トライアンフ ストリート トリプル rs。 ストリートトリプルR(トライアンフ) 中古バイク一覧|新車・中古バイクなら【グーバイク】

【トライアンフ ストリートトリプル RS 試乗】 レーサー直結のストリートファイター...サトウマキ

トライアンフ ストリート トリプル rs

北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 甲信越・北陸• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 東京都• 埼玉県• 神奈川県• 千葉県• 茨城県• 群馬県• 栃木県• 大阪府• 兵庫県• 京都府• 滋賀県• 奈良県• 和歌山県• 愛知県• 岐阜県• 三重県• 静岡県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 熊本県• 大分県• 長崎県• 宮崎県• 鹿児島県•

次の

'20トライアンフ ストリートトリプルS試乗インプレ【扱いきれるからこその妙味】

トライアンフ ストリート トリプル rs

カマキリ? と思わせるような昆虫のような2眼ライトの顔が特徴的な『ストリートトリプル』。 そして、このモデルに乗っていてワクワクするのは、なんと言ってもMotoGPのMoto2クラスに供給されているのと同じ、765ccの水冷並列3気筒エンジンが搭載されているということ! まさにレーサー直結のストリートファイターということなのです。 今回試乗したのは、最上位機種のRS。 脳みそが置いていかれるようなパワフルな加速感に圧倒されながらも、リニアな操作感で乗りやすい。 剛性が高いながらもしなやかな足周りが、発進、停止時に加えコーナリングでも安心感を与えてくれます。 しかし、乗りやすいとはいえ、シート高が825mmとかなり高い。 はい、身長157cmでは片足しか着きません。 横着をして跨ったままスタンドを払おうとしたら、スタンドに足が届くわけもなく、周りにいた男子に笑われながらスタンドを払ってもらったという始末。 とはいえ、RSを選ぶ女子は、足つきを気にしないのかもしれませんね。 以前、R Lowにも試乗させて頂いたことがあるのですが、こちらはLowとついているだけあって、シート高は780mm。 両足のつま先がしっかりと届くので、足つきが不安な人はこちらをセレクトするのがいいでしょう。 ただし、最高出力が抑えられており、足周りも違うのでRSに比べると、まったりとした乗り心地となっています。 フルカラー液晶に、5種類のライディングモード(R lowは4種、Sは2種)。 乗っているときの高揚感がたまらなく刺激的な、公道でもサーキットでも楽しめそうなスポーティさが最大の魅力です。 二輪専門誌の編集部に転職した後フリーランスに。 現在は二輪メディアをメインにエディター&ライターとして活動中。 原宿のロッシの店でアルバイトする程のMotoGPフリーク。 レース、ライディングウエアの記事を得意とし、試乗記などは身長157cmの等身大の記事を心がけている。 速さよりも楽しくかっこよく、がモットー。 《サトウマキ》• 編集部おすすめの記事•

次の

トライアンフ(TRIUMPH) ストリートトリプルRS

トライアンフ ストリート トリプル rs

購入希望の車両の排気量は購入前に必ず販売店にご確認ください。 仕様・オプション・装備• メーカー認定• メーカー保証• 販売店保証• 改公認• ABS• 品質評価書• ワンオーナー• ノーマル車• 逆輸入車• 通信販売可能車• 社外マフラー• 社外メーター• オーディオ• セキュリティ• セル付•

次の