ワーキングメモリを鍛える方法。 【ワーキングメモリの低い人の特徴と原因】改善方法5選【パレオな男でも紹介】

ワーキングメモリーだけ低い子供に鍛える習い事はピアノとそろばん!

ワーキングメモリを鍛える方法

ワーキングメモリーを鍛えるには? 流動性知能が高い人のことを一般的に頭が良いといいます。 例えば、家事の効率がアップしたり仕事やスポーツで必要な判断が瞬時にできるようになります。 このような能力は普通年齢と共に衰えてしまいますが、鍛えることでいつまでも効率良い生活ができるようになるのです。 幼いころからワーキングメモリーを鍛えると、良い成績が取れる可能性が高まります。 また、精神的に落ち着くことから集中力が増します。 その効果が、発達障害などにも効果があると注目されています。 ではそのワーキングメモリーの鍛え方について説明していきましょう。 ワーキングメモリーについて ワーキングメモリは一時的に記憶を留めて、その記憶から次の行動を判断する能力です。 人は記憶するときに、忘れてはいけないこと引き出しにしまう場合と、引き出しにはしまわずその場で処理する場合があります。 ワーキングメモリーは後者で簡単に言えば脳のメモのような役割です。 ワーキングメモリーは、次の行動を判断する前に消えてしまうと日常生活に支障があらわれるのでとても大切な能力といえるでしょう。 流動性知能の本質となるもの 流動性知能とは、動作性の知能ととらえられます。 新しい場面での適応力のことで、暗記や計算が強い人は流動性知能が高いといわれます。 また集中力も流動性知能が関係していることが分かっています。 突発的に起きた問題を解決するこの能力は、その本質から幼いころから鍛えると学習能力に有利に働きます。 また、問題解決能力に長けている点で独創的なアイデアを生み出すこともあります。 火事場の馬鹿力ではありませんが困ったときに突飛なアイデアを考え付くことがあります。 しかし、放っておくとピークの25才を過ぎると能力は徐々に下降し始め加齢による衰えを誰もが感じ始めます。 そのため普段から鍛えておく必要があるのです。 脳のキレを保つ 最近、脳のキレが悪くなったと感じるならワーキングメモリーが間違いなく機能低下しています。 若い時はなかった物忘れや、今聞いたことをすぐに忘れてしまうなどがその証拠です。 仕事や家事の段取りが悪くなるのもそのためで、そうなると努力なくして機能低下は食い止められません。 放置すればどんどん脳のキレはなくなっていくでしょう。 年齢が上がれば誰もが感じる衰えを少しでも遅くしたい人はワーキングメモリーを今すぐ鍛えましょう。 ADHDの症状を改善できる ADHDはワーキングメモリーに何かしらの問題を抱えている人が多くいます。 会話のやり取りが上手くできない、集中力に欠けてやるべきことができない、一度に複数の作業は混乱してしまうなどです。 しかし、ワーキングメモリーを鍛えることで集中する力が増し、情報の処理が落ち着いてできる利点からこれらの症状に改善が見込まれます。 治るということではありませんが、症状が軽減されるだけでも生活に大きな違いがあらわれるのではないでしょうか。 ワーキングメモリーを鍛える方法 まずはワーキングテスト ワーキングメモリーを鍛える前に、下記のテストでワーキングメモリー能力を実際に実感してみましょう。 テストする前には答えを書く紙と筆記用具を用意してください。 [ワーキングテスト] まず下記の5つの単語を覚えてください。 覚えたら字を手で隠して声に出して言ってみましょう。 すべて言えるようになるまで繰り返してください。 言えるようになったら問題1と問題2に進みましょう。 ばら めがね ひかり まぐろ せなか [問題1]10個思いつく野菜を紙に書き出しましょう。 (制限時間2分以内) [問題2]最初に覚えた5つの単語を紙に書きだしましょう。 (制限時間2分以内) [採点方法]テストは50点満点です。 合計点があなたのワーキングメモリー能力です。 [あなたのワーキングメモリ能力は?]0~10点………低い 11〜20点……やや低い 21〜30点……普通 31〜40点……やや高い 41〜50点……とても高い いかがでしたか?ワーキングメモリー能力は鍛えればそれを維持、または回復させることができます。 では鍛え方をみていきましょう。 イメージングする イメージするとは、頭の中に形成する訓練をすることです。 ワーキングメモリーで処理できる数は一度に3つといわれています。 例えば大根をイメージして次に卵、はんぺんの3つをイメージすれば1つのイメージとしておでんを頭に形成することができます。 そのほかでは本を読むのも訓練になります。 本を読むとその情景や状態が頭に浮かぶことがありますよね。 それらのことを繰り返すことがワーキングメモリーを鍛えることにつながります。 楽しい目的を持つ 楽しい目的を持つと脳にはドーパミンが分泌されて脳を活性化します。 ですから日常生活を楽しく送ることはとても脳に良いことばかりなのです。 何かがあってもすぐにくよくよしないようにしましょう。 余計なことに気を使わず、楽しんで物事をやることもワーキングメモリーを鍛える方法の1つです。 ゲームアプリではN-BACKが一般的 ワーキングメモリーを鍛えるためにN-BACK課題という脳トレがあるのをご存知ですか?そもそも人は、注意力をコントロールできないと作業を上手くこなせません。 上手くできないことから焦りや不安を感じてしまうという悪循環にハマってしまいます。 もともとIQを上げるために使われてきたN-BACK課題の効果は実証済み。 しかもN-BACK課題にはメンタルを強くする効果もあるのです。 N-BACK課題はスマホのアプリで手軽にできます。 習慣にすると知らぬ間にワーキングメモリーもメンタルも鍛えられちゃいますよ。 幼児のワーキングメモリーの鍛え方 基本はしつけ ワーキングメモリーは幼児も鍛えられますが、幼児の場合はまず基本のしつけをすることが大切だといわれています。 なぜなら「考える、我慢する、感じ取る、意思を決定する」このような働きは前頭葉で行うからです。 ワーキングメモリーで判断して行動に移すという処理は前頭葉でしています。 つまり基本のしつけをすることで、前頭葉が活発化されワーキングメモリーを鍛えているのです。 人の気持ちを想像させる 人とのコミュニケーションは、ワーキングメモリーをとても良く使います。 人の気持ちを感じ取る作業やその場の空気を読むことは前頭葉を活発に使うのでワーキングメモリーが鍛えられます。 幼児はその日の出来事を振り返り、コミュニケーションを取ったときの友達の気持ちを想像させることでワーキングメモリーの良いトレーニングになります。 手を使う細かい作業をさせる 手を使う細かい作業は前頭葉が活発に働きますから、幼児のうちから家のお手伝いをさるのもいいですね。 昔から家事の手伝いを子供にさせるのは理にかなったことだったのです。 お手伝いは簡単なものでいいのですが、研究では簡単すぎるものよりも、その子にとって少し難しいもののほうが脳の活性化を活発にすることが分かっています。 1つこなせるようになったらまた違うお手伝いを考えて違うお手伝いをあたえましょう。 子どもだからと何もさせないのは前頭葉の働きが鈍くなります。 体も脳も活性化で健康的に! どんなに体が健康だとしても、脳が衰えてしまっては生活に支障が出てしまいます。 脳の働きの中でワーキングメモリーはとても重要な働きをしていることがわかりました。 誰もがやがては老いるときが来ます。 その日が少しでも遅くなるようにワーキングメモリーを鍛えることを常に意識して努力しましょう。

