宮城県 梅雨明け 2020。 梅雨明け予想2020年【東北南部】

多賀城店 (宮城県)

宮城県 梅雨明け 2020

東北・仙台の梅雨明け2020年の時期を予想しようと、気象庁の過去のデータを元に傾向を考えました。 気象庁には昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積され、それを私たちも見ることができるので活用できるのですね。 そこから出た 東北・仙台の梅雨明け予想は7月下旬になります。 ただ、東北と言っても 北部と仙台付近の南部では、少し梅雨明け時期も変わってくるのですね。 そしてその中で、 東北・仙台の 梅雨明けの平年の時期や、観測が始まって 過去最速の梅雨明け日。 もしくは、過去最も遅かった梅雨明け日などもわかりました。 東北・仙台の地域は沖縄が梅雨明けしてから1ヶ月ほどでやってくることが多く、2020年もそこまで変わらないと思います。 では、具体的に東北・仙台の梅雨明けはいつごろになるのか、その予想をご覧ください。 スポンサードリンク 気象庁の東北の梅雨明け区分 ちなみに気象庁が公表している区分は、普段の私たちの感覚とは少し違う場合があります。 今回の表なども気象庁の区分を参考にしているので、それに当てはめて見るようにしてくださいね。 東北北部 青森県、秋田県、岩手県 東北南部 山形県、宮城県、福島県 このようになっていますので、注意してください。 東北・仙台の梅雨明け時期は平年いつから? 気象庁のホームページには、昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積されています。 それは私たちも自由に見ることができます。 そのデータには、東北南部の仙台から北部にかけての梅雨明け時期が平年いつからかも出してくれています。 それを2000年以降でまとめました。 data. jma. html この表をまとめると、 東北南部【2000年~2019年】 スポンサードリンク あとがき 2020年東北・仙台の梅雨明けの時期の予想ですが、これまでの結果を表にしてまとめました。 東北の梅雨 東北南部 東北北部 梅雨明け予想 7月22日~8月1日頃 7月25日~8月4日頃 平年 7月25日頃 7月28日頃 過去最も早い日 1978年7月5日頃 1978年7月8日頃 過去最も遅い日 1987年8月9日頃 1991年8月14日頃 あくまで予想ですので、その年の気象状況によっても大きく変化します。 ただ、毎年のデータからの予想ですが参考にはなると思います。 また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。 そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。 梅雨の時期はうっとおしい日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折り畳み傘など備えはしておくようにしてくださいね。

