プロ マネージ 評価。 プロマネージ 7歳からのチワワ専用の気になる評価と口コミまとめ

プロマネージの評判は?口コミや食いつき、成分や安全性とは?

プロ マネージ 評価

目次(ジャンプできます)• 当サイトでのランク プロマネージドッグフードは当サイトでCランクのドッグフードです。 口コミや総合評価については以下を参考にしてください。 プロマネージドッグフードを愛犬2匹に試した感想 モニターは12歳10ヶ月メスのミニチュアダックスと5歳10ヶ月メスのトイプードルです。 今回は2種類用意できなかったので、トイプードル成犬に合わせました。 多数のラインナップからトイプードル成犬用を、シニアのミニチュアダックスにも食べさせることにしました。 実際にはこれは何の問題もありません。 給餌量を調節すればいいだけです。 ユニークな形の小粒で嫌な匂いはしない 8の字型の平べったい小粒サイズです。 これは少しべたつきますし、手が汚れやすいフードです。 油っこい感触が飼い主としては嫌です。 匂いは別に嫌ではありませんが、香料も入っていないということで、仕組みはよくわかりません。 原料臭を抑える何かが入っているのか、原料臭がしないほど原料ひとつひとつの割合が低いのか、不明です。 長さ1cm、幅5mm程度です。 噛みやすいと思われるユニークな形です。 犬種関係なしに一気に食べる食いつきの良さ まず「君は本当は無関係でしょう」と言いたい製品とは違う犬種のミニチュアダックスですが、突進して一気に食いつきます。 この犬は食が進まないということはほぼないのですが、このフードに関しては添加されている甘味料のシュガービートパルプが少し気になります。 それがよほど犬を惹きつけているのではという気がします。 完食して探しています。 この犬を退場させるのは大変なのですが、離れてもらって本来のターゲットである6歳間近のトイプードルです。 食べるのが非常に遅い犬なのですが、この犬もこの後完食しました。 食べる間嬉しそうに尻尾が上がっていました。 翌朝ミニチュアダックスが涙焼け 因果関係は不明 この翌朝ミニチュアダックスの両目、特に右目が腫れあがり、ほとんど開かないという事態に陥りました。 開いてくると 涙がいっぱい溜まって目が潤み、涙やけも起きています。 プロマネージは初めてではないのですが、ただこの症状も初めてではなく、関係があるかどうかという因果関係は不明です。 プロマネージを買って食べていたときに、毎日この症状が起きていたわけではありません。 この症状が起きたときにプロマネージを食べていたかどうかもはっきりしません。 そのため関係があるかどうかわかりません。 関係があるとしても体調次第ということだと思います。 美味しそうに食べて何ともないことがほとんどでしたので。 我が家のミニチュアダックスには慎重に与えるべきフードのようです。 我が家に里子としてきたときから涙やけがひどいトイプードルは、何が原因かわかりませんし、プロマネージでそれがひどくなったということはありません。 非常に体調が良い様子を見せています。 便は穀物を含んだフードを食べたとき特有の、粒々が目立つ状態になっていました。 プロマネージドッグフードを実際に買った人の口コミと評判 良い口コミ• 添加物が心配なので使うのをやめた• 涙やけがひどくBHAとBHTが気になるので別フードに変えた• 油っこい• これを食べさせると下痢をしたので元のフードに戻したら治り勿体ないからまた食べさせたらまた下痢• 最悪のフード• 便が緩くなってしまった 気に入って使っている人は、犬が 喜んで食べることやラインナップの豊富さが良いとしている人が多いようです。 良くないとしている人は、 成分を調べて気にしている人がほとんどでした。 涙やけをしたという人も少なくはないので、我が家の犬の目の腫れ方と涙を思い返しました。 また便が緩んだり下痢をしたということに関しては、このフードが多くの穀物を含んでいることに原因があるかもしれません。 後述していますので参考になさってください。 プロマネージドッグフードおすすめポイント3つ 豊富なラインナップから選びやすい プロマネージは ラインナップが豊富です。 毛並みや体重管理その他の「目的別」、主な室内犬の犬種に分かれた「犬種別」、子犬からシニアまでに分かれた「年齢別」と非常に多くの製品があります。 また年齢別の中でも犬種が分かれているものがあります。 シニア犬になると犬種によって弱い部分が違ってくるという考え方から、その部分のケアを重要視した作りになっています。 体重管理をしたい犬や、毛並みが気になる犬、子犬やシニアなど、それぞれに合ったフードを探している人には便利といえるでしょう。 比較的安価で手に取りやすく、どこででも入手しやすい プロマネージは 比較的安価です。 