吉川 晃司 主演 ドラマ。 赤楚衛二、吉川晃司主演ドラマにゲスト出演「魅了されました」水沢林太郎&長田成哉も登場

吉川晃司、主演ドラマ『探偵・由利麟太郎』のメイン&エンディングテーマを自ら書き下ろし 配信限定シングルとしてリリースへ

吉川 晃司 主演 ドラマ

カンテレ・フジテレビ系にて6月16日より放送がスタートする吉川晃司主演の連続ドラマ『探偵・由利麟太郎』に、赤楚衛二、水沢林太郎、長田成哉が出演することが発表された。 本作は、『金田一耕助』シリーズで知られる横溝正史が世に送り出した、戦後初の本格長編小説『蝶々殺人事件』を含む『由利麟太郎』シリーズを初めて連続ドラマ化するホラーミステリー。 京都を舞台に、おどろおどろしい奇怪な世界を現代風に新解釈して描く。 地上波連続ドラマ初主演を務める吉川が演じるのは、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ、白髪の名探偵・由利麟太郎。 そして、そんな由利を敬愛し、助手としてバディーを組むミステリー作家志望の青年・三津木俊助を、志尊淳が演じる。 6月23日放送の第2話「憑かれた女」に登場する、青年実業家・五月翔太を演じるのは、赤楚。 祇園のクラブ「マダム・シルク」の常連客で、水上京香演じるクラブのホステス・吉岡エマの恋人だ。 弱った恋人を救おうと必死になる男気溢れる五月を演じる赤楚は、『仮面ライダービルド』(2017年〜2018年/テレビ朝日系)で仮面ライダークローズ役で注目を浴びる。 今年も映画『映像研には手を出すな!』や『思い、思われ、ふり、ふられ』などの公開を控えている。 赤楚は、かつて、自身の父親と一緒に吉川のライブ映像を見ていたそうで、「ご一緒させていただけてとてもうれしかった」と吉川との共演を喜び、「愚直な愛を持って演じさせていただきましたので、そこを見ていただけたら」と、ドラマをアピールした。 7月7日放送の第4話、7月14日放送の第5話と2週にわたって放送される最終章「マーダー・バタフライ」に登場する、青年・雨宮順平を演じるのは、水沢。 高岡早紀演じるオペラ界のスター歌手・原さくら率いる音楽団を陰で支える裏方で、鈴木一真演じる、さくらのメインマネージャー・土屋恭蔵の助手をしている。 社会人になったばかりでミスも多く、要領が悪いと、上司である土屋に厳しく叱責される役回り。 コントラバスケースの中からバラに包まれたさくらの遺体が発見されたことをきっかけに、吉川演じる由利麟太郎が、奇怪な難事件に挑んでいく。 物語をかき回すキーパーソン・雨宮を演じる水沢は、17歳の現役高校生。 昨年、ドラマ『俺の話は長い』(2019年/日本テレビ系)や映画『ブラック校則』(2019年)など、人気作に出演し、昨年からファッション誌『メンズノンノ』の専属モデルも務めている。 水沢は「僕自身ミステリーが好きで、出たくて、出たくて仕方がなかった」と語り、座長・吉川の印象を「『とんでもないな』と思った」と、その存在感に圧倒されたよう。 また、撮影を振り返り「細かいところまで、すごく力をいれて作られたドラマだなと思いますので、ぜひ注目していただければ」とメッセージを寄せた。 6月16日の初回放送「花髑髏」には、呪われた一族、日下家の長男・日下瑛一役で、長田が登場する。 新川優愛演じるイラストレーター・日下瑠璃子とは血のつながらない兄妹。 養女である妹を女性として愛し、結婚を希望するが、父親である遺伝子研究者・日下瑛造に結婚をひどく反対され大げんかに。 その後、日下が何者かに殺害されたため、容疑者となる。 以来、連続テレビ小説『てっぱん』(2010年〜2011年/NHK)で、ヒロインの相手役を演じ注目を浴び、『科捜研の女』(2011年〜2016年/テレビ朝日系)など、話題作に相次ぎ出演する。 コメント 赤楚衛二 今回出演させていただくことが決まり、以前父親とよく吉川晃司さんのLIVE映像を拝見させていただいていたので、ご一緒させていただけてとても嬉しかったです。 吉川晃司さんのストイックさ、立ち居振る舞い、プロフェッショナルさ、全てがすてきで魅了されました。 僕が演じる五月は、エマに対する愛だけは真っすぐな気持ちも持っていて、救いたいが故に、道を外してしまう役どころです。 愚直な愛を持って演じさせていただきましたので、そこを見ていただけたらなと思います。 水沢林太郎 最初聞いたとき、ミステリー作品に出演できる!と大喜びでした。 僕自身ミステリーが好きで、出たくて、出たくて仕方がなかったので、今回出演させていただけて、とてもうれしかったです。 吉川さんに、実際お会いしてみて、あの存在感にまず、『とんでもないな』と思いました。 背中がとても大きくて、あんなに大きな背中を見たのは初めてです。 撮影を振り返ると、細かいところまで、すごく力をいれて作られたドラマだなと思いますので、ぜひ注目していただければと思います。 長田成哉 今回お話をいただいて、台本を読んだ時に挑戦した事のない「粘着質」な役だなという印象でワクワクしました! 由利役の吉川晃司さんにごあいさつした時は、カッコ良すぎて…「あんなロングコートの似合う方が日本に居るんだ!」と、控え室で一人思っていました。 1話からヘビーな内容のゲストで出させていただき光栄です。 この作品独自のミステリアスな雰囲気をぜひお楽しみください。

