雲の階段 視聴率。 雲の階段 視聴率 速報 5月15日 第5話はどう?

Audience Rating TV > 視聴率 > 2013年04〜06月

雲の階段 視聴率

9 9. 5 9. 6 9. 5 10. 0 10. 6 10. 0 10. 0 9. 7 9. 4 9. 7 - - 9. 6 20. 5 21. 1 20. 9 17. 9 20. 4 19. 7 19. 5 18. 4 18. 2 19. 1 - - 19. 1 9. 3 10. 9 9. 4 11. 1 9. 6 9. 5 8. 7 6. 8 9. 2 12. 2 - - 9. 8 10. 2 10. 7 11. 6 11. 5 11. 4 11. 8 11. 5 10. 1 11. 9 14. 1 - - 11. 6 9. 8 10. 8 10. 4 12. 8 11. 0 10. 6 10. 0 13. 3 - - - - 11. 2 9. 0 9. 4 8. 3 8. 7 8. 1 9. 4 9. 0 9. 6 11. 8 - - - 9. 0 13. 7 11. 1 12. 2 12. 4 12. 9 13. 6 12. 6 12. 4 16. 7 - - - 13. 1 12. 9 10. 7 13. 0 12. 6 11. 3 10. 0 11. 9 - - - - - 12. 9 10. 4 9. 8 10. 0 10. 2 10. 8 8. 7 7. 3 10. 1 11. 4 - - - 9. 8 11. 6 10. 4 10. 9 11. 6 10. 1 11. 7 10. 8 12. 9 - - - - 11. 3 14. 4 14. 4 14. 5 14. 9 15. 0 15. 7 14. 8 15. 9 16. 1 17. 8 - - 15. 6 3. 3 3. 2 3. 2 3. 4 3. 2 2. 3 4. 0 2. 7 2. 4 4. 2 2. 7 3. 0 3. 3 10. 5 10. 5 11. 1 8. 6 8. 6 9. 8 8. 7 9. 5 11. 1 - - - 10. 9 10. 1 9. 5 9. 3 10. 2 9. 5 9. 6 9. 3 9. 2 - - - - 9. 7 12. 9 15. 1 14. 7 12. 9 12. 1 11. 3 12. 7 9. 9 13. 1 14. 7 - - 13. 8 6. 0 5. 3 5. 6 5. 8 5. 1 7. 5 5. 8 5. 2 5. 8 6. 3 - - 6. 0 13. 5 11. 6 11. 2 10. 6 13. 4 12. 1 12. 1 12. 5 11. 7 15. 3 - - 12.

