くせ毛 美容師。 ◆くせ毛カット専門美容師がおススメする、くせ毛に相性の良いカットとは?!

現役美容師がオススメする、くせ毛カットが上手い美容師の探し方。

くせ毛 美容師

新規指名でご来店のKCO様 今回のクセのお悩みは... 髪質を生かしたショートカット希望です。 よろし くお願い致します。 ・1年に1回ペースで縮毛矯正をしている。 ・10年以上このくらいの長さでマンネリ気味、雰囲気を変えたい。 ・ずぅーっと、ショートカットにしたいと思ってるが何処の美容室に行っても「膨らむからやめたほうがいいと」断られてしまう。 ・今回どーしてもショートカットにしてみたくて、くせ毛のカットが上手い美容師さんを探してご来店。 ・縮毛矯正を半年前くらいにしてるとのことなので、 ・今日完璧にしたいなら、毛先に縮毛矯正用パーマ(メルティカール)をワンカールかけて、毛先の矯正によるピーンを丸みに変え髪が動くようにする必要がある!! ・もしメルティカールをやる予算や時間がないのであれば、毛先の縮毛矯正がなくなるまではサイドを両耳かけして、ちょっとずつ矯正部分を切りながらなくなるのを待つ!! ・切ると膨らむという膨らみグセは後ろのカットをディスコネというつながらないカットでボリュームが、出ないようにカット!! このパターンの1番のポイント!! くせ毛をバッサリショートカットにする場合でカットしても縮毛矯正部分が残ってしまう場合は このままだと毛先がハリガネのよーにピーンとなってしまって髪が動かないので可愛くなりません!! なので縮毛矯正でもかけられるパーマメルティカールをかける。 もしくは、 伸びたら切る。 伸びたら切る。 てな感じで地道なんだけどちょっとずつ切りながら縮毛矯正部分がなくなるのを待つ! ここがポイントです!! そーんなこーんなで今回はカットのみで... before after 膨らみグセもカットで解消!! 前髪の生えぐせも前髪を深めにとり解消!! トップのアホ毛は、トップを短く切り、デザインにして解消!! 問題の縮毛矯正部分はちょっとずつ切りながらなくすことに!! 当面はサイドを両耳かけして見せない選択を!! 誰でもできるものではありません!! この記事を読んでご予約の場合は必ずKAITOを指名してください!! シリーズ 売れたい美容師さん必見!! 美容師として生きていくための攻略メディア【bi-alive】運営してます!! 美容師さんはこちらをクリック!! セルフでやりたい方はこちらをクリック! KAITOの髪の悩みなんでもオンライン相談室はこちら!! LINEからの予約を推奨しています!!

