ヒロイン失格 ネタバレ。 漫画「ヒロイン失格」2巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも

ヒロイン失格映画のネタバレと結末!キャストは原作とあっているか?

ヒロイン失格 ネタバレ

「ヒロイン失格」10巻 ネタバレ はとりは部屋で利太との思い出を整理 していました。 そんな時、現れたのは 弘光くんです。 「俺にもう一度チャンスをくれませんか?」 はとりに弘光くんはいいます。 しかし、はとりは 今、利太を思って泣いていたと 話しました。 「自分の気持ちがわからない・」 それでも弘光くんは、 その気持ちごと、 すべてのはとりを 受け止めるといい 「だから、俺を選びなよっ」て。 これはだめだぁ。 いい男過ぎる。 利太は、安達の 行動を徹底的に邪魔すると 決めて、 安達を追い回します。 安達の男に殴られても。 はとりは、バレンタインデーに 弘光と会うことに。 バレンタインは弘光くんの誕生日。 利太はいつも私を地こくに落とし・ そして・・弘光くんは、 いつも私を、助けてくれる。 そうだ! 弘光くんの気持ちに応えよう・・。 はとりはそう決めます。 利太はまだ安達を追いかけます。 彼氏にボコボコにされても。 利太は、 「安達がそんな風だと、 責任感じて、はとりに向き合えない。 はとりが好きなのに、はとりの ところにいけないんだ。 」 「お前のためじゃなく、 自分の為に、お前の幸せを見届ける!」 カッコイイ! 利太カッコイイ。 利太も真面目でいい人です。 はとりは、弘光くんと一緒に食事をし 観覧車に。 利太とお別れするつもりでいたが、 結局、弘光くんに 「ごめんなさい」と頭を下げる。 やっぱり、弘光くんには戻れないと・。 そして、最後 はとりと別れた弘光くんは 「あ~あ、行っちゃった」と つぶやき。 涙を流します・・。 これ、感動! やばい。 もらい泣きしそうです。 本当に好きだったんだろうね。 弘光くん!頑張ってたから。 学校に行くと、 利太の顔は、傷だらけ。 安達の為に、殴られてるんだと、 勘違いしている はとりは悲しげ。 でも、一人で生きていけるように 頑張ろう!と気合を入れる。 成長です。 はとりちゃん。 利太が安達に気があると 勘違いしている はとりは、 一人で頑張ろうとするが、 利太に言われた 「とことんくらいつけよ。 それがお前なんじゃねーの」 っていう言葉が、 頭をよぎり、利太を探します。 利太と安達が一緒に歩いてる ところで、 「わたしは、利太が好き、 大好き」とはとりは、叫びます。 安達は、携帯に入っている 男の住所登録を消して 利太に、 「幸せは ちゃんと自分の力で 掴むから」 と笑顔でその場をさります。 はとりが、利太に 「行かないで」と抱き付きます。 やっぱり利太かぁ。 弘光くんよかったけどなぁ。 私(笑) ちょっと、物分かりが良すぎるかぁ。 見てて楽しい本でしたね。 映画化されるみたいですが、 楽しみですね~。

次の

映画『ヒロイン失格』感想”予想外に大爆笑ww胸キュンは不可避”

