ピン ブルー プリント アイアン。 ピン BLUEPRINTアイアンの試打&評価/自然にラインが出る│楽しい GOLF LIFE

ピン ブループリント「プロトタイプ」アイアン ~本当にプロトタイプ?~

ピン ブルー プリント アイアン

ピン初の軟鉄鍛造マッスルバック ピン初の軟鉄鍛造マッスルバックアイアンが登場しました。 その名は ブループリント BluePrint=青写真。 カーボンスチールを削り出して作られるこのマッスルバックは、超上級者が求める操作性、打感を実現するとのこと。 ブループリントのスペックは以下の通りです。 ライ角は変更可能なので表記していません。 私個人的にはマッスルバックアイアンの良さを感じたことは無いので、懐疑的ですがいつも通りデータメインで検証してみましょう。 さっそく試打データを見てみましょう。 3 平均打ち上げ角 20. 6 平均打ち上げ角 18. 特に飛ばないというわけでは無く度数なり。 7番の距離ではタイトリストMBであったり、スリクソンZ-Forgedと同じキャリー。 どんなに頑張っても最大飛距離はキャリーで174yでした。 青が7番、赤が5番、黄色が4番です。 そこで、数少ないトラックマンレンジを導入しているフルヤゴルフガーデンで計測をしてみました。 7 トラックマンレンジの方が少しだけ距離が出ますが、どちらにしろそんなに飛んでいません。 5 4 ブループリント4番、マン振り。 バックスピンは7番で7000rpm近い数値を示し、スピン性能の高さが分かると思います。 全体的にドロー回転なのは、ドローでないと全く飛ばなかったからです。 フェードだとバックスピンが8000rpmを超えてキャリー165yほどに落ちます。 さらに、番手が上がるにつれて右に寄っていくのも ブループリントの一つの特徴だと感じました。 まぁ、単純にオーバースペックと言えばそれまでですが、練習場で打っていても油断すると右にプッシュする特徴的な弾道が見られました。 アイアンが割と得意ですので、これには違和感を覚えます。 ただ、右に飛ぶとはいえ、サイドスピンが多いスライスではありません。 操作性とは何か この ブループリントは、ピン初の軟鉄鍛造マッスルバックです。 一般的にマッスルバックは操作性が高いとか、スピンが良くかかるとか言われていますが、本当にそうなのでしょうか。 操作性ってなんですか? スティンガーショットを打てるのが操作性と仮定するなら、要素を分析してみてください。 スティンガーショットを打つには技術とクラブ、どちらの貢献度が高いでしょうか。 例えば、タイガーウッズやゲーリーウッドランドなどスティンガーショットをツアーで多用する選手がゼクシオを使ってスティンガーショットが打てないのでしょうか。 そんなことは無いでしょう。 厳密には、曲がり幅を変化させやすいのは直進性の低いマッスルバックですが、それは慣れで解決できてしまいます。 ボールの記事でも時々言いますが、スピンがかかるから良いのではなく、そのスピンに慣れていて転がりが予想できれば良いんです。 また、操作性を当て方による距離の変化やバックスピンのかかり方を変えることと仮定してみたらどうでしょう。 距離は番手変更で解決できますし、スピン量も先ほどと同じ論理で技術に依存していますのでこれも成立しているとは言えません。 つまり、操作性とは非常に曖昧で不確定な言葉なのです。 まず、自分がそれを引き出せる技術を持っているのか考え直してください。 シングルハンデやスクラッチプレーヤの中でも、限られた人しか恩恵は受けられないと、私は思います。 重量 私がレンタルした ブループリントはモーダス120Sを装着していたので7番では総重量426g。 カタログ値430gです。 たぶんこの秤が間違っています 笑 5番で414g。 4番で407gでした。 ピンの他のアイアンは、ステンレススチールで出来ていますのでこれよりも15gほど軽く仕上がります。 例えば、同じモーダス120Sを装着してもi210は414gですから、16g軽い訳です。 正直、i210で重めのシャフトにした方がヘッドが相対的に軽くなって操作性が上がるのではないかと思います。 ブループリントはヘッド重量だけでピンの他のモデルよりも5~7%重いので、シャフトもそのくらい重くしないと似たような振り心地にはならないでしょう。 感覚的な部分 まずは、見た目。 ピンらしいつや消しの仕上げですが、フェース面はよく見るとミーリングが見えます。 確かに薄い。 ピンの他のアイアンはこうやって見るとバウンスが付いているのが良く分かるのですが、 ブループリントは良くも悪くもイマイチ分かりにくいです。 単独で見ても分かりにくいので、他のメーカーのマッスルバックと比べてみました。 左からブループリント、タイトリストMB、Z-Forged、ミズノMP5。 ほぼタイトリストMBと同じサイズ感でした。 構えると左のブループリントの方が薄く見えますが、ヘッドの長さに差は感じません。 次に打感です。 軟鉄の売りはその打感の良さ。 鉄はどれだけ炭素を混ぜるかで靭性が変わります。 なので同じ軟鉄でも使っている鉄の炭素含有量が違えば打感も変わります。 ブループリントの打感は確かに良いです。 が、スイートエリアが激狭なので再現性は低く一般レベルの人からしたら打感が悪いクラブになるでしょう。 9割センターに当てられなければ打感が良いとは思えません。 スイートエリアにヒットした時の打感はまぁそこそこ。 タイトリストMBやZ-Forgedよりは打っていて気持ち良いですが、自分が使っている三浦技研やキャロウェイAPEX MB、オノフラボスペックMB247Dほどではありません。 データチャート あくまで客観的にまとめると、飛距離、安定性は高い技術を要するので易しさに連動する形で評価は下がります。 ただ、スピン量は誰が打とうがおそらく多くなるので評価しました。 また、1本32000円 税抜 で最大2割引きまでしかされないので高いです。 それだけ払うならオノフのMBを買います 笑 総評 私個人としてはこういうクラブは好きです。 とにかく見た目がかっこよくて、芯に当てた時の打感の良さも抜群。 ただ、誰がこのクラブを使いこなせるのでしょうか。 このサイトでは、私が他の人におススメできるかを軸に評価しています。 ほんの一握りのエリートゴルファー以外にこのクラブを進めることは出来ません。 マッスルバックの中でもハードコアなクラブですから、一度打って体感してみるのも良いかもしれませんね。