次の

【2020最新】宮城県の梅雨明け予想!令和2年の時期はいつ?|梅雨明け・梅雨入り予想【2020】

宮城県 梅雨明け 2020

平年の東北北部・南部の梅雨入り時期はいつ? 平年の東北北部・南部の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 気象庁のデータを調べてみると、• 平年の東北北部の梅雨入りは6月14日ごろ、梅雨明けは7月28日ごろ• 平年の東北南部の梅雨入りは6月12日ごろ、梅雨明けは7月25日ごろ となっています。 2020年 東北北部の梅雨入り時期を予想! まずは東北地方北部(青森県、秋田県、岩手県)について、2020年の梅雨入りの時期を予想しちゃいましょう! 参考にさせていただくのは気象庁から発表されている1951年から2018年までの68年間の梅雨入り時期のデータ。 過去の東北北部の梅雨入り日を見てみると、とびぬけて早い年はないですが、とびぬけて遅い梅雨入りはチラホラ確認できます。 データによると、過去68年間で最も遅い梅雨入りだったのが7月3日ごろ。 ただし、過去68年間においても東北地方北部が7月に梅雨入りしたのは、この1回のみ。 ということは、2020年東北地方北部が7月に梅雨入りする可能性はほぼないと言えるでしょう。 では、逆に最も早く梅雨入りしたのは? それは6月2日ごろ。 他にも6月上旬に梅雨入りした年は実に22回、全体の1/3強と決して無視できないデータとなっています。 また、過去68年間の東北北部の梅雨入りの平年時期は6月14日となっています。 さらに、2018年11月から2年ぶりにエルニーニョ現象が発生中。 1958年から2012年の気象庁の調査によると、東北北部の梅雨入りはエルニーニョ現象の影響を受けやすく、エルニーニョ現象が発生している年は46%もの高確率で梅雨入りが遅い傾向にあります。 東北地方北部の2020年の梅雨明け時期を予想! では逆に東北地方北部の梅雨明けに、エルニーニョ現象は影響していないのでしょうか? 影響しているとすれば? こちらも過去68年間の気象庁のデータと照らし合わせながら、2020年の東北地方北部の梅雨明けの時期を予想していきましょう。 まずは過去68年間のデータの中から、最も早い梅雨明けの時期と最も遅い梅雨明けの時期を確認してみましょう。 気象庁の1951年から2018年までのデータを見てみると、最も梅雨明けが早かったのが7月5日ごろ。 逆に最も梅雨明けが遅かったのが8月14日ごろとなっています。 ちなみに、68年間の梅雨明けの平均日は7月28日です。 一番梅雨明けが早かった年と一番梅雨明けの遅かった年の差は実に1ヶ月以上! とはいえ、7月上旬以前や8月中旬以降の梅雨明けはそのパーセンテージも低いですし、2020年も7月上旬もしくは8月中旬以降の梅雨明けとなる可能性は低い考えられるでしょう。 そして、エルニーニョ現象の影響についても見てみましょう。 1958年から2012年の気象庁の調査によると、東北北部の梅雨明けはエルニーニョ現象の影響はそれほど受けないようです。 エルニーニョ現象が発生している年の梅雨明け時期は、早くなる確率は15%、平年並みの確率は39%、遅くなる確率は38%、特定できなかった確率は8%、となっています。 平年並みか遅くなる確率が高そうですね。 これらのことを考えると 2020年の東北地方北部の梅雨明けの時期は7月20日から8月3日の間くらいになりそうです。 東北地方北部の梅雨期間の傾向は? 北海道ほどではありませんが、東北地方北部の夏はちょっぴり短め。 できれば、梅雨は早く始まって早く終ってほしいものですが、2020年は梅雨明けが少し遅めになりそう。 夏休みの序盤に湿りをもたらす東北地方北部の梅雨期間について、その傾向を考えていきましょう~。 東北地方北部の1951年から2018年までの気象庁のデータをチェックしてみましょう。 過去68年間で梅雨の期間が一番短かったのは1967年の15日間、そして一番長かったのが1991年の65日間です。 その差、なんと50日!! とは言え、梅雨の期間が20日を切ったのはこの1回のみとなっています。 2020年も梅雨の期間が20日より短くなることはまずないでしょう。 