ニコール・キッドマン。 ニコールキッドマン【2019年最新版】身長や性格は?夫、娘は美人?若い頃の写真も!おすすめの映画は?

ニコール・キッドマンの実子は2人?娘たちの顔は誰似?

ニコール・キッドマン

女優ニコール・キッドマン 49 が、トム・クルーズ 54 と結婚していたころを回想。 その当時の自分について思うことって? ニコールは1990年に、ブレイクのきっかけを作ってくれたトムと結婚するも、2001年に離婚。 この間に養子をふたり引き取っていた。 「Red」誌のインタビューに登場したニコールは、トムとの結婚当時を以下のように語っている。 「結婚したとき、私はとても若かったの。 要は彼女はいくつ? って話なの。 テイラーは26歳でしょ。 私は27歳になるころまでに、ふたりの子持ちになっていて、4年間も結婚していたのよ。 でもそれこそ私が望んだことだったの」 トムとの間に迎えた養子は、現在、23歳と21歳になっている。 その一方で、ニコールは2006年に、カントリー歌手のキース・アーバン 48 と再婚。 2008年にサンデー・ローズちゃんを出産、2010年には代理母出産で次女フェイス・マーガレットちゃんが誕生している。 「年をとるということは、物事を経験し、失敗するということ。 だから二度目の再婚は、いまだにくらっとくることでもあるけれど、長く続くよう望んでいるの。 シンプルなフレーズだけど、それがうまくいっているわ」 ニコールがキースと円満な家庭を築けているのは、トムと結婚していたころと比べ、円熟した考え方があってのことなのだろう。

次の

ニコール・キッドマン、ショーツ丸見え!

ニコール・キッドマン

これまでに4度にノミネート歴があり、には16度ノミネートされ、うち5度受賞している。 テレビドラマでは、に3度ノミネート経験があり、うち2度受賞している。 女優としての功績と人道支援活動が評価され、2006年にオーストラリア国民の最高の栄誉である、勲章「Companion of the Order of Australia(AC)」を受勲。 1994年よりの、2006年から2010年まではの親善大使も務めていた。 にて() 15歳からテレビやミュージック・ビデオなどに出演 [ ]。 1983年、『BMXアドベンチャー』で映画初出演を果たす。 1988年に出演した『』を偶然目にしたに招かれて入りし、『』で共演、1990年に結婚した。 ハリウッド進出当時は、当時の夫であり、ハリウッドに導いたトム・クルーズの妻としての側面が強く、いわゆる型どおりの美人女優として平凡なキャリアに甘んじた。 しかし2001年にトム・クルーズとの離婚を機に、積極的な活動と充実したキャリアを開花させ、以降、アメリカを代表する演技派女優として変身を遂げた。 キッドマン自身離婚後、「いままでは結婚生活というものが、私にとって一番優先することだった。 でも、いまの私には、仕事と子供たちしか残されていない。 独身になったから、女優として成長できる時期だ、というふうには思わないけれど、確かに、演じたいという情熱は結婚していたときよりも強くなった。 」と語っている。 トム・クルーズとの結婚については、「ものすごく力のある男性と結婚したことが、わたしをセクハラから守ってくれた。 」と振り返っている。 1995年公開の『』でを初め数々の賞を受賞。 2001年公開の『』では、巧みな歌とダンスを披露し、批評家や観客から絶賛された。 同映画でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞し、にもノミネートされた。 2003年公開の『』では、特殊メークによる付け鼻で完全に自らの容姿を隠し、を演じきった。 キッドマンは、同映画で共演したやなど、並み居る名女優の中でも特に熱狂的な賛辞を獲得し、(オーストラリア人女優として初の受賞)や、などを受賞した。 アカデミー賞受賞後も、監督の異色作『』、監督の純愛ドラマ『』の他、『』や『』など話題作に立て続けに出演した。 2004年には日本をはじめ世界各国で放映されたの「」の(監督:)に出演し、120秒(一部の国では240秒)という異例の長さのCMに注目が集まった。 また、出演料も破格であった。 現在はの顔として広告に出演している。 映画1作品の出演料が高額なことで知られており、2006年には「最も出演料の高い女優1位」となる。 