麻生太賀吉家系図。 三笠宮家の家系図?娘さんは彬子、瑶子女王で当主?信子妃は麻生太郎?

大久保利通の子孫は【麻生太郎】!2人の系図をわかりやすく解説!

麻生太賀吉家系図

アルバムをご覧になる三笠宮同妃両殿下(ご結婚70年をお迎えして:三笠宮邸) 崇仁親王殿下は,平成28年10月27日,聖路加国際病院において,御年100歳をもって薨去されました。 戦後,東京大学文学部研究生として「古代オリエント史」を専攻された殿下は,昭和29年に創設された(社)日本オリエント学会に参加され,また,昭和50年には三鷹市に設立された(財)中近東文化センターの総裁となられ,平成17年7月から名誉総裁に就任されていました。 殿下は,昭和30年以降,東京女子大学や青山学院大学などの講師として「古代オリエント史」を講義され,また,昭和60年度から平成14年度まで,東京芸術大学美術学部の客員教授として特別講義をされました。 その間,公式訪問,学術的国際会議への参加および史跡調査のため約30回外国に旅行されています。 平成3年11月には,フランスの「碑文・文芸アカデミー」の外国人会員に,平成6年6月には,ロンドン大学の「東洋・アフリカ研究学院」の名誉会員に就任されていました。 また殿下は,戦後の混乱を収拾し,平和な文化国家を育成するためには,レクリエーションやスポーツが大切であることを痛感され,全国各地を廻られてその発展に大いに寄与されました。 妃殿下は,殿下の海外ご旅行には常に同行されて諸外国との友好親善に努められ,史跡調査に当たっては,映画やスライド撮影により殿下のご講義の資料収集に内助の功を発揮されました。 昭和23年に,恩賜財団母子愛育会の総裁に就任され,東京や地方における各種行事にご出席になり,母子保健に従事する人たちからのお話をお聞きになり,関係者を励まされていましたが,平成22年9月総裁を辞任されました。 また,日本赤十字社の名誉副総裁として,地方で催される行事にもご出席になっています。 寬仁親王邸での両殿下 (写真:青柳陽一) 寬仁親王殿下は,平成24年6月6日,公益財団法人佐々木研究所附属杏雲堂病院において,御年66歳をもって薨去されました。 殿下は,障害者福祉・スポーツ振興・青少年育成・国際親善を軸に幅広い活動を続けておられました。 特に,心身に障害を持つ者がスキー・ボウリング・ダンス・マラソン等のスポーツを通じて自立し,社会参加の出来るように自ら指導に当たられたほか,筋ジストロフィー等の難病者や重度障害者の自立のための施設の建設・運営管理にも積極的に取り組まれ,障害を持つ者も持たない者も,「共に生きる」社会基盤づくりのため,啓発・実践両面の活動を続けておられ,7冊の著作を始め全国各地での講演や新聞・雑誌等への著述もなさっていました。 妃殿下は,昭和30年(1955年)4月9日,故麻生太賀吉(あそうたかきち)氏の第三女子としてご誕生になられました。 聖心女学院を経て,英国ロスリンハウス・コレッジをご卒業後,昭和55年11月7日,故寬仁親王殿下とご結婚,お子様は彬子女王殿下,瑶子女王殿下のお二人がいらっしゃいます。 妃殿下は,日本赤十字社名誉副総裁として,日本赤十字の活動に尽力されているほか,公益社団法人東京慈恵会総裁,公益財団法人日本ばら会名誉総裁,一般社団法人日本童謡学会名誉総裁,公益社団法人全国ビルメンテナンス協会名誉総裁にご就任されています。 また,国際柔道連盟アンバサダーとして,柔道の発展・普及に尽力されているほか,特定非営利活動法人NSCAジャパンにおいてはスポーツ振興に寄与されています。 さらには,一般社団法人プリンセスNプロジェクトやAJU自立の家後援会等の団体を通じ復興支援,障害者福祉,食育の普及や青少年育成など幅広い分野でご活動されています。 特定非営利活動法人女性の健康とメノポーズ協会においては,同協会認定「女性の健康相談対話士」の有資格者として,更年期の様々な症状に悩む全国の女性から寄せられる電話相談をお受けになっておられます。 