次の

雲の階段(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

雲の階段 視聴率

あらすじ [ ] 過疎の島・美琴島にはがあったが、深刻なに陥っていた。 診療所の事務員・三郎は無免許ではあるものの、診療所のに代わってを行うが、診療所の・事務長は三郎の行為を苦々しく見ていた。 そんな彼を唯一暖かく見守るのは、・明子。 ある日のこと、島にが搬送されてきた。 その患者は、東京の大病院の院長令嬢・亜希子。 していた。 院長は不在。 折からの暴風雨でもたどり着かない状況のため、三郎はやむなく明子を助手にして執刀。 程なくして、亜希子は回復。 その後、再び島へ訪れた亜希子から「手術跡を治して欲しい」と頼まれ、再びを握る三郎。 こうして、二人の「アキコ」は三郎をめぐって複雑な三角関係に陥り、長い愛の闘いが始まった… 書誌情報 [ ]• 連載〈〉:号 - 号• 単行本〈〉:11月発行• 舞台となった「東京都家島」はで撮影している。 キャスト(1983年版) [ ]• 相川三郎 -• 田坂亜希子 -• 鈴木幸子 -• 田坂雄一郎 -• 島崎タエ -• 村木所長 -• 山中太三郎 - スタッフ(1983年版) [ ]• 原作 -• 脚本 - 橋本綾• 音楽 -• 演出 -• 制作 - 大映映像、 2013年版 [ ] 雲の階段 ジャンル 原作 脚本 演出 日暮謙 出演者 エンディング 「」 製作 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 水曜日22:00 - 22:54 放送枠 水曜ドラマ 日本テレビ 放送分 54分 回数 10 特記事項: 初回・第3回は15分拡大(22:00 - 23:09)。 の『』枠(毎週水曜日22:00 - 22:54 、)でからまで放送された日本の。 主演は。 長谷川は、『』以来1年半ぶりに『水曜ドラマ』に出演する。 また、日本テレビの連続ドラマでは初主演である。 作中の主な舞台となる「美琴島」のシーンは、に属するで撮影された。 原作者・渡辺淳一の生前に映像化された作品としては最後のものとなった。 から島へ流れ住み、を作る手先の器用さと、向きな指が長く綺麗なことから所長に見込まれるようになる。 簡単なからの執刀が出来るようになるまで、所長から外科医術を学んでいく。 亜希子の緊急手術を執刀した事で、周囲の状況が一変し、三郎に好意を抱いた亜希子から請われ、本物の医師として田坂総合病院に勤務することを決断し上京。 田坂総合病院で外科医師として働き始め、亜希子と結婚。 田坂院長から副院長就任を打診され副院長に就任。 何者かの怪文書により院長に無資格医であることがばれてしまうがそれ以前に院長は知っていた。 三郎の秘密を知っているのは院長と事務局長のみで以前と変わらず副院長としての責務を果たすよう院長から命じられる。 その後、経験したことが無い血管外科手術を断行した結果失敗し、田坂院長から今後一切の医療行為を禁じられる。 物語終盤、事故にあった妻・亜希子の手術を執刀するが、手術終了後、容疑でにされた。 最終回で釈放後、雄一郎にナイフで刺され倒れる。 エピローグではアメリカと思われる場所で現地の子供たちに医療を行う様子が描かれたが、亡くなったのか、実は生きていたのかは不明。 鈴木 明子〈39〉 演 - (少女期:) 美琴島診療所看護師。 東京で看護師免許を取得。 父が病を発症し、看病・介護で献身的に支えるが他界。 周りの職員が三郎の外科的処置を反対する中で唯一、肯定する。 三郎と交際していたが、彼が上京したことで別離。 だが、妊娠していたことが判明し、深く愛した三郎との子供を流産した悲しみで、一時行方不明となっていたが、田坂総合病院の看護師として再び三郎の前に姿を表す。 田坂 亜希子〈22〉 演 - 三郎の妻。 田坂総合病院の令嬢。 大学の友達と美琴島へ遊びに来た際に子宮外妊娠の病状が悪化、腹腔内出血で命の危険に晒され、診療所の医師が不在の中、三郎が緊急開腹手術を施し奇跡的に命を取り留める。 三郎に惹かれていき、自分の父が院長を務める田坂総合病院で働かないかと彼を誘う。 三郎が上京したのち結婚し、その後妊娠が判明した。 一時、三郎が失踪した際に父院長から三郎が「 無資格医である」事を打ち明けられる。 帰京した三郎を問い詰め、事実だと知りショックを受ける。 物語終盤、建築現場に居合わせたときに資材の落下事故に巻き込まれて、母子共に危険な状態となるが三郎の手術を受け、命を繋ぎとめる。 美琴島診療所 [ ] 高岡 洋平〈39〉 演 - 薬剤師。 明子の幼馴染で明子に恋心を抱いていた。 当初は三郎の良き相談相手だったが、彼が明子の気持ちを踏みにじり裏切ったことで、三郎に精神的苦痛を与えるため東京に上京する。 一時島に帰った三郎を追い掛けて、手を使い物にならなくなるようにしようとしたが、その瞬間を明子に目撃され、意図せず助けに入った彼女の腕を刺してしまう。 