覚醒 水 ライト ムフェト。 【ムフェト対策】ムフェトジーヴァ装備【水冷弾・ライトボウガン】

【MHWアイスボーン】覚醒武器の一覧丨当たりとおすすめ【モンハンワールド】|ゲームエイト

覚醒 水 ライト ムフェト

覚醒武器の当たり 近接武器はほとんどが当たり級 近接 剣士 の覚醒武器は攻撃力や会心率、属性などを強化できる為、 生産武器と比べて圧倒的に強いです。 また、攻撃を集中して伸ばすなど自分専用のカスタマイズができます。 爆破1回でダメージが600入る上に部位への蓄積ダメージも稼げます。 また、毒はシリーズスキル「毒ダメージ強化」を発動させると 合計4000のダメージを与えることが可能です。 龍属性武器に付与されている龍封力は、地脈エネルギーの消費を早めてくれます。 手数武器は属性で攻めるのが基本となる為、属性の5種類は集めておきましょう。 ライトは水属性の覚醒武器が当たり 覚醒武器のライトボウガン「赤龍ノ狙ウ弩・水」は、徹甲榴弾Lv3や水冷弾を歩きながら撃てるため、スキルを厳選して最大強化すれば生産武器より強くなります。 ライトボウガン水は徹甲榴弾と水冷弾を使い分ける為に2つ入手しておきましょう。 基本性能に大きな差はない 以前のマムタロトの鑑定武器は各武器によって性能が大きく異なりましたが、今回については基本性能は変わらず、属性と状態異常がランダムで付与されます。 当たり武器の効率的な集め方 達成度を上げる 覚醒武器は達成度によって報酬枠が最大18枠に増え、受け取り可能な武器が最大4つ選べるようになります。 達成度を上げるには「」の部位破壊や地脈エネルギーを減らすことで上げられます。 報酬受け取り前に欲しい武器種に変える ゼノ成体「ムフェトジーヴァ」討伐後に受け取れる報酬は、 報酬受け取り前に装備している武器が1つ確定で出るシステムとなっています。 その為、ゼノ成体の討伐は部位破壊しやすい武器や得意な武器で挑み、クエスト終了後に欲しい武器種を装備して受付嬢に話しかけましょう。 パーティ次第では1回討伐が効率良い ゼノ成体「ムフェトジーヴァ」の討伐は、通常クエストに2回行き討伐できますが火力のあるパーティの場合だと1回で討伐が可能です。 1回討伐の場合は、「」のスキルを火力スキルに変え、部位破壊時のポイントが高い頭や胸を優先して破壊後に討伐しましょう。 1回討伐は難しい為、出発前にパーティの装備に合わせたり戦略を決めてからクエストに挑戦しましょう。 覚醒武器の強化方法 龍光石を使用して覚醒させる 「覚醒武器」を覚醒させて能力を与えるには、「ゼノジーヴァ成体」のクエスト報酬で貰える「龍光石」と呼ばれる素材が必要です。 武器強化の鎧玉のような使い道で大量に必要になります。 「」のクリア報酬や、「マカ錬金」の「」で入手可能です。 覚醒素材 覚醒値 pts 1 5 20 50 覚醒能力を自分好みにカスタマイズ 覚醒武器は「覚醒能力」と呼ばれる能力を付与することで強化ができます。 武器の強化に上限はなく、1つの武器に対して最大5個の能力を付与できるので、自分の狩猟スタイルに合わせたスキルをつけましょう。 なお、覚醒武器は 入手した段階で1個ランダムで覚醒能力が付与されています。

次の

【MHWI】ムフェトジーヴァ水速射ライト装備の紹介:徹甲榴弾運用も可能

覚醒 水 ライト ムフェト

やぁ、所長だ。 やっとこ水冷弾装備を完成させたぞ。 1マガジン 1427ダメージ程度出る安定型の装備だ。 MHWアイスボーン ライトボウガン装備 【覚醒武器】赤龍ノ狙ウ弩・水 やっぱこれだね。 速射水冷弾がものすごく強い。 基本的に水冷弾を撃ちまくるスタイルでいいから初心者にもおすすめ。 ムフェトジーヴァの 羽と背中はこいつ一人で破壊できる。 地味にLv2鉄鋼榴弾の速射もついてるのも魅力的。 解放体力珠がないならば別の複合珠を使って足りない分の補填枠にしてもいいだろう。 私の場合は身内でやることが多いので、麻痺弾用にこのスキルを組み込んでいる。 この装備では治癒を積んでいないため、ムフェトのシリーズスキルで赤ゲージになることが多い。 これを有効活用するために逆恨みを採用している。 心配ならば回復カスタムを積んでもいいが火力で見るならこっちのほうがいいだろう。 基本的に遠方から撃つので攻撃を喰らう心配はあまりないと思う。 破壊王はムフェト戦では必須だから絶対に積むようにしよう。 普段使いならKO珠に変えて徹甲運用もありだ。 銀レウスや金レイア対策にも使えるしテオテスカトルなどに対しても有効なこの武器は今後使う機会が多いと思う。 作って後悔はない装備なのでぜひみんなも作ってみてくれ。 この記事以外にもスラッシュアックスとかハンマーの装備を紹介しているから下の関連記事から見てみてくれると嬉しいぞ。 それでは、また次の研究記録で。 ysblog1st.

