新聞紙 ゴミ箱 縦長 作り方。 エコすぎる!新聞紙で作る丈夫なゴミ箱がとっても良いんです!!|

[折り紙] 箱の折り方 [簡単・シンプル]

新聞紙 ゴミ箱 縦長 作り方

新聞紙ゴミ箱の作り方 毎日届く新聞紙も、読んだ後捨てるだけではもったいないですよね。 水分を吸収してくれる便利なアイテムとして、靴の中に入れて使う場合もあると思いますが実は生ごみを捨てる際にもとても役立つアイテムなんです。 実は生ごみは新聞紙にくるんで捨てると、防臭になりあの独特な嫌な臭いを抑える効果が期待できます。 そこでおすすめなのが、『 新聞紙ごみ箱』を作っておくという方法です。 もちろん、生ごみだけではなく日常生活で出るちょっとしたごみを捨てる際にもとても役立ちます。 ごみを入れたらそのままくしゃっとして捨てることができるので、とても便利ですよね。 では早速作り方をご紹介しますね。 折り方 こちらは マチがあり、大きな箱型にできる方法です。 作り方を動画でもご紹介しています。 是非ご覧ください。 続いて画像とテキストでも作り方をご紹介しますね。 1、新聞紙を広げて2枚重ねる。 (見開き2枚分の大きな1枚を見開きの部分で折って使います) 2、横向きに置く。 輪になっている方を手前におき、真ん中の折り目に合わせて両端を三角に折る。 3、上側のぴろぴろになっている方の端2枚を1枚、三角の底に向かって2回折る。 (画像は2枚とも折っていますが、1枚は折り目を付けるだけで戻します) 4、裏側して両端を真ん中に合わせる。 5、残っている端のぴろぴろの1枚を2回折り、端を入れ込む。 最後に三角の部分を折り返し、しっかりと折り目をつける。 折り目をしっかりとつけておくと広げたときに使いやすくなります。 保存しておくときはこの状態でたたんでおきます。 作り方を動画でもご紹介しています。 是非ご覧ください。 続いて画像とテキストでもご説明しますね。 2、裏返し、横からに3つ折りにする。 3、先に折った部分(下側のぴろっとしている部分)に反対の角を差し込む。 4、裏返し、上の部分を3角に折る。 下のポケットに差し込む。 5、これで完成です。 使う際は中を広げて使いますが、底の部分にマチがないので、マチが欲しい場合はぐっと底に折り目をつけるようにして使います。 おすすめの使い方 防臭になる使い方はこちらの記事にも詳しくまとめているので、においが気になっているという方は是非チェックしてみてください。 驚くほど臭わなくなりますよ。 またこの箱はチラシなどでも小さ目の物が作れるので新聞紙以外でもおすすめです。 注意点 新聞紙を使うので、インクで手や机が汚れます。 なので作る場所には注意してください。 手が汚れるのが嫌な方は軍手などをして作るといいかもしれません。 以上『 新聞紙ゴミ袋の折り方2通り』のご紹介でした。 便利なので是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事.