2007年1月、アメリカの経済誌『』がエンターテイメント界で活躍する女性で資産の多い女性トップ20を発表し、ニコールは総資産72億円で18位にランクインした。 2008年のでは高額なギャラ相応の興行収入が稼げないことから、「コストパフォーマンスの悪い俳優1位」になってしまった。 2010年、製作・主演を務めた『』で、を初めとする数々の賞に受賞・ノミネートされた。 また、プロデューサーとしての手腕も高く評価された。 2012年のテレビ映画『』では、文豪の3番目の妻マーサ・ゲルホーンを演じた。 この演技が絶賛され、をはじめ数々の賞に受賞・ノミネートされた。 2015年、のウエストエンドで舞台『』に主演し、「Evening Standard」紙の演劇賞で最優秀女優賞を受賞するなどの高い評価を得た。 また、この作品で英舞台界で最も権威あるに17年ぶりにノミネートされた。 2016年公開の映画『』で、助演女優賞や助演女優賞(国際部門)など数々の賞を受賞した。 また自身4度目のノミネート (初の助演部門)、11度目のノミネート 、9度目のノミネート を果たした。 この映画では主人公を引き取って育てる養母を演じた。 キッドマンは「その子がどこから来たにしろ、愛に囲まれた環境で育ててあげるのが、何よりも大事。 スー(養母)はそれをしてあげたの。 私も養子を取った母。 共感できる部分がたくさんあったわ。 映画の中でも語られるけれど、スーは血のつながった子を産むことができたのに、養子を取る方を選んだの。 そう聞くと驚く人も多いでしょうけれど、それが彼女の望んだことなのよ。 」と語った。 2児の養子の母という、まさに自身を投影したような演技が「キャリア最高の演技」と絶賛された。 『LION』は約1,200万ドルという予算で製作されたが、全世界で1億ドルを超える興行収入を記録する大ヒットとなった。 2017年のでは出演4作品(コンペティション部門2作品、アウト・オブ・コンペティション部門2作品)が同時に出品された。 同じ年に4作品という多数の出演作品が出品されるのは異例なことであり、批評家は「キッドマンの年」、「カンヌの女王」と評した。 いずれの作品もプレミア上映後に高い評価を獲得し、コンペティション部門出品の2作品はそれぞれとを受賞した。 キッドマン自身も大きな賛辞を受け、審査員から同映画祭での活躍と功績を称えられ、第70回記念名誉賞が授与された。 2017年、で、自身が製作総指揮・主演を務めた『』が最多5部門(クリエイティブアート・エミー賞も含めると8部門)受賞に輝き、自身も初のエミー賞(リミテッドシリーズ作品賞、主演女優賞の2部門)受賞を果たした。 2017年は自身50歳の誕生日を迎えたが、ノミネート、受賞、受賞と活躍が目立った。 授賞式では同席した女優たちに対して、年齢によってキャリアや情熱が制限されるべきではないと強調したうえで、「この賞を誕生日プレゼントとして受け取ることにします。 私はあと2週間で50歳の誕生日を迎えますが、この年が人生の中で最も素晴らしい年のひとつになるとは思っていませんでした。 だから全ての女性たちに伝えたいことは、40歳になったから終わりというわけではないということです。 また、50歳を超えても終わりではありません。 」と語った。 2018年、『ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ〜』が(テレビシリーズ)で最多6部門にノミネートされ、最多4部門受賞を果たした。 自身もと主演女優賞を受賞した(自身15年ぶり、通算5度目のゴールデングローブ賞受賞)。 その後、主演女優賞、女優賞も制したため、エミー賞と合わせて同部門主演賞4冠を達成した(史上4人目)。 2018年、近年の顕著な活躍からに選出された。 2019年公開の『』での母・アトランナを演じた。 キッドマンがヒーロー映画に出演するのは『』以来、実に23年ぶりのことであった。 『アクアマン』は、史上No. 1の興行成績を記録した。 キッドマンは「この映画へのオファーを受けた時、私はかなりシリアスな映画に立て続けに出演していたのよ。 だからこういう世界に参加するのが新鮮に思えたの。 監督のジェームズは、『最初からあなたをイメージしていました』と言って、私に絵コンテを見せてくれたの。 