ウィンブルドン 決勝。 ウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者一覧

フェデラー「最高の試合」、ナダル下してウィンブルドン決勝へ 写真20枚 国際ニュース:AFPBB News

ウィンブルドン 決勝

何と6時間36分(速報値)のセンターコート最長試合が生まれた。 男子シングルス準決勝第1試合は、世界8位のアンダーソン(南ア)と同10位のイスナー(米国)が互いに譲らず。 最終セットはタイブレークがないため、最終セットだけで合計50ゲームを戦い、アンダーソンが7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で勝った。 試合時間は、テニス史上最長を記録した10年1回戦の11時間5分に続く、大会史上2番目に長い記録で、合計99ゲームは、大会男子シングルスで3番目に多い試合となった。 勝ったアンダーソンは「なんと言っていいか分からない。 両選手にとって、本当にタフな試合だった。 あまり感激してないようで申し訳ない」と、しゃべるのもつらそうだった。 photo• スポーツ 関西大学ラグビー、コロナ棄権の場合リーグ不成立へ []• ラグビー [7月18日 15:39]• バスケットボール [7月18日 12:43]• バスケットボール [7月18日 12:32]• コラム [7月18日 11:00]• 五輪・一般 [7月18日 9:57]• 東京オリンピック2020 [7月18日 9:52]• フィギュア [7月18日 9:13]• 五輪・一般 [7月18日 9:13]• 東京オリンピック2020 [7月18日 9:13]• 東京オリンピック2020 [7月18日 9:13]• テニス 試合のないジュニアらにプロと対戦でアピールの場を []• テニス [7月17日 19:01]• テニス [7月14日 8:44]• テニス [7月10日 10:46]• テニス [7月6日 9:21]• テニス [7月5日 10:12]• テニス [7月4日 11:05]• テニス [7月3日 0:18]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [6月28日 20:03]• 陸上 新社会人の御家瀬緑、今季100m11秒4切り照準 []• 陸上 [7月17日 11:37]• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 陸上 [7月16日 14:35]• 陸上 [7月15日 20:43]• 陸上 [7月15日 20:38]• 陸上 [7月15日 20:03]• 東京オリンピック2020 [7月15日 19:00]• 陸上 [7月15日 18:38]• 東京オリンピック2020 [7月15日 18:32]• フィギュア 五輪史上初!ボレロで芸術点オール満点、伝説の2人 []• コラム [7月18日 11:00]• フィギュア [7月18日 9:13]• フィギュア [7月18日 8:01]• コラム [7月17日 11:00]• フィギュア [7月17日 9:19]• コラム [7月16日 11:00]• フィギュア [7月15日 16:35]• フィギュア [7月15日 16:06]• コラム [7月15日 11:00]• コラム [7月14日 14:14]• バレー バレー代表小野寺太志「自分と違う」若手台頭に刺激 []• バレーボール [7月15日 20:37]• 東京オリンピック2020 [7月15日 7:12]• 東京オリンピック2020 [7月14日 20:42]• バレーボール [7月13日 19:40]• バレーボール [7月10日 23:18]• バスケットボール [7月8日 8:00]• バレーボール [7月7日 18:56]• バレーボール [7月6日 21:42]• バレーボール [7月4日 11:05]• バレーボール [7月4日 11:05]• バスケ 渡辺、筋トレで体重増「バスケできること自体幸せ」 []• バスケットボール [7月18日 12:43]• バスケットボール [7月18日 12:32]• バスケットボール [7月17日 18:22]• バスケットボール [7月17日 12:43]• バスケットボール [7月17日 9:43]• バスケットボール [7月16日 9:56]• バスケットボール [7月15日 8:55]• バスケットボール [7月14日 19:39]• バスケットボール [7月14日 12:15]• バスケットボール [7月14日 8:13]•

次の

ウィンブルドン2020の日程とチケット【テニス】

ウィンブルドン 決勝

男子シングルスにしぼってお話するわー。 準決勝の フェデラー VS マレー は超見応えあった。 (半分くらいしか見てないけど) フェデラーのサーブがバンバン決まって、全盛期かって感じのキレだったね。 念願叶い、決勝は2年連続で フェデラー VS ジョコビッチ だよ。 今夜は、全世界のテニスファンと一緒に最高の試合を堪能出来ることだろう。 そう、ウィンブルドンの決勝は全世界生中継なのよー。 しかも必ず終了まで放送する。 試合が延びて何時間かかってもだ。 テレビ中継と言えば、準決勝では特別観客席(ロイヤルボックス)でボルグとロッド・レーバーが観戦していた。 さらにベッカーがいて、フェデラー陣営にはエドバーグが座り、さらにさらに、アメリカのTV放送ブースにはマッケンローが解説者として座ってる。 こういうのもウィンブルドンTV中継の楽しみだ。 今夜の決勝、フェデラーのコーチはステファン・エドバーグ、ジョコビッチのコーチはボリス・ベッカー。 現役時代に3度ウィンブルドンの決勝で対決したライバルが、今度はお互いコーチとして決勝に挑むという、我々世代にはたまらない見どころである。 そういうわけで今夜、男子シングルス決勝だ。

