返答 類語。 「打診」の意味と使い方、承諾の返答、類語、医療用語、英語

クーデターの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

返答 類語

「返答」の意味と敬語としての使い方 「返答」の意味 「返答(へんとう)」は「相手からの質問・依頼・要求などに対して、こちらからその答えを相手に伝えること」という意味です。 「返答に窮する」「メールで返答する」などと用います。 また、「返答」は「主に口頭で伝えること」と辞書に記載されていることが多いのですが、「返事」が「口頭または文書での回答」を意味することに対比しての説明の意味合いが大きいと思われるため、メールや書面など口頭でない場合でも「返答」を用いるのに問題はありません。 「返事」との使い分けについては、後述します。 「相手に返答を求める場合」の使い方 ビジネスの取引先や目上の人に対してなんらかの答えを求めたい場合は敬語表現を用います。 「ご返答をお願いいたします」とお願い表現にすることが一般的です。 あるいは、「待つ」の謙譲語「お待ちする」を添えて「ご返答をお待ちしております」もよく使われます。 いずれも「返答」には必ず「ご」をつけて丁寧語にします。 さらに「ご返答お願いいたします」ではなく、「ご返答を」というように間に「を」を入れると丁寧な印象になります。 また、相手からの返答をもらいたいのだが、こちらが何らかの状況により弱い立場にあるなど、より丁寧な表現が必要な場合もあるでしょう。 そのような時は次のような表現例があります。 「恐れ入りますがご返答をいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 構造を細かく説明すると次のようになります。 「恐れ入りますが」「何卒よろしく」とクッション言葉をプラス• (「もらう」の謙譲語「いただく」)+(丁寧語「ますように」)で「いただきますよう」とし、謙譲の気持ちを表現• 「言う」の謙譲語「申し上げる」を使うことで、お願い表現に謙譲の気持ちを表現 さらに状況的に相手に返答を求めるのが厳しいようなシチュエーションの時は 「お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、ご返答をいただければ幸いでございます」 などとクッション言葉を重ねて用いてから、返答いただければ嬉しい、という婉曲表現にすることで命令口調を回避することができます。 この場合、文章としては相手に返答するかどうかの判断をゆだねているかのようですが、実際は返答をしてもらう必要があるので、「〇月〇日までに」という期限をさりげなく入れるなど、状況に応じて工夫が必要です。 「相手の返答に返信する場合」の使い方 「返答」をお願いしてその返信をいただいたら、そのリアクションに対してお礼の文章を返信することになります。 その場合は「ご返答ありがとうございます」「ご返答をいただきありがとうございます」「ご返答をいただきまして誠にありがとうございます」などと、相手との関係性や状況に応じて適当な表現を用います。 「相手の求めに対して自分が返答する場合」の使い方 取引先や上司から返答の依頼があり、自分が返答する場合に「ご返答」と自分の動作に「ご」をつけていいのか、迷う人が多いようです。 結論として返信メールや文書、口頭で「ご返答いたします」と表現して間違いはありません。 「返答」となる元の言葉に「ご…いたします」という謙譲語の基本形を使用しているからです。 「ご説明いたします」「ご案内いたします」「ご遠慮いたします」などと同様の表現形です。 「ご返答いたします」が正しいのかどうか迷ってしまう原因としては、「ご返答」の「ご」が相手に対して用いる場合は「尊敬語」であるため、自分の行為に尊敬語を用いるのはおかしい、と感じる人がいることが考えられます。 しかし自分の行為の「返答」につく「ご」は上述したように「謙譲語」となるため、間違いではありません。 ビジネスメールでの使用例 最近は直接会って対話したり電話で会話したりするよりメールのやりとりで仕事を進めていくことが多くなっています。 様々なシチュエーションで「返答」を使いこなせるよう、ビジネスメールでの使用例を紹介します。 「返答」を求める場合• ご返答のほど、よろしくお願い申し上げます。 お忙しいところお手数ですが、ご返答をいただきますようお願いいたします。 ご返答をいただければ幸いです。 誠に恐縮でございますが、〇月〇日までにご返答をいただければ大変助かります。 ご返答をお待ちしております。 自分が「返答」する場合• 添付資料のとおり、ご返答いたします。 次のとおり、ご返答させていただきます。 〇〇の件につきまして、ご返答申し上げます。 「返答」の類語 「返答」の類語には「回答」「返事」があります。 どちらも同じような意味ですが、使い方に違いがあります。 「返答」と「回答」の違い 「回答」は「文書による正式な返事」の意味合いがあります。 「回答を求める」「回答を迫る」などと用い、「返答」と文書で書くよりも形式にのっとった返事を強く要求する意味が強くなります。 「返答」と「返事」の違い 「返事」は「呼びかけに対して答えること、またその言葉」という意味合いがあります。 質問に対して「返答」する場合と同じように「返事」も用いられますが、名前を呼ばれて返事をする、というように動作に用いられることがあります。 また狭義では「答えの手紙を出す」という意味があり、「すぐに返事を出す」などと用います。 まとめ 「ご返答をお願いいたします」と取引先に依頼したいことがある時の敬語表現には、工夫が必要な場合があります。 特にメールの文面は事務的で冷たい印象になりがちなため、丁寧語や謙譲語をうまく使いこなせるようにしておきましょう。 また、自分の動作に「ご」をつける「ご~いたします」という謙譲表現がさっと出てくるよう、普段から意識して周囲の会話を聞き、フレーズとして覚えておくのも一案です。

