のっぽ の トルケル。 海外の反応 【ヴィンランド・サガ】 第11話 トルケルおじさん可愛いw

ヴィンランド・サガ 強さランク考察!

のっぽ の トルケル

ヴィンランド・サガでは強い戦士たちがたくさん出てきてワクワクしますね。 今回は強さランクの考察をしてみます。 2ちゃんねるの「ヴィンランド・サガ強さ議論スレ」では、 S トールズ A トルケル アシェラッド トルフィン ガルザル B 蛇 トールギル ウルフ ガルザル(手負い) C ビョルン アナグマ キツネ トカゲ D エイナル E オルマル というランキングが作成されていました。 とても興味深いですね。 7位 ビョルン パワー B スピード B テクニック C アシェラッド兵団No. 2の腕前を誇り、アシェラッドの右腕として信頼の厚いビョルン。 化け物クラスの戦士たちが出てくる作中では埋もれてしまいがちですが、 体格にも知力にも恵まれ、戦士としてはかなり優秀なほうだと思われます 「 狂戦士のキノコ」を食べた時は、もう少しランクが上がるかもしれませんね。 6位 蛇 パワー B スピード A テクニック B 11巻で初登場した、用心棒たちのリーダー 蛇(本名不明)。 トルフィンに「 アシェラッドよりも速い」と言わしめた剣の腕は一流のものでしょう。 常に冷静で信念を持って戦うところも強みです。 しかし素手のトルフィンとほぼ互角に渡り合っていたところを見ると、トルフィンより強いということはないでしょう。 11巻から始まる奴隷編では、農場主ケティルの長男の戦士トールギル、クヌート王の従士長ウルフなどの強そうなキャラが出てきますが、どれくらいの実力なのかは測り辛いのでランキング不参加とさせていただきます。 5位 ユミル パワー A スピード B テクニック C 22巻で登場した、フローキのペット ユミル。 のっぽのトルケルよりさらに一回り体格が大きく、トルケルととっ組みあいのできる唯一の人物かもしれません。 先祖返りなのかフサフサの体毛に覆われ片言でしゃべり、人間を食べることもあるようです。 どう見てもネタキャラだし、人間なのかどうかも疑わしいですが一応ランキングに入れておきました。 ちなみに「ユミル」は北欧神話に出てくる巨人の名前です。 4位 ガルム パワー C スピード A テクニック A 19巻で初登場した戦闘狂の傭兵ガルム。 小柄でスピード特化という、トルフィンに似たタイプの戦士です。 変わった仕組みの 短槍を使いこなし、トルケルとも互角の戦いを繰り広げました。 ただ、他のキャラが素手で戦ったりいろんな武器を使いこなすのに対して、ガルムは 槍がなくても戦えるのか…?という疑問が拭えないためこの位置にさせていただきました。 3位 トルフィン パワー C スピード A テクニック B トルフィンは運動神経、反射神経、小回りの利く小柄な体格を活かし、 スピードに全てを注いだ戦い方をする短剣使いです。 作中では攻撃を全てかわしつつ、的確に急所をねらうヒットアンドウェイの戦い方か、もしくは先手必勝の戦い方が多いようです 捕まれば終わりという集中力のいる戦い方のため、 持久戦になると厳しいかもしれませんね。 2位 アシェラッド パワー B スピード B テクニック A もともと才能のある戦士の上、長年磨きあげた剣術や投げ技などの 幅広いテクニックのほか、脅しや挑発など 老獪な手段を使うためほぼ敵なしのアシェラッド。 しいて言えば、年のため 体力の衰えが心配ではありますね。 圧倒的なパワーで全てをねじ伏せます。 ただしいくら力があっても当たらなければ意味がありません。 トルフィンの様に 異常にすばしこい相手には苦戦するもよう。 片目と指を数本失い50代になっても全く衰える気配を感じさせない、強者の風格。 今後もトルケルの活躍を見たいですね。 (殿堂入り トールズ) パワー A スピード B テクニック A 作中での戦闘描写は少ないですが、 作中最強であることが予想される 戦鬼トールズ。 世界最強のヴァイキング集団であるヨーム戦士団で大隊長を務めていた彼はトロルと呼ばれ恐れられていました。 この先はもう彼の強さが描かれることはないでしょうが、もっと戦いぶりを見てみたかったですね、、 殿堂入りのトールズから3位のトルフィンまで、ランキング上位陣はみな「本当の戦士」とは何か?を自分に問いかけ、どこか悟ったような雰囲気を醸し出しています。 これがただの腕自慢から一皮むけて達人になるための条件なのかもしれませんね。 こうしてみると、トールズ、トルフィン、トルケル、トールギルなど トール神(北欧神話でアース神族最強の戦士)にあやかった名前がとても多いことに気づかされます。 この時代、男の子には戦士としての武勇が期待されていたのでしょう 追記: 2ちゃんねるで ガルムやボウガン使いの女 ヒルドが追加されたランキングも出来ていました。 それにしても強い戦士がどんどん出てきて嬉しい限りです! まだまだ終わりを見せず盛り上がっていくヴィンランド・サガ。 しかも お試しで一か月間無料なので、その間に全話見てから退会するのもありです。 関連記事:.