次の

【ウィンブルドン2019決勝結果】ジョコビッチがフェデラーに勝利して連覇達成!

ウィンブルドン 決勝

決勝のプレイヤー情報 ノバク・ジョコビッチとロジャー・フェデラーの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。 Head 2 Head 過去の対戦成績は、ジョコビッチの25勝、フェデラーの22勝。 グラスコートでは、ジョコビッチの2勝、フェデラーの1勝。 直近の対戦は2018年のパリ・マスターズ(室内ハードコート)の準決勝で、ジョコビッチがセットカウント2-1(7-6、5-7、7-6)で勝利しています。 ジョコビッチとフェデラーの過去の対戦成績については、『 』で詳しく紹介しています。 コールシュライバー 57 6-3 7-5 6-3 2回戦 D. クドラ 111 6-3 6-2 6-2 3回戦 H. ホルカシュ 48 7-5 6-7 6-1 6-4 4回戦 U. アンベール 66 6-3 6-2 6-3 準々決勝 D. ゴファン [21] 23 6-4 6-0 6-2 準決勝 R. バウティスタ アグート [23] 22 6-2 4-6 6-3 6-2 ロジャー・フェデラー Round 対戦相手 Rank スコア 1回戦 L. ハリス 86 3-6 6-1 6-2 6-2 2回戦 J. クラーク 169 6-1 7-6 6-2 3回戦 L. プイユ [27] 28 7-5 6-2 7-6 4回戦 M. ベレッティーニ [17] 20 6-1 6-2 6-2 準々決勝 錦織 圭 [8] 7 4-6 6-1 6-4 6-4 準決勝 R. 2019年 ウィンブルドン 決勝の結果 ウィンブルドンの決勝の結果です。 <日程> ・7月13日 土 :決勝 女子シングルス、男子ダブルス ・7月14日 日 :決勝 男子シングルス、女子ダブルス 日本とロンドンの時差:-8時間(日本の方が8時間進んでいます) 男子シングルス [1] ノバク・ジョコビッチ 1 3 7 7 1 7 7 4 13 7 [2] ロジャー・フェデラー 3 2 6 5 6 6 4 6 12 3 男子ダブルス [11] N. ロジェ バセラン 2 7 7 6 5 6 6 7 7 3 [2] J. ファラ 3 6 5 7 7 7 8 6 5 6 女子シングルス [11] セレナ・ウイリアムズ 10 0 2 2 [7] シモナ・ハレプ 7 2 6 6 女子ダブルス [3] H. ストリコバ 2 6 6 [4] G. (試合後に追記します) 決勝「ジョコビッチ vs フェデラー」 [1] ノバク・ジョコビッチ 1 3 7 7 1 7 7 4 13 7 [2] ロジャー・フェデラー 3 2 6 5 6 6 4 6 12 3 試合時間:4時間57分 第1シードのノバク・ジョコビッチ(32歳・セルビア)が第2シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)をセットカウント3-2(7-6、1-6、7-6、4-6、13-12)で破り、ウィンブルドン2年連続5回目(グランドスラム16回目)の優勝を飾りました。 簡単に試合を振り返ります。 第4ゲーム、フェデラーにブレークポイントが1本 デュース3回目 ありましたが、デュース4回目でジョコビッチがキープ。 お互いキープを続けてタイブレークに突入。 第1ゲーム、15-0からジョコビッチのバックハンドの連続ミス、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナー ジョコビッチ足を滑らせる があり、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、 フェデラーがブレークに成功。 第2ゲーム、フェデラーがキープ。 第3ゲーム、ジョコビッチのバックハンドの連続ミス、ボレーのミスがあり、0-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ジョコビッチが1本凌ぎますが、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、 フェデラーがブレークに成功。 第4ゲーム、フェデラーがキープ。 第5ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第6ゲーム、15-30とジョコビッチがポイントを先行しますが、フェデラーがキープ。 第7ゲーム、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ドロップショットのウィナー、ジョコビッチのフォアハンドのミスがあり、0-40とフェデラーにセットポイント ブレークポイント が来ます。 ジョコビッチにダブルフォルトが出て、 フェデラーがブレークをして第2セットを取ります。 第9ゲームまでお互いにブレークポイントを与えずにキープを続けて行きます。 第10ゲーム、30-40とフェデラーにセットポイント ブレークポイント が来ますが、ジョコビッチがファーストサーブでピンチを凌ぎ、デュース1回目でジョコビッチがキープ。 第11ゲーム、フェデラーがラブゲームでキープ。 第12ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第1ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第2ゲーム、15-30とジョコビッチがポイントを先行しますが、フェデラーがキープ。 第3ゲーム、ジョコビッチがラブゲームでキープ。 