妃殿下は,現在の天皇陛下が皇太子殿下であられた際の行啓の一つである担い手サミットをお受け継ぎになられ,全国の農業の担い手が集まり,交流や意見交換を通じて農業経営の発展と地域農業の振興を目的に,一般社団法人全国農業会議所が主催している「全国農業担い手サミット」へのご臨席を通じて,我が国の農業の発展に貢献されています。 妃殿下は料理にも強いご関心をお持ちで,『四季の家庭料理』(光文社),『思い出の先にはいつも家庭料理』(マガジンハウス),の2冊のレシピブックを出版されています。 平成4年12月,両殿下は,ニューヨーク・メディカル・コレッジに新設される癌病棟の支援のため訪米され,慈善舞踏会で基調講演をされました。 また,平成6年5月,ハワイ州においてクアキニ病院改築の際にも慈善晩餐会で同様の協力をされました。 平成6年2月,両殿下は第17回冬季オリンピック競技会・リレハンメル大会閉会式及び各種競技をご覧のためノルウェー国を公式訪問されました。 平成6年7月,妃殿下は,桂宮殿下が実行委員長を務められたシドニー市の王立視聴覚障害児研究所支援のためオーストラリアを訪問され,寬仁親王殿下が4年越しで計画された在留邦人のボランティア精神に基づいた手づくりの慈善舞踏会に臨まれました。 平成10年5月,両殿下はトルコ政府からのご招待によりトルコ・日本基金文化センター開所式典(オープニングセレモニー,レセプション)及び政府主催の歓迎式典,大統領主催夕食会にご臨席のため同国を公式訪問されました。 平成15年7月,妃殿下は日本ばら会名誉総裁のお立場で,英国グラスゴー市において開催された「世界バラ会議」及び関係行事にご出席されました。 平成15年4月,殿下と彬子女王殿下は,視覚障害者のためのクロスカントリースキー世界選手権「リッデレンネ40周年大会」のためにノルウェーを訪問され,国王妃ソニア陛下とともに大会に出席されました。 平成13年1月,殿下は,(財)中近東文化センターアナトリア考古学研究所建設募金委員会を設立され,国内での募金活動のかたわら,平成14年10月,15年6月,同年10月には,200名を超える協賛者を3回に分けて,「トルコ共和国遺跡巡りの旅」を計画され,自ら総指揮を執り,同国を訪問されました。 このうち,平成15年6月の回には,彬子女王殿下もご一緒になりました。 彬子女王殿下は,平成10年7月,三笠宮殿下が名誉発掘隊長を務められていた(財)中近東文化センターのカマン・カレホユックの遺跡ご視察のため初めてトルコを訪問され,トルコ国内の数々の重要な遺跡を視察されました。 平成16年10月,英国オックスフォード大学マートン・コレッジにご留学され,平成22年1月,哲学博士の学位取得が決定し帰国されました。 平成22年7月,寬仁親王殿下が,(財)中近東文化センターアナトリア考古学研究所建設募金の成果としてカマン・カレホユック考古学博物館が落成するのに合わせ計画された「アナトリア考古学研究所カマン・カレホユック考古学博物館落成式の旅」にご一緒になりました。 平成30年9月,三笠宮記念財団総裁推戴式典へご臨席になるとともに,エルドアン大統領閣下主催の午餐会へご臨席になり,カマン・カレホユックの発掘現場をご視察のため,トルコをご旅行になりました。 平成21年から平成24年3月まで,立命館大学衣笠総合研究機構にポストドクトラルフェロー,同年4月から平成26年3月まで特別招聘准教授としてご勤務になり,平成27年4月より京都産業大学日本文化研究所に研究員・平成30年4月から特別教授としてご勤務になっています。 瑶子女王殿下は,平成18年12月から平成24年11月まで,日本赤十字社にご勤務になりました。 寬仁親王殿下が活動された,障害者福祉・スポーツ振興・青少年育成のご意志を引き継がれ,ご活動を続けておられます。 令和元年12月,ミャンマー国最高顧問からのお招きにより,外国事情をご視察のため同国をご旅行になりました。 彬子女王殿下,瑶子女王殿下はそれぞれ平成13年12月,平成15年10月ご成年をお迎えになり,宮中の行事にご参列になっています。