続けて使いたい場合に高い価格がネックになってくるドッグフードよりは、こういったフードを選ぶ人も多いでしょう。 そしてホームセンターやスーパー、ドラッグストアなどで手に入りやすいドッグフードです。 店頭や通販で簡単に手に入ります。 オリゴ糖やラクトフェリン入り 人間の健康食品にも入っているオリゴ糖やラクトフェリンが入っています。 効果に関しては証明されているわけではありませんが、人がヘルスケアに使う成分であり、安心できる内容ですね。 プロマネージドッグフード気になる点4つ グレインフリーではない プロマネージは穀物やそれに伴う穀物加工品を多く使っているので、 グレインフリーではありません。 トイプードル成犬用の場合、主原料はチキンとなっていますが、2番目にとうもろこし、3番目にさとうもろこしと続いています。 米やコーングルテンなども入っており、全部を合わせると穀物の割合がかなり高いドッグフードではないかと思います。 特に2番目に書かれているとうもろこしはアレルギーを起こしやすい穀物であることを注意した上で使ってください。 また穀物の問題はアレルギーを起こしやすいというだけではありません。 犬は穀物を消化する能力が弱い生き物です。 そのため穀物を未消化便として排出してしまい、便が緩んだり量や回数が増えたりすることがあります。 ひどくなると嘔吐や下痢を起こすこともあります。 不安な添加物が入っている 酸化防止剤として発がん性の疑いがある BHAとBHTが含まれています。 他に天然のミックストコフェロールやローズマリー抽出物なども入っており、それで酸化防止剤としているドッグフードも多いのですが、プロマネージはあえてBHAとBHTも加えており、これにはやはり不安を感じます。 発がん性といっても大量に使い続けた場合のラットでの実験結果が報告されている段階ですが、そういった経過を踏まえて使い続けた末に使用禁止になったものは多くあります。 発がん性の疑いがあり、危険ではないかといわれているものはできれば避けてほしいと感じます。 便秘にしてしまうビートパルプ入り 甘味料として ビートパルプが使われていますが、甘味をつける以外にかさ増しの意味で使われることもあります。 サトウダイコンの搾りかすをビートパルプと呼び、甘味を好む犬の食いつきをよくするためにドッグフードに使われることがあります。 サトウダイコンには水溶性の食物繊維が含まれていますが、搾りかすであるビートパルプは不溶性食物繊維に変わってしまい、繊維質として期待される便秘解消などの効果はあまりないといわれます。 ビートパルプ入りのフードを食べることで、便がコロコロになり、始末がしやすくなったというケースがあり、むしろ強制的な便秘です。 不溶性繊維質は犬の腸にあまりよくない刺激を与えるともいわれていますので、不安な成分のひとつと感じられます。 家禽類の内容が不明 原材料に家禽類と書かれていますが、何の原材料が使われているか分かりません。 主原料にチキンと明記されているのに、何故ここで家禽類と曖昧な表記をするのでしょうか。 低品質な肉類を使っているか、肉と呼べないものを使っているか、不安になってしまう点ですね。 どちらにせよ犬の中には特定の動物性素材を食べられない体質の子もいます。 どの原材料もしっかり記載してほしいですね。 プロマネージトイプードル成犬用の成分から安全性を徹底評価 【総合評価チャート】 (肉量は記載がなかったので3にしています) プロマネージトイプードル成犬用の成分分析と評価 気になるものは赤字で書いています。 赤字がない場合は、気になるものは無いという意味です。 たんぱく質量などを含めた総合評価は上のレーダーチャートをご確認ください。 ) 入っていないのは着色料ぐらいではという状態でした。 副産物については明記がなく原材料に「家禽類」となっているものがどんな動物のどういうどの部位か分からないので減点はしていません。 あまり良い点数とはいえない結果となりました。 栄養成分 タンパク質 24. 比較的安く買えることや多くの店で売っていることも、 手に取りやすい理由のひとつでしょう。 ただ原材料や成分にはいくらか不安を感じます。 副産物が入っているかどうかわかりませんが、「家禽類」も内容を明記してほしいと思います。 我が家ではミニチュアダックスのほうには当分使わず、涙やけとの関係を確認してからにしようと思います。 特にアレルギー反応を起こすこともないのでお手頃価格のドッグフードが欲しい、犬種や犬の状態、ライフステージに合わせて選びたいという場合には、プロマネージは便利なドッグフードでしょう。 販売会社情報 販売会社 住所 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス7F 電話番号 0120-164412 コールセンター.