垂水 節子〈51〉 演 - 看護師長。 職員の中で誰よりも強く三郎の外科的処置や診察について反対する。 川合 ゆかり 演 - 看護師。 加藤 真紀子 演 - 事務員。 宮坂 静雄〈54〉 演 - 事務長。 村木 英次〈58〉 演 - 所長。 自分が倒れたときに診療所が医師不在になる状況を危惧し、三郎が持っている外科医の素質を見出し、後継者・医師として育てることを決心する。 美琴島の人々 [ ] 武村 健吉 演 - 美琴島村長。 将来、診療所を無資格医に任せることになる事態を危惧した事務長の宮坂に依頼され、医師免許を持った新しい医師を探してくる。 田坂総合病院 [ ] 田坂 雄一郎〈58〉 演 - 院長。 亜希子・沙希子の父。 娘が遊びに行った島で倒れたと聞き容体を心配するが、三郎の説明で適切な処置が施されたことを知り、三郎の外科手技に関心・納得する。 田坂 芳江 演 - 雄一郎の妻。 亜希子・沙希子の母。 田坂総合病院の理事長を務め、病院全体の実権と人事権を掌握している。 田坂 沙希子〈16〉 演 - 田坂家の次女。 亜希子の妹。 野上 雅樹〈31〉 演 - 外科医。 亜希子の元婚約者。 高宮 麻里〈33〉 演 - 外科医。 雄一郎の愛人。 我孫子 進〈46〉 演 - 外科医。 石黒 俊彦〈45〉 演 - 麻酔科医。 池上 眞由美〈46〉 演 - 看護師長。 伊藤 美加 演 - 外科病棟看護師。 金川 順子 演 - オペ室看護師器械出し。 久恒 和男〈55〉 演 - 事務局長。 突然事務室に届けられた怪文書により三郎の経歴を調べ彼が無資格医という事実を知ってしまうが、院長の指示により公表はしなかった。 その他 [ ] 相川 喜美枝 演 - 三郎の母親。 夫は金属加工会社相川旋盤工場を経営。 ゲスト [ ] 塚本 舞 演 - (第1話) 亜希子の友人。 長谷部 絹代 演 - (第2 - 3・8話) 美琴島島民。 との患者。 新しく診療所に赴任した山中医師が服用する薬を2つから4つに増やしたことで、食欲減退が起きる。 森本 演 - (第2話) 美琴島の巡査。 山中 孝志 演 - (第3 - 4話) 立南医科大学医学部卒。 宮下記念病院から美琴島診療所に出向して来た外科医。 患者のに落ち込んだが見つけられず、緊急手術が難航し、死に至らしめる状態まで悪化させる。 五島 直哉 演 - (第5話) 亜希子の高校時代の同級生。 相川 則夫 演 - (第5話) 三郎の叔父。 三郎・亜希子の結婚式に列席する。 相川 千賀子 演 - (第5話) 三郎の叔母。 三郎・亜希子の結婚式に列席する。 山本 竜二 演 - (第6 - 7話) 過去に三郎とバーを共同経営していたが売上金35万円と共に三郎が消えたため、彼が金を盗んで逃げたのではないかと疑っている。 高岡から得た情報で三郎を揺すり続けようと考えていたが、亜希子に暴行の瞬間を目撃される。 佐竹 美代子 演 - (第7話) 世界的に権威がある名誉教授の診断で余命宣告されていたが、その診断に不服を申し立てを希望する。 大学病院から紹介してもらった田坂総合病院を訪れ、三郎の診察を受ける。 佐竹 逸郎 演 - (弟7話) 美代子の夫。 折原 キヨ 演 - (第7話) 田坂総合病院に通院している。 三郎の患者。 杉原 演 - (第9話) 刑事。 江藤 和正 演 - (最終話) 検事。 宇佐美 典夫 演 - (最終話) 弁護士。 スタッフ(2013年版) [ ]• 原作 - 『雲の階段』()• 脚本 -• 音楽 -• 演出 - 、、、日暮謙• 主題歌 - 「」()• 構成協力 -• 演出補 -• サウンドデザイン -• タイトルバック - 熊本直樹、竹久正記• CG - 田崎正一• 特殊造形 - 奥山哲志• 特殊メイク -• ボトルシップ協力 - 磯部郁夫、秦鐘治• アクション指導 -• 料理コーディネート - 赤堀博美• 医療監修 - 中澤暁雄、山本昌督、會澤芳樹、成井諒子• 看護指導 - 石田喜代美• 法律監修 - 平岡敦• 企画協力 - 湯山雄介(オフィス斬)• 事務所協力 - 南田佐智絵(渡辺淳一事務所)• 統括 - 神蔵克• チーフプロデューサー -• プロデューサー補 - 田上リサ、中頭千廣• 制作協力 -• 製作著作 -• 衣装協力 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2013年4月17日 渡辺淳一究極傑作〜無資格医背徳のメスを愛し抜く2人の女 猪股隆一 09. 無資格医が陥る禁断の三角関係 09. 本物の医者登場で無資格医最大の危機!! 岩本仁志 09. 裏切りと野望のキス 吉野洋 08. 正体バラす謎の怪文書 岩本仁志 08. 猪股隆一 09. 逮捕直前のラストオペ 岩本仁志 09. 無資格医の僕が帰る場所 猪股隆一 11.