次の

『ヴィンランド・サガ』9話に対する海外の反応「トルケルさん好き」

のっぽ の トルケル

生涯 [編集 ] 生まれた場所も年代も不明。 、 ヒョルンガヴァグルの戦い ()に参戦した。 、に参戦した。 、を攻撃した。 オーウェル川 ()河口のの ナクトン ()に大軍で上陸し、現地軍を破った。 、大量の デーンゲルド ()を受け取り帰国した。 9月、のっぽのトルケルとウィッフェン伯爵はを攻めた。 都市は3週間耐えたが、古い大聖堂が焼け落ちた。 トルケル軍は カンタベリーのアエルヘアー ()大司教を捕虜とした。 アエルヘアーは地域を更に貧しくする事を望まず、身代金との交換を拒否した。 その後、彼は宴会で酔ったトルケルの部下に殺害された。 部下を制御出来なかったとして、トルケルと支持者は軍から追放された。 後にトルケル達はイングランド王のに雇われた。 、トルケルは王のと王子のを迎撃したが、破れて主は婚姻関係の有るに亡命した。 、スヴェン1世が急死した。 イングランドは侵略者のデンマーク人に反撃し、クヌート1世は征服を放棄した。 エゼルレッド2世の軍は、平和を齎したヴァイキングを攻撃した。 クヌート1世の従弟のヘミングは、エゼルレッド2世の軍に殺害された。 トルケルとウィッフェンはデンマークに戻り、イングランドに入植した功績と、ヘミングの死をクヌート1世に伝えた。 、トルケルとウィッフェンはクヌート1世と共にイングランドを再攻撃した。 征服は成功し、トルケルは功績を讃えられて伯爵になった。 、理由は不明ながらトルケルとクヌートの関係が悪化し、トルケルは王に追放されてデンマークに戻った。 しかしながらクヌートは後にトルケルの本国での影響力の強さから敵に回すのは得策でないと気づいたためか、にクヌートはトルケルと和解した。 その結果、彼はデンマーク伯爵に任じられ、クヌートの息子のの養父としての親権を与えられた。 しかし1年後にクヌートの義理の兄弟のウルフがデンマークの首領となったため、トルケルの支配は短いものに終わった。 1023年以降のトルケルへの言及は存在せず、彼は歴史から姿を消したように思われる。 彼は単に老いたために争いから身を引いて宮廷で余生を静かに送ったのかもしれない。 あるいは彼は王国を捨ててヨムスボルグやに戻ったのかもしれない。 または彼はデンマークの首領になってすぐ1024年頃に死んだのかもしれない。 登場作品 [編集 ]• :がから連載している漫画。 脚注 [編集 ] []• , p. , p. , p. Johannes Brondsted 1965. The Vikings. Penguin Books. 0-14-020459-8• The Viking World. Routledge. 2012. 665. 978-0-415-69262-5• Johannes Brondsted 1965. The Vikings. Penguin Books. 0-14-020459-8• Johannes Brondsted 1965. The Vikings. Penguin Books. 0-14-020459-8• The Viking World. Routledge. 2012. 665. 978-0-415-69262-5• Gabriel Turville-Petre. The Heroic Age of Scandanavia. London: Greenwood Press. 156. 0-8371-8128-3• Johannes Brondsted 1965. The Vikings. Penguin Books. 0-14-020459-8• The Viking World. Routledge. 2012. 665. 978-0-415-69262-5• Johannes Brondsted 1965. The Vikings. Penguin Books. 0-14-020459-8 参考文献 [編集 ]• Howard, Ian 2003 英語. Swein Forkbeard's invasions and the Danish conquest of England, 991-1017. 978-0851159287. Lawson, M. 2011-06-01 英語. Cnut: England's Viking King 1016-35. The History Press Ltd. 978-0752460697• Trow, M. 2005-01-20 英語. Canute : Emperor of the North. The History Press Ltd. 978-0750933872 発展資料 [編集 ]• Hollander, Lee Milton 1955. 978-0-292-77623-4. 外部リンク [編集 ]•

