アダム ヴァイス ハウプト。 アダム・ヴァイスハウプト 用語解説

アダム・ヴァイスハウプト(戦姫絶唱シンフォギア)とは (ゼンラノオッサンとは) [単語記事]

アダム ヴァイス ハウプト

生涯 1659年4月15日、で生まれた。 、、、で学んだ後、外交畑に進もうとしたが、やがて興味を失った。 彼は軍人の道を歩むようになり、に加わってに参戦、の軍勢に加わってに参戦した。 1697年、スウェーデンに帰国した。 が勃発すると、新しく編成された歩兵連隊の指揮官に任命された。 国王が対との戦役に明け暮れる中、レーヴェンハウプトはバルト地域で対の戦役に参戦、ロシアに勝利した数少ないスウェーデン軍人の1人となった。 1705年、 ()で勝利、リガ知事に任命された。 1708年、カール12世のロシア侵攻軍を支援すべく、レーヴェンハウプトは補給部隊を率いて東進するよう命じられた。 これによりが生起するが、レーヴェンハウプトは敗北、補給の放棄を余儀なくされた。 翌1709年にカール12世と合流すると、と ()で歩兵の指揮を命じられたが、レーヴェンハウプトはペレヴォロチュナで降伏、以降ロシアで捕虜生活を送った。 1719年2月12日、で死去した。 ; Thurston, H. ; Colby, F. , eds. 1905. 1st ed. New York: Dodd, Mead. 2011年1月18日閲覧。 He was the son of Count Ludwig Wierich Lewenhaupt, a major-general, and Countess Charlotta Susanna Maria of Hohenlohe and Gleichen. Until the beginning of his military career he attended Lund University 1671 , Uppsala University 1675 and Rostock University 1680.

次の

アダム・ヴァイスハウプト(戦姫絶唱シンフォギア)とは (ゼンラノオッサンとは) [単語記事]