次の

吉川晃司主演ドラマ『探偵・由利麟太郎』に赤楚衛二、水沢林太郎、長田成哉が出演|Real Sound|リアルサウンド 映画部

吉川 晃司 主演 ドラマ

吉川晃司が主演を務めるドラマ『探偵・由利麟太郎』が、6月16日(火)よりカンテレ・フジテレビ系で放送される。 『探偵・由利麟太郎』は、横溝正史の「由利麟太郎」シリーズを初めて連続ドラマ化したホラーミステリー作品だ。 吉川晃司は元警視庁捜査一課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎を演じ、その助手を務めるミステリー作家志望の青年・三津木俊助役で志尊淳が出演する。 吉川が地上波連続ドラマで主演を務めるのはこれが初となる。 『影の軍団 幕末編』を共に制作した東映京都撮影所と再タッグを組み、プロデューサー、監督を含め、関西の制作スタッフが集結した。 すでに全撮影は終了しているそうで、吉川晃司は「ちょっと不思議な手触りの作品になっていると思うので、楽しみにしていてください」とコメントを寄せている。 そもそも、普通のドラマをやるのなら、僕には声を掛けないでしょう(笑)。 変わったこと、攻めたことをやりたいというプロデューサーや監督の想いを感じました。 伝統ある東映京都撮影所を拠点として、職人技を持った太秦のスタッフの方々と一緒に、映画のようなスケールとこだわりで撮影できたことに、手応えを感じています。 由利は、心の奥底に深い孤独を抱えながら、人生をさすらっている男。 セリフよりも、横顔や後ろ姿で、彼の生きざまを醸せればと思いながら演じました。 助手の俊助を演じている(志尊)淳はとても勘が良く、頭の回転も速い。 由利との関係性もうまく出ているんじゃないでしょうか。 セリフの量では淳が主役です(笑)。 ちょっと不思議な手触りの作品になっていると思うので、楽しみにしていてください。 ミュージシャンとしてのパフォーマンスはもちろんのこと、一人の人間としても、なんてかっこいいんだろう、ついていきたいと感じていた僕の気持ちと、由利麟太郎先生についていきたいと思う三津木くんの気持ちがリンクしているように感じました。 そんな二人の色濃く、コミカルなバディーが、いろんな角度から事件の謎を解決していきます。 撮影を経て、僕と吉川さんの距離が縮まったのと同じように、どんどん近くなっていく由利先生と三津木くんのバディー感もお楽しみに。 白髪の紳士という設定もありますが、由利の冷静沈着でクールに事件を解決する姿は、吉川晃司さんという唯一無二の存在でしか表現できないものがあると感じお願いしました。