次の

『ヴィンランド・サガ』9話に対する海外の反応「トルケルさん好き」

のっぽ の トルケル

Contents• ヴィンランド・サガとは 11世紀初頭の北ヨーロッパ及びその周辺を舞台に繰り広げられる、当時世界を席巻していた「ヴァイキング」たちの生き様を描いた時代漫画である。 冒頭では主人公トルフィンが少年の戦士。 父の仇であるアシェランドの元、戦場で活躍していく場面から物語は始まる。 序盤から54話まではバトルものとしての様相を見せていましたが、 55話以降は主人公トルフィンが人としての心を取り戻す過程が描かれています。 その中でも一際強い存在感を放つのは トルケル でしょう。 トルケルは1013年、デーン人のイングランド攻略の際に初めて登場します。 当時から凄まじい強さを誇ったトルケル。 漫画内でも1人で何十人もの相手を倒していく様が描写されています。 おそらくヴィンランド・サガの存命の登場人物で最強でしょう。 (1位はトルフィンの父・トールズ) 歴史上は存在していた? 存在していました。 実際に巨体だったのでしょう。 ヴォリン島のヨムスブルク要塞を拠点とするヨムスヴァイキングの司令官を務め、後に伯爵にもなった人物。 スコーネ地方の首長であるストルト・ハラルドの息子で、シグヴァルディ伯爵の兄弟 とあります。 なのでヴィンランド・サガと身分、家族関係は一緒です。 ただその強さについては描かれていません。 司令官を務めるほどですから、一般より戦闘力は高いと思われますが、漫画内ほど強かったという描写はどこにもありません。 強いけど最後は死亡する? 史実上ではクヌート1世と関係が悪化してデンマーク伯爵として封ぜられたとの記録があります。 これはトルケルの後妻が魔女の力を借りて前妻との子供を殺害したという理由で裁かれたことがきっかけだそうです。 時代が時代だけに理由がメチャクチャですよね。 そして最後ですが、封ぜられたということから記録はないようです。 戦死したという記載はありません。 そのまま隠居した可能性もありますね。 ちなみに彼を封じたクヌートはイングランド、スゥェーデン、ノルウェーを納め、漫画で宣言していた通り、「北海の楽園」を建設します。 しかし、クヌートの死後、後継者争いが起きて彼が築き上げた北海帝国はわずか7年で崩壊することになります。 乱世の中とはいえ切なくなりますねぇ(涙) そしてトルフィンですが、ヴィンランドを目指して5回挑戦しますが、途中で病で亡くなっています。 これもまた切ない。 グリーンランドまで3,000km、また先住民との争いもあり、ヴィンランドへの入植活動は10年ほどしか続かなかったようです。 まとめ トルケルは実在の人物である。 漫画ではNo. 1に近い戦闘力を持っているが史実ではそのような記載はない。 史実ではクヌートとの関係が悪化して、デンマーク伯爵に封じられる。 そしていつ没したかは記載がない。 戦死したという記載はない。 以上です。 アニメ化が待ちきれないヴィンランド・サガ。 今後も楽しみにしていきましょう!.

次の