ヒロイン失格 ネタバレ

映画『ヒロイン失格』結末までのネタバレあらすじ〜気づいた利太〜 気が乗らないはとりだったが、 利太ははとりと弘光の関係にやきもちを焼いている模様。 利太ははとりに『好きでもない相手と付き合うな』と告げ、 弘光は美帆とつきあっている利太こそ『偽善者』だと言い、 デートは検索なムードになってしまうのだった。 このデートで、 自分がはとりと弘光の仲に嫉妬していることに気づいた利太は 次第にはとりのことを意識するようになっていく・・・ 夏休みに入り、美帆は高校の交換留学制度で海外へ渡った。 利太のヒロインの座を奪い返すには今がチャンス!と燃えるはとりだったが、 杏子らにしばらく会わない夏休みを利用して、 ギャップでヒロインの座に返り咲く作戦を勧められたため、 はとりは利太と会うことを我慢することに。 そうしているうちに 弘光ははとりのことを本気で好きになるようになっていた。 夏休み最後の日、 利太と花火大会にいくチャンスに恵まれたはとりは 自分の本当の気持ちを抑えられなくなった利太にキスされ、 はとりもついに自分の気持ちを利太に告白。 長い間幼なじみだった2人の関係が動き出した瞬間、 スポンサーリンク 映画『ヒロイン失格』では病気を装い、利太を引き止めた美帆できたが、 原作コミックでは自暴自棄になり男遊びを繰り返した挙句、 暴力男に捕まるという別設定で描かれました。 また原作コミックでより多く描かれていたのは、 いい加減だった弘光がはとりを好きになったことで変わっていく様子です。 映画にはない弘光のかなり男前エピソードが数々あることもあり、 原作コミックでは利太よりも弘光派というファンが多いという印象です。 そんな弘光を最終的に選ばなかった結末に納得がいかない!という 観覧者の感想が多く見られるのも、 原作ありのコミックの映画化ならではの現象ですよね。 途中までおもしろかったのにやはり最後が納得いかぬ。 いや少女マンガのセオリーとしては正しいんだけど、弘光くんのがどう考えてもいい男じゃんねー。 同じ少女マンガでもひるなかの流星ぐらいの型破りさが欲しかったわ。 — マ リ カ ー carimrin ヒロイン失格、久しぶりに実写で面白いと思ったから観て欲しい ノリがよかった、ノリが でも、ラストに納得いかない人はいっぱいいると思う だから、見終わったあとで一息ついてから、大声で、りたのクズ野郎って叫んで欲しい — のぐ松パレード 君の名は。 余韻… bokuzero0513 そんな感想に果たして共感できるのか、 それとも利太とはとりのハッピーエンドを素直に祝福したい気持ちになるのか、 映画『ヒロイン失格』を観たあとは 原作コミックの方もぜひ読んでいただくことをおすすめしたいです!.

次の

『ヒロイン失格』漫画の最終回ネタバレひどい!失格さあどうなる!?

ヒロイン失格 ネタバレ

「ヒロイン失格」10巻 ネタバレ はとりは部屋で利太との思い出を整理 していました。 そんな時、現れたのは 弘光くんです。 「俺にもう一度チャンスをくれませんか?」 はとりに弘光くんはいいます。 しかし、はとりは 今、利太を思って泣いていたと 話しました。 「自分の気持ちがわからない・」 それでも弘光くんは、 その気持ちごと、 すべてのはとりを 受け止めるといい 「だから、俺を選びなよっ」て。 これはだめだぁ。 いい男過ぎる。 利太は、安達の 行動を徹底的に邪魔すると 決めて、 安達を追い回します。 安達の男に殴られても。 はとりは、バレンタインデーに 弘光と会うことに。 バレンタインは弘光くんの誕生日。 利太はいつも私を地こくに落とし・ そして・・弘光くんは、 いつも私を、助けてくれる。 そうだ! 弘光くんの気持ちに応えよう・・。 はとりはそう決めます。 利太はまだ安達を追いかけます。 彼氏にボコボコにされても。 利太は、 「安達がそんな風だと、 責任感じて、はとりに向き合えない。 はとりが好きなのに、はとりの ところにいけないんだ。 」 「お前のためじゃなく、 自分の為に、お前の幸せを見届ける!」 カッコイイ! 利太カッコイイ。 利太も真面目でいい人です。 はとりは、弘光くんと一緒に食事をし 観覧車に。 利太とお別れするつもりでいたが、 結局、弘光くんに 「ごめんなさい」と頭を下げる。 やっぱり、弘光くんには戻れないと・。 そして、最後 はとりと別れた弘光くんは 「あ~あ、行っちゃった」と つぶやき。 涙を流します・・。 これ、感動! やばい。 もらい泣きしそうです。 本当に好きだったんだろうね。 弘光くん!頑張ってたから。 学校に行くと、 利太の顔は、傷だらけ。 安達の為に、殴られてるんだと、 勘違いしている はとりは悲しげ。 でも、一人で生きていけるように 頑張ろう!と気合を入れる。 成長です。 はとりちゃん。 利太が安達に気があると 勘違いしている はとりは、 一人で頑張ろうとするが、 利太に言われた 「とことんくらいつけよ。 それがお前なんじゃねーの」 っていう言葉が、 頭をよぎり、利太を探します。 利太と安達が一緒に歩いてる ところで、 「わたしは、利太が好き、 大好き」とはとりは、叫びます。 安達は、携帯に入っている 男の住所登録を消して 利太に、 「幸せは ちゃんと自分の力で 掴むから」 と笑顔でその場をさります。 はとりが、利太に 「行かないで」と抱き付きます。 やっぱり利太かぁ。 弘光くんよかったけどなぁ。 私(笑) ちょっと、物分かりが良すぎるかぁ。 見てて楽しい本でしたね。 映画化されるみたいですが、 楽しみですね~。

次の