次の

クーデターの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

返答 類語

「ご査収くださいませ」は、取引先の相手や上司など目上の方にも問題なく使用できる丁寧な言葉遣いです。 ただし、先程も少し触れたように手紙やメール、書類など、何か確認してもらいたい物が無ければ使用できません。 また、 「ご〜くださいませ」は、命令口調を柔らかくした表現なため、人によっては失礼だと感じることがあることも覚えておいてください。 「ご査収くださいませ」を用いた例文一覧 自分の会社の上司など、 社内の目上の方へ述べたい場合は「ご査収願います」と伝えるのも有効的な表現と言えるでしょう。 ただし、尊敬語の「ご」を文頭につけてはいますが、文末の「ます」はあくまでも丁寧語となるため、 「ご査収くださいませ」と丁寧さはあまり大差ありません。 したがって、社外の人に対しては謙譲表現を用いた言い方を述べるのが好ましいです。 反対に、直属の上司を筆頭に、近い距離感の人に丁寧すぎる表現は逆に他人行儀っぽく聞こえてしまうため、最低限の丁寧な表現「ご査収願います」を用いるのもありと言えます。 ただし、上司に対してもフランクな表現は避けたい場合は、謙譲表現などを用いるなどしてより丁寧な表現を用いるようにしましょう。 「ご査収願います」の例文 取引相手へビジネスメールや資料を送付する際、「ご査収いただく」という敬語表現を使うのも良いでしょう。 「ご〜いただく」は、謙譲語で相手よりもへりくだる意味を持っています。 「ご査収いただく」には、「内容をよく調べて確認して貰えると、〜」といった意味をあり、こちらから一方的に伝えるのではなく、 相手にへりくだってお願いしている旨が伝わるからです。 ご査収いただくを実際に文章で使う場合は、• ご査収いただければ、〜• ご査収いただきけますと、〜• ご査収いただきますよう、〜 と変化させることで幅広いシチュエーションに対応した謙譲語表現を作り出せます。 「査収」という言葉の場合、「いただく」よりも「くださる」の方が一般的に使われているため、自然な言い回しを重視したい方は、「くださいますよう、〜」を使うのが良いでしょう。 そこでここからは、 「ご査収くださいませ」を英語で伝えたい場合の例文をお届けします。 「ご査収」には内容を確認すると受け取るの2つの意味合いが込められているため、ご査収という英単語は存在せず、• Please have a look. 見て下さい• Please find enclosed. 添付 したもの を見てください• Please see. 御覧ください• Please refer. ご参照ください• Please check the attached file. 添付ファイルを確認してください• Please receive. 受け取ってください の上記6つがご査収くださいませの近い意味合いで用いられます。 したがって、内容に応じて最適な表現方法を採用するようにしましょう。 意味や使い方を理解して、「ご査収くださいませ」を有効活用しよう!.