次の

くせ毛さん必見!美容師がおすすめするくせ毛用シャンプー7選【湿気・梅雨】

くせ毛 美容師

くせ毛の種類 くせ毛には大きく分けて4種類のパターンがあります。 なので、くせ毛の種類を断定するというよりも、「なんとなくこのタイプかな〜?」くらいで把握できれば問題ありません。 あまり難しく考えずに読んでもらえれば大丈夫です! では、各種類ごとの解説をしていきます。 波状毛(日本人に1番多いくせ毛) ・S字にうねる形状の髪の毛 日本人の大半はこのタイプのくせ毛なので、当てはまる方は多いと思います。 ほとんどの人はこの波状毛だけ抑えれていればOK! 特徴は、ゆらっとしたくせ毛で比較的扱いやすいタイプなので、 波状毛の割合が多い場合は、改善がしやすく髪型として生かしやすい可能性が高いです。 【改善方法】 ・くせ毛用のヘアケアアイテムを使う ・常に髪の保湿を心がける 捻転毛 過度なパサつきやごわつきが気になったらこのくせ毛かも ・螺旋状に捻れている形状 捻転毛は、毛がねじれているため、ねじれた部分が折れて切れ毛になってしまうことが多いです。 さらに、切れ毛の影響でパサつき・乾燥が出やすく広がりやすいため、扱うのが難しいタイプでもあります。 特徴は、ごわつきや乾燥が「ダメージによるもの」と勘違いしやすいのですが、 根本付近からこのようなくせが出ているようなら、捻転毛の割合が高いと考えていいでしょう。 改善方法としては、 【現在の髪型を見直す・スタイリング方法で改善する】この2つが最も効果的な改善方法だと思います。 縮毛強制をかける人が多いのですが、注意してください。 捻転毛は、1本1本毛の太さが大きく異なり、効果にバラつきが出やすいので、縮毛強制する際は知識のある美容師さんに相談することをおすすめします。 【改善方法】 ・縮毛強制をする 連珠毛(毛がビーズを繋ぎ合わせたような形状になっている、毛がもろい) ・毛がビーズを繋ぎ合わせたような形状 連珠毛は基本的に親の遺伝からなることがほとんどです。 さらに連珠毛になる可能性はごく稀なので、まず心配する必要はありません。 くせ毛の扱いやすいヘアスタイルを紹介~髪質別~ ヘアスタイルには 【くせを生かす・くせを殺す】の2パターンがあります。 波状毛 【ショートヘアのおすすめ】 ショートヘアの場合は基本的にくせを生かす方が扱いやすいです。 くせを生かす場合、くせの強さにもよりますが、 「パーマをかけたショートヘアスタイルが相性バッチリです」 波状毛の人は、くせがS字の形状なので 「パーマのかかりもよく、もちが良い場合が多いのです。 」 【ショートボブ・ミディアムボブのおすすめ】 ・ くせを生かす くせを生かす場合、 「緩めのパーマ・ウェット系のスタイリング剤を使う」ことをおすすめします。 このヘアスタイルは色気のある女性になりたい方におすすめです。 基本的にくせ毛は濡れた髪の方が生かしやすいので、 ウェット系のスタイリング剤を使って、動きのあるヌーディーなスタイルに仕上げやすいです。 ・くせを殺す くせを殺す場合、 「重めの切りっぱなしボブ」がおすすめです。 「切りっぱなしボブ」は実は男性ウケのいいヘアスタイルです(僕も含め笑) さらに、スタイリングもストレートアイロンをサラっと通すだけで、とても簡単なヘアスタイルなので扱いやすさもおすすめの1つです! 実際に、くせ毛のお客様で切りっぱなしにしてからかなり扱いやすくなったという意見も多くいただいているので、是非おすすめしたいヘアスタイルの1つです。 【ロングヘアのおすすめ】 ロングヘアでくせを生かすのは難しいのであまりおすすめしません。 ロングヘアの場合、毛先にダメージが蓄積されて「乾燥・パサつき」がとても気になるかと思います。 ヘアスタイルとしては定期的に傷んだ毛先を切るようにしていれば問題ありません。 ヘアケアで「保湿・ダメージケア」を念入りにやっていきましょう。 捻転毛は毛がごわついて広がりやすいので、髪の長さが短いと 「顔が丸く、大きく見えやすい」のでおすすめしません。 くせを抑えるポイントとしては、先程も言ったように、「しっとり系・重めのスタイリング剤」で抑えるのが1番効果的です。 理由は捻転毛と同様です。 さらにくせ毛の中でくせが1番強いので、髪の長さはセミロング以上の長さが理想的でしょう。 (黒人のように縮毛を生かすのは別として笑) 何度も言いますが、美容院に行く際は縮毛強制が強いお店に行くようにしましょう。