そこまで言われたら、断るわけにはいかないでしょう? それにジェームズは才能ある監督だし、情熱家で博識。 人柄もすばらしいのよ。 それに私の出身地のオーストラリアで撮影すると聞いて飛びついてしまったの」と監督のジェームズ・ワンから熱烈なオファーがあったことを明かした上で、アトランナのキャラクターについて「アトランナは女王であると同時に母親なの。 だから、息子を守るには息子から離れるしかなかったのよ。 そこには犠牲という大きなテーマがある。 人は犠牲によって何かを失い、家族にどんな影響を与えるのか。 ジェームズは私に『アトランナはこの物語のハートなんです』と言ったわ。 とても素敵な表現よね」と出演の理由を語った。 2019年公開の『』、『』及び前述の『アクアマン』の三作品でタイプの全く異なる母親を演じ批評家の絶賛を得た。 これらの演技により同年の数々の映画賞に受賞・ノミネートされた。 キッドマンは本作への出演について「これは信じられないほど親密な家族の話であり、そんな中母親として素晴らしく素敵な彼女をぜひ演じたかった」と語り、「本作に出演することで、何か大きな変化を起こす手助けをしたかった」とコメントした。 『デストロイヤー』では普段の美貌ぶりを激変させた体当たりの演技で世間を驚かせたが、キッドマンは「素晴らしいことよ。 だってその反応こそ、私たちが求めていたものだから。 作品で演じる際は、別人になることを第一で考えているからね」と語っている。 人物 IQは132。 短編小説を書くのが好きで、いずれはそれらを出版したいと願っている。 またオーガニック野菜にこだわって家庭菜園もスタートし、野菜を育てるのが趣味で「菜園で獲れるコーンが大好きなの。 」と語っている。 自身について、「女優なんていう仕事をしていると、自己顕示欲が強いと思われがちだけど、実は結構シャイなの。 」と語っている。 『』の撮影でも、ドレスを着て男性たちの前を歩くシーンでは、「深呼吸して。 自信を持つのよ。 」と自分に言い聞かせて演技を行った。 自身が若い頃、「オーストラリアに住んでいてはチャンスをつかめない。 小さな業界だから、確固たるキャリアを築くことはできないだろう。 」、「女優になるには背が高すぎる。 」などと言われたことから、「『あなたにはできない』と言われても、その言葉を聞きいれてはダメ。 いろいろなところから断られたり、批判されたりしても、耐えていけるような強さが必要です。 もし情熱を保ち続けることができないのなら、やめたほうがいい。 保ち続けられるのであれば、とことん突き進むべきだと思います。 」と述べている。 映画の撮影では、や替え玉を使うことを徹底的に拒否し、映画のアクションシーンや歌うシーンなどは全てキッドマン本人が行っている。 しかしスタントマンを使わないことが仇となり、映画『』の撮影中に怪我を負い、主演予定だった『』を降板した(ただし脇役の声を担当している)。 『パニック・ルーム』はがキッドマンに代わって主演を務めた。 監督については、「とても惹き付けられる監督というのは、一言で言うならビジョナリー、自分が何を言いたいのか、どういう映画にしたいのかということを明確に頭の中に描いている人。 そういう監督は非常に自分の世界観をしっかりと持っているけれど、同時にとても協力的で、人の意見を聞く耳を持っているの。 もそうだったしもそう。 自分のビジョンはあるけれど、ちゃんと人の意見も聞く。 そこが本当に素晴らしいと思うわ。 私はそういう監督と一緒に仕事がしたいと思っているの。 」と語っている。 自らのキャリアについて、常に普通ではない作品を探し求めていると話し、「違うことをしようとする人や、ユニークな映画製作スタイルの人を手助けしたい。 」と述べた。 「多少の反抗心を常に持っている。 順応したくないし、そうしない方法を見つけたい。 それが私だから。 」とも語った。 後述の通り()、ハリウッドでは少数派の女性監督の支援を明言している。 や、、、、『』での共演者の、らと仲が良い。 特に版『』などで有名なワッツとは、オーストラリア時代のルームメイトで現在に至るまで深い交友関係にある。 キッドマンはワッツがハリウッドで仕事がなく、他の業界で働くことを考えていた時も、「一本でも良い映画に当たれば必ずヒットするから、辞めないで。 」と励まし続けた。 実際『』では、キッドマンが台本読みでワッツのコーチを務めた。 