次の

プロマネージドッグフードを徹底評価!口コミ評判と原材料&安全性

プロ マネージ 評価

プロマネージ「室内犬用」は原産国オーストラリア、ドライタイプの総合栄養食。 価格は1. 7kgで税込1,250円(Amazon)、1kg当たり735円と低価格ドッグフードの中では比較的高めな方ですね。 プロマネージを販売するMARS(マース インコーポレイテッド)はアメリカの大手食品会社(日本では日本法人マースジャパンが販売)。 ペットケア部門の本部はベルギーにあり、ペディグリー・シーザー・カルカン・アイムス・グリニーズなど数多くの有名ブランドを抱えています。 そんな世界的な大企業が手がける商品だけに安心感はありますが、実際、本当に安全なドッグフードなのでしょうか?本音で評価していきます! プロマネージの原材料を本音評価 では、プロマネージ室内犬用の原材料表示を見てみましょう。 主原料は穀物ですね。 続いてターキー(七面鳥)と、3番目にようやくお肉が記載されています。 本来、犬にとっては動物性たんぱく質が最も大切な栄養源ですから、やはり穀物ではなくお肉が主原料のドッグフードが理想。 ミールや副産物ではなく由来の分かるターキーが使われている点は評価できますが、栄養バランスはイマイチです。 また、上位に記載されているシュガービートバルブはサトウダイコン(甜菜)から砂糖を作る時に残った絞りカス。 家畜の飼料に使われる他、かさ増し目的や食い付きを良くするための甘味料として安価なドッグフードによく使用されています。 食物繊維を豊富に含んでいて便を堅くする効果があるため「私達飼い主にとっては」ウンチを処理しやすいメリットがあります。 でも、一方で本来の軟便を見逃す=体調の異常を見逃す原因になりえますし、犬にとって栄養になるものでもなく、好ましい原材料とは言えません。 あとはやはり気になるのが BHA・BHTが使われている点でしょう。 この合成酸化防止剤の効果で品質が長期間保たれて幅広い流通が可能になり、私達も安い値段で購入できる面はあります。 ただ、BHAやBHTについて知れば知るほど、愛犬にとっては良いものではない(害になる)と分かるはず。 できる限り避けてあげたい添加物です。 BHA(ブチルヒドロキシアニソール) 昭和57年に発がん性が問題視されるも、微量なら影響はないと訂正された添加物。 少量とはいえ毒性が確認されているものを、わざわざ毎日摂取させたくはありません。 BHT(ジブチルヒドロキシトルエン) 発がん性は確認されてはいないものの、DNAや染色体に変化を与えて細胞への悪影響を及ぼす「遺伝毒性」は認めれています。 アメリカでは乳幼児向けの食品で使用が禁止されている添加物。 メインの原材料も成分も全て一緒です。 一応、犬種別をうたっていますが、中身を見る限り、実質ほとんど違いがないようです。 また、何の魚が使われているのか由来が不明なフィッシュミールも不安ですね。

