ご 遠慮なく ご 連絡 ください。 ビジネスでの「気兼ねなく」の意味と使い方、類語と例文を解説!!

敬語における「気軽に」の使い方と例文 ご遠慮無くとの違い

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

「遠慮なく」という言葉の意味は、字や響きのとおり、「遠慮することなく」という意味だと 予想できます。 何かの物事をおすすめしたり、相手に何かを渡したりする際に使われる言葉となっていますが、より具体的な使い方や言い回しはどのようになっているのか、知っておきたいところです。 そこでまず始めに、「遠慮なく」の基本的な使い方についてご紹介していきます。 「遠慮なく」の使い方【1】:ご遠慮なく 「遠慮なく」という言い回しをする際、大抵の場合は、「ご遠慮なく」という言い回しで使用します。 「ご遠慮なく」という言い回しについている「ご」という言葉は、丁寧な意味を示す「ご」だと考えられます。 ですから、「遠慮なく」という言い回しよりも、「ご遠慮なく」という言い回しの方が、より丁寧だと言えるでしょう。 そのため、目上の立場の人物や、クライアント・お客様といった敬意を払うべき人物に対して、気兼ねなく何かをしてもらいたい時などには、「遠慮なく」よりも「ご遠慮なく」という言い回しを使った方が、確実と言えるでしょう。 「遠慮なく」の使い方【2】:遠慮なくお申し付けください 「遠慮なく」を使用した言い回しの中でも、特によく耳にする言い回しの1つとして、「遠慮なくお申し付けください」という言い回しも挙げられます。 「お申し付けください」とは、「申し付ける」という言葉が原型となっていると考えられる言い回しです。 「申し付ける」という言葉には、以下のような意味があります。 上の者が下の者に命令する。 「お申し付けください」という言い回しは、上記のような意味を持つ「申し付ける」という言葉に、丁寧さを意味する「お」を付けた形だと言えます。 ですから、「遠慮なくお申し付けください」という言い回しは、目上の人に対して、気兼ねなくお願いなどをしてほしい時などに使う言い回しだと言えそうです。 しかし、「お申し付けください」という丁寧な表現に対して、「遠慮なく」という言葉はやや雑と言えるでしょう。 ですから、「遠慮なく」にも丁寧な表現である「ご」を付け、「ご遠慮なくお申し付けください」という言い回しにするのが一般的です。 「遠慮なく」の使い方【3】:遠慮なく頂戴いたします 「遠慮なく」という言い回しは、相手に対して使うだけでなく、自分に対しても使用することが可能です。 自分の言動に対して「遠慮なく」を使う言い回しの例として、「遠慮なく頂戴します」という言い回しが挙げられます。 「遠慮なく頂戴します」という言い回しは、主に相手から物などを受け取る時などに使われる言い回しとなっています。 相手から、物や名刺などを受け取る際に、「遠慮なく頂戴します」と返すことで、感謝の気持ちやお礼の言葉を伝えることができると考えられます。 「遠慮なく」の使い方【4】:遠慮なく仰ってください 上記では、「遠慮なくお申し付けください」という言い回しをご紹介しましたが、同じような意味を持つ言い回しとして、「遠慮なく仰ってください」という言い回しも挙げられます。 「仰ってください」という言葉の原型とも言える、「仰る」という言葉は、以下のような意味を持つ言葉となっています。 「言う」の尊敬語。 言葉を口にお出しになる。 言われる。 おおせられる。 上記の解説から、「仰る」という言葉は、敬語の1種であることが読み取れます。 ですから、「遠慮なく仰ってください」という言い回しは、基本的には目上の人など、敬意を払いたい相手に対して使う言い回しだと言えるでしょう。 「遠慮なく」の類語 続いて、「遠慮なく」の敬語について考察していきます。 敬語とは、敬意を払うべき相手に対して使う言葉ですが、「遠慮なく」を敬語として使うことは可能なのか、気になるところです。 「遠慮なく」の敬語表現については、以下のような見解が存在しています。 「遠慮なく」は敬語ではありませんので、自分の行為についてはそのまま「遠慮なく」と言えば良いのですが、相手の行為についての敬語表現では「ご遠慮なく」と言います。 上記の解説から、「遠慮なく」の敬語は、丁寧な意味を持つ「ご」を付け加えた「ご遠慮なく」という言葉だと言えそうです。 また、相手の行為や行動に対して「遠慮なく」を使う場合は、「ご遠慮なさらず」といった言い回しをすることも可能です。 目上の人に対して使う場合 上記では、「遠慮なく」の敬語表現として、「ご遠慮なく」という言い回しをご紹介しました。 しかし、中には、目上の人に対して「遠慮なく」や「ご遠慮なく」といった言葉を使うことは、たとえ文法や敬語として誤った使い方をしていなかったとしても、失礼だという見解や意見も存在します。 そもそも、上司などの目上の人が遠慮するような状況を作り出すこと自体が、失礼だという見解もあるのです。 そのため、「遠慮なく」「ご遠慮なく」といった言葉よりも、「何なりと」といった言葉を使った方が、丁寧な気遣いが感じられるという意見もあります。 「遠慮なく」の謙譲語.