アダム ヴァイス ハウプト

を練成するんだ。 決まってるだろう? だからね、たちは とは、・に登場するのである。 : 概要を錬成するんだ。 決まってるだろう?錬金術師だからね、僕たちはッ! を構成するたちの頂点に君臨する統制。 自身もまた高位のであり、 構成員たちが行使するのすべてを同等以上に使いこなせる。 結社内の一部からは、 「ただの美形」と囁かれるほどに対してのがの究極。 さらに、組織の上として驚くほどである。 それでもをかにえる魔を備え、 高位の達人として数多くのたちをずくで統べている。 結社創設時よりの統制であり、その実年齢は不詳とされる物。 らにを破られた直後の達の前(上)に然と現れ、 「登場々に になり」「で常温下のを行いツン 推定10万t のを で地上に特大の火球をぶちこみ」「 のまま2つのを手にしてをあげる」という衝撃のを飾った。 尚、この一連の流れは4話ED後のでもきっちりにされていた。 「 恥じらいを焼却して惜しげもく抜したよ」 彼の使用した「錬成」は使用に当たって膨大な魔を必要とし、その対価として得られるのは上記の通り僅かなのみという、本来の意味においては・最悪のと言える代物である。 そのため、彼は専らを錬成する的ではなく破壊のためのキメ技として扱っており、作中でも鳴を跡形もなく吹き飛ばす恐るべき威を見せている。 錬成により作られた僅かなを見て 「ビチか!安い物だな、命の価値は」と発言しており、とは 以外にも大きなの違いがあることがえる。 また、に対して2人のどちらかを生け贄とげるよう迫るなどかなり悪辣な人物であり、からは「人でなし」と謗られている。 その的は、人智をえた「の」を錬成し行使すること。 の裏に潜み、自らの理想のため長きに渡ってのを追いめてきた。 を多用した独特な喋り方をする。 ヨナルデパズを粉砕したの一撃についてニズムを解明する必要があると述べるに対し、「用だよ、理由の解明は。 に壊せば解決だ、をね」と言い放つなど、の割に思考である(これについて詳しくは後述する)。 の解説によれば、としては究極でありながら自身の持つ圧倒的な魔により組織をづくで統率してきたというがあり、こうした発言も自らのに裏付けられた自信の表れであると考えられる。 正体 ここから先は、Z終盤の成分を含んでいます。 未見の方はご注意ください。 そうとも、人でなしさ、僕は。 何しろ人ですらないのだから… その正体は、 先史文明期以前に造られた 、すなわちのであった。 は造物がめた機・性をり備え「全としていた」反面、それ以外の一切と合切を備えていなかったため、造物はそれ以上の発展性がないと判断。 への正式採用を見送った上で棄処分が為される予定であったが、彼は自ら縛鎖を解き放って逃亡し、そのままの裏側に身を潜めていた。 がのをめたのは、自らを打ち棄てた造物への憎から、正式採用された不全な群体(種)をえ、さらには造物へと並び立とうと思い至ったためである。 既に全としているが故、造物へと至る新たなや方策を構築できないであったが、それも自身が束ねるのたちに任せることで補填してきた。 が造物へと至るべく利用してきた全ては、かの研鑽の果てに敷かれた「」だったのだ。 知られたくなかった、人形だと…見せたくなかった、こんな姿を…ッ! を依代としてからのを顕現させ、自らの意のままに動く「ディン・ウェ」として運用しようと論んだであったが、の揮による「遮断」を受け計画変更を余儀なくされる(この際、ですらないの予期せぬ抵抗にはを抜かしかけていた)。 自らの有する膨大な魔を以て強引にの門を抉じ開け、地表ではなく間を巡るを抽出しにわせることで辛うじてのの顕現には成功したものの、その代償としてはの多くを浪費してしまう。 さらに、自身の出不足分を補うためにと当て込んでいたディン・ウェも、のうが有する「」のにより消滅(鳴を任せに破壊したり、ヨナルデパズが敗れた理由をに解明させなかったのは、の存在を気取られぬよう立ち回るためであった)。 野望が潰えたはついに、自身を美形に保ってきた(かなり膨大)を攻撃に配分し、の姿へと変貌する。 それは頭にを戴いたを思わせる、醜悪な化け物の姿であった。 圧倒的なを以てたちを追い詰めていくであったが、土壇場においてのリビルドという思わぬ反撃を受ける。 さらにのアームアのにより、全てののとたちのイシを束ねたのを発現され、そのの前についには。 トディ「アナキ」の降臨が間近であることをめかしつつ、爆散し果てるのであった。 無用だよ、理由の解明は。 シンプルに壊せば解決だ、関連動画をね ビタイチか!安い物だな、コミュニティの価値は 姦しいなぁ相変わらず。 だけど後にしようか、積もる関連項目は•