次の

ムフェト・ジーヴァ終わるまでに作りたい覚醒武器:Tabloidのブロマガ

覚醒 水 ライト ムフェト

強化パーツ• 反動が少ないほど次の弾を撃つまでの感覚が短くなり、その分ダメージ増加が期待できるので、反動抑制パーツは優先的に装備しましょう。 また、リロード補助パーツを1つ取り付けることで水冷弾のリロード速度を「やや遅い」から「普通」に短縮することが出来ます。 カスタム強化• 会心率強化II EXシルバーソル防具のシリーズスキル「銀火竜の真髄」を覚醒能力で発動。 スキル発動のために会心率も強化しています。 覚醒能力の「会心率強化V」とカスタム強化の「会心率強化II」を合わせると、武器の基礎会心率が40%まで上昇。 会心率がそれほど必要ない場合は「攻撃力強化V」を積みましょう。 攻撃で会心が発生した際に、与える属性ダメージが高くなります。 武器の基礎会心率と見切りLv7の効果で、どの部位に攻撃が当たっても 80%の確率で会心が発生します。 覚醒能力で「攻撃力強化」を積むスタイルでは、ムフェトジーヴァの「翼」破壊を狙う際に「弱点特効」の効果があまり期待できなかったので、武器の会心率自体を上げてみました。 攻撃力の低さはフルチャージで補っています。 弱点部位に関係なく高い会心率が期待できるので、ムフェトジーヴァの部位破壊を狙うのに最適です。 EX龍紋シリーズの水速射ライト装備 EX龍紋シリーズ用のカスタマイズ カスタム強化• 回復能力付与II• 属性・状態異常強化I ムフェトジーヴァ防具のシリーズスキル「龍脈覚醒」が発動していると、攻撃時に自傷ダメージを受けるようになるので、その対策として武器のカスタム強化で「回復能力付与」を積んでおきましょう。 回復能力付与を積んでおけば受ける自傷ダメージ分を回復させることが出来るので、シリーズスキルのデメリットなしに安定して立ち回ることが出来ます。 自傷ダメージを利用して「 逆恨み」を発動させつつ、カスタム強化の「 回復能力付与」で体力を回復するスタイルです。 ただし、攻撃を外してしまうと自傷ダメージを受け続けてしまうので、体力の量には充分に注意して立ち回りましょう。 自傷ダメージがきついと感じた人は「精霊の加護」を「体力回復量UP」に変更して、回復する量を調整してください。 徹甲榴弾運用の装備 徹甲榴弾ライトのカスタマイズ カスタム強化• 回復能力付与• 攻撃力強化 EXゾラマグナ防具のシリーズスキル「熔山龍の真髄」を覚醒能力で発動。 その他の覚醒能力やカスタム強化に関しては「攻撃力強化」で埋めています。 徹甲榴弾運用では会心率を上げる必要はないので、ひたすら攻撃力を強化していきましょう。 スキルの発動確率は約25%ということなので、4発に1発の割合で発動。 非常に弾持ちが良いので、ムフェトジーヴァのような同じエリアで長時間戦うモンスターに効果的です。 覚醒能力を「 迅竜の真髄」に変え、ナルガ2部位とゾラマグナ3部位で運用しても同じシリーズスキルが発動します。 手持ちの覚醒武器に合わせて装備を組んでみてください。 KO術を5まで積むと気絶威力を1. 6倍まで上げることができ、モンスターをスタンさせやすくなります。 ムフェトジーヴァをスタンさせて部位破壊の手助けをするのがこの装備の狙い。 1回のクエストで4回くらいスタンが取れます。 頭の部位破壊を狙うことも出来るので非常におすすめ。 ただし、上で紹介したナルガ&ゾラマグナ装備よりは弾持ちが良くないので注意が必要です。 水速射ライトでの立ち回り方 水速射ライトを担ぐ場合、ムフェトジーヴァ戦では基本的に「 翼」の部位破壊を担当することになります。 部位破壊できていない箇所を優先的に攻撃• エリア3では「腹部」を攻撃• 徹甲榴弾、麻痺弾、睡眠弾の使用はエリア3から クエスト2週目では「部位破壊できていない箇所」や「腹部」を優先して攻撃します。 ムフェトジーヴァが臨界状態になるエリア3で攻撃を集中させたいので、モンスターの動きを止める徹甲榴弾、麻痺弾、睡眠弾の使用はエリア3まで控えましょう。 まとめ 以上、ムフェトジーヴァの水速射ライト「赤龍ノ狙ウ弩・水」用装備の紹介でした。 「水速射ライト」と「徹甲榴弾ライト」、どちらで運用しても強力です。 徹甲榴弾でスタンが狙える他に、麻痺弾や睡眠弾で味方のサポートも行えるので、水速射ライトが1人でもいてくれればクエスト周回が非常に楽になります。 ムフェトジーヴァ周回の際は、是非「水速射ライト」を担いでみてください。

次の