次の

「遠慮なく」の意味や使い方・類語や対義語・例文|メール/相談

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

「遠慮なく」という言葉の意味は、字や響きのとおり、「遠慮することなく」という意味だと 予想できます。 何かの物事をおすすめしたり、相手に何かを渡したりする際に使われる言葉となっていますが、より具体的な使い方や言い回しはどのようになっているのか、知っておきたいところです。 そこでまず始めに、「遠慮なく」の基本的な使い方についてご紹介していきます。 「遠慮なく」の使い方【1】:ご遠慮なく 「遠慮なく」という言い回しをする際、大抵の場合は、「ご遠慮なく」という言い回しで使用します。 「ご遠慮なく」という言い回しについている「ご」という言葉は、丁寧な意味を示す「ご」だと考えられます。 ですから、「遠慮なく」という言い回しよりも、「ご遠慮なく」という言い回しの方が、より丁寧だと言えるでしょう。 そのため、目上の立場の人物や、クライアント・お客様といった敬意を払うべき人物に対して、気兼ねなく何かをしてもらいたい時などには、「遠慮なく」よりも「ご遠慮なく」という言い回しを使った方が、確実と言えるでしょう。 「遠慮なく」の使い方【2】:遠慮なくお申し付けください 「遠慮なく」を使用した言い回しの中でも、特によく耳にする言い回しの1つとして、「遠慮なくお申し付けください」という言い回しも挙げられます。 「お申し付けください」とは、「申し付ける」という言葉が原型となっていると考えられる言い回しです。 「申し付ける」という言葉には、以下のような意味があります。 上の者が下の者に命令する。 「お申し付けください」という言い回しは、上記のような意味を持つ「申し付ける」という言葉に、丁寧さを意味する「お」を付けた形だと言えます。 ですから、「遠慮なくお申し付けください」という言い回しは、目上の人に対して、気兼ねなくお願いなどをしてほしい時などに使う言い回しだと言えそうです。 しかし、「お申し付けください」という丁寧な表現に対して、「遠慮なく」という言葉はやや雑と言えるでしょう。 ですから、「遠慮なく」にも丁寧な表現である「ご」を付け、「ご遠慮なくお申し付けください」という言い回しにするのが一般的です。 「遠慮なく」の使い方【3】:遠慮なく頂戴いたします 「遠慮なく」という言い回しは、相手に対して使うだけでなく、自分に対しても使用することが可能です。 自分の言動に対して「遠慮なく」を使う言い回しの例として、「遠慮なく頂戴します」という言い回しが挙げられます。 「遠慮なく頂戴します」という言い回しは、主に相手から物などを受け取る時などに使われる言い回しとなっています。 相手から、物や名刺などを受け取る際に、「遠慮なく頂戴します」と返すことで、感謝の気持ちやお礼の言葉を伝えることができると考えられます。 「遠慮なく」の使い方【4】:遠慮なく仰ってください 上記では、「遠慮なくお申し付けください」という言い回しをご紹介しましたが、同じような意味を持つ言い回しとして、「遠慮なく仰ってください」という言い回しも挙げられます。 「仰ってください」という言葉の原型とも言える、「仰る」という言葉は、以下のような意味を持つ言葉となっています。 「言う」の尊敬語。 言葉を口にお出しになる。 言われる。 おおせられる。 上記の解説から、「仰る」という言葉は、敬語の1種であることが読み取れます。 ですから、「遠慮なく仰ってください」という言い回しは、基本的には目上の人など、敬意を払いたい相手に対して使う言い回しだと言えるでしょう。 「遠慮なく」の類語 続いて、「遠慮なく」の敬語について考察していきます。 敬語とは、敬意を払うべき相手に対して使う言葉ですが、「遠慮なく」を敬語として使うことは可能なのか、気になるところです。 「遠慮なく」の敬語表現については、以下のような見解が存在しています。 「遠慮なく」は敬語ではありませんので、自分の行為についてはそのまま「遠慮なく」と言えば良いのですが、相手の行為についての敬語表現では「ご遠慮なく」と言います。 上記の解説から、「遠慮なく」の敬語は、丁寧な意味を持つ「ご」を付け加えた「ご遠慮なく」という言葉だと言えそうです。 また、相手の行為や行動に対して「遠慮なく」を使う場合は、「ご遠慮なさらず」といった言い回しをすることも可能です。 目上の人に対して使う場合 上記では、「遠慮なく」の敬語表現として、「ご遠慮なく」という言い回しをご紹介しました。 しかし、中には、目上の人に対して「遠慮なく」や「ご遠慮なく」といった言葉を使うことは、たとえ文法や敬語として誤った使い方をしていなかったとしても、失礼だという見解や意見も存在します。 そもそも、上司などの目上の人が遠慮するような状況を作り出すこと自体が、失礼だという見解もあるのです。 そのため、「遠慮なく」「ご遠慮なく」といった言葉よりも、「何なりと」といった言葉を使った方が、丁寧な気遣いが感じられるという意見もあります。 「遠慮なく」の謙譲語.

次の

「遠慮なく」の使い方・敬語・謙譲語・ビジネス|ご遠慮なく

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

ご不明な点がございましたら / 疑問に思うこと、わからないことは、なんでも応対する姿勢を示すときに使うフレーズ。 安心感をアピールできる。 何かご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問いあわせください• ご不明な点がございましたら、下記担当までお気軽にお問い合わせください。 ご不明な点やご質問などは、いつでも承りますので、電話またはメールにて、どうぞお気軽にご一報ください。 ご不明し点がありましたら、営業課の石川までメールまたはお電話にてお尋ねください。 なお、ご質問等がありましたら経理課までお問い合わせください。 当社製品に関してご質問などございましたら、お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。• 〜について、厳正な立場からのご意見をいただければ幸いに存じます。 取引条件についてご要望などがございましたら、なんなりとお申し越しください。.

次の