次の

ピン BLUEPRINTアイアン試打評価レビュー|イメージした弾道を具現化できるアイアン|サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳

ピン ブルー プリント アイアン

- - 2 3 4 5 6 7 8 9 PW ロフト角 度 17. 5 20. 0 23. 5 27. 0 30. 5 34. 0 38. 0 42. 0 46. 0 ライ角 度 58. 3 59. 0 59. 8 60. 5 61. 3 62. 0 62. 8 63. 5 64. 1 標準クラブ長 inch 39. 25 38. 75 38. 25 37. 75 37. 25 36. 75 36. 25 35. 75 35. 50 バウンス角 度 4 5 6 7 8 9 10 11. 5 13 ヘッド素材 - 8620カーボンスチール パールクローム仕上げ 左用の有無 - 左用あり 総重量 g 約423( 7、N. PRO MODUS3 TOUR 105 S)/約430( 7、N. PRO MODUS3 TOUR 120 S) バランス - D1( 7、N. PRO MODUS3 TOUR 105 S)/D2( 7、N. PRO MODUS3 TOUR 120 S) 標準グリップ - MCC ALIGN ブラック/ホワイト (バックラインあり) シャフトのスペックは ピン公式カタログに掲載された目安としての数値となります。 PRO ZELOS 6 - 68. 5 3. PRO ZELOS 7 R2 73. 5 2. 9 〃 〃 〃 先 〃 R 74 2. 8 〃 〃 〃 〃 〃 S 77. 5 2. 6 〃 〃 〃 〃 〃 AWT 2. 0 LITE R 87 1. 9 〃 〃 〃 中先 〃 SR 93 1. 8 〃 〃 〃 中 〃 S 98 1. 6 〃 〃 〃 〃 〃 N. PRO 950GH neo R 94. 5 1. 9 〃 〃 〃 中 〃 S 98 1. 7 〃 〃 〃 〃 〃 N. PRO MODUS3 TOUR 105 R 103 1. 9 〃 〃 〃 元 〃 S 106. 5 1. 7 〃 〃 〃 〃 〃 X 112 1. 6 〃 〃 〃 〃 〃 N. PRO MODUS3 TOUR 120 R 111 1. 7 〃 〃 〃 〃 〃 X 120 1. PRO 850GH R 87 2. 0 〃 〃 〃 〃 〃 N. PRO 950GH R 94. 5 2. 9 〃 〃 〃 〃 〃 N. PRO MODUS3 SYSTEM3 TOUR 125 R 127. 5 1. 5 1. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 129. 5 1. 4 〃 〃 〃 〃 〃 N. PRO MODUS3 TOUR 130 R 121 1. 6 〃 〃 〃 中 〃 S 124 1. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 129 1. 4 〃 〃 〃 〃 〃 N. PRO ZELOS 8 R 84 2. 3 〃 〃 〃 先 〃 S 87. 5 2. 2 〃 〃 〃 〃 〃 KBS Tour R 110 2. 0 〃 〃 〃 中 〃 S 120 1. 9 〃 〃 〃 〃 〃 X 130 1. 8 〃 〃 〃 〃 〃 KBS Tour 90 R 95 2. 5 〃 〃 〃 先 〃 S 102 2. 3 〃 〃 〃 〃 〃 Dynamic Gold R300 127 1. 6 〃 〃 〃 〃 〃 S300 130 1. 6 〃 〃 〃 〃 〃 S400 132 1. 6 〃 〃 〃 〃 〃 X100 130 1. 0 RS 113 1. 5 〃 〃 〃 元 〃 5. 5 S 118 1. 5 〃 〃 〃 〃 〃 6. 0 SX 121 1. 5 〃 〃 〃 〃 〃 6. 5 X 125 1. 5 〃 〃 〃 〃 〃 RIFLE ProjectX LZ 5. 5 S 115 - 〃 〃 〃 〃 〃 6. 0 SX 120 - 〃 〃 〃 〃 〃 6. 5 X 125 - 〃 〃 〃 〃 〃 シャフトのスペックは ピン公式カタログに掲載された目安としての数値となります。 前作より約2. 5cm短い。 バックライン無し。 前作より約2. 5cm短い。 バックライン有り。