また、60日を超えたのもたったの2回となっており、こちらも2020年の梅雨の期間については可能性は低いと言えそうです。 参考にすべきなのは、ずばりエルニーニョ現象影響下の梅雨の時期の傾向についてです。 気象庁のデータによると、エルニーニョ現象の影響で梅雨の期間が短くなることはあまりなく、例年通りと長梅雨になる確率が半々といった感じです。 過去68年間の梅雨の期間の平均は44日間となっていますので、これらのことを考えあわせると2020年は40日間から55日間は梅雨が続きそうですね。 東北地方南部の2020年の梅雨入り時期を予想! 次に、東北地方南部(山形県、宮城県、福島県)の2020年の梅雨入りの時期を予想したいと思います。 まずは、気象庁が発表している過去68年間の梅雨入りの時期のデータにご注目ください。 東北地方南部では一番梅雨入りが早かったのが6月1日ごろとなっています。 この6月1日ごろというデータは北部と同じく、とびぬけて早いというわけではありません。 他にも6月上旬に梅雨入りした年は34回と、約半数を占めています。 逆に最も梅雨入りが遅かったのは2017年の6月30日ごろとなっています。 6月下旬に梅雨入りしたのは11回と全体の2割近くありますが、割合としては少ないですね。 なおかつ、実は東北地方南部においては、エルニーニョ現象が起こった年の梅雨入りの時期は例年どおりが38%、早くなった年が31%、そして遅くなった年が31%となっており、影響をデータに反映するのが難しくなっています。 68年間における梅雨入りの時期の平年日を見てみると、6月12日ごろとなっています。 梅雨入りの時期が遅くなっている傾向にあることも考え合わせると、 2020年の東北地方南部の梅雨入りは6月10日から6月24日の間くらいになりそうです。 そんな東北地方南部の梅雨明けの時期は気になるところでもありますよね~。 先に申し上げておきますと、東北地方南部は梅雨明けの時期が年々遅れてきているだけでなく、2018年から続くエルニーニョ現象の影響で更に遅れる傾向となっています。 エルニーニョ現象が発生している年は46%もの高確率で梅雨明けが遅い傾向にあります。 気象庁の1951年から2018年までのデータの中で、一番梅雨明けが早かったのは7月5日ごろ、逆に一番梅雨明けが遅かったのが8月9日ごろとなっています。 そして、梅雨明けの時期の平年時期は7月25日。 7月上旬の梅雨明けは過去68年間でも4回だけですし、2020年も7月上旬に梅雨明けとなる可能性はかなり低いでしょう。 しかし、これらのデータや梅雨明けの時期が遅くなっている傾向にあることも考え合わせると、考えあわせると 2020年の東北地方南部の梅雨明けの時期は7月21日から8月4日の間くらいになると考えられるでしょう。 東北地方南部の梅雨期間の傾向は? それでは北部と同じく、2020年の梅雨期間の傾向についても観ていきたいと思います。 東北地方の北部と南部、梅雨期間の傾向については、どのような違いがみられるのでしょうか? それでは早速、東北地方南部について、1951年から2018年までの過去68年間の気象庁のデータを見てみましょう。 これによると、梅雨の期間が一番短かったのは2011年の18日間、そして梅雨の期間が一番長かったのが1971年の58日間となっています。 その差はぴったり40日となっており、一ヶ月以上の差があります。 しかし、梅雨の期間が25日間をきるような年は過去68年中5回と、かなり頻度が低いことがわかりますし、梅雨の期間が55日を超えるような年も片手で余るほどしかありません。 これらのことを考えると、2020年も梅雨の期間が25日をきるようなことも、55日を超えるようなことはほとんどないと言えるでしょう。 とはいえ、今年はエルニーニョ現象の影響から梅雨明けが遅れることが分かっています。 過去68年間の平均は43日間となっていますが、2020年の東北地方南部の梅雨の期間は平均より長めの45日から55日程度は梅雨の期間が続くこととなるのではないかと予想されます。 まとめ 2020年の東北地方はちょっぴり長梅雨。 しかも南部の方がより長く、北部よりも数日早く梅雨入りしますが、梅雨明けはほぼ同じ時期となると予想されます。