次の

麻生太賀吉

麻生太賀吉家系図

年譜 [ ]• - 7月、栢ノ森村(現在の柏の森)に村の(今でいう)を務めていた父・、母・マツの子として生まれる。 幼名は鶴次郎。 - のに入り修学。 - 6月、檀那寺川島正恩寺住職井上誓存について修学。 - 太吉と改名。 目尾御用山を共同で採掘し、初めて炭山開発事業に着手(の興り)。 11月、立岩村副戸長。 - 2月、福岡県の六女・ヤスと。 10月、忠隅山王谷採炭。 11月、有井山採炭。 - 11月、長女・マツ誕生。 - 2月、次女・タケ誕生。 - 9月、有井開ヶ谷坑採炭。 - 9月、母・マツ死去(44歳)。 12月、川島村立岩村戸長(~1881年11月)。 - 1月、有井泉ヶ谷坑採炭。 - 4月、鯰田浦田坑及寺ヶ坂坑、綱分煽石坑採炭。 10月、平恒煽石山採炭。 鯰田炭坑• - 2月、泉鳥羽坑採炭、網分傍子ヶ浦煽石坑を採炭。 11月、立岩村戸長(~1882年10月)。 - 3月、鯰田大師坑採炭。 7月、長男・誕生。 - 4月、立岩村川島村戸長(~1884年4月)• - 1月、有井下鳥羽坑採炭。 2月、鯰田炭鉱開坑。 - 10月、忠隅炭坑採炭。 12月、次男・誕生。 - 1月、立岩村外四ヶ村村会議員当選。 5月、父・賀郎死去(68歳)。 9月、三男・誕生。 - 1月、三緒社及び徳明社を組織。 2月、嘉麻煽石社を組織。 9月、嘉麻炭坑を化。 - 4月、鯰田炭坑をに譲渡。 5月、嘉麻煽石社社長就任。 - 6月、笠松炭坑(通称:獅子場炭坑)開坑。 - 4月、筑豊興業鉄道株式会社常議員就任。 7月、笠松炭坑廃坑。 忠隅炭坑浸水事故。 三女・ヨネ誕生。 - 6月、4男誕生、11月、筑豊石炭鉱業組合常議員就任。 - 4月、忠隈炭坑をに譲渡。 9月、上三緒炭坑開坑。 - 3月、株式会社嘉穂銀行頭取就任。 4月、若松築港株式会社監査役就任、12月、幸袋工作所取締役就任。 - 4月、九州鉄道株式会社取締役就任。 - 8月、福岡県選挙区より出馬、当選。 - 5月、豆田炭坑開坑。 - 1月、藤棚炭坑を譲り受ける。 5月、四女・ふよ誕生。 - 4月、笹原炭坑経営に参画。 - 1月、九州コークス株式会社取締役。 - 4月、綱分炭坑開坑。 7月、株式会社設立委員。 - 7月、藤棚本洞両炭坑をに譲渡。 - 10月、嘉穂電燈株式会社取締役社長。 11月、久原炭坑。 - 5月、吉隅下臼井炭坑開坑。 11月、より本山勘定方を依嘱。 - 3月、山内農園を開始。 - 3月、筑豊石炭鉱業組合総長就任。 9月29日、貴族院多額納税者議員。 9月、孫・誕生。 - 7月、九州水力電気株式会社取締役。 - 6月、大分紡績株式会社取締役。 - 11月、東洋製鉄株式会社取締役。 - 5月、を株式会社化し、社長に就任。 6月、貴族院議員2期目。 - 3月、三男・太郎死去(31歳)。 - 7月、、らと共に維持委員。 10月、石炭鉱業連合会長就任。 - 6月、杖立川水力電気株式会社社長。 9月、妻・ヤス死去(68歳)。 - 3月、よりの払い下げを受け、5月、安眠島林業所を開設。 - 11月、筑後電気株式会社社長就任。 - 12月、九州産業株式会社社長就任。 - 3月、日本産業協会評議員。 4月、延岡電気株式会社社長。 8月、九州保全株式会社社長。 10月、株式会社取締役。 12月、昭和電燈株式会社社長。 - 1月、九州電気工業株式会社社長。 3月、全国産業団体連合会委員及西部産業団体連合会委員長。 6月、小国水力電気株式会社社長。 - 3月、福岡県国防会参与。 7月、嘉麻興業株式会社設立。 11月、九州産業鉄道、九州産業。 製造業に参入し、株式会社設立。 12月、死去(76歳)。 従五位に叙せられる。 栄典 [ ]• (大正13年) - 家族・親族 [ ]• 父 - (181? - 1887、)• 母 - マツ(183? - 1878、、永富家出身)• 妻 - ヤス(185? - 1924、福岡県、六女)• 長女 - マツ(1874 -? 、の孫、「」に嫁する)• 二女 - タケ(1876 -? 、「」に嫁する)• 長男 - (1882 -? 、の孫、「ミサオ」を妻とする)• 二男 - (1885 -? 三女 - ヨネ(1891 -? 、「」に嫁する)• 三男 - (1887 - 1919、(かのうひさあきら)の妹、「夏子」を妻とする)• 孫 - (1911 - 1980、、)• 曾孫 - (1940 - 、実業家、政治家。 、第23代・第92代• 孫 - (191? 四男 - (1893 -? 、の妹、「きみ」を妻とする)• 四女 - ふよ(1902 -? 、「」に嫁する) 系譜 [ ]•

次の

大久保利通の家系図を調査!子孫は内閣総理大臣で財務大臣のあの人!