次の

プロマネージ『チワワ専用』を徹底評価|みんなの口コミや評判まとめ

プロ マネージ 評価

ペット栄養学の最先端拠点であるウォルサム研究所と共同開発されたドッグフード「プロマネージ」。 プロマネージは目的別・犬種別・年齢別に分けられたドッグフードですが、商品の安全性や口コミや評判は実際のところどうなのでしょうか? ここでは、 プロマネージの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。 原材料 2. 0 栄養バランス 5. 0 無添加 0. 0 安全性 3. 0 コスパ 5. 0 内容量 800g、1. 実際にプロマネージドッグフードを購入してみました! プロマネージの中身を確認するべく、今回は 成犬用「室内犬用」の800gを購入してみました。 次に袋を開封してみましょう。 保存に便利なジッパーが付いています。 中を覗いてみると、何とも言えない独特なにおいが漂ってきました。 何て表現したらいいのか分かりませんが、 薬品のにおい・鼻につくにおいと言えば伝わりますかね?とにかく臭いです。 粒はちょっと大きめで特殊な形。 8の字の形をしていますね。 厚みはそんなにないので、よほど歯が弱い子じゃない限り噛みにくさあまりなさそうな感じです。 粒の大きさは、長さ約1. 5cmといったところ。 口の小さな犬向きというよりは、どちらかというと中・大型犬くらい口の大きな犬向きといった感じでしょうか。 それでは次に、プロマネージの原材料と安全性について見ていきたいと思います。 プロマネージドッグフードの原材料と安全性について評価! 次に、プロマネージの原材料と安全性についてです。 ここでは 「室内犬用」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。 あくまでも私の基準ではありますが、 何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。 ターキーミール、米、米粉、鶏脂、さとうもろこし、チキンミール、 シュガービートパルプ、チキンエキス、サンフラワーオイル、 家禽類、フラクトオリゴ糖、STPP トリポリリン酸塩)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素 、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、 BHA、BHT、クエン酸) タンパク質 22. 調べていて不自然に感じたのは、これだけブランド力のあるドッグフードなのにも関わらず、 原材料に関する情報が一切開示されていないことです。 どんな鶏の肉や家禽類が使われているのか?ビートパルプに薬剤は使っていないか?など、あまりにも肝心な情報が不足し過ぎてこれでは「良質」とは言うことはできません。 最近は穀物不使用タイプのプロマネージも出ましたが、原材料を覗いてみるとこちらにも 「家禽類」といった曖昧な表示がありますね。 もともとアレルギー体質の犬にプロマネージを使用することはないと思いますが、少しでも疑わしい場合はなるべく使用を控えた方がいいかもしれません。 原材料が曖昧だと、もしも食物アレルギーを発症した時に原因をさらに特定しにくくさせてしまう恐れがあります。 プロマネージは、 AAFCOの栄養基準をクリアした総合栄養食という点では優れています。 どちらかというと科学的に証明された栄養バランスを最優先するドッグフードであり、原材料の質や内容はそこまでこだわらないドッグフードといった感じだと私は思いました。 においがキツイ。 臭過ぎてエサ入れのフタを開けるのも嫌になりました。 とにかく吐き気を催すにおいです。 もう買わないと思います。 プロマネージドッグフードの口コミ・評判まとめ プロマネージの口コミを調査したところ、 全体的に評判の良いドッグフードであることが分かりました。 中でも柴犬、ミニチュア・ダックス、チワワ用の口コミが多いですね。 まず良い口コミでとくに多かったのは、「よく食べる」といった声。 私の友達も愛犬にプロマネージを利用していますが、毎回とてもおいしそうに食べてくれると言っていました。 犬にとっては美味しいフードなのでしょう。 その一方で、やはり プロマネージのにおいについて言及している飼い主さんも結構多くいらっしゃいました。 あのにおいは本当に独特というか…ちょっとひどいと感じたので、せめてにおいだけでも何とか改善してもらえたら嬉しいですね。 【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較! 公式サイト Amazon 楽天 初回購入 - - - 定期購入 - - - 通常購入 - 722円(800g) 1,245円(1. 7kg) 2,751円(4kg) 730円(800g) 1,385円(1. 