次の

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

宮城県 梅雨明け 2020

東北北部の2020年の梅雨入り時期を予想! 東北地方の中でも雪深いイメージのある北部の地域。 北海道新幹線の開業で盛り上がりを見せている青森県、大曲の花火大会が有名な秋田県、国宝第1号の中尊寺金色堂を有する岩手県の3県です。 自然にあふれたスポットを存分に楽しむための、東北北部の2020年の梅雨入り予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、東北北部の最も早い梅雨入りは1997年の6月2日、最も遅い梅雨入りは、1967年の7月3日でした。 直近10年間のデータを見てみても2年~3年に1度は6月上旬に梅雨入りをしており、6月上旬に梅雨入りする可能性は十分ありえそうですね。 対照的に68年間のうち7月に入ってから梅雨入りした年は1967年と2017年の僅か2度だけで、こちらはとても珍しいことがわかります。 東北北部では遅くても6月末までには梅雨入りすることが多いようです。 そして6月中旬に梅雨入りしたのは32回で46%、6月下旬に梅雨入りしたのは12回で18%となっており、6月11日~6月20日頃の梅雨入りが最も多く全体の約半数を占めていることがわかります。 これらのデータから東北北部の梅雨入りを予想すると、2020年は6月7日から6月21日くらいになりそうですね。 東北北部の2020年の梅雨明け時期を予想! 青森といえば言わずと知れた大間のマグロが有名です。 秋田ではきりたんぽや稲庭うどん、岩手では盛岡冷麺やじゃじゃ麺をお腹いっぱいいただきたいですね。 東北北部のグルメをたっぷり味わうための、2020年の梅雨明け予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、東北北部の最も早い梅雨明けは2002年の7月5日、最も遅い梅雨明けは1991年の8月14日でした。 過去68年間で7月上旬に梅雨明けしたのは4回だけであり、珍しいケースであることがわかります。 おおよそ20年に1度タイミングで7月上旬に梅雨明けしていましたが、直近では2011年に7月9日の梅雨明けがあり、こちらは10年あけての観測となりました。 また8月中旬に入ってから梅雨明けした年は68年間で2回だけであり、こちらも珍しいことがわかります。 8月上旬も含めると8月に入ってから梅雨明けした年は18回となり、全体の30%を占めていますので、旅行に行かれる際は8月半ばに入ってからが良さそうですね。 また、東北北部の梅雨明けの平年時期は7月28日頃となっています。 これらのデータから東北北部地方の梅雨明けを予想すると、2020年は7月21日から8月4日くらいになりそうです。 東北北部の2020年の梅雨期間の傾向は? 県内全域が豪雪地帯に指定されている青森県と岩手県、度々ゲリラ豪雪が発生する秋田県。 いずれも特別豪雪地帯に指定されている地域を有する非常に寒さの厳しい地方ですが、夏は過ごしやすく旅行にぴったりです。 とっても雪の多い東北北部。 2020年の梅雨期間の傾向はどうでしょうか? 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、東北北部の最も短い梅雨期間は1967年の15日でした。 20日間より短く梅雨明けした年は68年間で2回だけであり、珍しいケースであることがわかります。 この年は梅雨入りが最も遅かった年でもあり、平年よりも2週間以上遅い梅雨入りでした。 さらに梅雨明けは平年よりも10日ほど早かったため、とても短い梅雨となりました。 また最も長い梅雨期間は1991年の65日でした。 68年間で梅雨期間が60日以上だったのは2回だけであり、こちらも珍しいことがわかります。 この年は梅雨明けが最も遅かった年でもあり、平年よりも2週間遅い梅雨明けでした。 梅雨入りは平年よりもわずかに早く、とても長い梅雨となりました。 そして20~29日だったのは7回、30~39日だったのは15回、40~49日だったのは24回、50~59日だったのは12回となっており、梅雨期間が40~49日だった年が最も多いことがわかります。 これらのデータから東北北部の梅雨期間を予想すると、2020年は35日~50日くらいになりそうですね。 東北南部の2020年の梅雨入り時期を予想! 北部に比べ降雪量の少ないイメージの東北南部。 