次の

折り紙 ゴミ箱の作り方

新聞紙 ゴミ箱 縦長 作り方

縦長で底の深いゴミ箱が簡単にできますね。 ウチでは新聞紙で作るゴミ箱は、主に簡易的な生ごみ用のゴミ箱として使ってるんですよね。 特に夏場など暑い季節の時期に、生ゴミ回収日まで、まだ日にちがあるとき、この新聞紙のゴミ箱に生ごみを入れて、冷凍庫に入れて凍らせておくんですよね。 ということで、生ごみ用の新聞紙のゴミ箱の作り方を次にご紹介します! 新聞紙 ゴミ箱 生ごみ用 作り方 生ごみ用・・・と言いましたが、作り方(折り方)は同じで新聞紙を2枚にするだけです。 新聞紙が2重になるなるんで、水分の多い生モノのゴミ箱として使えるんですよね。 普通に出来上がったゴミ箱でもいいですが、底に何重かに畳んだ新聞紙を敷けば、さらに耐久性がアップします。 でですね、2枚にして先にご紹介した動画のように作っていってもらえればいいのですが、1枚の新聞紙の状態から2枚分の厚みのゴミ箱を作っていけるんですよ。 どうすればいいのかというと、これもまた簡単で、三角形の形に折る手順の1つ前に、もう1回新聞を半分に折るんです・・・動画でご紹介します。 三角形に折る工程の前に、もう1回半分に折っています。 スポンサーリンク 上記の動画で使っている新聞紙は、従来の大きさのものでなく、地元の情報誌のような一回り小さいタイプの新聞紙ですね。 新聞紙 ゴミ箱 大きい丈夫なごみ箱作り方 もう1つ新聞紙で作るゴミ箱の作り方をご紹介します。 何気に、こちらの新聞紙のゴミ箱の方が、作りが丈夫で箱の形状をしっかり保てます。 それだけに、先ほどの折り方よりも少しだけ折り込みの工程が多くなります。 1枚の見開きの新聞紙を半分に折った状態(動画のようにA4のような縦横比率に)から折っていきます。 完成したときのゴミ箱の大きさは、最初にご紹介した折り方と、ほぼ同じ大きさに仕上がります。 実際に作ってみると気づいて頂けると思いますが、この作り方でできたゴミ箱は、底の部分が薄くなってしまうんですよね。 普通に使うのであれば問題ない程度ですが、もし底が薄いと感じるのであれば、ご紹介したように、新聞紙を何重かに折りたたんだ厚底を敷いて対応してみてくださいね。 個人的には、がっちりしていて丈夫な造りになるこちらのゴミ箱の作り方が一番好きですね。 結局、私としては、新聞紙を使ってのゴミ箱作りは、この作り方オンリーになってしまいました。 新聞紙 ゴミ箱 簡単な作り方-まとめ テレビ番組の朝イチでも紹介された新聞紙を使った簡単なゴミ箱から、生ごみ用のゴミ箱、そしてしっかりとした丈夫なゴミ箱の作り方をご紹介しました。 ちょっとゴミが出そうな時など、ササッとすぐに簡単に作れて、使い勝手良くて、そのまま捨てることができるので、本当にオススメです。 ご家庭のお母さんは、こういうのは必須アイテムになるのではないでしょうか。 1人暮らしの方であっても、一部屋に一個こういうゴミ箱があったら便利ですよ。 こういうのって、ふと作ろうとしたときに、アレ?どうやるんだっけ?・・・となってしまいがちですね。 しっかりと作り方を覚えてくださいね。 Your Message メールアドレスが公開されることはありません。

次の

折り紙 ゴミ箱の作り方

新聞紙 ゴミ箱 縦長 作り方

もくじ• 新聞紙で作る縦長のゴミ箱はこんな感じになります 新聞紙で作る、ゴミ箱の内側にセットするゴミ袋です。 レジ袋は簡単に捨てれて便利だけど、 買い物に行くときはマイバックを使うので、レジ袋をセットすると不足気味。 それにゴミ箱からカサカサ白いレジ袋が飛び出ててなんか見た目が嫌! そんなこんなで、レジ袋をセットするのをやめました。 簡単に20秒で作れる• コンパクトに折りたためる• 半分に折ります。 片面の端を、中央に向かって三分の一ほど折ります。 裏返しにして・・・ 重なっている両面を一緒に、中央の折り目に向かっております。 反対側も同じように中央の折り目に向かって折って・・ するとこうなります。 底の方を広げながらセットすると・・ あれ、なんか形が合ってない。 ゴミ箱の形に合わせても、こんな感じ。 大きさが合っていないと、ゴミ箱本体と新聞紙の内袋の間に空間ができちゃいます。 そしてこの空間が、ズボラの敵! 投げられたゴミが、 ゴミ箱と内袋との間の空間に入ってしまったら・・ しかもそれが、 ヨーグルトの蓋とか、食べこぼしを拾ったティッシュみたいに水っ気のあるものだとしたら・・・ ゴミ箱は無駄に汚れて掃除に手間をかける必要がでてきます。 この新聞紙の内袋は、開き口の大きさが調整できます。 もともと縦半分には折り目がついているので簡単。 そうするとこんなにコンパクトに! 私はたくさん作って、ゴミ袋を収納している場所に置いています。 多少水気のあるゴミも、 新聞紙なら水気を吸い取って 嫌な臭いの発生も防ぎます。

次の