次の

ピンがブループリントアイアンを発表~iBLADEよりもやさしい、しかし見た目は上級者?~

ピン ブルー プリント アイアン

PING(ピン)から間もなく発売予定のBluePrintアイアン。 かなりヘッドが小ぶりなマッスルバックアイアンで、今まで一貫して優しいクラブを作ってきたPINGが、こんな難しそうなクラブを作るなんて正直驚きました。 でも、そこはPINGのことですから、なんか仕掛けがあって、難しそうに見えても、実は優しく打てるようになってるんでしょ?なんて思うわけです。 しかしですよ、このBluePrintアイアン、何の仕掛けもないペラペラのマッスルバック。 PINGさんも「一部の上級者向けアイアン」って言い切っちゃってる。 そんなクラブを僕たちアマチュアが打てるわけないじゃ~んと思ったのですが、なんと驚きのニュースが。 女子プロの比嘉真美子プロと成田美寿々プロがこのペラペラのBluePrintアイアンを使ってるっていうじゃないですか! 女子プロが使ってるんなら、もしかして僕でも使えるんじゃないの?ってことで、クラブはコースで打たなきゃ分からない。 早速ゴルフバカイラストレーターの野村タケオとプラスハンデのトップアマが試打してみました! 左:佐藤順。 ハンデ+1のトップアマ。 ヘッドスピード47。 ほぼストレートで軽く右に曲がるフェードヒッター。 ドライバー飛距離は270ヤード前後。 栃木県佐野市のゴルフショップ「アフターゴルフ」店長。 右:野村タケオ。 ヘッドスピード42くらい。 いかにもアマチュアなスイングで、捕まえるのがあまり上手くないフェードヒッター。 スピン量が多め。 ドライバー飛距離240ヤードくらい。 ゴルフバカイラストレーター。 BluePrintアイアンをまずはパー3で使ってみた 野村「いや~このBluePrintアイアン、本当に格好いいよね。 こういうアイアンを使いこなせたら楽しいだろうし、ちょっと威張れるよね」 佐藤「本当にヘッドは小さいし、ソールも薄いですね。 最近のマッスルバックの中でも、かなりヘッドは小さいと思います」 野村「僕はね発表会のときに室内で試打はしてるんだよ。 その時は意外に打てるな~って感じだったんだけど、やっぱ人工芝の真っ平らなライから打ててもあまり参考にならないよね。 コースで実際に打つとやっぱ難しいんじゃないかなと思うわけ」 佐藤「たしかにこの見た目だとけっこうタフな感じはしますね。 でもこのトゥ側に付いているネジみたいなのは何なんですか?」 野村「それね、僕も気になって聞いてみたんだけど、どうやらただのウェイトらしくて、一応ネック側の重量とトゥのネジで少しだけミスヒットへの寛容性を上げているらしいんだよ」 佐藤「そうなんですか。 一応少しだけ優しさをアップさせているんですね。 それでもけっこう手強そうですけどね」 野村「とりあえずパー3でティアップして打ってみようよ。 借りているのは7番アイアンなので、いつもの自分の7番アイアンの距離から打ってみて、どのくらい飛距離差が出るのか試してみたいし。 順ちゃんの7番の距離ってどのくらい?」 佐藤「僕は170ヤードくらいですかね。 」 野村「飛ぶね・・・。 じゃあピンまで170ヤードのところから打ってみようよ。 僕は155ヤードくらいだから、その辺りから打ってみる」 ビシッ 野村「おー!ボールは上がるね。 しかも距離もしっかり出てるような気がする。 ピンの横まで飛んでるよ。 僕の使っているアイアンは7番でロフトが30度なんだけど、このBluePrintは34度。 だから最低でも5ヤードくらいは飛距離が落ちると思っていたんだけど、同じくらい飛んでるよ。 不思議だな~」 佐藤「僕もピンハイまでしっかりと飛んでいるので、飛距離は出ていますね。 ロフトの割には飛距離が出ている気がします。 