郵便局 お盆休み。 坂郵便局 (広島県)

郵便局の2020年のお盆休み期間はいつ?窓口・ATM・配達の営業について調査

郵便局 お盆休み

2020年お盆休みの郵便局の窓口営業日程 小さい郵便局の営業は、土曜日・日曜日・祝日はお休みになります。 街の中心にある 大きな郵便局は営業していますので郵便物やゆうパックなどの発送や受け取りが可能です。 大きな郵便局というのは、地域の中継地点になっていて大きなトラックが止まる駐車場があるのが特徴です。 また、日曜日、祝日で通常窓口がお休みになっていても「ゆうゆう窓口」が併設してありますのでそこで利用ができます。 局によっては早朝や夜間も営業しているので便利です。 お盆休み期間の大きな郵便局の営業日程 8月8日 (土)大きな郵便局のみ郵便窓口営業あり。 8月9日 (日)ゆうゆう窓口対応、一部にて窓口営業あり。 8月10日 (月)山の日(祝) ゆうゆう窓口対応、一部にて窓口営業あり。 8月11日(火)通常営業:小さい郵便局も営業 8月12日(水)通常営業:小さい郵便局も営業 8月13日(木)通常営業:小さい郵便局も営業 8月14日(金)通常営業:小さい郵便局も営業 8月15日 (土)大きな郵便局のみ郵便窓口営業あり。 8月16日 (日)ゆうゆう窓口対応、一部にて窓口営業あり。 8月17日(月)通常営業:小さい郵便局も営業 お盆期間でも郵便局窓口が営業していることが多いので普段できない手続きが可能です。 例えば、ゆうちょ銀行通帳を新しく更新することができます。 営業時間や対応内容については、地域の局によって異なりますので詳しくは、下記の郵便局WEBサイトから検索できます。 スマホ対応版。 2020年お盆休み期間の郵便配達日程 平日と土曜日以外は、 普通郵便は配達休止になりますが速達、 レターパック、ゆうパック、書留など急ぐ郵便物については配達されます。 8月8日 (土)通常配達 8月9日 (日)普通郵便は配達休止。 急ぎの郵便物は配達されます。 8月10日 (月)山の日(祝) 普通郵便は配達休止。 急ぎの郵便物は配達されます。 8月11日(火)通常配達 8月12日(水)通常配達 8月13日(木)通常配達 8月14日(金)通常配達 8月15日 (土)通常配達 8月16日 (日)普通郵便は配達休止。 急ぎの郵便物は配達されます。 8月17日(月)通常配達 2020年お盆期間のATM利用 日曜日と祝日は、 小さい郵便局でのゆうちょ銀行ATMはお休みです。 街の大きな郵便局に行って利用ができます。 日曜日と休日もゆうちょ銀行ATMが利用できる郵便局の<公式> また、コンビニの一部のファミリーマートでもゆうちょ銀行専用ATMが設置してありますので使えます。 ファミマのイーネットを利用する際は、手数料の条件がありますので注意しましょう。 関連記事: お盆期間も快適に郵便局を利用しましょう。 【関連記事】 ・.

次の

郵便局ってお盆休みありますか?

