催。 実際にホールサイズ(8個分)作りを職人とともに体験できる。 98m2 TEL:045-263-9635(10月31日より開通) 席数:店内50席、テラス30席.

次の