麻生太賀吉家系図

そして麻生太郎さんの母は、戦後日本を導いた吉田茂首相の娘、和子さんです。 さらに妹は、三笠宮寛仁親王と結婚した信子妃ですから、麻生太郎さんは、皇族とも縁戚関係があります。 また麻生太郎さん自身、鈴木善幸元首相の娘を嫁にしています。 さらに家系をたどると、明治の元勲大久保利通をはじめ、岸信介元首相や、現内閣総理大臣である安倍晋三さんにもつながる麻生太郎さん。 家系図をひもとくと、まさに麻生さんの家系は華麗なる一族なのです。 なんだか響きが凄いですよね。 麻生家は旧華族や皇室との結びつきが濃い家系!? 麻生太郎さんは前述したように、1983年に元首相の鈴木善幸さんの三女である千賀子さんと結婚し、一男一女をもうけました。 弟の泰さんの妻和子さんの祖母は、「伯爵 牧野伸顕」の二女利武子であり、利武子の姉雪子は吉田茂の妻です。 妹の雪子さんは、「子爵 相馬恵胤」の息子で相馬家当主の相馬和胤と結婚しました。 末の妹の信子さんは、寬仁親王妃となり彬子女王と瑶子女王をもうけました。 つまり、麻生家は旧華族や皇室との結びつきが非常に濃い家系になるのです。 なんとなく麻生さんの奔放な発言に納得してしまいました。 麻生太郎・麻生家始まりのストーリー! 麻生家は1857年に生まれた「麻生太吉さん」から始まります。 当時はまだ庶民が、 西アフリカでダイヤモンド採掘業にも従事しました。 1973年には麻生セメントの社長になり、1962年の原油の輸入自由化によって衰退していた炭鉱業からセメント業への転換を成功させました。 1979年の衆議院議員総選挙に福岡から出馬して、 定員5名中4位で初当選して政界へ入りました。 狭き門ですね。 そして、1996年に橋本内閣の経済企画庁長官に就任して初入閣します。 2001年には自民党総裁選に出馬して、元首相の小泉純一郎さん、橋本龍太郎さんと戦って3位、となりました。 麻生太郎が総理大臣に就任・そして辞職! 小泉政権で党政務調査会長を務め、2003年に総務大臣として入閣して、郵政民営化を進めました。 2006年に再び自民党総裁選に出馬するも現総理の安倍晋三さんに敗れ、外務大臣として入閣しました。 2007年に自民党総裁選に出馬した際は福田康夫さんに敗れ、 2008年4度目の自民党総裁選でついに自民党総裁となり、9月に第92代内閣総理大臣に就任しました。 しかし、たった一年後の2009年8月の衆議院議員総選挙で自民党が民主党に惨敗して第1党の地位を失い、9月に麻生内閣が総辞職しました。 3年後の2012年の衆議院議員総選挙で自民党が政権を奪還、第2次安倍内閣が成立すると、副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣(金融担当)として入閣して、今日の麻生太郎さんに至ります。 麻生太郎さんの経歴も、祖父や父に負けず凄いです。 麻生太郎の年齢はいくつ?経歴・学歴や大学もものすごい!? 麻生太郎さんは、1940年生まれの77歳。 現閣僚の中では最長老です。 学習院大学を卒業後は、アメリカのスタンフォード大学や、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学。 帰国後は麻生セメントの社長に就任。 自社の経営に努めました。 麻生太郎の政界入りは比較的遅く1979年、39歳で衆議院議員に初当選。 一度の落選をのぞいて、以後12回の当選を果たしています。 麻生太郎さんは、自他ともに認める、おしゃれで明るい性格ですが、少し口が軽く、ときおり問題発言をしていますね。 また意外ですが、1979年のモントリオールオリンピックに、クレー射撃の日本代表として出場していることでも有名です。 やはり現役で活躍している麻生さんは元気ですよね。 これは元スポーツ選手というところから来ているのかもしれませんね。 麻生太郎の家系図・学歴や経歴が疑われる声も!? 現閣僚の中でも長老の麻生太郎さんですが、どうやら漢字の多様な読み方は苦手なようでで、漢字の誤読が多さが、マスコミ格好のネタとなっています。 例えば、怪我を「かいが」、完遂を「かんつい」、焦眉を「しゅうび」、順風満帆を「じゅんぷうまんぽ」、 措置を「しょち」、思惑を「しわく」などと読み違えています。 誰でもひとつは間違えてしまいそうなものばかりですが、やはり他の政治家たちより、麻生太郎さんは、圧倒的に漢字の誤読が多いですね。 なんだかお茶目で可愛いですですけどね。

次の