美味しい 炊き込み ご飯。 【最強レシピ】生ヤングコーンの炊き込みご飯がピュアッピュアなウマさ! なぜ生ヤングコーンは評価されないのか?

炊き込みご飯を失敗、芯がある、べちゃっとなるうまく炊けない原因は

美味しい 炊き込み ご飯

もう一月もするとこれらの野菜は絶好調の旬を迎えるが、私、P. サンジュンにとって初夏の野菜といえば「 ヤングコーン」一択だ。 毎年5月の終わりから1カ月間ほど「生ヤングコーン」が八百屋などの店頭に並ぶが、お世辞にも大人気食材とは言い難い。 なぜこんなに美味しいのにヤングコーンは評価されないのか? それともみんな単純に食べ方がわからないのか? 今回ご紹介する『 ヤングコーンの炊き込みご飯』を試せば、きっとあなたも生ヤングコーンの虜になるハズだ。 ・間引きされたトウモロコシ 八百屋さんによると多くのヤングコーンはトウモロコシを間引きする行程で収穫されたもので、いわば 夢半ばでトウモロコシデビューを果たせなかった赤ちゃんコーンたちのことを指す。 ヤングコーンとベビーコーン、呼び方は違えどどちらも同じ野菜だ。 さて、今でこそ毎年「生ヤングコーン」を心待ちにしている私だが、6年ほど前までは そのウマさを知らずにいた。 そもそもヤングコーンに生があるとは知らず「八宝菜とかに入ってるあれでしょ? 茹でである味のしないヤツ」くらいにしか思っていなかったのだが「」を知って衝撃を受けた。 ウマいのだ。 メチャメチャ、ウマいのだ。 ほのかな甘みとパキッと弾ける食感、そして何よりあふれ出すピュアさはまさに極上の一言。 開き直って言うならば、 ピュアッピュアなウマさなのである。 さてさて、そんな生ヤングコーン大好きっ子の私も、これまでレシピは「生ヤングコーンのグリル」しか持ち合わせていなかった。 八宝菜のように炒めても美味しいのだろうが、生ヤングコーンの真骨頂は究極のピュアさ。 できるだけ素材に近い状態で食したい。 そんな時である。 北海道出身の知人がSNSに『ヤングコーンの炊き込みご飯』を投稿していたのは。 北海道と言えば、 言わずと知れたトウモロコシの名産地。 「これは絶対にウマいヤツだ」と確信した私は、すぐさまレシピを聞いて『ヤングコーンの炊き込みご飯』を作ってみることにした。 ・ヤングコーンの炊き込みご飯のレシピ 【材料】 米: 2合 生ヤングコーン: 6~7本 【作り方】 1: ヤングコーンの皮をむく。 ヒゲも捨てずにとっておく(茶色いところは切っておく)。 2: ヤングコーンを5~7mmくらいにスライスし、ヒゲは3~4cmにざく切りにする。 3: お釜に米を入れ、2合よりちょい少なめの水をセット。 そこにヤングコーンの実を投入。 4: 炊きあがったらヒゲを入れて5分~10分ほど蒸らす。 以上である。 水を少なめにするのはヤングコーンから水分が出るためで、通常通りの分量だとご飯がややベチャッとしてしまう。 またヤングコーンを入れてから水を入れると分量がわからなくなるので、 米と水をきっちりセットしてからヤングコーンを投入しよう。 味の方はと言うと、ヤングコーンのピュアさが米に乗り移った、 どこまでもピュアッピュアな炊き込みご飯である。 ただし、これだけだとやや物足りないことも事実なので「塩」「しょう油」「ガーリックソルト」「しょう油 & バター」などをプラスしてみよう。 本当に美味しいですからー! A post shared by p. sanjun on Jun 13, 2020 at 3:38am PDT また、一般的な炊き込みご飯と同じように「白だし」など入れて炊いてもまたウマい。 ただ何度も言うが、生ヤングコーンは汚れを知らぬピュアピュアな野菜なので、塩分に味が殺されてしまわぬよう、 少量の投入がオススメだ。 もう1点、実は最初3合で作ったのだが、余って温め直した『ヤングコーンの炊き込みご飯』は 味が数段落ちていた。 やはり生ヤングコーンは鮮度が命なので、1度で食べ切れる分の量を炊いてみよう。 目安としては米1号に対し、生ヤングコーン3~4本だ。 もし生ヤングコーンを食べたことが無い方はまず「ヤングコーンのグリル」を試していただき、お気に召したら『ヤングコーンの炊き込みご飯』に挑戦して欲しい。 今年の生ヤングコーンが出回るのも残りあとわずか。 細胞の隅々まで染み込むような、圧倒的ピュアさをご賞味いただきたい。 Report: Photo:RocketNews24.