次の

発達障害はワーキングメモリが弱い?鍛える方法は?

ワーキングメモリを鍛える方法

「頭がさえなくて、仕事に集中できない」 「新しいことを学んだり覚えたりするのが億劫だ」 「資料を読むのに時間がかかる」 このように、 仕事にまつわるタスクを困難に感じている人は、ワーキングメモリ の働きが低下しているかもしれません。 ワーキングメモリの能力が高い人は、集中力や自己コントロール能力が高く、仕事や勉強にコツコツ取り組むことができ、記憶力も高い傾向にあります。 まさに「頭のよさ」をつかさどる能力であり、仕事や勉強をする際に欠かせないものだと言えるでしょう。 幸いなことに、このワーキングメモリは、日常的な習慣や行動を変えることで鍛えられます。 その方法をいくつかご紹介しましょう。 「ワーキングメモリ」はあらゆる場面で使われている ワーキングメモリは、短時間、脳のなかに情報を留めておく能力を指します。 日常生活から仕事まで、ありとあらゆる場面で、ワーキングメモリが必要とされていることをご存じでしょうか。 たとえば、 初めて訪れる場所で誰かに道を聞いたときに、道順を頭に留め、「目印の看板を右に曲がる」などと考えながら歩き、目的地へ向かう……という作業は、ワーキングメモリを使っているのです。 また、誰かとしゃべっているときも、 相手の話した情報を記憶したり、頭の中にある単語や知識を集めたりして文章を成り立たせる……といった作業でも、ワーキングメモリは使われます。 あるいは、プレゼン資料をつくるために、 さまざまな情報を集め、それをパワーポイントに落とし込む際に、頭のなかに保持されている情報を引き出していく……そんな場面でも、ワーキングメモリは欠かせません。 加えて、ワーキングメモリは学習面でも大きな役割を果たしています。 学生がよい成績を収めるための要素として、IQよりも重要であるという研究結果が出ているのです。 スターリング大学とエディンバラ大学の研究者らによると、5歳の子どもが11歳になるまでの6年間の学業の成績を調査したところ、彼らが5歳のときに測ったワーキングメモリ能力の高さが成績のよさに比例しており、IQよりも高い因果関係が見られたそう。 ワーキングメモリを鍛える方法 幸いなことに、ワーキングメモリはこれから伸ばしていくことが可能です。 ワーキングメモリを鍛える方法を3つご紹介しましょう。 ストレスを減らす じつは、ストレスが多いほどワーキングメモリの働きは低下し、単純なタスクを遂行するにも時間がかかったり精度が落ちたりしてしまいます。 しかし、カリフォルニア大学の研究によると、 マインドフルネスに関するトレーニングを受けた学生グループは、ワーキングメモリの働きが向上したのだとか。 研究では、48人の学生らを被験者とし、【マインドフルネスに関するトレーニングを受けるグループ】と【栄養学について学ぶグループ】のふたつのグループに分けました。 前者のグループは、週に4回、45分のマインドフルネス・トレーニングを2週間にわたって受け、その道のプロフェッショナルに、マインドフルネスの実践方法などを学びます。 一方、後者のグループは同じ期間に、適切な食事方法などについて学びました。 その後、被験者らにワーキングメモリを測るテストを受けてもらったところ、 マインドフルネスのグループのほうがトレーニング後に高いスコアを獲得したそう。 マインドフルネスの状態がストレスを軽減させるのに加え、雑念にとらわれずに、いまこの瞬間に集中する力がついたことで、ワーキングメモリが上がったと考えられます。 「最近ストレスが多く、大事な仕事や勉強に集中できない」という人は、ストレスを減らす工夫をしたり、瞑想を生活に取り入れてみたりしてはいかがでしょうか。 有酸素運動と筋トレ 有酸素運動がワーキングメモリによい影響を与えるという研究結果が出ています。 運動科学者のクリスティーン・ルーボワ博士が率いる研究チームは、有酸素運動をする前後で、ワーキングメモリに影響があるのかを調査しました。 その結果、運動直後はワーキングメモリの働きが一時的に低下したものの、 少し時間をおいて測ると、運動をしていないときに比べて向上することが判明。 激しい有酸素運動を短時間行なうことによって、このような結果が見られたそう。 集中しなければならない仕事や勉強をする前に、家の外で縄跳びをしたりランニングをしたりすることでパフォーマンスが向上すると考えられますね。 ほかにも、 筋トレがワーキングメモリの働きを向上させるという研究結果もあります。 カッセル大学の研究者らが、68名の健康な高齢者(65~79歳)を対象に、週に2日の頻度で10週間ウエイトトレーニングを実施してもらったところ、実施前と比べてワーキングメモリの能力が上がったことが判明したそう。 実験の対象となったのは高齢者ですが、ストレスなどでワーキングメモリが低下していると感じる人には、効果が期待できるのではないでしょうか。 新しいスキルを身につける スウェーデン人内科医のターケル・クリングバーグ氏は、自身の著書『オーバーフローする脳 ワーキングメモリの限界への挑戦』のなかで、神経活動によってワーキングメモリが発達すると述べています。 つまり、 何かのスキルを上達させるために没頭することで、脳の発達が促されるということ。 たとえば、ギターの音色を聴いたときに活性化される脳の部分は、ギターを演奏できる人のほうが、演奏できない人よりもより活性化されます。 音楽に限らず、何かしらの新しいスキルを身につけることによって、これまでよりも神経活動が活発になり、ワーキングメモリの働きの向上が促されるのだとか。 さらに、 スキルを習得する過程で「何かに没頭する」能力が向上し、心の雑念などに集中力を疎外されづらくなり、集中力が上がることも期待できるそうです。 新しい趣味に取り組んだり、しばらく練習していなかった楽器を再開したりと、楽しみながらワーキングメモリを鍛えられたら一石二鳥ですね。 *** まだまだ未知なことも多いワーキングメモリ。 でもたしかなのは、鍛えることでその能力を向上させることが可能だということです。 ご紹介した方法で、仕事や勉強などに欠かせないワーキングメモリを鍛えていきましょう! (参考) Mentalist DaiGo Official Blog|The Guardian|Science Direct|Psychological science|NCBI|NCBI|Nature resarch journal|ターケル・クリングバーグ(2011),『オーバーフローする脳 ワーキングメモリの限界への挑戦』,新曜社. Business Insider|The Art of Manliness| 【ライタープロフィール】 Yuko 大学卒業後、外資系企業に就職。 現在は会社を辞め、ライター・翻訳家として活動中。 趣味は散歩、ヨガ、カフェ巡り。