第4ゲーム、40-15からフェデラーのダブルフォルト、ジョコビッチのバックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、デュースまで行きますが、デュース1回目でフェデラーがキープ。 第5ゲーム、フェデラーのフォアハンドのパッシングショットのウィナー、ジョコビッチのドロップショットのウィナー、ジョコビッチのダブルフォルト、ラリー戦でジョコビッチのフォアハンドのミスがあり、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ジョコビッチにバックハンドのミスが出て、 フェデラーがブレークに成功。 第6ゲーム、フェデラーがラブゲームでキープ。 第7ゲーム、ジョコビッチのファーストサーブでのポイント、フェデラーのバックハンドのダウンザラインへのリターンエース、ジョコビッチのサービスエース、フェデラーのドロップボレーのウィナー 30-30 、フェデラーのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ジョコビッチにバックハンドのミスが出て、 フェデラーがブレークに成功。 第8ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット。 30-40のジョコビッチのブレークポイントはフェデラーが凌ぎますが、デュース1回目でフェデラーにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。 ラリー戦でジョコビッチがポイントを取り、 ジョコビッチがブレークを1つ返します。 第9ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第10ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット 2回目。 40-0とフェデラーにセットポイントが来ると、フェデラーのフォアハンドのドライブボレーのウィナーが決まり、 フェデラーが第4セットを取ります。 第1ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第2ゲーム、フェデラーがキープ。 第3ゲーム、デュースまで行きますが、デュース1回目でジョコビッチがキープ。 第4ゲーム、ジョコビッチのリターンがコードボールになってのジョコビッチのポイント、フェデラーのボレーのウィナー 15-15 、ラリー戦でのジョコビッチのポイント、ジョコビッチのバックハンドのダウンザラインへのアプローチショットでのポイントがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。 フェデラーのセカンドサーブでのポイント、フォアハンドの逆クロスへのショットでのポイントがあり、デュースへ。 デュース1回目、ジョコビッチが深いリターンでポイントを取り、ジョコビッチにブレークポイントが来ますが、フェデラーがサービスエースでピンチを凌ぎます。 デュース2回目でフェデラーがキープ。 第5ゲーム、デュースまで行きますが、デュース1回目でジョコビッチがキープ。 第6ゲーム、フェデラーのバックハンドのミス、ジョコビッチのリターンでのポイント 0-30 、フェデラーのスマッシュでのポイント、バックハンドのミスがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。 フェデラーが1本凌ぎますが、ジョコビッチのバックハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーが決まり、 ジョコビッチがブレークに成功。 第7ゲーム、フェデラーのバックハンドの深いショットでのポイント、バックハンドのミス、深いリターンでのポイント 15-30 、フェデラーのフォアハンドのミス、ジョコビッチのダブルフォルトがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ラリー戦でフェデラーのフォアハンドのミスがあり、デュースへ。 デュース1回目、ラリー戦でフェデラーのフォアハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、フェデラーにブレークポイントが来ます。 ラリー戦でジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、 フェデラーがブレークバックに成功。 第8ゲーム、15-30とジョコビッチがポイントを先行しますが、フェデラーがキープ。 第9ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第10ゲーム、30-30まで行きますが、フェデラーがキープ。 第11ゲーム、15-30とフェデラーがポイントを先行しますが、ジョコビッチのスーパープレー 飛びついてのボレーのウィナー などがあり、ジョコビッチがキープ。 第12ゲーム、デュースまで行きますが、デュース2回目でフェデラーがキープ。 第14ゲーム、フェデラーの連続サービスエース、フォアハンドのクロスへのウィナーなどがあり、フェデラーがキープ。 第15ゲーム、30-0からフェデラーが先に攻撃を仕掛けてのフォアハンドのウィナー、ロングラリーでジョコビッチのフォアハンドのミス、ジョコビッチのフォアハンドのミスがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 フェデラーのフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーが決まり、 フェデラーがブレークに成功。 第16ゲーム、フェデラーのサービングフォーザチャンピオンシップ。 