郵便局 お盆休み

郵便局内でのバイト 長期 をしていました。 お局と呼ばれる長く働いているオバサンがいて 周りの社員も何もできず好き放題しています。 いい大人が、寄ってたかって 無視、陰で悪口を散々言われ、仕事も教えてもらえず とても雰囲気の悪い環境でした。 上司にも相談しましたが、皆見て見ぬふりです。 次第に居場所がなくなりました。 こんなところで、頑張る意味がなくなりました。 周りを見れば、年齢層が高く、 郵便局に未来はないと思いました。 長期や、年末の短期のバイトも含めて バイトって、基本近所の人が応募し採用されると思います。 バイトを辞めればただのお客さんになるわけです。 内情を知ってしまうと、本当にガッカリで 今は近寄りたくない、利用しない、 かんぽ生命などの不祥事も納得ですし、 郵便局が嫌いになりました。 地方政令指定都市の郵便局で働いていました。 仕事は内務(仕分けやコールセンター)と外務(配達)に分かれますが、私は内務を担当しました。 主に小包、小型郵便、大型郵便の仕分け、パソコンでの入力です。 時期によって仕事量の増減が激しく、年末とお歳暮の一ヶ月程度は殺人的に忙しくなります。 残業できる人はやる、という感じです。 その反面、時間がたつのも早いですし、それ以外は割とのほほんと仕分けしていました。 福利厚生は非常にマトモです。 これはどの局も同じだと思います。 もともと公務員でしたから、このあたり上から非常にうるさく言われるようです。 働いた時間によって有給とボーナスがでます。 法律上の条件に合えば社保にも入れます。 シフトも事前に伝えておけば希望通りになりました。 時給は割と調子よく上がっていきますが(限度はあります) 何かやらかしたり、局の都合だったりで上がらないことはありえます。 年賀や歳暮など、一応「ノルマはない」となっていますが、 親友や友人にでもある程度営業すれば喜んでもらえます。 バイトとは言え、働かせてもらってる身分なので誠意は見せたほうが関係性は良くなります。 自社の商品を営業するって当然っちゃ当然ですしね。 人間関係についてですが、日本郵便株式会社は20万人近くの人が働く超巨大企業です。 10代から定年後の方まで、男女問わず様々な人が働いています。 短期でサポートのバイトさんも来られるので素性は本当にバラバラです。 学生、主婦、たまに既婚者、長いこと無職の人、放浪の人、辞めてまた入ってきた人 起業しようとしてる人、喋る人、静かな人、面白い人、怖い人、何考えてるかわからない人、入ってきたと思ったらもういない人 もう、すべてそろっていると言っても過言ではありません笑 なので良いことも悪いことも人間関係が理由になることが多い印象です。 ウチの部署は人間関係が良く、社員と談笑したり、バイト仲間と飲みに行くこともありました。 「学校の飲みがつまらないのでこっちに来ました!」とか言う子もいましたよ。 結局人間関係が良ければ仕事すら楽しくなりますし、悪ければ億劫になります。 たまにおかしなこと言われたり、物量が増えて局全体がピリつくことはりましたが 運と時期によりけりでしょう。 仕事そのものがめちゃくちゃ辛いということはないと思います。 これまでやってきた他のバイトと比べても 良くも悪くも、常識的なものでした。 それと郵便局ブランドは何かと便利です。 「お仕事は?」と聞かれて「郵便局です」の一言で色々とまとまります。 最後に 入社したばかりでも、こういう人は好かれます。 どこも一緒でしょうけどね。 健闘を祈ります。 年末年始のアルバイトで、「年賀状の区分」「年賀ハガキの販売」 「普通郵便、年賀状の戸立て(郵便物をその地区の家が並ぶ順番に纏める)」 をした事があります。 忙しかったですが「戸立て」以外は 周囲の人間関係にも恵まれ、楽しく働けました。 時間帯にもよりますが女性が多く、 また何年も続けて採用されてる方も大勢います。 私が配属された部署はどこの局員さんもとても親切でした。 ただ、先に述べた通り、「女性、しかもベテランアルバイトが多い」ので 局員さんと顔見知りで、新人を見下すタイプの方は絶対いました。 「区分」はざっくり数名ずつの班に分けられて 黙々と葉書を住所別に区切られた箱に入れる作業なので、 然程そういう人材からの害は受けないです。 ですが「販売」と「戸立て」は二人でペアになる事があります。 「戸立て」は11月から仕事が始まり、年賀ハガキの投函が始まる 年末年始は特に忙しく、土日祝日、希望日、 特に年末年始は休みが取れないと思って下さい。 また、年賀状の時期は普通に延長あります。 9時~19時とか普通に言われます(休憩はあるけど勿論残業手当はないです)。 面接の際に希望勤務時間を伝えていて、一応聞いては貰ってましたが 非情に居心地悪かったです。 初めての場合、「同じ班に配属される相手(大体二人)」 「配属先の社員」次第で、忙しくもやりがいを感じて働けるか 忙しくて心を痛めて働くか、ということが大きく変わってきます。 因みに私は後者でした…。 十数年前のまだ学生時代から、お馴染みの年末年始のアルバイトを何度か(何年も続けてではないですが、近年までで5回ほど)、臨時職員を一年ほどしました。 年賀状や郵便物の仕分け(地区毎に分ける仕事)や販売をした、「郵便課」はよかったけど、二度ほど年末の「配送課」(地区毎や個人宅毎に分ける)はもう懲り懲りです…。 他の方がおっしゃる通り、マニュアルはなく、しかも配属された部や班だけではなく、局員個人によって郵便物の纏め方など、作業手順が違ったりします。 通常郵便よりも、年賀状の投函が始まった頃からが大変で、個人的な感想、体験になりますが、二度ほど採用された時の二度とも、何度も続けて採用されたベテランで我の強いタイプのバイトさんと組まされた為、「郵政の会社自体が指導してる仕事の仕方」、「局員其々の仕方」、「ベテランのやり方」の板どころか壁に挟まれ大変でした。