次の

ワーキングメモリを鍛える方法11選!作業記憶強化で仕事の効率を上げる方法

ワーキングメモリを鍛える方法

思った以上に効果が高い…! ワーキングメモリを鍛える最強の方法はDualNBack(デュアルエヌバック) ワーキングメモリを鍛える最強の方法は DualNBack(デュアルエヌバック)です。 メンタリストDaiGoさんと弟が制作した無料メンタルアプリがオススメです。 私もやっていますが、ついついサボってしまいます。 人の2倍の上達速度を得られるほど人生が効率化するなら、やったほうが良いな…と理性では理解できたので、頑張ろうと思いますw ワーキングメモリを鍛える日常的に出来ること【その他】 ワーキングメモリを鍛える日常的な行動もあります。 早歩き• 地中海式ダイエットのようなもの• 強い光(直射日光に30分くらい当たる)• ミントの匂いを嗅ぐ• スタンディングデスク• 1日20分以上の瞑想• エクスプレッシブライティング 大量にありますが、これらをやるだけで、何かを学ぶ時の効率が2倍になると考えると、やる価値があると思います。 もちろん、いきなり全部やろうとすると失敗します(習慣化は1つずつやるべき)。 ってことで、気になったやつから取り入れるのが良さそうです。 【まとめ】ワーキングメモリを鍛えるスケジュールを考えてみた ワーキングメモリを鍛えるスケジュールを考えてみました• 【朝】起きて、20分以上の瞑想• 【朝】移動時に早歩き(強い光を浴びる)• 【昼】地中海式ダイエット的な食事• 【昼】仕事中はミントの匂いをかぐ&スタンディングデスク• 【夜】寝る前にエクスプレッシブライティング って感じ! これをやることで、ワーキングメモリが強くなり、新たなことに挑戦できると考えると楽しんでできそうです。

次の