次の

「返答」に関連した英語例文の一覧と使い方

返答 類語

手紙やメールで頑張ってほしいという気持ちを伝えるには、どのような言葉を選べばいいのでしょうか。 文書やメールは後に残るため、口頭でしゃべるよりもより気を使って書くようにしなくてはいけません。 敬語を使った文書としてどのような書き方をすればいいでしょうか。 一般的な場合 敬語を使った言い回しで、一般的には、『今後益々のご活躍をお祈り申し上げます』や『益々のご活躍を心より祈念しております』といった言い換えで書けばいいでしょう。 転職する上司や先輩を応援する場合 転職される人に対して、敬語で気持ちを伝える場合には、『新しい環境での益々のご活躍をお祈りしています』や『夢の実現に向けて、さらなるご活躍を心からお祈り申し上げます』という書き方をします。 移動する上司や先輩を応援する場合 異動される上司や先輩に敬語で応援する場合には、『新しい職場での一層のご活躍を心よりお祈りしています』や『新天地でのご活躍をお祈りしています』といった書き方をします。 団体や企業向けに送る場合 個人に対しては、『ご活躍』という言葉を使いますが、団体や企業向けに応援の気持ちを送る場合には、『ご発展』が重宝します。 『皆様の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます』などのような書き方をします。 「頑張れ」は、誰かを励ましたり応援したりするときに使う言葉です。 これは同僚や後輩に対して使ったりするのは問題ないのですが、上司や目上の方に対して使うのは失礼な言葉となります。 「頑張ってください」にすると、「ください」が付いているため一見丁寧な敬語のような言葉に見えるのですが、NGワードです。 そもそも「頑張れ」が「頑張る」の命令形の言葉であるため、「頑張ってください」となっても指示や命令をしている言葉です。 そのため、目上の人はもちろんのこと、社外の人にも使ってはいけない言葉です。 敬語や丁寧語の言い方 では、敬語や丁寧語ではどのような言い方をすればいいのでしょうか。 唐突ですが、この「頑張れ」には敬語が存在しません。 なぜなら、「頑張れ」が目上の人に使う言葉ではないからです。 そのため、目上の人や上司、社外の方に応援の気持ちを伝えるには言い換えることが必要になります。 ・応援しています ・陰ながら応援しています ・成功をお祈りしています ・ご健闘をお祈りしています これらの言葉を使うことで、目上の方や上司、社外の方に対しても失礼にならずに応援の言葉をかけることができます。 「頑張ってください」の敬語の例文 目上の人や先輩に対して「頑張ってください」という気持ちを伝えるための尊敬語などの敬語はありませんでした。 そのため、「頑張ってください」と近い意味の言葉に言い換えて伝えるようにします。 「頑張ってください」を言い換えるには、どのような言い方をすればいいでしょうか。 次の例文を参考にしてみましょう。 これからも 『これからも応援しています』『これからも素敵な先輩でいてください』『これからも一層のご活躍をお祈りしています』この例文のように、応援する文書の前に『これからも』というフレーズをつけることで、ただ単に応援しているというニュアンスから、今の時点以降も応援しているという意味になります。 そのため『これからも』を付ける言葉が時間軸として、『これからも』をつけてもおかしくなければつけ足すことで、より応援しているという気持ちが伝わる言い回しになります。 応援しています 『応援しています』は、『頑張ってください』という気持ちを伝えるのに言い換える敬語としては重宝する言い方です。 一番よく目にするフレーズとしては『陰ながら応援しています』という言い方です。 また、『(いつもご活躍を)応援しています』なども使える言い回しです。 先生 先生に対して『頑張ってください』という表現は、使う対象年齢によってかわってきます。 普段から子供と接している先生ですので、先生から子供に対しては『頑張って』『頑張れ』ということを口にする機会が多いです。 子供からすれば、敬語を意識して先生に話しかけることはないでしょう。 そのため、子供の視点から見れば、『先生、頑張って』でも『先生、頑張れ』でもかまいません。 社会人の視点から見ると、先生は恩師となります。 普段会わない恩師に対して、『頑張って』や『頑張れ』では社会人としては失格です。 敬語で『頑張ってください』であれば、先生と生徒の関係でしたので問題はないでしょう。 いくつになっても手のかかった生徒ですので、先生から見れば可愛いです。 仕事に『お』をつけて丁寧にした敬語を使っているため、普通は部下や後輩に対しては使いません。 そのため、基本は上司や目上の方に使うフレーズになります。 頑張ってくださいねなど 『今日の司会頑張ってくださいね』『次の仕事も頑張ってくださいね』このような言い回しをするのは、主に目上の人から声をかけてもらうような場合です。 部下の立場で、上司や目上の方に対して『頑張ってくださいね』という言い回しは非常に失礼な言い方になります。 そのため『頑張ってくださいね』を使う場合には、決して上司や目上の方に対してではなく、自分にできた部下や後輩に対して利用するようにしてください。 「頑張ってください」の敬語の類語・言い換え 『頑張ってください』という言葉には、色々な言い換えの言葉がありますが、あまりしっくりこない言い回しでした。 『期待しています』や『お励みください』は、敬語を使っているため一見敬意を払っているように感じますが、これらも上から目線としてとられかねない言い回しです。 『ご自愛ください』や『お祈りしています』にしても、大げさな応援になってしまいます。 そのように考えると、『頑張ってください』という言葉をそのまま使えばいいのでしょうか。 心がこもっていれば上司に使ってもいいのでしょうか。 『頑張ってください』を目上の人や上司に使う場合は新密度で使いわけよう ビジネスマナーで『頑張ってください』という言葉を、目上の人や上司には使うべきか使わないべきかをまとめましたがいかがでしたでしょうか。 敬語を意識しすぎて言葉を使い分けていても、どうしても敬語上手く使いこなせない場合もあるのではないでしょう。 『頑張ってください』を目上の人や上司に使う場合は、新密度や距離感によって判断しましょう。 入社から直接お世話になった先輩や上司であれば、『頑張ってください』と言っても問題ないでしょう。 しかし、異動してきてあまり接点のなかった上司や年配の上司などにいきなり『頑張ってください』と言ってしまっては、やはり失礼な感じを与えてしまいます。 そのため、新密度を判断して使いこなすようにしましょう。

次の