運営管理 過去問。 運営管理 中小企業診断士のテスト対策・過去問一覧

中小企業診断士|意外と知らない1次試験の過去問勉強法

運営管理 過去問

中小企業診断士試験問題 中小企業診断協会 ・ ・ ・ ・ 診断士のご紹介 中小企業診断士試験問題 中小企業診断士試験問題 *問題に対する個々のお問い合わせには応じられません。 <第1次試験問題> 令和2年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 令和元年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成30年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成29年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成28年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成27年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成26年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)(第11問については、すべての受験者の方の解答を正解としました。 (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成25年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成24年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)(第10問については、選択肢の「ア」と「ウ」を正解としました。 (PDF)• (PDF)• (PDF)(第3問の設問2については、すべての受験者の方の解答を正解としました。 ) 平成23年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)(第20問については、選択肢の「ア」と「エ」を正解としました。 ) 平成22年度 第1次試験問題• (PDF)(第18問については、すべての受験者の方の解答を正解としました。 (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成21年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)(第24問については、すべての受験者の方の解答を正解としました。 ) 平成20年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)(第9問については、選択肢の「ア」と「ウ」を正解としました。 (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成19年度 第1次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) <第2次試験問題> 令和元年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成30年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成29年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成28年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成27年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成26年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成25年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成24年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成23年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成22年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成21年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成20年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) 平成19年度 第2次試験問題• (PDF)• (PDF)• (PDF)• (PDF) *問題に対する個々のお問い合わせには応じられません。

次の

4 運営管理 (2020年版 過去問完全マスター)

運営管理 過去問

中小企業診断士 1次試験の過去問をピックアップして解説します。 試験でどのように出題されるのかを見ておきましょう。 過去問解説は、スタディングのメルマガで毎週配信しています。 から無料登録すると、中小企業診断士のメルマガを購読頂けます。 企業経営理論• 財務会計• 運営管理• 経営情報システム• 経済学・経済政策• 経営法務• 中小企業経営・政策•

次の

4 運営管理 (2020年版 過去問完全マスター)

運営管理 過去問

PERTとは? PERT(Program Evaluation and Review Technique)とは、 順序関係のある複数の作業で構成されるプロジェクトを 効率的に実行するためのスケジュールを作成する手法です。 PERT は上図のような作業の流れを表し、この表記法は アローダイアグラムと呼ばれます。 アローダイアグラムでは、作業を矢印の線で表しています。 この 線のことをアクティビティ(作業)と呼び、作業の結合点である 丸をノードと呼びます。 最も早く作業を開始できる日程のことを 最早着手日と呼びます。 各作業をいつまでに着手したら良いか、この日程のことを 最遅着手日と呼びます。 開始から完了までに複数の経路が存在することが多いが、その中で最も時間のかかる経路(作業の遅れが許されない経路)を クリティカルパスと呼びます。 クリティカルパスは 最早着手日と最遅着手日が一緒になります。 PERT(アローダイアグラム)の解き方 中小企業診断士試験の過去問での具体例 中小企業診断士試験の平成30年に以下の問題が出題されています。 作業 作業日数 先行作業 A 3 なし B 4 なし C 3 A D 2 A E 3 B , C , D F 3 D 〔解答群〕 ア このプロジェクトのアローダイアグラムを作成するためには、ダミーが 2 本 必要である。 イ このプロジェクトの所要日数は 8 日である。 ウ このプロジェクトの所要日数を 1 日縮めるためには、作業Fを 1 日短縮すれ ばよい。 エ 作業Eを最も早く始められるのは 6 日後である。 アローダイアグラムの作成 上記の表にある上から順にアローダイアグラムにしていきます。 Aの作業 まずはAのアクティビティを作成します。 Aは先行作業がないので1のノードからアクティビティを伸ばします。 Dの作業 次にDのアクティビティを作成します。 Dは先行作業がAのため2のノードからアクティビティを伸ばします。 そしてDは2つのアクティビティの先行作業になっており、1つはE、もう1つはFです。 Fの先行作業はDのみなので2からDのアクティビティを4に向けて伸ばします。 そしてEの先行作業でもあるためBとCか集まっている3に向けてダミー線を伸ばします。 Eの作業 次にEのアクティビティを作成します。 Eは先行作業がB、C、Dのため3のノードからアクティビティを伸ばします。 Fの作業 最後にFのアクティビティを作成します。 Fは先行作業がDのため4のノードからアクティビティを伸ばします。 最後のアクティビティになるので5に向けて伸ばします。 最早着手日の記入 次に各ノードに最早着手日を記載していきます。 2に関してはA以外のアクティビティはないので「2」を記載します。 3に関してはB、C、Dのアクティビティが集まっており、 その中の最も日数がかかる経路の日数を記載します。 4に関してはD以外のアクティビティはないので2のノードの「3」にDのアクティビティの2日は足して「5」を記載します。 5に関してはEとFのアクティビティが集まっているので、 その中の最も日数がかかる経路の日数を記載します。 解答群の確認 アの解答 ア このプロジェクトのアローダイアグラムを作成するためには、ダミーが 2 本 必要である。 イの解答 イ このプロジェクトの所要日数は 8 日である。 最後の5のノードの最遅着手日は9になっているのでこの解答は不適切になります。 ウの解答 ウ このプロジェクトの所要日数を 1 日縮めるためには、作業Fを 1 日短縮すれ ばよい。 プロジェクトの 所要日数を縮めるためには クリティカルパス上の作業を短縮する必要があります。 エの解答 エ 作業Eを最も早く始められるのは 6 日後である。 最も早く始められる日を確認するには 最早着手日を確認します。 Eのアクティビティが出ているのは3のノードなので3の最早着手日を確認すると「6」となっているのでこの解答が適切で正解となります。

次の