次の

くせ毛カット得意を謳っている美容師に切ってもらったら失敗した件

くせ毛 美容師

ストレートアイロンのメリットデメリット まずはストレートアイロンの メリット、デメリットから説明したいと思います。 あると便利とはいえ、ストレートアイロンの特性を理解しないと、十分に良さを発揮できません。 まずはストレートアイロンでどんな事が出来るのでしょうか!! メリット• 自宅で気軽に髪がさらさらストレートに仕上がる• ストパーや縮毛矯正といった、髪に大きな負担がかかる施術をしなくて良い• 壊れるまで何回でも使えてコスパが高い• 寝癖、前髪のうねりが直せる• 外ハネ、カール、巻き髪などのアレンジにも使える デメリット• 高温と摩擦で無理やり癖を伸ばす為、髪の傷み、枝毛、切れ毛の原因となる• 癖の戻りが早い、水で濡らすと取れやすい• 自分で気軽に使える分、火傷や火事の心配が増える• 素人でも扱いやすいが、慣れるまで時間と練習が必要 以上がストレートアイロンの特性です。 気軽に家でのアレンジは出来そうですよね!ただ扱いにも十分気を付けないといけません。 ストレートアイロンの選び方 次にアイロンの選び方ですが、アイロンの大きさなども沢山ありますが、そのあたりをザっと説明していきます。 髪型、サイズ、プレートの幅 ストレートアイロンは「 髪の長さ(ショート、ミディアム、ロング)」を基準に、 最適なサイズと プレート幅を選びましょう。 髪を挟む プレート部分の幅・長さは製品によって違います。 プレート幅・長さが短いほど、より繊細で細かなアレンジが可能な一方で、挟める毛束は少なく時間がかかります。 逆に長いと細かなアレンジは苦手ですが、短時間で仕上がります。 次を目安に理想のストレートアイロンを選びましょう。 プレートの素材、操作性、傷みにくさ ストレートヘアアイロン選びには、直接髪に当たるプレート部分の素材も大切です。 プレートの材質は、大きく分けて テフロン・チタン(チタニウム)・セラミックの3種類で、熱の伝わり方が違います。 熱伝導率の高いセラミックなどはすぐ温まると言われ、テフロン、チタンなどはダメージが少なく傷みにくい特徴があります。 最高温度 温度調整、立ち上がり ストレートアイロンは 熱の力で癖を直したり、癖付けします。 つまり髪を矯正するには熱が必要。 しかし髪は 高温に弱く傷みの原因に…。 ただし、これは健康毛や太毛の場合。 また、 細毛・軟毛などで髪の癖がつきやすい人も、低温に調整可能なタイプがおすすめ。 ストレートアイロンが苦手!という方に、ストレートヒートブラシがおすすめ 少し番外編になりますが、アイロンが苦手な人には『 サロニアヒートストレートブラシ』というのもあります。 ストレートアイロンは 時間や手間がかかり、火傷することもあります。 髪が思うようにセットできず何回もやり直したり…、といろいろ面倒なことがあると思われる人もいますよね。 そんな方におすすめのアイテムで、ブラシ型のストレートヘアアイロン 「ストレートヒートブラシ」は、 ブラシ自体が熱で温かくなり、触っても熱くなく ブラシで髪をとかすだけでクセを取って、ナチュラルなストレートヘアにしてくれます。 不器用な人でも簡単にセットできるという商品です。 まとめ いかがでしたか??たくさんある種類の中から、 美容師目線で特に人気のあるものをご紹介させていただきました。 人によって判断の基準は様々なので、安いのを好む方もいれば、 性能、操作性、使用感を重視する方もいると思います。 長期間使うものなので、重視するものの バランスの良さが大事だと思います。 僕の独断でおすすめするのは、どれもとてもいい商品ですが初心者や使い慣れてないという事などを重要視すると、特に『 ReFaビューテックアイロン』か『 ラディアントストレートアイロン』がオススメかなと思います。 どちらも共通していえる 水蒸気爆発をしないということがポイントで上手く乾かせていなくても、アイロンで失敗せずに艶々に仕上げることができます。 特にReFaビューテックアイロンは、挟む事による髪の潰れがないので、とても柔らかく仕上がります。 家で使うにはとても使いやすく、 美容室の仕上がりが再現しやすいと思います。 しかしどれもいい物なので、決して失敗のないアイテムたちです。 ぜひ参考にしてみて、 ストレートアイロンで スタイリングの幅を広げていきましょう! 9つの質問に答えて髪の悩みを解決するオーダーメイドシャンプー&トリートメントをつくろう.

次の