球もけっこう強いですね」 野村「3球打って1発目はちょっと力んで引っ掛けたけど、2球目と3球目はしっかりとグリーンオンしたし、2球目なんてピンよりも少し奥まで飛んでるよ」 佐藤「僕も1発めは少し右に出してしまいましたが、後の2発はしっかりと3メートル以内に乗せることが出来ました。 飛距離もしっかり出ますが、コントロール性は高いですね。 そして打感が気持ちいい」 野村「ティアップして打つ分には、十分使えるって気がするな~」 ピンハイにナイスオン! ラフや傾斜からでも打てるのか? 野村「じゃあ今度はラフから打ってみようよ。 しかもちょっと斜面とかから。 これはさすがに難しいと思うけど」 佐藤「そうですね、ラフでどのくらい抜けてくれるのかってのは興味ありますね」 野村「さっきのパー3みたいに順ちゃんは170ヤードの斜面ラフから打ってもらって、僕は155ヤードの斜面ラフから打ってみるよ。 」 ビシッ 野村「けっこう深いラフでつま先さがりなのに、順ちゃん良い球打ってるね~。 しっかりと高さも出てるし、距離も出てるよ。 やっぱ上手いな~」 佐藤「やっぱヘッドが小さいからか、抜けがかなり良いですね。 けっこう芝に沈めて打ってみましたが、ちゃんとボールにコンタクト出来ました」 僕も負けじとなかなかいいショットを打ちましたよ 佐藤「僕はこのアイアンを5番からバッグに入れてラウンドしてみたいですね。 かなり好印象です」 野村「僕もラウンドで使ってみたいけど、7番だから打てたのかな~って気もする。 さすがに5番だと難しそうだし、1ラウンド使ったらミスショットも出そうだな~」 佐藤「野村さんも良い球打ってたから、十分使えるんじゃないかと思いますけどね。 やっぱこういうクラブを使うと楽しいです」 野村「プラスハンデの順ちゃんなら完璧に打ちこなせるだろうね。 なんせ順ちゃんみたいなゴルファー向けに作られたアイアンだし。 でも僕もほんのちょっと背伸びしたら使えるような気がするな~。 今までのマッスルバックに対する難しくて手に負えないってイメージが無くなったよ。 飛距離が出たのには驚いたし、捕まった球が打ちやすいんだよね。 無謀だと分かっていながらも欲しくなっている僕がいるよ(笑)」 佐藤「じゃあ買っちゃいますか!女子プロとお揃いになりますよ(笑)」 野村「でもちょっとお高いのよね。 でも本当にカッコ良いアイアンだから、これがバッグに入っていたら良いな~なんた思うよね。 比嘉真美子ちゃんはこのBluePrintと優しいi500アイアンのコンボにしているらしいから、僕も5番6番はi500にしたら十分使えるかも・・・って、買わないから!」 佐藤「そんなこと言って、8月の発売日にはバッグの中に入ってるんじゃないですか~」 野村「とりあえず今度フルセット借りてみてコースで試してみるわ(笑)」 こんなにソール薄いんですよ~ BluePrintアイアンは一度打ってみる価値あるかも 打つ前は確実に僕にはハードスペックだと思っていましたが、ティアップしてのショットは自分のアイアンよりも飛んでるんじゃないかってくらいのナイスショットが打てたし、ラフからも抜群の抜けの良さでとても打ちやすかったです。 飛距離が自分のアイアンよりも落ちるのは当然と覚悟していましたが、逆に飛んでるくらいなのには驚きました。 なんで飛ぶんでしょうかね? 実際に1ラウンドをこのアイアンを使ってみたら、さすがにミスショットはいくつか出るんでしょうが、手に負えないような難しさは感じませんでした。 たしかにこのアイアンの性能を100%発揮するには僕の腕では足りないのでしょうが、ある程度のミート率があれば使えるアイアンのような気がしました。 これでいろんな球を操っていいスコアが出せたら楽しいんだろうな~って思わせてくれるアイアンです。 機会があれば一度打ってみると、みなさんも意外と打てることに驚くかもしれませんよ。 僕はもう少し安かったら確実に買っちゃってるような気がします。 危ない危ない(笑) (取材・文)ゴルフバカイラストレーター野村タケオ.

次の