次の

秘密結社イルミナティ入会講座<初級篇>

アダム ヴァイス ハウプト

【著者紹介】 アダム・ヴァイスハウプト Adam Weishaupt 1748年、南ドイツのインゴルシュタットで生まれる。 1773年、インゴルシュタット大学の教会法の正教授に就任。 1776年、後に「イルミナティ」として有名になる秘密結社を創設。 1808年、バイエルン科学アカデミーの在外会員に任命される。 1830年、ゴータで死去。 【解説者紹介】 副島隆彦 そえじま たかひこ 評論家。 1953年、福岡市生まれ。 早稲田大学法学部卒。 外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授等を歴任。 米国の政治思想、法制度、金融・経済、社会時事、英語研究、映画評論の分野で画期的な業績を展開。 日米の政財官界、シンクタンクなどに独自の情報源を持ち、「民間人国家戦略家」として執筆・講演活動を続ける。 リーマン・ブラザーズの破綻を言い当てるなど、数々の金融・経済予測を的中させ、日本中を驚愕させた。 』 PHP研究所 、『ロスチャイルド200年の栄光と挫折』 日本文芸社 、『陰謀論とは何か』 幻冬舎 、などがある。 【訳者紹介】 芳賀和敏 はが かずとし 北見工業大学准教授。 1954年、仙台市生まれ。 早稲田大学法学部卒 学部 、東京都立大学大学院博士課程満期退学 独文学専攻 、専門分野ドイツ現代文学、現代思想。 具体的にはカント、ヘーゲルからハイデガー、ベンヤミン、アドルノまでのドイツ哲学、とくに美の理論の研究と、パウル・ツェラン、インゲボルク・バッハマン等の文芸作品分析が専門。 共著に『日本全国産業博物館めぐり』 PHP新書、2008 がある。 著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より ヴァイスハウプト,アダム 1748年、南ドイツのインゴルシュタットで生まれる。 1773年、インゴルシュタット大学の教会法の正教授に就任。 1776年、後に「イルミナティ」として有名になる秘密結社を創設。 1954年、仙台市生まれ。 早稲田大学法学部卒 学部 、東京都立大学大学院博士課程満期退学 独文学専攻 、専門分野ドイツ現代文学、現代思想。 1953年、福岡市生まれ。 早稲田大学法学部卒。 外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授等を歴任。 米国の政治思想、法制度、金融・経済、社会時事、英語研究、映画評論の分野で画期的な業績を展開。 日米の政財官界、シンクタンクなどに独自の情報源を持ち、「民間人国家戦略家」として執筆・講演活動を続ける 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 西洋の正統で伝統的な【イルミナティ】のグランドマスターによる、イニシエートたちへの教説本です。 本書は原著"Das Verbesserte System Der Illuminaten"(1787)の抄訳版です。 個人的には本書第4章「神秘主義に傾倒する全ての成員に告ぐ」が興味深い内容でした。 ユダヤ教や新プラトン学派に見られる「流出説」や神についての考察がなされた章です。 世にあるいは陰謀論の世界にて悪く言われる「イルミナティ」ですが、それは本来のイルミナティとは全く別の存在であり、くだんの悪名高い組織は「イルミナティ」を騙る陰謀団=cabalでしかありません。 この認識はあまり広く共有されていないようで、私としては切ない気持ちであります。 ヴァイスハウプトがそのグランドマスターとなった1776年設立とされるイルミナティは実は古来より神秘学校を通じて脈々と存在してきた「善なる」秘密結社です。 「バヴァリアン・イルミナティ」とも、あるいは英語圏では「ピタゴラス派イルミナティ」(Pythagorean Illuminati)とも呼ばれています。 実際に彼らの公式ホームページが存在している程です。 本書はコアな情報が散りばめられています。 とはいえ公教的なコンテンツの範囲内に抑えられているように思います。 いずれにせよ、イルミナティという存在についての正しい認識を読者に促す一冊であると思います。 翻訳された文章も読みやすく格式のあるものです。 