次の

お盆休み2019期間いつからいつまで?役所・銀行・病院・郵便局│海外通販のトリセツ

郵便局 お盆休み

郵便局内でのバイト 長期 をしていました。 お局と呼ばれる長く働いているオバサンがいて 周りの社員も何もできず好き放題しています。 いい大人が、寄ってたかって 無視、陰で悪口を散々言われ、仕事も教えてもらえず とても雰囲気の悪い環境でした。 上司にも相談しましたが、皆見て見ぬふりです。 次第に居場所がなくなりました。 こんなところで、頑張る意味がなくなりました。 周りを見れば、年齢層が高く、 郵便局に未来はないと思いました。 長期や、年末の短期のバイトも含めて バイトって、基本近所の人が応募し採用されると思います。 バイトを辞めればただのお客さんになるわけです。 内情を知ってしまうと、本当にガッカリで 今は近寄りたくない、利用しない、 かんぽ生命などの不祥事も納得ですし、 郵便局が嫌いになりました。 地方政令指定都市の郵便局で働いていました。 仕事は内務(仕分けやコールセンター)と外務(配達)に分かれますが、私は内務を担当しました。 主に小包、小型郵便、大型郵便の仕分け、パソコンでの入力です。 時期によって仕事量の増減が激しく、年末とお歳暮の一ヶ月程度は殺人的に忙しくなります。 残業できる人はやる、という感じです。 その反面、時間がたつのも早いですし、それ以外は割とのほほんと仕分けしていました。 福利厚生は非常にマトモです。 これはどの局も同じだと思います。 もともと公務員でしたから、このあたり上から非常にうるさく言われるようです。 働いた時間によって有給とボーナスがでます。 法律上の条件に合えば社保にも入れます。 シフトも事前に伝えておけば希望通りになりました。 時給は割と調子よく上がっていきますが(限度はあります) 何かやらかしたり、局の都合だったりで上がらないことはありえます。 年賀や歳暮など、一応「ノルマはない」となっていますが、 親友や友人にでもある程度営業すれば喜んでもらえます。 バイトとは言え、働かせてもらってる身分なので誠意は見せたほうが関係性は良くなります。 自社の商品を営業するって当然っちゃ当然ですしね。 人間関係についてですが、日本郵便株式会社は20万人近くの人が働く超巨大企業です。 10代から定年後の方まで、男女問わず様々な人が働いています。 短期でサポートのバイトさんも来られるので素性は本当にバラバラです。 学生、主婦、たまに既婚者、長いこと無職の人、放浪の人、辞めてまた入ってきた人 起業しようとしてる人、喋る人、静かな人、面白い人、怖い人、何考えてるかわからない人、入ってきたと思ったらもういない人 もう、すべてそろっていると言っても過言ではありません笑 なので良いことも悪いことも人間関係が理由になることが多い印象です。 ウチの部署は人間関係が良く、社員と談笑したり、バイト仲間と飲みに行くこともありました。 「学校の飲みがつまらないのでこっちに来ました!」とか言う子もいましたよ。 結局人間関係が良ければ仕事すら楽しくなりますし、悪ければ億劫になります。 たまにおかしなこと言われたり、物量が増えて局全体がピリつくことはりましたが 運と時期によりけりでしょう。 仕事そのものがめちゃくちゃ辛いということはないと思います。 これまでやってきた他のバイトと比べても 良くも悪くも、常識的なものでした。 それと郵便局ブランドは何かと便利です。 「お仕事は?」と聞かれて「郵便局です」の一言で色々とまとまります。 最後に 入社したばかりでも、こういう人は好かれます。 どこも一緒でしょうけどね。 健闘を祈ります。 年末年始のアルバイトで、「年賀状の区分」「年賀ハガキの販売」 「普通郵便、年賀状の戸立て(郵便物をその地区の家が並ぶ順番に纏める)」 をした事があります。 忙しかったですが「戸立て」以外は 周囲の人間関係にも恵まれ、楽しく働けました。 時間帯にもよりますが女性が多く、 また何年も続けて採用されてる方も大勢います。 私が配属された部署はどこの局員さんもとても親切でした。 ただ、先に述べた通り、「女性、しかもベテランアルバイトが多い」ので 局員さんと顔見知りで、新人を見下すタイプの方は絶対いました。 「区分」はざっくり数名ずつの班に分けられて 黙々と葉書を住所別に区切られた箱に入れる作業なので、 然程そういう人材からの害は受けないです。 ですが「販売」と「戸立て」は二人でペアになる事があります。 「戸立て」は11月から仕事が始まり、年賀ハガキの投函が始まる 年末年始は特に忙しく、土日祝日、希望日、 特に年末年始は休みが取れないと思って下さい。 また、年賀状の時期は普通に延長あります。 9時~19時とか普通に言われます(休憩はあるけど勿論残業手当はないです)。 面接の際に希望勤務時間を伝えていて、一応聞いては貰ってましたが 非情に居心地悪かったです。 初めての場合、「同じ班に配属される相手(大体二人)」 「配属先の社員」次第で、忙しくもやりがいを感じて働けるか 忙しくて心を痛めて働くか、ということが大きく変わってきます。 因みに私は後者でした…。 十数年前のまだ学生時代から、お馴染みの年末年始のアルバイトを何度か(何年も続けてではないですが、近年までで5回ほど)、臨時職員を一年ほどしました。 年賀状や郵便物の仕分け(地区毎に分ける仕事)や販売をした、「郵便課」はよかったけど、二度ほど年末の「配送課」(地区毎や個人宅毎に分ける)はもう懲り懲りです…。 他の方がおっしゃる通り、マニュアルはなく、しかも配属された部や班だけではなく、局員個人によって郵便物の纏め方など、作業手順が違ったりします。 通常郵便よりも、年賀状の投函が始まった頃からが大変で、個人的な感想、体験になりますが、二度ほど採用された時の二度とも、何度も続けて採用されたベテランで我の強いタイプのバイトさんと組まされた為、「郵政の会社自体が指導してる仕事の仕方」、「局員其々の仕方」、「ベテランのやり方」の板どころか壁に挟まれ大変でした。

次の