次の

吉川晃司が探偵役の主演ドラマに田辺誠一、TKO木本、どんぐりら/芸能/デイリースポーツ online

吉川 晃司 主演 ドラマ

自身が主演する連続ドラマ『探偵・由利麟太郎』のテーマ曲も担当する吉川晃司 歌手で俳優のが、16日からカンテレ・フジテレビ系でスタートする自身主演の5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(毎週火曜 後9:00)のために、メインテーマ「Brave Arrow」、エンディングテーマ「焚き火」の2曲を書き下ろしたことが明らかになった。 「Brave Arrow」はインストゥルメンタル曲。 「焚き火」は自身初の試みとして、ほぼ全編スキャットに挑戦した。 吉川が地上波連続ドラマ初主演を務める本作は、金田一耕助シリーズで知られる横溝正史による戦後初の本格長編小説『蝶々殺人事件』を含む『由利麟太郎』シリーズ初の連続ドラマ作品。 吉川は元警視庁捜査一課長の経歴を持つ白髪の名探偵、由利麟太郎を演じる。 メインテーマ「Brave Arrow」は、サスペンス調のインスト楽曲でドラマのホラー/ミステリー感を表現。 硬質なギターと妖しいドブロギターの音色が印象的で、不穏な空気と哀愁が混ざり合ってミステリアス感を増幅させる。 ならば矢がいいんじゃないか」と、「矢=Arrow」をキーワードとして使用した。 一方のエンディングテーマ「焚き火」は、カントリー&ウエスタン調の楽曲で由利の孤高感を表現する。 歌詞はわずか2行で、ほぼ全編スキャットは自身初の試み。 吉川は「当初からスキャットでいきたい、歌詞はほとんどいらないなと思っていたんですよ。 スキャットは自分のスタジオでデモテープを録ったときに、ラフに歌ったままのものなんです」と説明。 「スタジオできっちり歌ったら、あの雰囲気は出せませんから。 イメージとしては由利麟太郎が歌っている感じです」と意図を明かす。 「Brave Arrow/焚き火」は配信限定シングルとして、ドラマ初回放送の16日にリリースされる。 映像作品にプラスの要素をもたらす楽曲でなければ、本末転倒ですから。 そこに吉川晃司のイメージは必要ない。 あくまでもイメージしていたのは由利麟太郎。 ドラマを制作されている方がイメージしている理想の曲の延長線上で、できることならばよりパワーアップできるようにと務めました。 ——「Brave Arrow」と「焚き火」はどんな流れで制作が進行したのでしょうか? 脚本家の方も含めて制作チームと話している時に出てきたイメージがカントリー&ウエスタンでした。 そのイメージに沿って、「焚き火」を作り、おおよそ完成してから「焚き火」を展開して広げていって、「Brave Arrow」を作りました。 「焚き火」は都会という荒野をさまようカウボーイのイメージです。 日が暮れてきて火を焚いて、獲ってきた獲物を火で焼きながら、ウイスキーで体を温めているという。 由利麟太郎自身がどこか都会をさまよっているというイメージがあったので、こういう歌になりました。 歌詞についてはどのように考えていたのですか? 当初からスキャットでいきたい、歌詞はほとんどいらないなと思っていたんですよ。 作詞家の松井五郎さんにも「ほぼスキャットでいきたい」という矛盾したお願いをしました。 松井さんが用意してくださった中で使ったのは2行だけだったんですが、2行ですべてを言い尽くしていると感じました。 スキャットは自分のスタジオでデモテープを録った時にラフに歌ったままのものなんです。 スタジオできっちり歌ったら、あの雰囲気は出せませんから。 イメージとしては由利麟太郎が歌っている感じです。

次の