ヴァイスハウプト本人の作品25作品の中の1作品が本書です。 抄訳版ではありますが。 他作品へと導かれるには十分に良い足がかり=きっかけとなる一冊です。 自信をもってオススメできます。 ヴァイスハウプトの著作がより多く翻訳されて日の目を見ることを願っています。 この本によれは、世界を裏で動かしているイルミナティーの原典の紹介ということになるのだろうし、副島氏の解説もそのように書かれている。 しかし別の本によれば、このイルミナティーと世界を支配しようとするイルミナティーとは全く別ものであるという。 そもそも「イルミナティー」と名乗る組織は歴史上いくつもあったようだし、歴史の流れの中で、イルミナティとバビロニアとの関連も考えたら、あまりこの本のいうイルミナティーにルーツを求めるのはしっくりこない・・・と、このあたりはどこまで行っても想像の域を出ないわけだけど、自分としては全く別物に思えるし、その方が何かしっくりくる。 本としては、どっちにせよ、「イルミナティー」を知るうえで、興味深い本で、目を通す価値はあると思います。 最近の「陰謀論」に出てきて巷を騒がせているのは「悪い」「イルミナティ」ばかりですが、創設者アダム・ヴァイスハウプトは、教養のある学者で、世界を国家や宗教から解き放ち、もっと良い世界を作ろうと考えた、ということを知るため、この本の翻訳もそれを読むことも意味があると思います。 ヴァイスハウプトは国家や宗教の矛盾を目の当たりにして、その賢い頭で「新しい世界」を夢見、そのための組織として「秘密結社」を作りました。 おどろおどろした世界ではなくて、イルミナティとも関連があると言われる「フリーメイソン」のメンバーでもあったモーツァルトのオペラ「魔笛」のような、理性と友愛が尊ばれる(ただし男だけの)結社です。 素晴らしい理想でした。 現在言われている「イルミナティ」はどこかで道を踏み外してしまったようで、ヴァイスハウプトの理想からは遠く離れてしまったようです。 これからその「悪い」方の本を読む前に、その「原点」を読んでみました。 「抄訳」ではありますが、原典は膨大で、たぶん読んでもわけわからないような箇所もあるので、適切な量と内容に絞って一冊の本にしてくれたことに感謝します。 イルミナティ... 1776年に南ドイツで設立された秘密結社。 本書はアダム・ヴァイスハウプト氏によって編集された、 謂わばイルミナティ入会案内書である。 私などが感想を述べることが、 おこごましく躊躇感を覚える... 稀にみる優賢書である。 おそらく組織の存続性に関しては太古より存在していたと思われるが、 ある時期に、天命的な使命感を帯びた高貴な者達によって、 必然的に復活を遂げ再編成されたのではないか。 その運命性が強固な故、今日まで存続することができたのであろう。 読者は素直な気持ちで本書と向き合う姿勢が必要であり賢明である。 何故なら、本書は人間の本質を述べた書であり、 本質的な事柄とは百年千年経過しようが変わらないのである。 そのことを、本書は現代に生きる我々に伝えてくれる。 2013年... 2世紀にも及ぶ熟成期を経て初翻訳出版に到った。 表紙のフクロウが導く... 必要な者がページを開く... そんな魔導書的な魅力を感じさせてくれる書物である。 統治者にとって、このような洗練された組織は必要不可欠であり、 本書で記載されている教義を理解して実践できる者達がいるとしたら、 独りで百人千人... 数字などでは表せない程の仕事をこなすこと成る。 まさに宝といえる誇れたる優れた人材である。 フリーメイソンとの関連性も指摘されているが、 職人的気質に富んだ者達の集まり... その重要性に熟知していたのであろう。 優れた職人とは、空間密度に変化を与えることができる。 技術的な例を挙げるのであれば、 かつては偽物師であっても本物を凌駕する作品を創作するに至った。 偽物は偽物でしかないが、偽物師の職人的気質に於いては一流であった。 現代に於いては、本物でさえそのような作品が少なくなったことは、 創作者... 即ち人間性の低下を意味する... 大変深刻な問題と言えよう。 統治活動に於いても同様であり、創られた世界に自ずと反映される。 自己の運命性の中で自発的に実行できる者の行為と、 他者からの命令や低レベルな自己愛によって実行する行為では、 創作物に作用する完成度は自ずと差が産まれることになる。 