東北で最も人口が多く商業の中心となっている宮城県、ゲレンデに隣接したリゾートホテルが豊富な福島県、温泉や寺社仏閣の多い山形県の3県です。 ショッピングやレジャーを楽しむための、東北南部の2020年の梅雨入り予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、東北南部の最も早い梅雨入りは1959年の6月1日、最も遅い梅雨入りは、2017年の6月30日でした。 さらに東北南部の梅雨入り時期の分布を詳しく見てみると、 過去68年間で6月上旬に梅雨入りした年は34回で50%となっており、とても割合が高いことがわかります。 また6月下旬に梅雨入りした年は11回で全体の16%となっています。 とても珍しいケースというわけではなさそうですが、6月上旬の梅雨入りが約50%、6月中旬に梅雨入りした年が23回で34%と比較すると、全体的に見れば珍しいケースと言えるのではないでしょうか。 宮城県では2015年の9月10~11日にかけて記録的な豪雨となり各地で堤防の決壊が起こりました。 ヒートアイランド現象が原因の1つと言われていますので、都市化が進む現代では今年も注意が必要ですね。 東北南部の梅雨入りの平年時期は6月12日。 これらのデータから東北南部の梅雨入りを予想すると、2020年は6月5日から6月19日くらいになりそうです。 東北南部の2020年の梅雨明け時期を予想! 特に降雪量が少ないとされている太平洋側。 北部や中部では夏季は曇天で気温が上がらず、数年に1度一部の地域では冷夏になることもあります。 暑いのが苦手な人には過ごしやすいと言えるかもしれませんね。 快適な夏旅行を楽しむための、2020年の東北南部の梅雨明け予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、東北南部の最も早い梅雨明けは1978年の7月5日、最も遅い梅雨明けは、1987年の8月9日でした。 さらに東北南部の梅雨入り時期の分布を詳しく見てみると、 過去68年間で7月上旬に梅雨明けした年は4回であり、珍しいケースであることがわかります。 また8月上旬に梅雨明けした年は68年間で7回あり、意外と多いデータとなっています。 1980年代では8月の梅雨明けが2度でしたが、2000年代に入ってからは4年連続で8月上旬に梅雨明けしており、近年では梅雨明けが遅い傾向にあるのかもしれません。 そして7月中旬に梅雨明けしたのは19回で30%、7月下旬に梅雨明けしたのは33回で52%となっており、7月21~7月末までの梅雨明けが全体の約半分を占めていることがわかります。 東北南部の梅雨明けの平年時期は7月25日頃となっています。 これらのデータから東北南部地方の梅雨明けを予想すると、2020年は7月18日から8月1日くらいになりそうです。 東北南部の2020年の梅雨期間の傾向は? 全国的に有名な喜多方ラーメンの発祥地である福島県。 宮城県では牛タン、山形県では米沢牛が名産品となっており、おいしいお肉グルメも充実しています。 晴れた日に美しい景色とおいしいごはんを楽しみたいですね。 2020年の東北南部の梅雨期間の傾向はどうでしょうか? 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、東北南部の最も短い梅雨期間は2011年の18日でした。 過去68年間で梅雨期間が20日以内だったのは2回だけであり、とても珍しいことがわかります。 2011年の梅雨入りは平年より10日遅く、梅雨明けは平年より2週間早かったため、とても短い梅雨となりました。 また最も長い梅雨期間は2009年の58日でした。 梅雨期間が50~59日だったのは13回と多く、近年では2014年に観測していますので今年もあり得るかもしれませんね。 2009年の梅雨入りは平年より1週間早く、梅雨明けは平年より1週間遅かったため、とても長い梅雨となりました。 そして20~29日だったのは8回、30~39日だったのは13回、40~49日だったのは27回となっていますので、梅雨期間が40~49日だった年が最も多かったことがわかります。 これらのデータから東北南部の梅雨期間を予想すると、2020年は35日~50日くらいとなるでしょう。 まとめ 2020年の東北地方の梅雨入りと梅雨明け、梅雨期間の予想はいかがでしたか? 青森の青池・宮城蔵王の御釜・岩手の龍泉洞・山形蔵王の樹氷・秋田の小安峡・福島の五色沼など、1度は訪れたい至極の絶景揃いの東北地方。 絶景を望む旅行に行かれる際は、ぜひ梅雨予想を参考にしてみてくださいね。

次の