『』で知られるともオーストラリア時代からの友人で、彼女の監督作にも出演している(『』、『トップ・オブ・ザ・レイク』など)。 1990年にと結婚したが、2001年に離婚。 二人は養子を二人取っているが、離婚後はお互いのもとで交互に暮らしている。 息子は「僕はママ(ニコール)のことが大好きだ。 」、「僕とママにはしっかりした絆がある。 」と告白している。 トム・クルーズとの離婚後はやスティーヴ・ビーイングなどと交際した時期もあった。 2006年6月25日、カントリー歌手のとで結婚式を挙げる。 2008年7月7日、第一子となる女児(サンデー・ローズ・キッドマン・アーバン)を出産。 この時奇しくも映画『』の撮影中に、第一子を妊娠していることがわかった。 ひどいつわりに苦しみながらも、1日14〜15時間にわたる過酷な撮影を最後までやり通した。 2007年1月、市内において『』の撮影中に乗っていた車が事故を起こし、スタッフら8名とともに病院に搬送された。 彼女に大きなけがはなく、検査などを受けた後、病院を出た。 スタント・ドライバーが運転を誤ったことが事故原因と見られる。 2010年12月28日、アーバンにとっての第二子であり、キッドマンにとっての三番目の娘であるフェイス・マーガレット・キッドマン・アーバンを(「surrogate」、ただしキッドマンは「gestational carrier」と表現している)によりナッシュビルのセンテニアル・ウーメンズ・ホスピタルで授かった。 この子供はキッドマンとアーバンの生物学的実の娘である。 2013年、自身が審査員を務めたでを受賞した日本映画『』を鑑賞中、涙したといわれている。 その3か月後、監督を務めたと再会した際、「私には、実子と養子と代理母で産んだ子がいて、その子たちを同時に育てているので、本当に心に刺さる内容だったの。 その子供たち全員と一緒にいることが、今何よりハッピーなことだから。 」と本作を改めて評価した。 整形の多いハリウッドで唇などの整形疑惑が特に囁かれている女優であり、メスに関しては否定しているがボトックス使用については認めている。 慈善活動 活動について、キッドマンは、人々に与えることが自分の義務であると考えている。 「様々な問題を解決して、人々の命を救おうと努めることが、自分の映画のキャリアを積むことよりもはるかに重要だと感じています。 これまで私は、たくさんのものを与えられてきました。 ですから、そのお返しをすることが、自分の義務だと思っています。 」と語り、世界中の様々な良い運動を促進することに意欲的である。 これまでに、キッズ・ウィッシュ・ネットワーク、平和の映画など20以上のや慈善団体を支援し、また、1994年よりの、2006年から2010年まではの親善大使も務めた。 子供や女性の権利を守るための熱心な活動家としても知られていて、国連からは「Citizen of the World」に任命されていて、女性に対する暴力の撲滅を目指すインターネットキャンペーンにも参加している。 2011年のの復興支援では、ファッション誌『』『』の呼びかけにより企画された、チャリティーTシャツのデザインを行った。 キッドマンの父は生化学者で、DNAなどの化学構造を解明したフランクリンの功績にも詳しかった。 キングズ・カレッジへの寄付は亡き父とフランクリンへの思いを込めて行った。 2017年、の受賞スピーチで「演技を通して大きなメッセージを発信することができるということも分かって欲しい。 それには家族やみなさんも大きく貢献しているの。 今回のドラマ(『ビッグ・リトル・ライズ』)は、家庭内暴力(DV)にスポットライトを当てている。 それはとても複雑で陰湿な病で、私たちが想像するよりも遥かに多くの場所で起きているの。 またそれは自分にとっての恥だったり、秘密にしたいことだったりもする。 でも私がこの賞を獲得したことで、この問題にさらなる焦点が当たると思う。 だからありがとう。 頭を下げて感謝を捧げます。 」と述べ、家庭内暴力について取り上げると共に、役を通じてそういった社会問題について伝えられることに感謝を述べた。 このドラマの影響もあり、家庭内暴力の被害者をサポートする活動にも積極的である。 「私のフェミニストのルーツは国連ウィメンとそこでのユニセフ親善大使としての仕事に私を導きました。 