次の

雲の階段 視聴率 速報 5月8日 4話

雲の階段 視聴率

あらすじ [ ] 過疎の島・美琴島にはがあったが、深刻なに陥っていた。 診療所の事務員・三郎は無免許ではあるものの、診療所のに代わってを行うが、診療所の・事務長は三郎の行為を苦々しく見ていた。 そんな彼を唯一暖かく見守るのは、・明子。 ある日のこと、島にが搬送されてきた。 その患者は、東京の大病院の院長令嬢・亜希子。 していた。 院長は不在。 折からの暴風雨でもたどり着かない状況のため、三郎はやむなく明子を助手にして執刀。 程なくして、亜希子は回復。 その後、再び島へ訪れた亜希子から「手術跡を治して欲しい」と頼まれ、再びを握る三郎。 こうして、二人の「アキコ」は三郎をめぐって複雑な三角関係に陥り、長い愛の闘いが始まった… 書誌情報 [ ]• 連載〈〉:号 - 号• 単行本〈〉:11月発行• 舞台となった「東京都家島」はで撮影している。 キャスト(1983年版) [ ]• 相川三郎 -• 田坂亜希子 -• 鈴木幸子 -• 田坂雄一郎 -• 島崎タエ -• 村木所長 -• 山中太三郎 - スタッフ(1983年版) [ ]• 原作 -• 脚本 - 橋本綾• 音楽 -• 演出 -• 制作 - 大映映像、 2013年版 [ ] 雲の階段 ジャンル 原作 脚本 演出 日暮謙 出演者 エンディング 「」 製作 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 水曜日22:00 - 22:54 放送枠 水曜ドラマ 日本テレビ 放送分 54分 回数 10 特記事項: 初回・第3回は15分拡大(22:00 - 23:09)。 の『』枠(毎週水曜日22:00 - 22:54 、)でからまで放送された日本の。 主演は。 長谷川は、『』以来1年半ぶりに『水曜ドラマ』に出演する。 また、日本テレビの連続ドラマでは初主演である。 作中の主な舞台となる「美琴島」のシーンは、に属するで撮影された。 原作者・渡辺淳一の生前に映像化された作品としては最後のものとなった。 から島へ流れ住み、を作る手先の器用さと、向きな指が長く綺麗なことから所長に見込まれるようになる。 簡単なからの執刀が出来るようになるまで、所長から外科医術を学んでいく。 亜希子の緊急手術を執刀した事で、周囲の状況が一変し、三郎に好意を抱いた亜希子から請われ、本物の医師として田坂総合病院に勤務することを決断し上京。 田坂総合病院で外科医師として働き始め、亜希子と結婚。 田坂院長から副院長就任を打診され副院長に就任。 何者かの怪文書により院長に無資格医であることがばれてしまうがそれ以前に院長は知っていた。 三郎の秘密を知っているのは院長と事務局長のみで以前と変わらず副院長としての責務を果たすよう院長から命じられる。 その後、経験したことが無い血管外科手術を断行した結果失敗し、田坂院長から今後一切の医療行為を禁じられる。 物語終盤、事故にあった妻・亜希子の手術を執刀するが、手術終了後、容疑でにされた。 最終回で釈放後、雄一郎にナイフで刺され倒れる。 エピローグではアメリカと思われる場所で現地の子供たちに医療を行う様子が描かれたが、亡くなったのか、実は生きていたのかは不明。 