7kg) 2,894円(4kg) 送料 - 2,000円以上は無料 店舗により異なる どこでプロマネージを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。 プロマネージドッグフードの価格がもっとも安いのはAmazon! 調査した結果、 プロマネージの価格がもっとも安いのはAmazonであることが分かりました。 公式サイトでの販売はありません。 ただ、プロマネージはペットショップやホームセンターでも購入できます。 意外とそちらで買った方が安い場合もあるので、よく比較した上で購入されることをおすすめします。 私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとプロマネージにはどのような違いがあるのかを比較してみました。 まず、モグワンもプロマネージも同じ総合栄養食ですが、プロマネージは AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める栄養基準を満たしているという特徴があります。 なので日本においても 「総合栄養食」と表示されることが許されており、水とプロマネージさえあれば十分であるということが保証されています。 それに対し、モグワンはAAFCOの栄養基準を採用していません。 これはモグワンに限らずですが、イギリスやドイツのペットフードはこの傾向にあります。 AAFCOは「これだけの栄養があれば犬や猫は健康でいられますよ」という政府機関が定めた栄養基準であって、そこに使われる食材や成分の品質等を保証するものではありません。 つまり、何を使っていてもAAFCOの定める基準をクリアしていれば「総合栄養食」と表記できるということです。 その方法をあまり好ましく思わない国やメーカーは、敢えて独自の基準で総合栄養食と同等の栄養素を満たしたペットフードを作り続けています。 そうすることで原料や調理方法にもこだわることができるので、結果的に犬にとって良い食事を提供することができると考えていることが理由にあります。 モグワンもその1つです。 もちろん愛犬にとって良いフードというのは個々によって異なりますが、 モグワンとプロマネージを比較される時はさらに深堀した上で決められた方が良いかもしれません。 プロマネージドッグフードの種類と特徴について プロマネージのドッグフードは、大きく分けて 「目的別」「犬種別」「年齢別」の3つのラインナップがあります。 目的別シリーズ 商品名 特徴 12ヶ月までの子犬用(パピー) 成長期にある子犬向けの商品。 タンパク質31. 室内犬用 口臭ケアと便臭ケアができる商品。 美味しさにこだわる犬用 第一主原料にチキンを使って旨味をアップさせた商品。 タンパク質24. 皮膚・毛づやをケアしたい犬用 アレルゲンになりにくい米とサーモンを主原料にして食物アレルギーに配慮。 タンパク質22. 避妊・去勢している犬用 低脂肪&低カロリー設計。 体重管理用 低脂肪&低カロリー設計で、関節ケアにいい緑イ貝を配合されている。 グレインフリー 高タンパクレシピ 小粒 チキンの割合多くし、穀物の代わりにポテトやエンドウ豆を使用。 グレインフリー 高タンパクレシピ 小粒 チキンの割合多くし、穀物の代わりにポテトやエンドウ豆を使用。 犬種別シリーズ 商品名 特徴 ミニチュアダックスフンド 関節ケアと体重管理に配慮。 チワワ 骨格の健康をサポートし、胃腸と関節の健康維持にも配慮。 トイプードル 皮膚と被毛の健康維持に配慮。 柴犬 皮膚の健康維持のために、オメガ3脂肪酸を含む魚を使用。 低アレルゲン性主原料。 シーズー 目と被毛の健康維持に配慮。 低アレルゲン性主原料。 ヨークシャーテリア 皮膚・被毛・関節の健康維持に配慮。 低アレルゲン性主原料。 パピヨン 骨格と関節の健康維持に配慮。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 理想の体重を維持できるよう低脂肪設計。 腰・関節・下部尿路の健康維持にも配慮。 フレンチブルドッグ 食物アレルギーに配慮し、アレルゲンとなりにくいチキン・ターキー・米を使用。 ミニチュアシュナウザー マグネシウム・カルシウム・リンなどのミネラル量を調整し、下部尿路の健康維持に配慮。 ゴールデンレトリバー 毛づやを美しく保つために、リノール酸が豊富なひまわり油などをブレンド配合。 7歳からのチワワ専用 胃腸と関節の健康維持に配慮。 心臓の機能をサポートするためにタウリンを強化。 7歳からのトイプードル専用 目の健康をサポートするためにブルーベリーを配合。 皮膚と耳の健康維持にも配慮。 7歳からの柴犬専用 理想の体重を維持できるよう低脂肪・低カロリー設計。 7歳からのシーズー専用 食物アレルギーに配慮。 目の健康をサポートするためのブルーベリーも配合。

次の