フェデラーのフォアハンドのミス、ラリー戦でのフェデラーのポイント、フェデラーの連続サービスエースがあり、 40-15とフェデラーにチャンピオンシップポイントが来ます。 フェデラーのフォアハンドのミス、ジョコビッチのフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーがあり、デュースへ。 デュース1回目、ジョコビッチのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのショットでポイントを取り、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。 フェデラーにフォアハンドのミスが出て、 土壇場でジョコビッチがブレークバックに成功。 第17ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第18ゲーム、フェデラーがキープ。 第19ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第20ゲーム、フェデラーがキープ。 第21ゲーム、30-30まで行きますが、ジョコビッチがキープ。 第22ゲーム、フェデラーがキープ。 第23ゲーム、40-0からジョコビッチのバックハンドのミス、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ラリー戦で先に攻撃を仕掛けたフェデラーのボレーのウィナーがあり、デュースへ。 デュース1回目、ロングラリーでフェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、フェデラーにブレークポイントが来ますが、フェデラーのパッシングショットがサイドアウト。 デュース3回目、フェデラーのベースラインギリギリのショットに対するジョコビッチのジャッジミス ジョコビッチがプレーを止めますがホークアイでイン判定 があり、フェデラーにブレークポイントが来ますが、ジョコビッチのスマッシュのウィナー。 デュース4回目でジョコビッチがキープ。 第24ゲーム、フェデラーがラブゲームでキープ。 5m Total Distance Run 5810. 3m ハイライト動画 決勝「ジョコビッチ vs フェデラー」のハイライト動画です。 ドロー表(結果) 決勝後のランキング(トップ30) ウィンブルドンの決勝後のランキングです。 順位 選手名 基礎 point result 獲得 point 決勝後 point 1 ジョコビッチ 10,415 優勝 2,000 12,415 2 ナダル 7,225 準決勝 720 7,945 3 フェデラー 6,260 準優勝 1,200 7,460 4 ティーム 4,585 1回戦 10 4,595 5 A. ズベレフ 4,315 1回戦 10 4,325 6 チチパス 4,035 1回戦 10 4,045 7 錦織 圭 3,680 準々決勝 360 4,040 8 ハチャノフ 2,800 3回戦 90 2,890 9 フォニーニ 2,695 3回戦 90 2,785 10 メドベージェフ 2,535 3回戦 90 2,625 11 アンダーソン 2,410 3回戦 90 2,500 12 デルポトロ 2,380 欠場 0 2,380 13 バウティスタ アグート 1,600 準決勝 720 2,320 14 チョリッチ 2,195 棄権 0 2,195 15 イズナー 1,995 2回戦 45 2,040 16 バシラシビリ 1,950 2回戦 45 1,995 17 チリッチ 1,895 2回戦 45 1,940 18 ゴファン 1,500 準々決勝 360 1,860 19 モンフィス 1,805 1回戦 10 1,815 20 ベレッティーニ 1,620 4回戦 180 1,800 21 ラオニッチ 1,585 4回戦 180 1,765 22 ワウリンカ 1,670 2回戦 45 1,715 23 オジェ アリアシム 1,625 3回戦 90 1,715 24 ペラ 1,340 準々決勝 360 1,700 25 シュワルツマン 1,440 3回戦 90 1,530 26 ベルダスコ 1,225 4回戦 180 1,405 27 プイユ 1,295 3回戦 90 1,385 28 ペール 1,188 4回戦 180 1,368 29 シャポバロフ 1,345 1回戦 10 1,355 30 フリッツ 1,275 2回戦 45 1,320 基礎ポイントについては、『 』をご覧ください。 ウィンブルドン 獲得ポイント ラウンド 獲得ポイント 優勝 2,000 準優勝 1,200 準決勝 720 準々決勝 360 4回戦 180 3回戦 90 2回戦 45 1回戦 10 決勝の放送予定 WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)とNHKでの放送が予定されています。 WOWOW では、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。 また、では、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。 決勝は生中継 日付 ラウンド 放送時間 7月13日 土 決勝 女子 22:00~ 24:00 7月14日 日 決勝 男子 22:00~ 24:35 <放送予定の対戦カード> ・7月13日 土 決勝「S. ウィリアムズ vs S. ハレプ」 ・7月14日 日 決勝「N. ジョコビッチ vs R. フェデラー」 2019年 ウィンブルドン 各ラウンドの結果.

次の