鈴木 明子〈39〉 演 - (少女期:) 美琴島診療所看護師。 東京で看護師免許を取得。 父が病を発症し、看病・介護で献身的に支えるが他界。 周りの職員が三郎の外科的処置を反対する中で唯一、肯定する。 三郎と交際していたが、彼が上京したことで別離。 だが、妊娠していたことが判明し、深く愛した三郎との子供を流産した悲しみで、一時行方不明となっていたが、田坂総合病院の看護師として再び三郎の前に姿を表す。 田坂 亜希子〈22〉 演 - 三郎の妻。 田坂総合病院の令嬢。 大学の友達と美琴島へ遊びに来た際に子宮外妊娠の病状が悪化、腹腔内出血で命の危険に晒され、診療所の医師が不在の中、三郎が緊急開腹手術を施し奇跡的に命を取り留める。 三郎に惹かれていき、自分の父が院長を務める田坂総合病院で働かないかと彼を誘う。 三郎が上京したのち結婚し、その後妊娠が判明した。 一時、三郎が失踪した際に父院長から三郎が「 無資格医である」事を打ち明けられる。 帰京した三郎を問い詰め、事実だと知りショックを受ける。 物語終盤、建築現場に居合わせたときに資材の落下事故に巻き込まれて、母子共に危険な状態となるが三郎の手術を受け、命を繋ぎとめる。 美琴島診療所 [ ] 高岡 洋平〈39〉 演 - 薬剤師。 明子の幼馴染で明子に恋心を抱いていた。 当初は三郎の良き相談相手だったが、彼が明子の気持ちを踏みにじり裏切ったことで、三郎に精神的苦痛を与えるため東京に上京する。 一時島に帰った三郎を追い掛けて、手を使い物にならなくなるようにしようとしたが、その瞬間を明子に目撃され、意図せず助けに入った彼女の腕を刺してしまう。 垂水 節子〈51〉 演 - 看護師長。 職員の中で誰よりも強く三郎の外科的処置や診察について反対する。 川合 ゆかり 演 - 看護師。 加藤 真紀子 演 - 事務員。 宮坂 静雄〈54〉 演 - 事務長。 村木 英次〈58〉 演 - 所長。 自分が倒れたときに診療所が医師不在になる状況を危惧し、三郎が持っている外科医の素質を見出し、後継者・医師として育てることを決心する。 美琴島の人々 [ ] 武村 健吉 演 - 美琴島村長。 将来、診療所を無資格医に任せることになる事態を危惧した事務長の宮坂に依頼され、医師免許を持った新しい医師を探してくる。 田坂総合病院 [ ] 田坂 雄一郎〈58〉 演 - 院長。 亜希子・沙希子の父。 娘が遊びに行った島で倒れたと聞き容体を心配するが、三郎の説明で適切な処置が施されたことを知り、三郎の外科手技に関心・納得する。 田坂 芳江 演 - 雄一郎の妻。 亜希子・沙希子の母。 田坂総合病院の理事長を務め、病院全体の実権と人事権を掌握している。 田坂 沙希子〈16〉 演 - 田坂家の次女。 亜希子の妹。 野上 雅樹〈31〉 演 - 外科医。 亜希子の元婚約者。 高宮 麻里〈33〉 演 - 外科医。 雄一郎の愛人。 我孫子 進〈46〉 演 - 外科医。 石黒 俊彦〈45〉 演 - 麻酔科医。 池上 眞由美〈46〉 演 - 看護師長。 伊藤 美加 演 - 外科病棟看護師。 金川 順子 演 - オペ室看護師器械出し。 久恒 和男〈55〉 演 - 事務局長。 