この仕事のおかげで、私は世界中の女性が直面している障壁を本当に理解するに至りました。 暴力をくぐり抜けてきた女性に私の声を届けたいと思います。 被害者から聞いた話は私の核を揺さぶり、永遠に私を変えたのです。 これまでになく、お互いにサポートし合い、祝福し合う必要性を感じています。 私は34億人もの世界的なサポートネットワーク(34億人は世界の女性人口)の一員であると信じたいのです。 私たち1人1人が大なり小なり挑戦に直面し、未だに不公平な世界を生きる女性だという事実と対面します。 あなたにも覚えがあるはずです。 そんな時には、私を高めてくれて、自分を信じるよう勇気づけてくれる他の女性のことを考えるのです。 」と述べている。 女性監督の支援 2017年、で上映された出演作4つのうち、実に2つが女性監督の作品である。 キッドマンはこうした女性監督たちの試みを重視し、「これからは少なくとも18ヶ月に一度は女性監督の作品に出演する。 」とインタビューで宣言した。 また記者会見では、アメリカ監督組合の統計データを示して「女性監督と定期的に映画を作ることは、必要なことよ。 なぜなら、女性監督の作品を選んで出演することが、統計を変える唯一の方法だから。 少なくとも18ヶ月に一度というのは、機会を均等にするために妥当なの。 2016年に公開された映画のうち、女性が監督したのはたった4. TVシリーズでは4000話のうち、女性監督はたったの183話だけ。 この統計がすべて物語っているでしょう。 だから、私はこのことを言い続けていきたい。 私たちは、女性として、女性監督をサポートしなければならないわ。 時間とともに、この状態が改善していくことを期待してる。 みんな、前よりよくなっているって言うけど、まだ全然そんなことないのよ。 」と訴え、「いつか私の出演作品すべてが女性監督の作品になればいい、まだまだ道のりは長いと思うけど。 」と夢を語った。 また、自らも映画・ドラマの製作に携わっており、「女性による女性のドラマ」を掲げた『』は、で8部門、では4部門受賞を果たした。 評価 若い頃から、、、、、、、、など、名だたる監督作品に出演し、演技派女優として高い評価を得ている。 また、、、など、一般的に「鬼才」と評される監督作への出演も多い。 ヴェルナー・ヘルツォークは自身が監督した映画『』で主演を務めたキッドマンについて、「ほとんどすべてのシーンをニコールがけん引している。 彼女ほど、献身的な女優は見たことがない。 」と絶賛した。 『』を監督したは、当初ミシェル役にキッドマンを想定しており、「彼女なら、ミシェルという難役を演じられるという確信を抱いていた。 」と語った。 『』の監督は、「ニコールが役にひねりのあるユーモアを持ち込んでくれるのはわかっていた。 簡単にメロドラマになってしまいがちなのに、素晴らしくリアルなものにしてくれた。 それがわたしには重要だった。 」と感謝した。 『』で共演したは、キッドマンについて「気品があるし、堂々としている。 偉大な女優だから、彼女相手にどう演じるかみんな緊張していた。 でも彼女は気さくで、すぐ仲間になれたんだ。 」と語った。 23年ぶりのヒーロー映画出演となった『』の監督は、「僕はしばらくの間、ずっとニコールと仕事をしたかったんだ。 実は彼女と僕は一緒にあるプロジェクトをするはずだったんだ。 残念ながらそのプロジェクトは実現しなかった。 でも僕たちはお互いのファンで、何か一緒にできる企画を見つけたかったんだ。 アトランナの役は、実は脚本段階からニコールを当てていたんだよ。 だから彼女が『イエス!』と言ってくれた時は、本当にハッピーで嬉しかったよ!」とキッドマンへの思いを熱く語り、脚本段階から彼女に決めていたことを明かした。 さらに撮影当時50歳という年齢で、ヒーロー作品では初めて激しいアクションに挑んだことについても「彼女のキャリアにおいて必ずしもアクションをやってきていないと思う。 こんなに多くのアクションこなしたのは初めてだよね。 彼女は本当に素晴らしいよ」と絶賛している。 また、主演作品が三大映画祭すべてに出品経験がある。 映画だけでなく、テレビドラマや舞台でも受賞歴があり、を2度受賞している。 2016年10月21日. 2016年12月13日閲覧。 - 海外ドラマNAVI 2015年11月25日• Melbourne. Unifem. org. January 2006. Unifem. org. January 2006. Entertainment Weekly 2011年3月6日. 2016年11月25日閲覧。 - Aol News 2012年10月25日• シネマトゥデイ. 2019年2月12日閲覧。 - シネマトゥデイ 2006年12月4日• - シネマトゥデイ 2008年9月12日• ' '. 2011年8月8日閲覧。 - AXN的エミー賞大予想 2012年7月19日• - 海外ドラマNAVI 2015年11月25日• - シネマトゥデイ 2016年3月3日• 2017年1月24日閲覧。 2017年1月24日. 2017年1月24日閲覧。 2016年12月12日. 2016年12月13日閲覧。 2016年12月14日. 2016年12月18日閲覧。 - 映画情報のぴあ映画生活 2016年9月14日• - エル・オンライン 2017年2月24日• 2017年2月26日閲覧。 Inc, Natasha. 映画ナタリー. 2019年3月8日閲覧。 SPUR. 2019年5月6日閲覧。 - ライブドアニュース 2016年4月5日• - OZmall 2010年5月16日• - ライブドアニュース 2016年4月5日• - シネマトゥデイ 2006年6月26日• - ZAKZAK 2008年7月8日• - シネマトゥデイ 2007年1月29日• - シネマカフェ 2013年9月19日• - TMWAVE 2014年5月18日• - All About 2008年2月19日• - ORICON STYLE 2011年5月25日• - シネマカフェ 2015年11月26日• - 海外ドラマNAVI 2015年10月7日• - アメーバニュース 2015年2月9日• 2017年5月26日閲覧。 CinemaZone. 2016年12月11日閲覧。 "LA Times". 2015年6月26日閲覧。 2016年10月19日. 2017年1月16日閲覧。 Toronto International Film Festival. 2017年1月18日閲覧。 THR Staff 2016年12月13日. Prometheus Global Media. 2017年1月2日閲覧。 ' Deadline' 2017年1月2日. 2017年1月11日閲覧。 Palm Springs International Film Festival. 2016年12月13日閲覧。 2016年9月18日. 2016年12月13日閲覧。 Shootline Publicity Wire 2016年10月28日. 2016年12月13日閲覧。 Denver Film Festival 2016年11月14日. 2016年12月13日閲覧。 Mill Valley Film Festival 2016年10月18日. 2016年12月13日閲覧。 Business Wire 2016年10月25日. 2016年12月13日閲覧。 JennyM 2016年11月10日. Virginia Film Festival. 2016年12月13日閲覧。 Ritman, Alex 2017年1月9日. 2017年1月11日閲覧。 Critics' Choice 2016年12月1日. 2016年12月13日閲覧。 Kilday, Gregg 2016年11月29日. 2016年12月13日閲覧。 Rahman, Abid 2016年12月15日. 2017年1月11日閲覧。 2016年12月13日閲覧。 2016年12月13日閲覧。 NCFCA. 2017年1月2日閲覧。 Denver Film Critics Society Awards. 2017年1月9日. 2017年1月11日閲覧。 Georgia Film Critics Association. 2017年1月10日. 2017年1月11日閲覧。 Hawaii Film Critics Society. 2017年1月7日. 2017年1月10日閲覧。 2018年1月22日閲覧。 2018年11月. 2018年12月15日閲覧。 Instagram. 2018年12月1日閲覧。 IndieWire 2018年12月. 2018年12月15日閲覧。 - 日曜洋画劇場 2010年11月28日.