優れた職人ほど、それ相応の題材を必要としている。 職人の重要性に気ずくこと... 彼らは尊重すべき対象なのである。 訳者によると現在のイルミナティ組織は、 18世紀のある時期に超財界人達に乗っ取られたことが記されている。 その真意は到底部外者には察することは適わないが、 そのような経緯に至ったことは、むしろ必然ともいえる。 物事には当事者しか解らぬ、 言いようのない因果関係が付きまとうのである。 本書でアダム・ヴァイスハウプト氏が唱える真意が果たして、 どれだけの人間が理解して実践できたのであろうか? 低レベルな自己愛者には、到底勤まる責務ではない。 そのハードルを越えられる者は、 おそらく宿命を熟知した運命に彩られし者達ではなかろうか。 数多く囁かれる陰謀論的解釈であっても、 上層部の視座に少しでも歩み勤める者は新たな考察を得ることとなる。 人間は自ら率先して行動に勤める者より、他人任せ者の方が多くはないか? おそらく歴史上、多くの指導達はその壁の前で独り問答したことであろう。 自己の身を置く組織であっても、恩を仇で返す輩も少なくない。 この世界... 全体を束ねることは並大抵のことではない。 よって組織の方針に変化が起ったことは必然であり、 時と場合によっては過激な手法も行使しなくてはならない。 太古より連綿と続く時の狭間で生身の実体験を経ること... 失望と挫折の反復性の中でこそ光と闇は交差し遊儀可能となる。 そして人類史に名など残さなくとも確かに存在した、 数多くの偉人達に想いを馳せなくてはならない。 民衆が優しいだけの統治者を望むのであれば、 それは怠情心から産まれる希望... いや、逃避ではなかろうか。 最後に、アダム・ヴァイスハウプト氏が唱える核たる趣旨が全てであろう。 「あらゆる秘密結社は、ひとつの目的へと結合させるものである。 」 我々を取り巻く全体性の中で、メビウスの輪は廻り巡り訪れることとなる。 心の扉ノックされし者達に光あらんことを。 問題:正確なる理解に到達させる手法を述べよ。 まずは、イルミナティ創始者 別の情報源によればイルミナティはもっと古くからあるらしいが による本が翻訳されたことが画期的なので、その点を評価する。 最初にある副島隆彦氏による解説で、イルミナティに対して我々一般人が持っている、「世界制服をもくろむ、おどろおどろしい秘密結社」という認識を覆し、設立当初は正しい目的を持っていたものが後に欧米の権力者達に乗っ取られたのだ、という見解が示される。 この点は、最初は受け入れがたいかもしれないが、本文を読み進めるに連れて「そうかもしれない」と思えるようになる。 別の著者の本でも、イルミナティには正しい目的のものと、巷で理解されている陰謀組織としてのものと二つあると書かれており、本書のイルミナティは正しい目的のイルミナティについての本だと理解してよさそうだ。 全体的に難解な文章であるため、読んで理解するのは苦労するが、いくつか収穫と感じたところがあるので紹介する。 「なぜ秘密結社が必要なのか」という章において、君主による政治と市民政府による政治と秘密結社による政治を比較している。 君主による政治と市民政府による政治では、仮に最初は理想的に行ったとしても、表に見えているために外部からの妨害や攻撃を受けるなどして持続が困難であるのに対し、秘密結社は指導者が誰で、協力者が誰であるかが知られていないため、攻撃を受けることがなく、また、正しい目的のために集まったメンバーであるため、権力欲や金銭欲などによる腐敗も起こらないとしている。 私は現在の民主主義の多数決による不安定で愚民の意見に左右される政治を見るにつけ、賢者による独裁制が望ましいと考えていたが、その実現手段としてヴァイスハウプトは秘密結社が最善だと考えていることが分かったのは収穫だった。 形の上でのリーダーを裏から秘密結社がコントロールする形だろう。 実はこれは現在の世界制服をもくろむ秘密結社が行なっているやり方であり、理想的な統治の手段としての秘密結社を権力者が乗っ取った のが真実とすれば、の話だが のは、当然の成り行きだとも言えるだろう。 読書は道徳性の向上に有効だとして、位階ごとに読むべき推薦図書が挙げられているのも興味深かった。 この辺りを見ても副島氏の見解は正しいのかな、と思えた。 一方で、イルミナティの乗っ取りの経緯などについての情報も知りたいと思わされた。

次の