次の

意外なあの具材で。シンプルで美味しい炊き込みご飯のレシピ

美味しい 炊き込み ご飯

五目炊き込みご飯の準備 まず、干し椎茸は戻るのに時間がかかるため、事前に水100mlほどを加えて上にキッチンペーパーをかぶせ、水戻ししておきます。 また、五目炊き込みご飯を炊く前に、米は研いで浸水させておきます。 浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら美味しく炊き上がります• 炊飯器の性能やコースなどによって変わってくるので、間違いなくふっくら炊けるよう、このレシピでは事前に浸水する工程をとっています。 戻った干し椎茸は水気をしぼって、2~3㎜幅に切ります。 また、ごぼうはささがきにして水にさらしておきます。 こんにゃくは厚みを3等分に切ってから、棒状に切ります。 油揚げは厚みを半分にして、みじん切りにします。 また、にんじんは5~6㎜角や2~3㎝のせん切りにします。 ここからは『もし鶏肉を入れるなら』の工程です。 鶏肉は炊き込みご飯用にカットされたもも肉を買ってくるか、皮ごと1㎝四方くらいに切ります。 生のまま炊き込むよりも 熱湯をまわしかけて余分な臭みや脂を落とし、ざる上げしたら塩ひとつまみで軽くもんで下味をつける、このように下ごしらえしてから炊き込むのがおすすめです。 五目炊き込みご飯の炊き方 炊くときのポイントは 『浸水した米を一度ざる上げして、しっかり水気を切ってからAやBを合わせること』『炊飯器の目盛を優先して水加減した後に、具材をはじめから入れて炊くこと』です! 浸水した米は一度ざるにあけてしっかり水気を切り、炊飯器の内釜に移します。 まず、椎茸の戻し汁を茶漉しなどを通して全量加えます(細かいごみがあることが多いため)。 それから醤油とみりんを加え、最後に 水またはだし汁を2合の目盛までそそぎ入れます。 水平な場所で、2合の目盛まで水加減をしたら、具材をすべて上に広げ、炊飯します(浸水させているので普通コースで炊いてOKです)。 ご飯が炊けたら、さっくりと全体を混ぜ合わせて完成です。

次の

炊き込みご飯を失敗、芯がある、べちゃっとなるうまく炊けない原因は

美味しい 炊き込み ご飯

もう一月もするとこれらの野菜は絶好調の旬を迎えるが、私、P. サンジュンにとって初夏の野菜といえば「 ヤングコーン」一択だ。 毎年5月の終わりから1カ月間ほど「生ヤングコーン」が八百屋などの店頭に並ぶが、お世辞にも大人気食材とは言い難い。 なぜこんなに美味しいのにヤングコーンは評価されないのか? それともみんな単純に食べ方がわからないのか? 今回ご紹介する『 ヤングコーンの炊き込みご飯』を試せば、きっとあなたも生ヤングコーンの虜になるハズだ。 ・間引きされたトウモロコシ 八百屋さんによると多くのヤングコーンはトウモロコシを間引きする行程で収穫されたもので、いわば 夢半ばでトウモロコシデビューを果たせなかった赤ちゃんコーンたちのことを指す。 ヤングコーンとベビーコーン、呼び方は違えどどちらも同じ野菜だ。 さて、今でこそ毎年「生ヤングコーン」を心待ちにしている私だが、6年ほど前までは そのウマさを知らずにいた。 そもそもヤングコーンに生があるとは知らず「八宝菜とかに入ってるあれでしょ? 茹でである味のしないヤツ」くらいにしか思っていなかったのだが「」を知って衝撃を受けた。 ウマいのだ。 メチャメチャ、ウマいのだ。 ほのかな甘みとパキッと弾ける食感、そして何よりあふれ出すピュアさはまさに極上の一言。 開き直って言うならば、 ピュアッピュアなウマさなのである。 さてさて、そんな生ヤングコーン大好きっ子の私も、これまでレシピは「生ヤングコーンのグリル」しか持ち合わせていなかった。 八宝菜のように炒めても美味しいのだろうが、生ヤングコーンの真骨頂は究極のピュアさ。 できるだけ素材に近い状態で食したい。 そんな時である。 北海道出身の知人がSNSに『ヤングコーンの炊き込みご飯』を投稿していたのは。 北海道と言えば、 言わずと知れたトウモロコシの名産地。 「これは絶対にウマいヤツだ」と確信した私は、すぐさまレシピを聞いて『ヤングコーンの炊き込みご飯』を作ってみることにした。 ・ヤングコーンの炊き込みご飯のレシピ 【材料】 米: 2合 生ヤングコーン: 6~7本 【作り方】 1: ヤングコーンの皮をむく。 ヒゲも捨てずにとっておく(茶色いところは切っておく)。 2: ヤングコーンを5~7mmくらいにスライスし、ヒゲは3~4cmにざく切りにする。 3: お釜に米を入れ、2合よりちょい少なめの水をセット。 そこにヤングコーンの実を投入。 4: 炊きあがったらヒゲを入れて5分~10分ほど蒸らす。 以上である。 水を少なめにするのはヤングコーンから水分が出るためで、通常通りの分量だとご飯がややベチャッとしてしまう。 またヤングコーンを入れてから水を入れると分量がわからなくなるので、 米と水をきっちりセットしてからヤングコーンを投入しよう。 味の方はと言うと、ヤングコーンのピュアさが米に乗り移った、 どこまでもピュアッピュアな炊き込みご飯である。 ただし、これだけだとやや物足りないことも事実なので「塩」「しょう油」「ガーリックソルト」「しょう油 & バター」などをプラスしてみよう。 本当に美味しいですからー! A post shared by p. sanjun on Jun 13, 2020 at 3:38am PDT また、一般的な炊き込みご飯と同じように「白だし」など入れて炊いてもまたウマい。 ただ何度も言うが、生ヤングコーンは汚れを知らぬピュアピュアな野菜なので、塩分に味が殺されてしまわぬよう、 少量の投入がオススメだ。 もう1点、実は最初3合で作ったのだが、余って温め直した『ヤングコーンの炊き込みご飯』は 味が数段落ちていた。 やはり生ヤングコーンは鮮度が命なので、1度で食べ切れる分の量を炊いてみよう。 目安としては米1号に対し、生ヤングコーン3~4本だ。 もし生ヤングコーンを食べたことが無い方はまず「ヤングコーンのグリル」を試していただき、お気に召したら『ヤングコーンの炊き込みご飯』に挑戦して欲しい。 今年の生ヤングコーンが出回るのも残りあとわずか。 細胞の隅々まで染み込むような、圧倒的ピュアさをご賞味いただきたい。 Report: Photo:RocketNews24.

次の