次の

全50作品。ニコール・キッドマンが出演した映画ランキング

ニコール・キッドマン

今はカントリー歌手のキースアーバンと再婚して幸せいっぱいの ニコールキッドマン(47)が、元夫 トムクルーズと サイエントロジーをひっさげてご登場 『 デイズ・オブ・サンダー』の共演がきっかけで1990年に結婚し、 2001年に離婚した ニコールキッドマンと トムクルーズ。 2人の離婚の原因は『 サイエントロジー』であると、 離婚当初から噂にはなっていました。 この度、その サイエントロジーがかけた圧力によって離婚に至ったとされる経緯が ドキュメンタリー映画となり、 サンダンス映画祭で公開されました。 詳細の前に、 サイエントロジーが何だか分からない人はググってくだされ。 ググったついでに加入して信者になったりしないでください 前もどっかの記事で書きましたが、私が一言で説明すると 「とってもお金のかかる宗教(カルト)」です 英語の正式名称が Church of Scientologyなことからも分かるように、 サイエントロジストたちは「 教会」と呼んでいますが、 「神のいない教会など、教会とは呼ばない 」などと世間からも皮肉られてますな。 ハリウッドにもたくさんのサイエントロジストがおります。 先日ヅラナシを披露した ジョントラボルタ( )、 ブラッドピットの元彼女 ジュリエットルイス、 サイエントロジストではないものの、多額の寄付を続けている ウィルスミスなどなど 他にもたーくさんおります。 話を元に戻しましてーと… このドキュメンタリー映画は、ジャーナリストの ローレンス・ライトの著書が元になっています。 ドキュメンタリー映画の中でサイエントロジーの元幹部でナンバーツーだった マーティー・ラスバン氏が下記のように語り、サイエントロジーの組織ぐるみでの 陰謀というか、 トムと ニコールを離婚させる計画があったことを告白。 「私がトムクルーズとニコールキッドマンを別れさせるというミッションに 任命されますた。 なぜなら デイビッド・ミスキャビッジ(サイエントロジー総指揮者)が ニコールキッドマンについて懸念を抱いていたからだす 」 で紹介した、 ニコールキッドマンの去年亡くなったお父様は かなり著名な臨床心理学者だったため、 サイエントロジーの『 教会にとって悪影響を及ぼす可能性がある人物リスト』に ニコールキッドマンもリストアップされていたといわれています。 ドキュメンタリー映画の中で、 トムクルーズと結婚した2年後の 1992年から2001年の間、カトリックとして育てられた ニコールキッドマンは トムクルーズにサイエントロジーと距離をおくように説得し続けたと語られています。 1999年の『 アイズ・ワイド・シャット』の撮影頃から、 かなり親しかった デイビッドミスキャビッジ氏の電話にも出なくなった トムクルーズ。 この辺りから、2人を離婚させる計画が実行され始めたといいます 破局させ計画の内容は、 ニコールキッドマンの電話の盗聴、 トムクルーズの言動ひとつひとつの精神分析、そして得られた情報は 全てトップの デイビッドミスキャビッジ氏に伝えられたとしています またドキュメンタリーの中では、サイエントロジーが トムクルーズと ニコールキッドマンが迎えた2人の養子のコナーくんとイザベラちゃんを 「再教育」し(洗脳ですな)、 ニコールキッドマンを嫌うように仕向けたとも。 2人の養子の親権争いでは、 ニコールキッドマンが母親失格と見なされ、 親権は トムクルーズに渡った記憶があったけれども、 背景にはサイエントロジーの洗脳があったんですね このドキュメンタリー映画、アメリカでは3月16日にテレビ放送されます。 見たいかも。 ちなみに今ではサイエントロジーの1番の広告塔である トムクルーズですが、 サイエントロジストになったきっかけは、1番目の結婚相手で女優の ミミロジャース。 彼女のお父さんがサイエントロジーのかなり上のランクの信者・権力者でした。 3番目の妻 ケイティホームズも、娘スリちゃんをサイエントロジーから 守るために トムクルーズと離婚したといわれていますね。 トムクルーズってハリウッドでは慕われ? 、ファンも大事にするし、 世界中の誰もが知っている大スターですが、 結局はサイエントロジーの操り人形にすぎない感が否めませんな 人様の弱みにつけこむような宗教をきっぱりと否定、拒絶する ニコールキッドマンや ケイティホームズの方が よっぽど人間としてもまともな方たちなんだなとか思っちゃう。 でも心の弱みにつけこまれちゃったという意味では トムクルーズも被害者といえるかも知れませんのう ケイティホームズ衝撃の劣化は ということで長くなったので本日の英単語は scientologist。 サイエントロジーの信者という意味の造語ですね。 和訳をつけると宣伝になったらイヤなのでつけません.

次の