突然事務室に届けられた怪文書により三郎の経歴を調べ彼が無資格医という事実を知ってしまうが、院長の指示により公表はしなかった。 その他 [ ] 相川 喜美枝 演 - 三郎の母親。 夫は金属加工会社相川旋盤工場を経営。 ゲスト [ ] 塚本 舞 演 - (第1話) 亜希子の友人。 長谷部 絹代 演 - (第2 - 3・8話) 美琴島島民。 との患者。 新しく診療所に赴任した山中医師が服用する薬を2つから4つに増やしたことで、食欲減退が起きる。 森本 演 - (第2話) 美琴島の巡査。 山中 孝志 演 - (第3 - 4話) 立南医科大学医学部卒。 宮下記念病院から美琴島診療所に出向して来た外科医。 患者のに落ち込んだが見つけられず、緊急手術が難航し、死に至らしめる状態まで悪化させる。 五島 直哉 演 - (第5話) 亜希子の高校時代の同級生。 相川 則夫 演 - (第5話) 三郎の叔父。 三郎・亜希子の結婚式に列席する。 相川 千賀子 演 - (第5話) 三郎の叔母。 三郎・亜希子の結婚式に列席する。 山本 竜二 演 - (第6 - 7話) 過去に三郎とバーを共同経営していたが売上金35万円と共に三郎が消えたため、彼が金を盗んで逃げたのではないかと疑っている。 高岡から得た情報で三郎を揺すり続けようと考えていたが、亜希子に暴行の瞬間を目撃される。 佐竹 美代子 演 - (第7話) 世界的に権威がある名誉教授の診断で余命宣告されていたが、その診断に不服を申し立てを希望する。 大学病院から紹介してもらった田坂総合病院を訪れ、三郎の診察を受ける。 佐竹 逸郎 演 - (弟7話) 美代子の夫。 折原 キヨ 演 - (第7話) 田坂総合病院に通院している。 三郎の患者。 杉原 演 - (第9話) 刑事。 江藤 和正 演 - (最終話) 検事。 宇佐美 典夫 演 - (最終話) 弁護士。 スタッフ(2013年版) [ ]• 原作 - 『雲の階段』()• 脚本 -• 音楽 -• 演出 - 、、、日暮謙• 主題歌 - 「」()• 構成協力 -• 演出補 -• サウンドデザイン -• タイトルバック - 熊本直樹、竹久正記• CG - 田崎正一• 特殊造形 - 奥山哲志• 特殊メイク -• ボトルシップ協力 - 磯部郁夫、秦鐘治• アクション指導 -• 料理コーディネート - 赤堀博美• 医療監修 - 中澤暁雄、山本昌督、會澤芳樹、成井諒子• 看護指導 - 石田喜代美• 法律監修 - 平岡敦• 企画協力 - 湯山雄介(オフィス斬)• 事務所協力 - 南田佐智絵(渡辺淳一事務所)• 統括 - 神蔵克• チーフプロデューサー -• プロデューサー補 - 田上リサ、中頭千廣• 制作協力 -• 製作著作 -• 衣装協力 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2013年4月17日 渡辺淳一究極傑作〜無資格医背徳のメスを愛し抜く2人の女 猪股隆一 09. 無資格医が陥る禁断の三角関係 09. 本物の医者登場で無資格医最大の危機!! 岩本仁志 09. 裏切りと野望のキス 吉野洋 08. 正体バラす謎の怪文書 岩本仁志 08. 猪股隆一 09. 逮捕直前のラストオペ 岩本仁志 09. 無資格医の僕が帰る場所 猪股隆一 11.

次の